ドクターズファイル特集
横浜の地域に根ざした病院・クリニック(内科、歯科、整形外科など)の特集 | 病院・医者を探すならドクターズ・ファイル

(公開日2018年2月5日)

みなとみらい21や横浜中華街をはじめとした観光スポットを数多く抱える一方で、人情味ある落ち着いた居住地の顔を持つ街・横浜。「住みたい街ランキング」では常に上位にランクインし、ファッショナブルで洗練された暮らしを緑あふれる環境で実現できると、あらゆる世代に人気の高いエリアです。すでに超高齢社会に突入している反面、近年では、保育所の待機児童ゼロを達成するなど子育てしやすい街としても注目を集めています。そんな横浜の人々の健康を長年支えてきたのが、「地域に根ざした病院・クリニック」。家族みんなの健やかな暮らしを見守ってくれる、心強いパートナーを紹介します。

「地域に根ざした病院・クリニック」の良さとは?

日々の暮らしの中では、「最近なんとなく調子が悪い」「子どもが急に熱を出した」「高齢の親の体調が心配」など、自身や大切な家族の健康に不安を感じる場面も多いでしょう。長きにわたってその街で診療を続けている病院・クリニックは、そんな不安を抱えた私たちにとって「安心」を与えてくれる場所ではないかと思います。 先生がいつでも近所にいる心強さはもちろんのこと、例えば、親子2代、3代で受診している医院なら、ドクターが家族全員の体質を把握していてそれが治療に生かされる場合もあるでしょうし、その土地に根ざしているからこそ、他の病院・クリニックとの連携体制がしっかりしているという側面もあるでしょう。また、中には、健康に役立つワークショップや講座を開催して情報発信することで、医療を通じ地域に貢献しているドクターも多くいますよね。そうした会への参加は、正しい情報を得られるばかりでなく、新たなコミュニティーを築ける利点もあるかと思います。他市や他県からの転入者にとっても、行政サービスなどを含めた地域に関するあらゆる情報に詳しい先生にかかるメリットは、決して少なくないはず。そして子育て世代にとっては、子どもを病院・クリニックに連れて行く際、「自分自身が幼い頃から通い慣れている」「先生のこともスタッフのこともよく知っている」という状態こそが、何よりの安心材料となるのではないでしょうか。
地域に根ざした病院・クリニックに、家族そろって通う——。それはもしかしたら、病院・クリニックへの理想のかかり方なのかもしれません。

横浜の地域に根ざした「頼れるドクター」MAP

市を挙げて地域医療の充実や子育て支援に対する精力的な取り組みを行っている横浜には、健康で生き生きとした暮らしをサポートしてくれる、「地域に根ざした病院・クリニック」が多く存在します。時に生活習慣に関してアドバイスしてくれたり、悩み相談に乗ってくれたりと、「患者と医師」だけでないプラスアルファの関係性も築ける、そんな頼れるドクターたちをピックアップしました。

青葉区

                
有我朋子院長、有我恵美子副院長

有我朋子院長、有我恵美子副院長えみ歯科医院(横浜市青葉区、市が尾駅)
「困っている人がいたら、それに気付いてあげられる存在になりたい」。そう話すのは、今年の6月に市が尾駅の近くへ移転したばかりの「えみ歯科医院」院長、有我朋子先生。移転前のクリニックでは母親である有我恵美子先生が院長を務めていたが、移転を機に代替わりを行うことになった。

                
松澤紀彦院長

松澤紀彦院長ノアデンタルクリニック(横浜市青葉区、あざみ野駅)
たまプラーザ駅、またはあざみ野駅からバスに乗り、「荏子田2丁目」で降りると、赤い三角屋根がかわいらしい一軒家が見えてくる。松澤紀彦院長が2006年に開業した「ノアデンタルクリニック」だ。院内は手入れが行き届いていて、避暑地の別荘のような落ち着いた空間。

                
宮川雄志院長

宮川雄志院長ミロデンタルクリニック(横浜市青葉区、青葉台駅)
青葉台駅からバスで2つ目の停留所「公園前」で下車すると、緑豊かな桜台公園が広がる。その外周に位置する「ミロデンタルクリニック」の診察室は、大きな窓から春は桜、秋は紅葉が望める特等席。治療に対する不安を和らげたいという宮川雄志院長の心遣いだろうか。

                
助産師 佐藤みつ先生

助産師 佐藤みつ先生マタニティハウスSATO(横浜市青葉区、田奈駅)
田奈駅から歩いてわずか1分。平成18年に新設された白い瀟洒な一軒家「マタニティハウスSATO」を訪れた。3階建ての院内には、かわいいイルカのアイテムが散りばめられ、まるで友人宅にお邪魔したかのようなリラックスした空間。

                
村田浩克院長

村田浩克院長むらたクリニック(横浜市青葉区、江田駅)
江田駅から歩くこと約7分。開業7ヶ月を迎える「むらたクリニック」を訪ねた。真新しい院内で出迎えてくださったのは、泌尿器科の最前線で活躍されてきた村田浩克院長。豊富な経験に基づいた質の高い医療で、すでに多くの患者さんから厚い信頼を得ている。

                
辻井 孝院長、辻井信孝理事長

辻井 孝院長、辻井信孝理事長辻井産婦人科医院(横浜市青葉区、たまプラーザ駅)
美しが丘の閑静な住宅街の辻井産婦人科医院は39年の歴史を持つ。懐かしい暖かさを感じる待合室の窓からは、医学の象徴でもある杏の木が薄紅色の花を咲かせ、春の雨風を受けて、花びらが艶やかに散っていくのが見えた。院長の辻井孝先生が診療に参加して13年になる。

                
仲 かよ院長、柳沢初美先生

仲 かよ院長、柳沢初美先生助産院バースあおば(横浜市青葉区、青葉台駅)
ここで産んで良かった、次のお産もここでしたい。そんな妊産婦の声が絶えない「バースあおば」は“自然な出産スタイル”が根強い人気の助産院だ。助産師の仲かよ先生と柳沢初美先生は、かつて勤務していた「神奈川県立母子保健センター」の閉鎖に伴い、これを惜しむ母親たちに背中を押され1996年に開業。

                
梅村百代院長、梅村宜弘先生

梅村百代院長、梅村宜弘先生漢一診療所みたけ台(横浜市青葉区、青葉台駅)
東急田園都市線、青葉台駅からタクシーで約10分。もえぎ野交差点近くに「漢一診療所みたけ台」はある。中医学をベースにした漢方処方を実施しているクリニックである。院内はとても広く落ち着いた雰囲気。スタッフの応対も気さくなので、初診でも緊張感を感じない。

                
柳裕一郎院長

柳裕一郎院長やなぎ耳鼻咽喉科クリニック(横浜市青葉区、あざみ野駅)
田園都市線あざみ野駅からすぐ。2階の外階段を上がっていくと、象とキリンが描かれているやなぎ耳鼻科クリニック。8月27日に開業したばかりの院内は、明るく清潔感にあふれ、待合室の一角には所狭しとぬいぐるみが並んでいる。

                
古市 晋院長

古市 晋院長横浜青葉 脳神経外科クリニック(横浜市青葉区、あざみ野駅)
院内に入ると心地よい雰囲気の受付と待合室が患者を迎えてくれる「横浜青葉脳神経外科クリニック」。まるで美術館か高級ホテルのロビーを思わせる落ち着いた雰囲気が患者を包み、ここに来るまで抱いていた不安や緊張を拭い去ってくれるかのようだ。

                
廣田浩一院長

廣田浩一院長ひろた内科クリニック(横浜市青葉区、たまプラーザ駅)
東急電鉄田園都市線たまプラーザ駅から徒歩8分。緑豊かな街並の一角に「ひろた内科クリニック」がある。院長を務める廣田浩一先生は、総合病院から離島医療までさまざまな診療経験を経て、2007年に同院を開業した。

                
助産師齊藤純子先生

助産師齊藤純子先生バースハーモニー美しが丘助産院(横浜市青葉区、たまプラーザ駅)
「お産って、とっても大きなギフトをもらえるのよ。」と、やわらかな笑顔を浮かべる助産師の齊藤純子先生。ご自身が経験された幸せに満ちた出産を多くの方に伝えるべく、自宅出産を希望する女性たちに力強いサポートをはじめて今年で10年目。

                
早川 治院長

早川 治院長たまプラーザ南口クリニック(横浜市青葉区、たまプラーザ駅)
一般的な治療と美容目的の治療の2つを柱に、患者一人ひとりのトラブルに合わせた治療を提供している「たまプラーザ南口クリニック」。開業前に皮膚科で10年、形成外科で7年のキャリアを持つ早川治院長は、手術が必要な疾患にも対応しており、2つの科からのアプローチで診療にあたることができるのが最大の強みだと話す。

                
野口聖一院長

野口聖一院長野口歯科医院(横浜市青葉区、藤が丘駅)
藤が丘駅から歩いて1分。ショッピングにも便利なアポラン藤が丘の中で開業している野口歯科医院を訪ねた。歯科医院独特の薬剤のニオイに配慮して、院内はアロマオイルが炊かれている。

