全国のドクター9,025人の想いを取材
クリニック・病院 161,457件の情報を掲載(2020年2月29日現在)

  1. TOP
  2. 神奈川県
  3. 茅ヶ崎市
  4. 茅ケ崎駅
  5. 宮歯科医院
  6. 宮 恒男 先生

宮 恒男 先生の独自取材記事

宮歯科医院

(茅ヶ崎市/茅ケ崎駅)

最終更新日:2019/08/28

116381 df 1 main 1441938416

茅ヶ崎市東海岸南の鉄砲道沿いにある「宮歯科医院」は、この地で1972年に開業した歴史ある歯科医院。診察室は、大きく取った窓から明るい日差しが差し込み、広い庭の緑を楽しむことができる開放的な空間だ。口腔外科を専門とする宮恒男先生は、父が院長を務める同院で、2006年から診療に加わっている。総合病院に長年勤務し、口腔外科だけでなく、他科の患者の口腔内を多数診療した経験から、全身疾患との関係を念頭に置き、医科とも積極的に連携をとっているという。近年ではスポーツ医学にも視野を広げ、栄養指導にも取り組みたいという先生に興味深い話を幅広く聞くことができた。
(取材日2018年11月10日)

総合病院での経験を生かした、視野の広いアプローチ

大きな窓から広い庭を望める、すてきな診察室ですね。

116381 df 1 1 1441938416

私自身、総合病院の味気ない診察室や、企業内診療所のビル内の窓のない真っ白な診察室などで勤務してきました。この診療室はそれらとはまったく異なり、樹々に囲まれてとても心和む空間です。受診される方の心理面にも良い影響を与えるのではないでしょうか。照明をつけず窓から差し込む自然光だけで診察することも多く、蛍光灯下での診察と比べて、歯の色やお顔の色が自然に見えるというメリットもあります。庭の中央には植樹してから約50年になる桜の樹があり、満開になると窓いっぱい桜色に染まるのです。桜の咲いている時期は一週間程度と短いため、その時期にお越しになられた患者さまは「ここで花見ができた」とかなり満足されます(笑)。

先生のご専門は、口腔外科だと伺っています。

大学卒業後は総合病院での口腔がん患者の治療、ケアをメインに、研究、診療に励んできました。勤務した先が地域の拠点病院だったということもあり、数多くの患者さまを開業医の先生方から紹介していただき、多忙ではありましたがいい経験をさせていただきました。病院では他科の患者さまの口腔内を診ることが多かったため、現在でも全身疾患との関係を常に念頭に置いて診療を行っています。他科の疾患や症状をお持ちの方に、歯科医師だからこそ可能なアプローチもあると考えています。

他科の疾患に対しても、歯科の観点で治療を行えるのですか?

116381 df 1 2 1441938416

例えば糖尿病と歯周病は深い関わりがあることは以前からの研究でわかっており、当院でも歯周病の治療が糖尿病患者の症状の改善につながると考えています。そうしたことをふまえ、糖尿病内科の先生と協働して、糖尿病の患者さまに歯周病治療を中心とした治療も行っています。また最近では小児においても問題になっている、睡眠時無呼吸症候群。この疾患は循環器にも影響を及ぼすことがあり、口腔内を拝見し、歯並びや口蓋の高さから副鼻腔の広さを推測したり、いびきや眠気に対する問診をとったりすることで、早期発見に努めています。さらに現在、日本人の死因第5位でもある肺炎は、ほとんどが誤嚥によるもの。発症には口腔内細菌、特に歯周病菌の関与が挙げられているため、細菌を減らす治療に加え、誤嚥しにくい食べ方や器のアドバイスなどもします。

メンテナンスのみで良好な状態を維持できる土台づくり

診療時に心がけていらっしゃることは何ですか。

116381 df 1 3 1441938416

まず、患者さまが抱えている悩みや不安を本音で話していただけるよう、安心感があり、フレンドリーな環境づくりに努めています。診療室内で患者さまの笑い声を聞くこともよくありますし、中には診療中に寝てしまう方もいらっしゃるんですよ。その先にあるゴールは、セルフコントロールによるメンテナンスのみで良好な状態を維持できるような、お口の中の環境に仕上げていくこと。そのために、歯茎の健康を治療の基本に考えています。歯茎はお口の健康を支える上で、最も重要な基盤です。家でいうと土台となる基礎部分。その歯茎を健康な状態にしてこそ、健康で美しい歯や笑顔、楽しい生活を長く保つことにつながると考えています。

具体的にはどのような治療を行っていますか?

