小野歯科医院

小野歯科医院

小野 勝院長

99999

藤沢市善行にある「小野歯科医院」。待合室は吹き抜けのロビーになっており、リラックスできるソファーやデザイン性の高いチェアが置かれている。開業は1970年だが、現在の院長である小野勝先生に代替わりをした際に建て替えを行い、開放的でモダンなイメージにしたという。小野院長は「開業医としてできる限りの治療をし、最後まで患者さんを診たい」という思いから、口腔外科を学んだベテランドクター。一般歯科、小児歯科、歯科口腔外科に加え、歯周病治療、審美やホワイトニング、予防など、時代の流れや地域住民のニーズに応じて幅広く診療する。幅広い知識と経験を持つ小野院長に、診療方針や近年開始した訪問歯科について訊いた。
(取材日2017年1月16日)

開業時からの患者も多い、信頼度の高い歯科医院

―院長になるまでの経緯をお聞かせください。

当院は、父が1970年に開業しました。私が幼い頃はこの2階が自宅でしたので、いずれは父の跡を継ごうと考えて歯学部に進学しました。大学院では口腔外科を学びました。口腔外科の知識を得ることで、全身疾患を持った患者さんに対する対応などを知り、開業医になった際の安全な治療に役立てたいと思ったからです。その後、他の歯科医院に4年ほど勤務し、2005年に私が当院の院長を引き継ぎました。残念ながら、それから2年後に父は亡くなってしまいましたが、その間に患者さんの引き継ぎもできましたし、一緒に楽しく仕事ができたのは良い思い出となりました。

―どういった患者さんが多いのでしょう。

小さなお子さんやそのご両親、ご高齢の方など、年齢層は幅広いですね。父の代から続けて通っていただいて、それこそ幼稚園時代の私を知っている方もたくさんいます。また藤沢市は近年住みやすい町として注目されているので、新しく移り住んできた若い世代の方もいます。ですから、できるだけ多くの患者さんの悩みにお応えするために、一般歯科、小児歯科、口腔外科を中心に、審美歯科やホワイトニングなど、幅広い領域で診療しています。生活習慣病や高血圧といった基礎疾患を持った方もいらっしゃいますので、口腔外科の知識が非常に役立っています。また2016年からは、来院できない方を対象に訪問診療も開始しました。

―診療方針をお教えください。

一人ひとりとしっかりお話をすることで患者さんの性格や背景を知り、ご希望に添う治療をご提供することを心がけています。ドクターショッピングのように、次々とクリニックを変えてしまう方がいるという話を聞きますが、それは決して良いことではありません。病院を変えるということは、歯科医師にとっては患者さんの履歴が消えてしまうということですし、患者さんにとっては1から自分のことを知ってもらわなければいけない。患者さんをいい状態に導くためには、治療の経緯はもちろんですが、病歴や体質、性格などをよく知ることが大切です。もちろん病院を変えるのは嫌なことがあったからでしょうが、そういうことがないよう、患者さんに接したいと思っています。とにかく、私は患者さんとなるべく長くお付き合いしていきたい。訪問診療をはじめたのも、そのためです。

記事更新日:2017/04/05


Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Dento a1
Toshima a1
Taito a1
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細