                
杉本一朗理事長、杉本雅子院長

杉本一朗理事長、杉本雅子院長あかね台眼科脳神経外科クリニック(横浜市青葉区、恩田駅)
恩田駅のホームから見えるのどかな田園。下車すると、真っ青な空の下に静かできれいな住宅地が広がる。都心から1時間も満たない場所とは思えないほど美しい自然の風景だ。そんな雰囲気は、駅から8分ほど歩いたところにある「あかね台眼科脳神経外科クリニック」の扉を開いても続く。待合室には天窓から光が入り、窓の向こうには絵に描いたような里山が広がっている。

                
猪狩有博院長

猪狩有博院長イカリデンタルクリニック(横浜市青葉区、青葉台駅)
青葉台駅から徒歩2分、「イカリデンタルクリニック」を訪ねた。院長を務めるのは猪狩有博先生。優しく穏やかな物腰でありながら、話の端々からは仕事に対する確固たる信念がうかがえる。幅広い診療を提供する同院では、患者とハートで接することを信条に、スタッフ育成にも力を入れる。

                
遠藤義忠院長

遠藤義忠院長遠藤小児科(横浜市青葉区、青葉台駅)
青葉台駅から歩いて15分ほど、桜台の静かな住宅地に佇む遠藤小児科。ご自宅に併設された診療室には、子どもたちからのお礼の手紙やイラストが大切に飾られ、先生の温かいお人柄がにじみ出ている。診察時には小さな患者さんのために、アンパンマンや鉄腕アトムなどのネクタイを締める。

                
和気裕之院長、和気 創先生

和気裕之院長、和気 創先生みどり小児歯科(横浜市青葉区、青葉台駅)
青葉台駅から徒歩10分。落ち着いた雰囲気の住宅が広がる街並みのなかに「みどり小児歯科」がある。30年以上にわたって診療を続け、地元の多くの患者から厚い信頼を寄せられてきたクリニック。「お子さんだけでなく、ご家族そろって通ってくださる方も大勢いらっしゃるんですよ」と、にこやかに出迎えてくれたのは和気裕之院長だ。穏やかなお人柄がにじみ出たような優しい笑顔が印象的。

                
松岡誠治院長

松岡誠治院長松岡医院 小児科(横浜市青葉区、田奈駅)
青葉台駅から歩くこと12分。しらとり台の閑静な住宅街に開業したのは40年前のこと。2000年にお父さまから、現院長の松岡先生に引き継がれた。来るだけで元気になる病院というコンセプトの通り、明るい陽射しの降り注ぐ待合室には、先生がセレクトした絵本やおもちゃなど、子どもが目を輝かせるような工夫がいたるところに見られる。

                
山崎智人院長

山崎智人院長山崎歯科クリニック(横浜市青葉区、青葉台駅)
青葉台駅からバスで5分ほど。閑静な住宅街のなかに「山崎歯科クリニック」がある。やわらかいオレンジ色と黄色の明るいトーンの院内は、とても温かく、ゆったりとした雰囲気がただよう。

                
山下 修院長

山下 修院長山下歯科医院(横浜市青葉区、藤が丘駅)
藤が丘駅より徒歩5分にある「山下歯科医院」。開業から30年以上、地域に密着した診療を続けながらも、先端の設備環境を整え、レーザー治療やインプラント治療など、先進の治療を提供することで知られているクリニックだ。院長の山下修先生は、従来のインプラント治療から費用と時間を大幅に削減したFIT-Systemを開発したことで著名なベテランドクター。

                
山本向三院長

山本向三院長山本皮フ科クリニック(横浜市青葉区、たまプラーザ駅)
たまプラーザ駅から徒歩2分。清潔感あふれる医療モール内に「山本皮フ科クリニック」がある。川床のように水面に張り出したデッキに流れ落ちる水の壁。そこには、クリニックとは思えない、落ち着いた癒しの空間が広がる。

                
上妻和幸院長

上妻和幸院長こうづま歯科医院(横浜市青葉区、たまプラーザ駅)
たまプラーザ駅南口から徒歩2分、メディカルモールたまプラーザの1Fに位置する「こうづま歯科医院」は、目映いばかりの白い外観が印象的。院内は、ビューティーサロンを思わせるほどに居心地良くナチュラルな雰囲気だ。爽やかな笑顔で迎えてくれた上妻和幸院長は、患者それぞれのライフステージに調和した「サクセスエイジング」をサポートするため、自然美と機能を兼ね備えた総合的な治療を提供。

                
徳植秀樹院長

徳植秀樹院長とくうえ内科クリニック(横浜市青葉区、たまプラーザ駅)
たまプラーザ駅南口を出て徒歩2分。ひときわ目を引く白い建物、それが2007年4月9日にオープンした「メディカルモールたまプラーザ」だ。地域に密着した"緑と水の憩いの場"として、カラダとココロに優しい医療を提供するスペシャリスト達が集結。

                
金原憲治院長

金原憲治院長かなはら整形外科(横浜市青葉区、藤が丘駅)
田園都市線の「藤が丘」駅からすぐの場所に立地するかなはら整形外科。診療科目の性格上、痛みを抱える患者さんが多いが、通院には駅の近くがなんといってもありがたい。開業は1995年、現在の地に移動したのが2002年。

                
藤尾 昭院長

藤尾 昭院長アーバンプラザ歯科・藤尾(横浜市青葉区、藤が丘駅)
藤が丘駅から続く丘の途中にあるアーバン・プラザ歯科・藤尾。その扉を開けた瞬間、アットホームな雰囲気に自然と心が和むと同時に、足踏みミシンならぬ足踏み歯科医療器具や、アンティークでオリエンタルなアジア家具など、「何だろう?」と好奇心をあおる逸品が目に入る。

                
上條正勝院長

上條正勝院長上條整形外科皮膚科医院(横浜市青葉区、藤が丘駅)
藤が丘駅から徒歩7分。住宅街の一角に「上條整形外科皮膚科医院」の大きな看板が見えてくる。1978年開業。もう33年もの長きに渡って多くの患者に親しまれ、信頼され続けてきた、この町には欠かせない医院である。

                
浅沼功也院長

浅沼功也院長浅沼歯科医院(横浜市青葉区、青葉台駅)
東急田園都市線の青葉台駅からバスで7分ほどにある「浅沼歯科医院」は、2002年開業。待合室には自ら「鉄道オタク」と称する院長の浅沼先生が作った鉄道模型が置かれ、「電車の歯医者さん」として親しまれている。

                
安西春幸院長

安西春幸院長こどもの国安西クリニック(横浜市青葉区、こどもの国駅)
こどもの国駅から歩いて3分のこどもの国安西クリニックを訪ねた。クリニックの外からでも待合状況がわかるように呼び出し番号を設置され、携帯電話からも混雑状況がわかる。さらに土日も診療を行っている。時間がないからと受診を遅らせて、手遅れになってしまった患者さんをたくさん見てきた院長の安西先生の経験から、これらのシステムを導入したという。

                
鈴木俊和院長

鈴木俊和院長ベルデンタルクリニック(横浜市青葉区、青葉台駅)
青葉台駅から歩いて数分、大通り沿いのビルの中にある「ベルデンタルクリニック」。受付と待合室が3階、診察室は2階にあり、エレベータから完全バリアフリーになっている。子どもからお年寄りまで幅広い年齢層の患者が通う地域に根差したクリニックだ。ホームドクターをめざしている鈴木俊和院長は、口腔内だけでなく全身の状態を診て患者に詳しく説明しながら治療を進めていくという。

                
小田切邦雄院長

小田切邦雄院長横浜青葉台クリニック(横浜市青葉区、青葉台駅)
青葉台から歩いて5分程、なだらかな坂を上ると、一軒屋の白い建物が見える。横浜青葉台クリニックの小さな看板がなければ、レストランと思ってしまうだろう。白を基調にカントリーテイストをほんの少しきかせた明るい内装の院内だが、ドアの向こうにはCTスキャンやマンモグラフィーなどの最新の医療機器がところ狭しと並んでいる。

                               
井上浩一院長

井上浩一院長井上小児科医院(横浜市青葉区、市が尾駅)
市が尾駅から商店街を通り5分ほど歩いたところに「井上小児科医院」はある。院長の井上浩一先生は大学病院勤務を経て開業し、約9年前にこの地に移転した。「小児科は車で来院する患者さんが多く、広い駐車スペースを確保したかった」と移転の理由を話す井上院長。

                
内野大輔院長

内野大輔院長内野医院(横浜市青葉区、市が尾駅)
のどかな風景が広がる横浜市青葉区。市が尾駅からバスで5分、目の前には田園風景が広がるのどかな地に「内野医院」はある。近隣にクリニックが少ないその地域で、祖父の時代から60年余り地域に根ざした医療を続けてきた。3代目となる内野大輔院長が医院を継いでからリフォームされた院内は、明るく清潔な雰囲気。

                
藤下直彦院長、藤下義輝副院長、藤下美保先生

藤下直彦院長、藤下義輝副院長、藤下美保先生藤下歯科医院(横浜市青葉区、市が尾駅
市ヶ尾駅から徒歩3分。閑静な住宅街に伸びる一本の坂道を少しのぼると、「藤下歯科」の青い看板が目に入る。院内に立ち入ると、受付の奥には明るく開放的な診療スペース。すべての診療台が窓に向かって設置され、柔らかな日差しと落ち着いた景色がくつろぎの空間を演出している。

