ひかり歯科クリニック

ひかり歯科クリニック

佐藤 貴映院長

103297

知識や技術を若手に教えることが患者貢献につながる

―教える側としてもさまざまな場所でご活躍されていると伺いました

現在、精密義歯の「クリニカル認定コース」でインストラクターをしており、ひかり歯科のセミナールームに歯科医療従事者を招いて講義を行っています。精密義歯は若い歯科医師でも相手に合わせた義歯を作れることがメリット。義歯が難しいからと逃げてしまうと、本当に義歯を必要としている患者さんを助けることができません。私の持つ技術を伝えることで、少しでも患者さんの助けになればと思います。また私は人を育てるのが好きで、大学での教育や歯科衛生士学校の講義、そしてラオス国立ヘルスサイエンス大学では客員教授を務めています。今年9月にラオスで歯科技工士学校を開設しますが、ラオスにおいても人を育てることで歯科医療のレベルが上がることに喜びを感じています。私の持つ知識や技術が、若い先生方や歯科医療をめざす人の力を引き出すことに役立っている。そして、ひいては患者さんに貢献していける。その循環にやりがいや喜びを感じています。

―先生がめざしている、理想のクリニック像は?

ひかり歯科では、患者さんが友人やご家族をご紹介してくださることが多いと感じています。それは、心からご満足いただけているからということかなと思います。「近いから」、「遅くまでやっているから」という理由ではなく、「ひかり歯科クリニックだから」という理由で選んでいただけていると実感でき、本当に嬉しいのです。これからもそんな患者さん一人ひとりを大切にしていきたい。そんな患者さんたちにとって、どんな困り事でも気軽に頼っていただける存在でありたいのです。治療においてもさまざまな方法を取り入れていますから、患者さんそれぞれに合った方法を選んでいただけます。初診の患者さんにもまずはお話をして、患者さんが安心して通える歯科医院だと思っていただき、末永いお付き合いをしていければうれしいですね。

―最後に、先生のリフレッシュ法は?

高校生の頃からバイクに乗ることが好きで、時間があるとツーリングに出かけています。バイク以外にも、乗り物全般が好きで、飛行機や電車などに乗って、景色を見ながら遠くまで出かけることもすごく楽しいですね。乗り物に乗って、景色のきれいなところに行くことでとても癒やされています。



Access