初診時に歯科衛生士が口腔内の状態を時間をかけてチェック後、お口の中のプラーク(歯垢)をとり、その場で位相差顕微鏡を使って患者さまに実際の画像で細菌のチェックをしていただいています。また、口腔内環境改善のためには、患者さんの意識改革が不可欠です。ですから歯垢検知液でプラークを赤く染めて、現在のご自身のブラッシング状況を把握していただきます。その上で、それぞれに合ったブラッシングの仕方を丁寧に、そして確実に修得していただくまで根気よく時間をかけ指導しています。患者さまご自身で行うブラッシングなどのセルフコントロールのための指導を受けていただくことに加え、専門スタッフがプラークを除去するPMTCも定期的に施行していただくことをお勧めしています。

こちらには矯正専門の歯科医師も在籍していますね。

116381 df 1 4 1441938416

当院では、大学病院より矯正専門の歯科医師を派遣していただき、非常に専門性の高い治療を行っています。きれいな歯並びはケアしやすく、虫歯はもちろん歯周病にもなりにくく、将来にわたる口腔環境の健康維持につながります。近年「お口ポカン」といわれる、口呼吸をするお子さまが増えていて、それは歯並びが原因で口が閉じられないことや、舌の位置が正常でないことが原因だともいわれます。口呼吸は口腔内を乾燥させ、ウイルスの侵入が容易になったり、睡眠時無呼吸症候群を引き起こしたりする要因にもなります。ですから正常な成長を促すためにも、歯並びは重要です。当院では、最適なタイミングで、できるだけ短期間で治療をするよう心がけています。また、お子さまには装着が苦痛にならないよう、比較的柔らかく取り外しが容易なマウスピース型装置を採用しています。小児矯正をすることが、成人矯正に要する時間の短縮や、負担軽減の可能性を高めます。

医科のドクターとも連携して、地域医療に貢献したい

力を入れている治療はありますか。

116381 df 1 5 1441938416

オールマイティに診療を行っていますが、強いていうなら予防でしょうか。私は、睡眠時無呼吸症候群の改善や、くいしばりによる歯や顎のダメージの軽減、スポーツの際のケガの防止のために、マウスピースを作製します。そこから派生し、スポーツ歯科の講習を受けました。それは医科と歯科のドクターがともに受講をする、健康の維持増進やケガの予防を目的とした講習で、そこでも歯科が担う役割は多くあると感じました。例えば、マウスピースをつけることで、くいしばりによる歯や顎、周囲の組織への影響を減らし、血流が促されることにより肩こりが改善されたり、噛み合わせを整えることで高齢者の転倒防止につながったりもします。お口の健康を保つことが、全身の健康につながることもあるのです。

新たな取り組みなど、展望をお聞かせください。

高齢化が進む現在、訪問診療に注目が集まっています。ところが現状は、待機児童ではありませんが、訪問診療を受けられる人と、まったく受けられない人がいるのも事実です。であれば、前もって訪問診療をしなくてもいい状態、つまり、万が一通院が困難な状況になっても、ご自宅に診療室並みの道具を持ち込まずに、患者さま本人やご家族で良い状態が維持できるような口腔環境に、通院できるうちに仕上げておいてあげたいのです。そこで現在は、患者さまがある程度の年齢になったら口腔内の整備と同時に、ブラッシングの方法や食事の取り方、栄養面の指導などを、ご家族と一緒に受けていただくことが大切なのではないかと考えています。そのためにも、管理栄養士の資格を持ったスタッフと意見を出し合いながら協力することで、その実現に向けて努力していきたいと思っています。

最後に、近隣の皆さんや読者へのメッセージをお願いします。

116381 df 1 6 1441938416

口腔内は、全身の一部です。そこだけが孤立しているわけではありません。私は歯科医師ですから、私自身が考える一番重要なパーツであるお口を中心に、応用できることを広げて患者さまを診ます。それぞれ医科の専門の先生も同じように思っているでしょうから、連携して地域医療に貢献することをめざしています。内科や外科、整形外科、循環器内科、皮膚科、眼科など他科のドクターと情報交換をする機会もあり、互いの患者さまを紹介することもあり、連携も非常にスムーズです。医科の先生方と、情報の共有を積極的に行えるのは、自院の強みのひとつと考えています。当院で一番大切にしているのは、患者さまに楽しく健やかな人生を過ごしていただくことです。アドバイスできることもたくさんあると思います。気になることがあれば、お気軽にご相談ください。

自由診療費用の目安

自由診療とは

インプラント:50万円~
マウスピース型装置での矯正(小児矯正):20万円~
スポーツ用マウスガード作製:5万円~

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access