                
久保田 正院長、久保田玲子副院長

久保田 正院長、久保田玲子副院長クボタ歯科医院(横浜市青葉区、市が尾駅)
市が尾駅から延びる緩い坂道の途中にある「クボタ歯科医院」は1982年開業、今年で32年目を迎える。開業以来、久保田 正院長が一般歯科、口腔外科などを担当、妻で小児歯科専門医の久保田玲子先生が子どもの患者を担当し、夫婦二人三脚で地域住民のお口の健康を守り続けてきた。

                
西山 哲院長

西山 哲院長西山耳鼻咽喉科(横浜市青葉区、市が尾駅)
市ヶ尾駅から2分ほど歩いたところにある「西山耳鼻咽喉科」は、昭和63年の開業以来、地域の患者さんに愛され続けている医院だ。院長の西山哲先生は、「僕自身がアレルギー性鼻炎なので、クーラーの効いた部屋に長時間いるのがだめなのです」と照れながら話してくれた。

                
高橋誠治院長

高橋誠治院長レディースクリニック市ヶ尾(横浜市青葉区、市が尾駅)
東急田園都市線・市が尾駅から、わずか徒歩1分。「レディースクリニック市ヶ尾」は、地域に住む幅広い年齢層の女性たちが頼りにする駅前クリニックだ。院長の高橋誠治先生は「女性のための健康コンサルタント」として、緑が多く静かな街並みが続くこの土地で、女性の身体を守るため、日々、検査や治療に尽力している。

                
鳥居浩一郎院長

鳥居浩一郎院長鳥居歯科医院(横浜市青葉区、あざみ野駅)
あざみ野駅からバスで約10分。閑静な住宅街の中に「鳥居歯科医院」がある。開業から20年以上にわたって診療を続けてきた、地元になくてはならないクリニック。「地域に密着しながら、末永く診続けてさしあげられるホームドクターでありたい」と、穏やかな微笑みで出迎えてくれたのは鳥居浩一郎院長だ。

                
河合康夫院長

河合康夫院長河合医院(横浜市青葉区、あざみ野駅)
閑静な住宅地すすき野にある「河合医院」は1989年に開業して以来、プライマリーケアのできる家庭医としての役割を果たしながら、新しい医療を積極的に取り入れ、多くの人の健康な暮らしを支えてきた。

                
森川富夫院長、森川亜耶先生

森川富夫院長、森川亜耶先生バンビ歯科(横浜市青葉区、あざみ野駅)
浜市青葉区の高台すすき野にある「バンビ歯科」は開業して30年以上、地域住民のお口の健康を守り続けてきた。森川富夫院長とその娘森川亜耶先生をはじめ複数の歯科医師によって幅広い診療を展開。

                
小野寺久美子院長

小野寺久美子院長えだ歯科医院(横浜市青葉区、江田駅)
東急田園都市線の江田駅から徒歩1分と通院のしやすい場所にある「えだ歯科医院」。こじんまりとしたアットホームさで、どこか懐かしさを感じさせるこの医院で、24年間にわたって地域密着の診療をしているのが小野寺久美子院長だ。

                
林 荘太郎院長

林 荘太郎院長荘太郎クリニック(横浜市青葉区、あざみ野駅)
あざみ野駅と江田駅を結ぶ緩やかな坂道の途中にある「荘太郎クリニック」は2002年の開業以来、地域住民の健康を守り続けている。林荘太郎院長が専門とする循環器内科の診療はもちろんのこと、内科全般にも広く精通し、ホームドクターとしての信頼も厚い。

                
村田琢彦院長

村田琢彦院長あざみ野メンタルクリニック(横浜市青葉区、あざみ野駅)
「あざみ野メンタルクリニック」は、1998年4月に昭和大学藤が丘病院の精神科医である村田琢彦先生が開院した精神科専門のクリニックである。「うつを訴える患者さんの中には、本当にうつ病の方もいれば、環境や性格的な理由で気分が沈んでいるだけという方もいます。その見極めをしたり患者さんのわだかまりの気持ちを整理する最初の相談窓口となっていきたい」と話す村田院長。

                
刑部義美院長

刑部義美院長あざみ野おさかべクリニック(横浜市青葉区、あざみ野駅)
あざみ野駅から歩いてすぐ、医療機関ランキングでも高い評価を得ている、あざみ野おさかべクリニックを訪ねた。午後の診療まで30分以上あるというのに、評判の高さを裏付けるかのごとく、待合室は患者さんで溢れていた。院長の刑部先生は控えめで柔らかな物腰で、どんなことでも相談できそうだ。

                
丹羽和賀美院長

丹羽和賀美院長和みのクリニック(横浜市青葉区、あざみ野駅)
ピンクやクリーム色のクラシックなバラが咲き誇り、緑豊かでエレガントなフレンチジョージアン様式の建物がひときわ目を引く。あざみ野駅から徒歩5分という好立地にある「和みのクリニック」は、院名のとおり、訪れる者の心を和ませてくれる。

                
杉原 穣院長

杉原 穣院長杉原歯科医院(横浜市青葉区、あざみ野駅)
あざみ野駅西口バスロータリーのすぐ目の前。駅からも見えるほど好アクセスの杉原歯科医院。院内は木目を生かしたインテリアで、明るく爽やかな雰囲気がある。2014年、診察室の壁紙を淡い紫色にリニューアルし、清潔感と居心地の良さがさらにアップしており、リラックスして治療が受けられそうだ。

                
湧川基史院長

湧川基史院長あおば皮ふ科(横浜市青葉区、あざみ野駅)
あざみ野駅からの坂をバスで少し上ると見えてくる、あおば皮ふ科。院内はシンプルながら、ユニークなキャラクターグッズがさりげなく置かれ、院長およびスタッフの心遣いに、ホッと気持ちが和む。家族連れでの来院も多いというあおば皮ふ科の院長・湧川基史先生は、穏やかな笑顔で出迎えてくれた。

                
赤坂恭一朗院長

赤坂恭一朗院長赤坂デンタルクリニック(横浜市青葉区、たまプラーザ駅)
田園都市線たまプラーザ駅南口から徒歩3分。閑静な住宅地にある「赤坂デンタルクリニック」。赤坂恭一朗院長が「地域に溶け込んだ身近なクリニック」を目指して2005年5月に開業してから、今年で節目の10年目を迎える。院長がモットーに掲げるのは「患者さんを主体に、患者さんのためになることを考えた診療」。

                
小杉禎久院長

小杉禎久院長小杉歯科医院(横浜市青葉区、あざみ野駅)
"歯周病"といえば、必ず名前が挙がる小杉歯科医院。それもそのはず、院長の小杉先生は、歯周病専門医の資格を持つスペシャリスト。出身大学で10年間、歯周病を中心に研鑽を積み、その後10年間はここあざみ野で歯周病のみならず、一般診療などの地域医療に携わってきた。

                
服部一志院長

服部一志院長レディースクリニック服部(横浜市青葉区、たまプラーザ駅)
たまプラーザの閑静な住宅街に佇む「レディースクリニック服部」。院長の服部一志先生が出産をメインにしたクリニックを立ち上げたいと、この地に開業したのは26年前のこと。これまで数えきれないほどの出産に立ち会ってきた。

                
山口葉子院長

山口葉子院長美しが丘眼科(横浜市青葉区、たまプラーザ駅)
「病気になるのは誰のせいでもない、だからこそ病気と向き合う人々を全力で支えたい」と、常に患者の味方であり続けてきた医師がいる。たまプラーザ駅から徒歩5分、「美しが丘眼科」院長の山口葉子先生だ。

                
長谷川 眞院長

長谷川 眞院長長谷川内科クリニック(横浜市青葉区、たまプラーザ駅)
青空の広がる小春日和。たまプラーザ駅近くの、甲状腺疾患・糖尿病・高脂血症を専門とする「長谷川内科クリニック」を訪れた。広々とした待合室には大きなぬいぐるみが並べられ、テレビモニターには海の底を悠々と泳ぐマンタが映っている。「ぬいぐるみはね、全部コレですよ」といって、UFOキャッチャーの仕草をする長谷川 眞院長。

                
横山靖院長

横山靖院長よこやま歯科医院(横浜市青葉区、たまプラーザ駅)
たまプラーザ駅から歩くこと5分。可愛らしいワニのマークが目印のよこやま歯科医院を訪ねた。院内は隅々まで清掃と整理整頓が行き届き、清潔に保たれており、気持ちよく診療が受けられそうだ。高額な治療は長持ちして当たり前、保険診療を基本として、保険診療でも長持ちする最良の治療を提供したいという院長の横山先生。

                
日野容碩院長

日野容碩院長ロイヤル歯科医院(横浜市青葉区、たまプラーザ駅)
「基本を大事に患者さんのための治療を実践する」ことを信条としている「ロイヤル歯科医院」の日野容碩(ひの・ようせき)院長。患者とのコミュニケーションを大切にしている歯科医院は数多いが、こちらではハイテク機器で撮影した口腔内の写真を用いるなどビジュアル的な要素と徹底した解説で、歯の健康への理解も深めることも重要視している。

                
柳沢正三院長

柳沢正三院長ユリノキ歯科(横浜市青葉区、たまプラーザ駅)
たまプラーザより徒歩3分。ユリノキ通り沿いにある、その名もユリノキ歯科。通りから待合室の様子だけでなく、一部治療している様子が見えて親しみが湧く。患者さんの緊張をほぐしたいという思いが院長にはある。

