ひかり歯科クリニック

ひかり歯科クリニック

佐藤 貴映院長

103297

和光市に1997年に開業した「ひかり歯科クリニック」。子どもから高齢者までさまざまな年齢層の患者が通い、その多種多様な悩みに応えられるように、幅広く治療に対応している。中でも、「精密義歯」による入れ歯治療や、顎関節症まで対応する噛み合わせ治療に力を入れているという。「丁寧にご説明をして、患者さんご自身にご納得いただける治療法をお選びいただくためのインフォームド・チョイスを大切にしています」と話す佐藤貴映院長。「NLPマスタープラクティショナー」というカウンセリングの資格も所持し、患者の不安を取り除くカウンセリングを行ってくれる。そんな佐藤院長に、治療の特徴から治療方針、理想のクリニック像までじっくり聞いた。
(取材日2016年7月28日)

インフォームド・チョイスで納得してもらえる治療を

―治療の特徴についてお聞かせください。

虫歯や歯周病治療、インプラント、審美治療など幅広く対応していますが、中でも入れ歯治療と噛み合わせ治療には力を入れています。正しい噛み合わせを維持するためには、歯の根っこや歯周病などの土台となる歯茎の治療も欠かせませんので、勘に頼らない根管治療も行います。専用の機器を用い、歯の根の中にいる菌の種類を判別。その菌に最も効果のある薬で消毒を繰り返し行い、菌がしっかりといなくなっているかを確認します。また健康な状態を維持する予防ケアも大切。ひかり歯科では、歯科衛生士が一時間半かけてしっかりクリーニングと歯磨き指導をしています。もう何年も予防のみで通われている患者さんが多くいらっしゃいます。これまで十分な手入れをしていなかったという方も、遅いということはありません。介護が必要になった時でも健康な口腔内でいるために、若い頃からの予防が重要。そのためにも啓発を続けていきたいですね。

―先生の治療方針は何ですか?

インフォームド・チョイスを大切にしています。患者さんそれぞれで、選択いただける治療法は多数あります。例えば、歯を失ってしまったら、入れ歯とブリッジ、インプラントと3つの選択肢がありますが、中にはインプラントのみをお勧めする歯科医師もいます。しかしひかり歯科では、それぞれの治療法においてメリットもデメリットもきちんとご説明した上で、後悔のない治療をお選びいただくようにしています。患者さんの中には「こんなに説明してもらったことはない」とおっしゃる方もいます。ご納得の上、安心して治療をお受けいただきたい。そのため、カウンセリングも大切にしています。私は、「NLPマスタープラクティショナー」というカウンセリングの資格も持っています。患者さんが不安を感じた際、それを取り除けるカウンセリングがしたいのです。初診時には時間をかけてじっくりとお話をお伺いしています。

―義歯と顎関節症の治療にも力を入れているとか。

精密義歯を採用しています。従来の方法とは違って印象の取り方に違いがあり、2回目は上下の義歯を入れた状態で筋肉の動きまで取ります。筋肉や噛み合わせの状態まで確認しながら作るため、従来よりも噛み合わせがずれにくく、よくフィットします。また、噛み合わせから考えた顎関節症治療も行います。顎関節症治療は、就寝時にマウスピースを装着する方法が一般的。しかし、食事やお話をしている際に顎が痛むという方がほとんどですから、就寝時にマウスピースを装着していても痛みは緩和しません。まずは顎の模型を作製して噛み合わせをチェックし、どこが無理な動きをしているか確認します。その後、噛み合わせを正しく整えることで無理な動きをなくし、痛みを取るのです。他院でマウスピース治療をしていたけれど、なかなか治らないといって来院される方も多いのですよ。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Shinnaka after
Yokohama after
Syonan after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細