全国のドクター8,567人の想いを取材
クリニック・病院 161,527件の情報を掲載(2019年11月12日現在)


求人情報ON
平松歯科医院

平松歯科医院

平松 清二 院長

103227 %e5%b9%b3%e6%9d%be%e6%ad%af%e7%a7%91%e5%8c%bb%e9%99%a2

JR京浜東北線の蕨駅から商店街を歩いて約8分。マンションの1階にある「平松歯科医院」は、2020年に20周年を迎える、地域に根づいた歯科医院だ。清潔感にあふれる院内は心地良く、すがすがしい空気に満ちている。平松清二院長は、真摯で丁寧な診療姿勢や院内の衛生管理などに徹底してこだわりながら、歯科医療を通じて多くの患者の健康を支えてきた。小さな子どもから高齢者、海外に移住した患者まで、幅広い層の患者から頼りにされている平松院長に、地域密着の診療を続けることへの思いなど、さまざまな話を聞いた。
(取材日2019年8月22日)

安全の滅菌体制、安心・快適な院内環境を追求する

―来年、2020年という記念すべき年に開業20周年を迎えるのですね。

開業からこれまで安心できる医療を提供し続けることを心がけてきました。長く継続して通ってくださる患者さんも多く、うれしく思っています。秋田や群馬、栃木など遠方に引っ越してもなお、足を運んでくださる方もいらして、感謝の念に絶えません。皆さんのご期待に応えられるよう、そして今以上に安全・安心・快適に治療を受けていただけるよう、院内環境は随時アップグレードしています。例えば、院内感染対策として電解殺菌水生成システムを導入し、診療ユニットは治療やうがい用の水の水質を自動で管理する先端のモデルにリニューアルしました。個室診療室も備えています。またデジタルエックス線撮影装置を導入し、コンピューターを一新して院内LANを構築することで、カルテやエックス線画像、治療情報などを一元管理できるようにもしました。患者さんの情報を診察室や受付などで素早く確認できて、患者さんの待ち時間や負担軽減につながっています。

―これまで振り返って難しいと感じたことは何ですか?

バランスを取ることです。患者さん、従業員、経営者すべてが満足できれば最良ですが、それはなかなか難しいことです。どれか一つを妥協すればとても簡単なことですが、私は患者さん、スタッフの希望に応えつつ、経営を成り立たせるために、偏りのない感覚を持って物事を進めるよう気をつけています。診療においても、絶対的な正解はありません。患者さんの状態や背景、医学的な見地、長期的な予後などを総合的に見て、患者さん一人ひとりについてどうバランスを取ればいいのかを熟考しています。継続させること、医院を長く続けるために何をすべきかも常に考えています。患者さんにとって居心地の良い空間をつくり、診療面でも常に新しい技術を取り入れ続けること。そして何より、患者さんと信頼関係を築くことを大切にして、治療に対するモチベーション維持も考えながら日々の診療に取り組んでいます。

―患者さんと信頼関係を築くために、どんなことを大切にしていますか?

そうですね。私は伝えること、聞き取ることが大事だと思っています。専門知識の少ない患者さんが、ご自身の要望を私たちに正確に伝えることは簡単ではありません。そのことを理解し、さまざまな制約の中でどこまで要望にお応えできるか。お応えできない場合は、どんな治療が可能か、そういったことを可能な限り正確にお伝えするよう心がけています。これはスタッフや取引業者の方に対して指示をするときも同じです。意思の疎通を図るのは難しいことです。だからこそ、気を配る必要があるのです。

自由診療費用の目安 自由診療とは 自由診療とは

インプラント/25万円~、矯正/60万円~、ホワイトニング/3万円、審美歯科(ジルコニアセラミッククラウン)/10万円



Access