                
川村憲史院長

川村憲史院長かわむら整形外科クリニック(横浜市青葉区、たまプラーザ駅)
おしゃれな洋菓子店を思わせるような、ブルーを基調にした瀟洒な外観。看板には「子どもの整形外科」と書いてあるが、病院らしい雰囲気はあまり感じられない。クリニック内にも消毒薬のにおいは一切なく、天井まで続く窓からは自然光が差し込んでいる。こうした親しみやすい雰囲気づくりも、主たる患者である子ども達にリラックスしてもらうため。

                
佐藤英夫院長

佐藤英夫院長さとう歯科クリニック(横浜市青葉区、たまプラーザ駅)
この地に開業されて1年半。「患者さんはお子さんが多く、お母さん達はとっても熱心で予防意識が高い、と開業して初めてわかった。」と話す佐藤先生は、地元青葉区出身。

                
児島一樹院長

児島一樹院長美しが丘メンタルクリニック(横浜市青葉区、たまプラーザ駅)
たまプラーザ駅から徒歩3分。都心に通勤している方にも受診してもらいたいため、夜は午後8時まで診療しています。南国リゾートのスパをモチーフにした待合室でリラックスしてもらいたいと院長は言います。

                
筑丸志津子院長

筑丸志津子院長ケセラスキンケアクリニック(横浜市青葉区、たまプラーザ駅)
たまプラーザ駅からバスで約10分、住宅街の中心部にある「ケセラスキンケアクリニック」。クリニックを気軽に来れる場所にしたいと話す院長の筑丸志津子先生は、飲み物を片手に友だちとおしゃべりをする感覚で診療室に入ってほしいと語る。

                
牛久尚彦院長

牛久尚彦院長医療法人社団慶忠会 うしく整形外科クリニック(横浜市青葉区、たまプラーザ駅
リハビリテーションによって筋力や関節の可動範囲を広げ、患部の痛みや違和感を取り除く運動療法(メディカルフィットネス)に力を入れている「うしく整形外科クリニック」。スポーツ医学を専門に、アスリートの治療を数多く手がけてきた牛久尚彦院長は、その豊富な経験を生かし、患者のニーズに合わせた治療を導入。

                
小岸正弥院長

小岸正弥院長おぎし歯科クリニック(横浜市青葉区、たまプラーザ駅)
たまプラーザ駅からバスで10分。駅からの車道を進めば、脇に植えてある樹木の彩りが豊かで目にも優しい。そんな居心地の良さそうで閑静な住宅街のただ中に、「おぎし歯科クリニック」は位置している。メディカルモールの2階で同院を率いるのは、小岸正弥院長だ。この地で診療を続けて18年間になる。

                
阿座上志郎院長

阿座上志郎院長あざがみ小児クリニック(横浜市青葉区、たまプラーザ駅)
青葉区美しが丘西の自然あふれるのどかな住宅街の一角にある『あざがみ小児クリニック』。大きな窓に面した待合室には、たくさんのおもちゃが並ぶプレイスペースがあり、診察に訪れた子どもたちが夢中で遊び始める。患者からクリニックに対する意見や要望を聞こうと阿座上志郎院長が設置した目安箱には、たくさんの紙が入っているが、それはすべてクリニックの案内リーフレット。

                
篠原泰弘院長

篠原泰弘院長篠原歯科医院(横浜市青葉区、たまプラーザ駅)
たまプラーザ駅からバスで約10分、「保木薬師前」バス停を下車してすぐにある「篠原歯科医院」は、今年で22年目を迎えるという地域に根付いた歯科医院だ。大きな窓から自然光が射し込む明るい診察室は、パーティションで患者のプライバシーを保ちつつ、歯科ユニットの周りにたっぷりと空間が取られていて開放感があり、見た目にも気持ち良い。

                
松田州弘院長、松田敬子副院長

松田州弘院長、松田敬子副院長松田クリニック(横浜市青葉区、たまプラーザ駅)
青葉区美しが丘に、かわいらしい大きな一戸建てが立つ。1999年開業の「松田クリニック」だ。医院前の通りにはきれいな花が咲くが、これらは松田州弘院長が育てているものだというから、その穏やかで優しい人柄が伝わってくる。一方、快活な笑顔で院長を支えるのが、妻の松田敬子副院長。

                
白須宣彦院長

白須宣彦院長ホワイトレディースクリニック(横浜市青葉区、たまプラーザ駅)
自然の残る穏やかな住宅街、青葉区美しが丘西にあるホワイトレディースクリニック。医院名がカタカナでやわらかい印象で、その由来を尋ねると、ひとつは清潔な白のイメージ、もうひとつは白須院長の苗字の白からとったという。

                
濱田宣行院長、濱田ゆかり副院長

濱田宣行院長、濱田ゆかり副院長浜田歯科医院(横浜市青葉区、藤が丘駅)
藤が丘駅から国道246の方へゆるやかな坂道を上がってくと、格子の木の扉の浜田歯科医院が見える。歯科医院らしくないエントランスが、かえって人目を引く。院内は上品なインテリアでまとめられ、気持ちよく診療を受けられそうだ。

                
後藤隆太院長、隆子副院長

後藤隆太院長、隆子副院長藤が丘南口クリニック(横浜市青葉区、藤が丘駅)
藤が丘駅南口改札を出て、すぐ上階にある藤が丘南口クリニックを訪ねた。泌尿器科・内科・皮膚科を標榜する院内には、小さなお子さんから年配の患者さんまで、幅広い層の患者さんが診療の順番を待っていた。0歳〜100歳までの患者さんがいるというこのクリニックは、家族ぐるみでかかりつけにしている患者さんも多いという。

                
櫻井直樹院長

櫻井直樹院長さくら歯科クリニックあおば(横浜市青葉区、青葉台駅)
青葉台駅から徒歩2分に位置する「さくら歯科クリニックあおば」は、広々としたスペースと清潔感のあふれる内装が印象的だ。もともとは10年前に藤が丘で開院し、2014年に現在の場所に移転。それを機に、櫻井直樹院長の理想を実現した機能的なクリニックとして新たなスタートを切った。

                
山本昭二院長

山本昭二院長山本歯科医院(横浜市青葉区、青葉台駅)
地元・青葉台に開院してちょうど20周年の「山本歯科医院」。山本院長の父は内科医として青葉台の人々の健康に貢献し、兄も医師を継承。青葉台の町の発展を見続けながら、親子2代にわたって地元密着型の医療を提供している。

                
甲斐秀実院長

甲斐秀実院長甲斐整形外科(横浜市青葉区、あざみ野駅)
野球に熱中し、プロ野球選手を目指していたスポーツ少年。子供の頃から元気で怪我が絶えず、怪我を治療してくれた医師の姿に憧れて医師を志した、院長の甲斐秀実先生。救急救命病院での激務を経て、11年前に開業。

                
西川真人院長

西川真人院長西川内科・胃腸科(横浜市青葉区、あざみ野駅)
青葉区の西川内科・胃腸科を訪ねた。院長の西川先生のお父様が外科として開業したのが1981年のこと。30年近くの地域の健康を見守り続けている。院長の西川先生に代替わりした際に診療科目を内科・胃腸科へと変え、在宅医療も行うようになった。

旭区

柳澤 隆院長

柳澤 隆院長二俣川レディースクリニック(横浜市旭区、二俣川駅)
相鉄線・二俣川駅北口から徒歩3分。駅前のドンキホーテ向かいの医療ビル3階に、「二俣川レディースクリニック」はある。取材に訪れたのはお昼休み。午前中の診療時間を終えても、待合室には大勢の妊婦さんの姿があった。

天野公富院長

天野公富院長医療法人社団天西会 あまの歯科(横浜市旭区、鶴ヶ峰駅)
相鉄線鶴ヶ峰駅よりバスで5分ほどの場所にある「あまの歯科」は、2003年に天野公富院長によって開院された。“より良い歯科診療とは何か” 虫歯や歯周病にならないための方法はわかっているが、それをいかに患者に意識して継続してもらうようにするかが難しいと、天野院長は言う。

多羅尾和郎院長

多羅尾和郎院長たらお内科・消化器科(横浜市旭区、二俣川駅)
県立がんセンターのセンター長も務めた多羅尾和郎院長が診療する、肝臓病と消化器病のクリニック。それが「たらお内科・消化器科」だ。多羅尾院長が開業を決めたのは、がんセンターで担当してきた患者たちの言葉だという。

松澤伸幸院長

松澤伸幸院長医療法人社団角理会 二俣川アルカディア歯科(横浜市旭区、二俣川駅)
相鉄線二俣川駅より徒歩5分。1997年に開院した「二俣川アルカディア歯科」。松澤伸幸先生が院長になってから14年が経つが、開院当時からの患者がずっと通い続けているという。西友の1階にあるという便利さもあるが、長年の患者が後を絶たない理由は他にもある。

新井泰弘院長

新井泰弘院長新井耳鼻咽喉科クリニック(横浜市旭区、二俣川駅)
横浜市西部の交通の要所・二俣川駅。相鉄本線といずみ野線の分岐点として、またバスターミナルとして日々多くの人でにぎわっている。その二俣川駅北口から、屋根付きの歩道橋を歩いて1分のビル4階に「新井耳鼻咽喉科クリニック」はある。

遠藤信孝院長

遠藤信孝院長えんどう矯正歯科クリニック(横浜市旭区、二俣川駅)
明るい院内で優しく話す笑顔の遠藤信孝院長なら、矯正の利点や特色をわかりやすく話してくれる。矯正の目的は歯を動かすだけでなく、顎の大きさやかみ合わせまで適切に整え、患者一人ひとりの口腔環境を理想に近づけること。

塚原正彦院長

塚原正彦院長塚原眼科医院(横浜市旭区、二俣川駅)
「長年の信頼関係があるからこそ、先生にお任せではなくきちんと向き合いたい」と穏やかな笑顔で語るのは、1954年開業の「塚原眼科医院」の3代目院長、塚原正彦先生。相手の声にじっくり耳を傾け、一言一言を大切に話す姿からは、白内障手術のエキスパートでありながら、とことん相手の気持に寄り添おうとする真摯な姿勢が伝わってくる。

遠藤省吾院長

遠藤省吾院長エンドウ歯科(横浜市旭区、二俣川駅)
相鉄線二俣川駅より徒歩3分。駅からのアクセスが便利な場所にある「エンドウ歯科医院」は、1983年に遠藤省吾院長によって開院された。遠藤院長は神奈川歯科大学を卒業後、同大学附属病院にて歯周病を専門に診療に携わってきた歯周病のエキスパート。同クリニック開院後は、歯周病を中心に、各分野の専門医を非常勤に迎えあらゆる症状の治療に対応している。

飛鳥井 洋院長

飛鳥井 洋院長あすかい内科(横浜市旭区、二俣川駅)
二俣川駅北口から厚木街道沿いに西へ約5分。薬局の2階に「あすかい内科」の看板が掲げられている。階段を上がると明るく清潔感のある待合室が広がり、受付スタッフが明るい笑顔で出迎えてくれた。

                
大橋俊龍院長

大橋俊龍院長大橋歯科医院(横浜市旭区、鶴ヶ峰駅)
相鉄線鶴ヶ峰駅から徒歩7分ほどの場所にある「大橋歯科医院」。先代院長が開院してから40年以上という、歴史ある歯科医院である。2代目の院長にあたる大橋俊龍氏は、先代の時から来ている高齢の患者を中心に、その家族たちからも信頼を得ているドクター。

                
瀬戸延泰院長

瀬戸延泰院長瀬戸デンタルクリニック(横浜市旭区、鶴ヶ峰駅)
自信を持った美しいスマイルに出会えるチャンスかもしれない。相鉄線鶴ヶ峰駅から歩いて約4分のビルの2階にある「瀬戸デンタルクリニック」。瀬戸延泰院長は1994年に開業して以来、数多くの症例を手がけてきた。

                
田所信一院長

田所信一院長たどころ歯科医院(横浜市旭区、鶴ヶ峰駅)
相鉄線・鶴ヶ峰駅前のビルの2階。窓ガラスの「たどころ歯科」の文字が目印の「たどころ歯科医院」は田所信一院長が1998年に開業して以来、地域に密着した歯科医療を展開し、地域住民のお口の健康をサポートしてきた。待合室には写真や絵などの患者の作品が飾られ、町中のクリニックならではのアットホームさを感じさせる。

幾世橋 篤院長

幾世橋 篤院長鶴ヶ峰消化器科・内科クリニック(横浜市旭区、鶴ヶ峰駅)
相鉄線・鶴ヶ峰駅北口から徒歩2分、駅前商店街のビル3階にある「鶴ヶ峰消化器科・内科クリニック」。外の喧騒とは打って変わって、落ち着いた内装に軽やかな音楽が流れる院内では、受付スタッフが穏やかな笑顔で迎えてくれる。

                
遠藤盛孝副院長

遠藤盛孝副院長えんどう歯科医院(横浜市旭区、希望ヶ丘駅)
相鉄線「希望ヶ丘駅」より徒歩2分というアクセス抜群の立地にある「えんどう歯科医院」の副院長・遠藤盛孝先生。同院は、1955年開業という希望ヶ丘で1番古いと思われる歴史ある歯科医院だ。2世代、3世代で通う患者も多く、長きにわたって地元で信頼されてきたことがうかがえる。

                
永田敦司院長

永田敦司院長永田歯科(横浜市旭区、鶴ヶ峰駅)
最寄駅の相鉄線鶴ヶ峰駅からバスに乗り、「川井宿バス停」で降りてすぐの場所にある「永田歯科」。院長を務めるのは永田敦司先生だ。医院のそばでは、横浜市内で唯一現存する「水道みちトロッコ」のレールを見ることができ、情緒を感じる。からし色の外観が特徴の同院は、一般の民家と間違われることも少なくないという。

荘 正博院長

荘 正博院長都岡歯科医院(横浜市旭区、三ツ境駅)
三ツ境駅から車で約10分。八王子街道を1本折れた通りに「都岡歯科医院」がある。目に飛び込んでくるのは真っ白いスタイリッシュな外観。大きなガラス張りの窓からは院内の洗練された雰囲気も感じられる。

                
金子卓也院長

金子卓也院長医療法人社団会津健全会 金子歯科医院(横浜市旭区、中山駅)
よこはま動物園ズーラシアや四季の森に程近い、緑豊かな場所にある「金子歯科医院」。気さくで話し上手な金子卓也院長は1984年の開院以来、近隣住民の歯の健康を見守ってきた。診療のモットーはできるだけ「削らない・抜かない」歯科治療。天然歯や神経を残す先生の技術を頼りに、遠方からも患者が訪れる。

                
菊地秀樹院長

菊地秀樹院長きくち医院(横浜市旭区、鶴ヶ峰駅)
「切れ目のない医療を届ける」。そう話す「きくち医院」の菊地秀樹院長は有言実行の医師だ。地域住民のために、24時間片時も携帯電話を離さず、ホットラインをつなぎ続ける。院内には内視鏡や超音波機器を導入し、がんの早期発見・治療に最善を尽くす。来院できなくなった人の訪問診療や看取りも行う。

                
橋本芳史院長

橋本芳史院長橋本歯科(横浜市旭区、十日市場駅)
緑が多く静かな住宅地、若葉台の住人で賑わうショッピングセンターわかば内にある「橋本歯科」は、橋本芳史院長が開業して今年で12年目を迎える。かつては子どもが多かったこの地は、今は子育てを終えた人たちが静かに暮らす町となり、そんな町の移り変わりに合わせて橋本歯科も歴史を重ねてきた。

森田昌士院長、大場有希子副院長

森田昌士院長、大場有希子副院長森田皮フ科(横浜市旭区、三ツ境駅)
相鉄線三ツ境駅北口から徒歩1分の「森田皮フ科」を訪ねたのは、午後8時のこと。午後の受付終了時間を2時間半過ぎたこの時刻に、ようやく最後の患者の診療を終えられたのだ。受付開始時間には医院前に患者が行列を作り、待合室は常に満員の人気医院。

                
中谷敏恭院長

中谷敏恭院長中谷歯科医院(横浜市区、旭駅名)
相鉄線二俣川駅よりバスで行くこと15分、都会の喧騒から一歩離れた場所に佇む左近山団地。ショッピングモールや青果店、精肉店、クリーニング店などがあり、団地に住む人々の生活を支えている。今年で34年目を迎える「中谷歯科医院」も、その一つ。

                
岩崎良太郎院長

岩崎良太郎院長岩崎歯科医院(横浜市旭区、鶴ヶ峰駅)
2013年にフルリニューアルした「岩崎歯科医院」は白を基調とした内・外観に映える天井の高い待合室が開放的な、明るくも落ち着いた雰囲気のある地域密着の医院だ。隅にはキッズスペースも設けられ、待ち時間に子どもたちが退屈しないよう配慮されている。

                
大川育男院長

大川育男院長医療法人 育真会 大川内科クリニック(横浜市旭区、鶴ヶ峰駅)
旭区にある「大川内科クリニック」は目の前に大きな幹線道路が走り、JA都岡のバス停もすぐ近くという立地。駅から少し離れているこの地区の住民が「大川さんに行けば何とかしてくれる」と信頼を寄せているクリニックだ。

                
岡田孝弘院長

岡田孝弘院長オカダ外科医院(横浜市旭区、希望ヶ丘駅)
希望ヶ丘駅から商店街の坂道を上っていくと、右手に3階建ての大きな洋風の建物がある。庭には青い芝生が広がり、花壇の花々が訪れた人々の目を楽しませてくれる。この「オカダ外科医院」は1959年に岡田憲一前院長が開業し、2007年に息子である岡田孝弘医師が継承して2代目院長に就任した。

                
江口康久万院長

江口康久万院長江口歯科・矯正(横浜市旭区、二俣川駅)
二俣川駅から徒歩3分。駅直結の商業施設を抜けると目の前に「江口歯科・矯正」の文字が見えてくる。二俣川で約20年続く人気の歯科医院だ。一般の虫歯治療から手術が必要となるような矯正治療まで、とにかく治療の幅の広さに驚く。

                
大嶋寛之院長

大嶋寛之院長フォレオ四季の森歯科クリニック(横浜市旭区、中山駅)
都市部にありながら、豊かな緑に癒される旭区上白根。よこはま動物園ズーラシアや、地域住民の憩いの場「四季の森公園」にほど近いショッピングセンター3階に、熱帯魚が泳ぐ巨大水槽が目印の「フォレオ四季の森歯科クリニック」を訪ねた。

泉区

森 和弘院長

森 和弘院長森齒科クリニック(横浜市泉区、下飯田駅)
横浜市営地下鉄ブルーライン下飯田駅より車で5分ほどの住宅街にたたずむ「森齒科クリニック」。森和弘院長が1996年に開院して以来、20年近くも地域住民の歯の健康をサポートし続けている。森院長は幼稚園の頃から北海道大学歯学部に入学するまでを、同クリニック周辺で過ごしてきたという。

板東邦秋院長

板東邦秋院長ばんどうクリニック(横浜市泉区、ゆめが丘駅)
横浜環状4号線沿いの下和泉交差点近くにある、「ばんどうクリニック」。医院前の広い駐車場には、昼の休診時間に入っても続々と来院する患者の車が途絶えない。院長の板東邦秋先生は、順天堂大学や藤沢市民病院で長年活躍してきた脳神経外科のエキスパート。

堀内勇人院長

堀内勇人院長堀内歯科医院(横浜市泉区、いずみ中央駅)
堀内勇人院長がスイッチを入れると、診療ユニット脇のモニターに待合室のキッズスペースが映った。「これならお母さんが診療中でも、お子さんの様子が見えるでしょう?それに当院ではお子さんも5歳以上なら、1人で入室するようにしてもらっています。そんな時も、お母さんの様子がモニターで見えたら安心ですから」と、にこやかに話す堀内院長。

土屋雅則院長

土屋雅則院長緑園皮膚科クリニック(横浜市泉区、緑園都市駅)
相鉄線緑園都市駅から歩いて数分。閑静な住宅街の一角に、「緑園皮膚科クリニック」はある。中に入ると目を奪うのは待合室の広さ。ちょっとしたホテルのロビーほどはあるだろうか。「開業した当初は喫茶店と間違えて入ってくる人がいました」。院長の土屋雅則先生は笑う。

会田秀介院長

会田秀介院長会田クリニック(横浜市泉区、緑園都市駅)
緑園都市駅を出てなだらかな坂を上ると、閑静な住宅地が広がる。その一角にある「会田クリニック」。あたたかくアットホームな雰囲気を感じるのは、自宅に併設されたクリニックだからだろうか。院長の会田秀介先生は、人に緊張感を与えないあけっぴろげの性格で、言葉にならない不安や悩みをどっしりと受け止めてくれる、そんな印象。

                
酒井隆慈院長

酒井隆慈院長緑園都市耳鼻咽喉科 酒井医院(横浜市泉区、緑園都市駅)
ファミリー層も多い相鉄いずみ野線沿線の緑園都市駅。その目の前ある「緑園都市耳鼻咽喉科 酒井医院」は1989年開業。エリアの開発当時から地域住民の健康を見守り続けてきたのが、院長の酒井隆慈(たかじ)先生だ。

                
石井 淳院長

石井 淳院長こまくさ女性クリニック(横浜市泉区、緑園都市駅)
整備された美しい街並みが印象的な、相鉄いずみ野線の緑園都市駅から徒歩1分。「こまくさ女性クリニック」に入って最初に感じるのは、スタッフの明るく丁寧な対応だ。クリニックでは「挨拶・返事・視線・笑顔」の4つを徹底しているという。これは石井淳院長の理念であり、それをスタッフ全員が共有している。

                
三田浩明院長

三田浩明院長三田矯正歯科医院(横浜市泉区、弥生台駅)
相鉄いずみ野線弥生台駅から徒歩2分。神奈川銀行を過ぎ右に曲がると、青い看板に黄色いお魚のマークが目印の「三田矯正歯科医院」の看板が目に入る。先生の趣味はもしやダイビング? と思いつつ医院のドアを開けたとたん、明るく大きな挨拶がいくつも聞こえてきた。お世辞抜きにスタッフの対応が気持ちいい! 治療を終えて現れた院長の三田浩明先生もとびきりの笑顔だ。

                
水尾敏彦院長

水尾敏彦院長医療法人社団水尾会 みずおクリニック(横浜市泉区、中田駅)
横浜市営地下鉄ブルーラインの中田駅より、徒歩2分ほどの好立地にある「みずおクリニック」。2003年に前院長の水尾敏之氏が開院して以来、地域住民の泌尿器の症状についての治療に務めてきた。2013年より、長男である敏彦氏が院長として後を継ぎ、日々患者の健康のために邁進している。

                
鈴木正比古院長

鈴木正比古院長鈴木整形外科(横浜市泉区、中田駅)
中田駅からほど近い「鈴木整形外科」は、40坪もの理学診療室を持ち、広い待合室があるにも関わらず、診療を待つ患者が院外にまであふれてしまうほど人気の高いクリニックだ。院長の鈴木正比古先生は、整形外科におけるテーピングに注力し、なかでもスポーツ選手に対するテーピングのエキスパートとして有名だ。

                
佐藤資記院長

佐藤資記院長くずのぐち歯科クリニック(横浜市泉区、中田駅)
「口の中のケアをきちんと行っていると、体の疾患でも、治り方が違ってくるんですよ」。そう話すのは、横浜市営地下鉄中田駅のすぐそばで1996年に開院した「くずのぐち歯科クリニック」の院長、佐藤資記先生。「体の健康は口から」をモットーに、歯科医師会と医師会との連携医療などを進めている。

                
能登重光院長

能登重光院長フタバ皮フ科(横浜市泉区、立場駅)
横浜市営地下鉄線ブルーライン立場駅の目の前にあるビルの3階という、非常に便利な立地にある「フタバ皮フ科」。2001年に能登重光院長が開院して以来、地域住民の皮膚疾患の治療に貢献している。付近には特養老人ホームや身体障がい者が入所するケアセンターなどの施設が点在しており、その需要の高さから、午前中は往診に時間を割き、外来は午後1時から7時まで診ているという。

                
福田 豊院長

福田 豊院長ふくだ小児クリニック(横浜市泉区、いずみ中央駅)
相鉄いずみ野線・いずみ中央駅から徒歩5分。長後街道沿いのいずみ中央クリニックビル3階にある「ふくだ小児クリニック」。近隣はもちろん、遠方から電車を乗り継いで訪れる患者も多いという、人気の小児科だ。1996年の開院以来、診断の的確さ、スタッフの対応の良さが口コミで広まったのだという。

磯子区

                
中川 毅院長

中川 毅院長中川クリニック(横浜市磯子区、屏風浦駅)
京浜急行、屏風浦駅の改札を出てすぐ。駅の真向かいのビルにある「中川クリニック」は、開業して約3ヵ月が経つ。院内は落ち着いた色調で統一され、診察室の他に、生活習慣病の相談室や充実した検査機器が揃う。

                
小泉康之院長

小泉康之院長洋光台駅前歯科医院(横浜市磯子区、洋光台駅)
洋光台駅から徒歩1分。大型公団住宅の1階部分を利用したサンモール洋光台商店街の中にある「洋光台駅前歯科医院」。入り口からバリアフリーとなっているため、車いすのままでも診療室へ入れる利便性の良さがうれしい。

                
山口 剛理事長

山口 剛理事長医療法人社団友生会 友生歯科医院(横浜市区磯子区、磯子駅)
子どもの頃体が弱く、よく病院にかかっていたことから、医療に親しみを覚え、医学の道を志したという「山口歯科医院/友生歯科医院」山口剛院長/理事長。

木村 豊院長

木村 豊院長木村歯科医院(横浜市磯子区、洋光台駅)
自分が生まれた地域に根ざした診療を行う木村豊院長の「木村歯科医院」は、洋光台駅から徒歩10分の住宅地。いたってふつうの診療だと、控えめな言葉から始まった取材も、診療についてはとても雄弁になる姿が印象的だった。

                
平野達也院長

平野達也院長平野歯科医院(横浜市磯子区、杉田駅)
「とにかく海につかっているのが好き」と毎朝、湘南の海でサーフィンをしてから診療に臨むという「平野歯科医院」平野達也院長。「歯科医師になって20年。

                
王 延泰院長

王 延泰院長王歯科医院(横浜市磯子区、根岸駅)
根岸駅より車で6分。滝頭2丁目交差点近くに位置する「王歯科医院」は2002年開院の地域に根差した歯科医院だ。「これでも子どもの頃は人見知りがひどくて、話しかけられると人の後ろに隠れてしまうほどだったんですよ」と屈託のない笑顔で話すのは院長の王延泰先生。

                
浦 辰郎院長

浦 辰郎院長うら歯科医院(横浜市磯子区、洋光台駅)
温かな眼差しと柔らかな物腰……対面してすぐに感じられる優しさが魅力の浦辰郎院長による診療が受けられるのが「うら歯科医院」。長崎出身の浦院長が、「故郷に似た雰囲気を持つ住みやすい街」と愛着を語る横浜で、27年もの長きにわたり地域医療に貢献してきた。

                
磯部知巳院長

磯部知巳院長デンタルライフクリニック(横浜市磯子区、根岸駅)
根岸駅から幹線道路沿いに歩いて4分、水曜日を除く平日と土曜日は20:00まで診療しているのが「デンタルライフクリニック」だ。この医院名に「歯の治療は、全身の健康作りにつながると考えています。そこで歯と生命、生活を意味するライフを組み合わせました」と、自分の理想を込めたと語る磯部知巳院長。

                
羽田京太郎院長

羽田京太郎院長羽田歯科医院(横浜市磯子区、磯子駅)
JR磯子駅改札を西に出て徒歩3分。通り沿いのビル2階に位置する「羽田歯科医院」は1974年に開業。たくさんの患者が長年通い続けるクリニックだ。40年の間に年を重ねて足腰が悪くなった患者も、ビルの階段に付けられたリフトに座って無理なく2階へ上がることができる。

                
佐藤裕子院長

佐藤裕子院長森が丘医院(横浜市磯子区、上大岡駅)
磯子区と港南区の区境の閑静な住宅街。訪問診療の草分けとして27年間地域に根ざしている「森が丘医院」の佐藤裕子院長は、現代的な社会問題とされるような状況に、かなり早くから直面し続けてきた。

                
田辺由紀夫院長

田辺由紀夫院長洋光台眼科クリニック(横浜市磯子区、洋光台駅)
洋光台駅を出て、団地に囲まれた広場のようなスペースに位置するのが「洋光台眼科クリニック」。1994年に開業し、2005年に駅から徒歩4分の現在の場所に移転した。「目のことなら何でもまかせられる」眼科クリニックとして、地域住民の頼れる存在であり続けている。

                
奥田恭子院長、高倉桃子副院長

奥田恭子院長、高倉桃子副院長医療法人社団 奥田皮膚科医院(横浜市磯子区、洋光台駅)
洋光台で30年以上も診療を続け、地域からの信頼も厚いという「奥田皮膚科医院」。「開業した頃は女医も皮膚科の医師も少ない時代。本当にやっていけるの? と心配されるほどでした」と開業当時を奥田恭子院長は振り返る。

                
平尾紘一理事長

平尾紘一理事長HECサイエンスクリニック(横浜市磯子区、洋光台駅)
横須賀市、藤沢市、相模原市など遠方からも患者が訪れる、洋光台駅近くの「HECサイエンスクリニック」。ここは一般内科と糖尿病内科を併設し、特に糖尿病治療で知られるクリニックだ。平尾紘一理事長は医学部卒業後、横須賀市の小さな診療所で糖尿病の現状を知った。

内野正文院長

内野正文院長うちのパークサイドクリニック(横浜市磯子区、洋光台駅)
JR京浜東北線、洋光台駅から歩いて約6分。マンションの1階に「うちのパークサイドクリニック」はある。洋光台の地で開業して8年。間接照明に柔らかく照らされた待合室はホテルのロビーのようにくつろげる。

                
瀧本 篤院長

瀧本 篤院長>医療法人社団至誠会 たきもとクリニック(横浜市磯子区、新杉田駅)
横浜市磯子区のクリニックモールにある「たきもとクリニック」。院長の瀧本篤先生は、横浜市立大学病院や横浜市民病院などで20年以上、消化器疾患を中心に診療を行ってきたベテランドクターである。

                
東山佳澄院長

東山佳澄院長東山耳鼻咽喉科医院(横浜市磯子区、屏風浦駅)
屏風浦駅から徒歩約3分の「東山耳鼻咽喉科医院」は、昭和の香りする建物だ。先代が開業してから、約40年、現在は二代目の東山佳澄院長が診療を担当している。待合室を広げてキッズスペースを作る、

                
矢崎茂義院長、川口葉子副院長

矢崎茂義院長、川口葉子副院長医療法人社団 矢崎小児科(横浜市磯子区、磯子駅)
根岸湾に沿って街並みが広がる横浜市磯子区で、1970年から子どもたちの健康を見守ってきた「矢崎小児科」。歴史あるクリニックだけに、開設当時の患者が孫を連れて来院するなどということも珍しくない。

                
坂下 武院長

坂下 武院長さかしたクリニック(横浜市磯子区、磯子駅)
磯子駅から産業道路沿いの広い歩道を進むと、およそ5分でトイザらスの並びにある「さかしたクリニック」に到着する。広くて明るい雰囲気の待合室。受付には1万件近くのカルテが置かれ、近所から大勢の患者が訪れるまさに“町のお医者さん”。

神奈川区

柿山 洋富三院長

柿山 洋富三院長柿山歯科医院 本院(横浜市神奈川区、白楽駅)
東急東横線 白楽駅から徒歩1分。学生や住人など多くの人が行き交う駅前の商店街という好立地にある「柿山歯科医院」。開院して18年、柿山洋富三院長は地域の方の"お口の中の健康"を守ってきた。

清水義央院長

清水義央院長清水歯科(横浜市神奈川区、白楽駅)
「歯科心身症」とは?あまり耳にしない言葉だが、身近な例では「虫歯がないのに歯が痛む」というケースが上げられる。実際には歯ではなく周辺の筋肉が痛みを発していることも多く、心因的なストレスによって起る場合もあるようだ。

石丸博之院長

石丸博之院長石丸歯科医院(横浜市神奈川区、白楽駅)
東急東横線、白楽・東白楽の各駅から徒歩約5分、六角橋商店街に面したビルの2階にあるのが「石丸歯科医院」だ。小さいながらもほどよくまとめられた院内は、患者との距離も近く安心感を与える家庭的な雰囲気だ。

河野 岳院長

河野 岳院長河野歯科医院(横浜市神奈川区、片倉町駅)
片倉町駅から徒歩8分の「河野歯科医院」にて、2代目院長を務める河野岳先生。当初から同院を継ぐことを念頭に置き、早く一人前になれるようにと大学卒業後は複数のクリニックで臨床経験を積んだ。

井上正人理事長、布施幸裕院長

井上正人理事長、布施幸裕院長マイ歯科クリニック(横浜市神奈川区、東神奈川駅)
1996年に神奈川県中郡二宮町の「いのうえ歯科医院」を開院したのを皮切りに、神奈川県下に6つの歯科医院を運営する「いのうえ歯科医院グループ」井上正人理事長。

                
湯田 宏院長

湯田 宏院長H・Yデンタルクリニック(横浜市神奈川区、白楽駅)
東急東横線白楽駅から線路沿いをしばらく歩くと、マンションの1階に控えめな「H・Yデンタルクリニック」(ハイデンタルクリニック)の入り口が見えてくる。扉を開けると外観からは想像できない開放的な空間が広がっている。

                
和泉玲子院長

和泉玲子院長コシ産婦人科(横浜市神奈川区、東白楽駅)
約半世紀にわたって、横浜の妊婦さんたちの強い味方でありつづける『コシ産婦人科』。前理事長の輿トキ子先生と、その娘であり理事長の和泉玲子先生の2人に、助けられ、励まされたママたちがたくさんいる。

                
福増一浩院長、福増栄里子先生

福増一浩院長、福増栄里子先生福増矯正歯科(横浜市神奈川区、東白楽駅)
東急東横線東白楽駅から徒歩1分。1990年開業の「福増矯正歯科」は子どもから大人まで幅広い層に人気の歯科医院だ。子どもへの配慮も万全で、1階の広い待合室には治療前の子どもがリラックスできるブランコがあるほか、レントゲン室には、暗い場所で一人きりになる子どものために、電気を消すと宇宙空間が広がるような工夫も。

                
杉浦文夫院長

杉浦文夫院長杉浦内科クリニック(横浜市神奈川区、白楽駅)
白楽駅から徒歩0分のビルにある「杉浦内科クリニック」は、循環器の働きを詳しく知る「心臓ドック」検査が特徴だ。「私が大学病院で循環器を専門に診療していたので、身近なクリニックでも専門的な検査を受けてほしくて導入しました」と話す杉浦文夫院長。

                
藤江英宏院長

藤江英宏院長藤江デンタルクリニック(横浜市神奈川区、新子安駅)
JR新子安駅または大口駅から徒歩10分。プールもある都市圏では広い部類の公園のすぐ脇に「藤江デンタルクリニック」は慎ましい看板を掲げて建っている。口の中の治療を患者自身がモニターでいつでも見られる、全国でも数少ない歯科医院だ。

                
河西明仁院長

河西明仁院長河西歯科医院(横浜市神奈川区、東神奈川駅)
「河西歯科医院」が東神奈川の町に開業したのは今から50年程前。先代のお父様から現院長、河西明仁先生がこの医院を引き継いでから、もう15年以上になる。親子二代で長い年月を積み重ねてきた歴史ある診療所だ。

                
細田幸太院長、細田幸平先生

細田幸太院長、細田幸平先生細田歯科医院(横浜市神奈川区、東神奈川駅)
京急本線・仲木戸駅とJR横浜線・東神奈川駅をつなぐ連絡通路を歩いていると、ビルの屋上に黄色い看板が見えてくる。どちらの駅からも徒歩1〜2分の便利な場所にあるのが「細田歯科医院」だ。

                
小野容明院長

小野容明院長横浜呼吸器クリニック(横浜市神奈川区、横浜駅)
「働き盛りに多い病気ですから、早く治療に介入して、少しでも社会に貢献したい」と睡眠時無呼吸症候群の診療について熱く語る「横浜呼吸器クリニック」小野容明院長。

                
能勢 亨院長、大栗 香先生

能勢 亨院長、大栗 香先生能勢クリニック(横浜市神奈川区、横浜駅)
横浜駅からほど近いビルの中に、40年以上にわたり診療を続けているクリニックがある。今年で83歳を迎える大ベテラン、能勢 亨院長が創業した「能勢クリニック」だ。

                
石塚敬太院長

石塚敬太院長よこはま矯正歯科(横浜市神奈川区、横浜駅)
「矯正したいけど装置が見えるのが気になる」そんな理由で矯正治療をためらっている人は多いだろう。横浜駅から徒歩5分という通院便利な場所にある「よこはま矯正歯科」は、装置が表から見えない裏側矯正の症例数が豊富なクリニックだ。

                
辛 英世院長

辛 英世院長大口眼科クリニック(横浜市神奈川区、大口駅)
JR横浜線・大口駅西口より徒歩2分。大口メディカルセンターの2階にある「大口眼科クリニック」。院長の辛英世先生は、常に笑顔を絶やさない一方で、真摯に病気と向き合うスペシャリスト。

                
山川有子院長

山川有子院長山川皮ふ科(横浜市神奈川区、大口駅)
「山川せんせーい!」と小さな手を思いきり振って声を掛ける子どもたち。朝、幼稚園に通う子どもたちと山川院長との間で交わされるあいさつだ。大口駅の駅前で「山川皮ふ科」のドクターとして頑張る山川院長は、横浜生まれ横浜育ち。

                
西山 潔院長

西山 潔院長西山歯科医院(横浜市神奈川区、大口駅)
1925年の開院以来、親子3代にわたって町のかかりつけ医として地元の人々の信頼を集めてきた「西山歯科医院」。明るく清潔な院内は、患者が持ってきてくれたという花や作品が並び、休診日にも関わらず患者が顔を出すなど、町の人々から愛されている診療所だということがそこかしこから伝わってくる。

                
川崎順久院長

川崎順久院長川崎耳鼻咽喉科クリニック(横浜市神奈川区、大口駅)
JR横浜線大口駅からすぐの場所にある「川崎耳鼻咽喉科クリニック」。開業から25年が経つこのクリニックは、耳や鼻、喉といった一般的な耳鼻咽喉科領域の疾患から、現在増えているアレルギー疾患の診療まで、地域患者の悩みに応え続けてきた。

                
仁保正和院長

仁保正和院長仁保耳鼻咽喉科医院(横浜市神奈川区、横浜駅)
横浜西口から徒歩6分の「仁保耳鼻咽喉科医院」は、1919年の開業。現在は、3代目の仁保正和先生が院長を務めている。戦争で多くの資料が焼けてしまったが、1946年からのカルテが大切に保管されている。

                
高橋基彦院長

高橋基彦院長高橋歯科(横浜市神奈川区、反町駅)
東急東横線反町駅から徒歩5分ほど、閑静な住宅街にある「高橋歯科」は30年以上の歴史ある歯科医院。院長の高橋基彦先生は、顎関節症や噛み合わせ治療を得意とし、その評判を聞き、遠方から訪れている人も。

                
今井 勝院長

今井 勝院長今井医院(横浜市神奈川区、神奈川駅)
京浜急行神奈川駅すぐそばの、宮前商店街へ入って徒歩3分。源頼朝が建立したとされる州崎大神の横にある、緑とグレーのモダンな建物が「今井医院」だ。今井医院は横浜駅からも徒歩圏内で、旧東海道の神奈川宿として、また横浜開港時には船着場としても栄えた歴史ある街。

                
高宮至昭院長

高宮至昭院長神奈川脳神経外科クリニック(横浜市神奈川区、東白楽駅)
1日に200人近くの患者が訪れる『神奈川脳神経外科クリニック』。患者の中には数々の病院や医院を転々と周り、最後の望みをかけて高宮院長を頼って来る人も少なくない。脳神経外科の名医の一人でもあり、米国ハーバード大学やジョージタウン大学での研究も重ねてきた院長。

三ツ木久弥院長

三ツ木久弥院長三ツ木歯科医院(横浜市神奈川区、東神奈川駅)
JR東神奈川駅のすぐ近く、2009年に移転開業した「三ツ木歯科医院」。ユニットは2台とコンパクトながらも、長年にわたり地域の歯科医療を支えてきた医院だ。院長の三ツ木久弥先生はこの地域について、「下町とビジネス街という2面性があるので、地域の方々と忙しいビジネスマンという異なる患者さんに合わせた治療を提供しています」

小林淳一院長

小林淳一院長医療法人社団 樹慶会 神奈川レディースクリニック(横浜市神奈川区、東神奈川駅)
東急東横線東白楽駅とJRの東神奈川駅、京急仲木戸駅から徒歩圏内にある「神奈川レディースクリニック」。清潔で広々とした明るい待合室は、キッズルームもあり、快適に待ち時間を過ごせるようになっている。

栗家匡院長

栗家匡院長西菅田歯科医院(横浜市神奈川区、鴨居駅)
JR鴨居駅からバスに揺られること、約10分。緑の多いのどかな風景の中に、ひときわにぎわう一角がある。西菅田団地だ。「西菅田歯科医院」は、この広大な西菅田団地の中にある。開業して23年。

伊東昌俊院長

伊東昌俊院長伊東歯科医院(横浜市神奈川区、東神奈川駅)
JR横浜線の東神奈川駅から徒歩8分の「伊東歯科医院」は開院して32年がたつ、地域でも古くからあるクリニックだ。実家を立て替えて歯科医院を立ち上げた伊東昌俊院長がめざすのは「地域のホームドクター」。

國見純功院長

國見純功院長医療法人社団慈功会 新子安くにみ整形外科(横浜市神奈川区、新子安駅)
「患者さんの笑顔につながる良い治療は、コミュニケーションあってこそできるものだと思っています」と話すのは、「新子安くにみ整形外科」の國見純功院長。気さくな人柄で、患者との絆を大切にしている姿勢が、会話のそこかしこから感じられた。

                
末永 直院長

末永 直院長末永クリニック(横浜市神奈川区、子安駅)
子安駅から徒歩4分。駅前商店街の中ほどにある「末永クリニック」。院長の末永直先生は、外科医として1950年代に開業した父の跡を継ぎ、内科・消化器科の看板を掲げてリスタートを切ってから20年以上も地域住人の健康を見守ってきた。

                
萩原健史院長

萩原健史院長中町歯科医院(横浜市神奈川区、三ツ沢下町駅)
東京・日本橋を起点とする国道1号線。東海道の面影をわずかに残すこの街道沿いに、中町歯科医院はある。鮮やかなグリーンに白抜きの文字看板が目印。

小嶋伸之

小嶋伸之小嶋歯科医院(横浜市神奈川区、三ツ沢下町駅)
開業は1984年。歯切れの良い快活な口調で「私も患者さんも、一緒に年をとってきました」と笑う小嶋伸之院長だが、その日々は若手も顔負けの忙しさだ。

西川岳男院長

西川岳男院長にしかわ医院(横浜市神奈川区、三ツ沢下町駅)
横浜市営地下鉄ブルーライン・三ツ沢下町駅の3番出口から歩いて1分、クリニックプラザ2階にある「にしかわ医院」。院内に入ると、まず目に飛び込んでくるのは大きな水槽。カクレクマノミをはじめ、たくさんの海水魚が気持ちよさそうに泳いでいる。

                
佐藤泰弘院長

佐藤泰弘院長佐藤内科診療所(横浜市神奈川区、反町駅)
東急東横線反町駅から徒歩約5分。落ち着いた住宅街の一角にある「佐藤内科診療所」は、開業から50年以上、人々の健康を守り続けてきた。受付スタッフが明るく迎えてくれる院内は、3代目院長の佐藤泰弘先生が応援する地元野球球団のチームカラーであるブルーが取り入れられた爽やかな空間だ。

金沢区

                
伊藤昌夫院長

伊藤昌夫院長愛恵歯科医院(横浜市金沢区、六浦駅)
もともとは秋田県出身。上京して歯科医師になり、妻が金沢区出身であったことから、この六浦の地にクリニックを開業した「愛恵歯科医院」伊藤昌夫院長。患者はもちろん周囲の人望も厚く、金沢区歯科医師会や金沢区三師会などの役職を歴任してきた。

                
寺田哲治院長

寺田哲治院長むつうら駅前歯科(横浜市金沢区、六浦駅)
京浜急行六浦駅周辺に住宅地が整備され、現在のような駅舎になったのは、昭和40年代以降とのこと。そんな同駅東口を出てすぐの場所にあるのが、「むつうら駅前歯科」。

                
小幡進一郎院長

小幡進一郎院長京浜健診クリニック(横浜市金沢区、金沢八景駅)
京急線金沢八景駅近くの「京浜健診クリニック」で、にこやかに対応してくれた小幡進一郎院長。

                
伊藤正紀院長

伊藤正紀院長まさき歯科クリニック(横浜市金沢区、能見台駅)
京浜急行線能見台駅から徒歩2分。1階にロイヤルホストのあるマンションの2階に「まさき歯科クリニック」はある。まず目を引くのはユニークなキャラクターだ。「開業の際、デザイン学校の学生さんに当院のキャラクターデザインを募集しまして、集まった作品の中から僕が選んだんですよ」。

                
若栗直子院長

若栗直子院長富岡西クリニック(横浜市金沢区、能見台駅)
京浜急行能見台駅より徒歩10分、駅から住宅街に伸びるゆるやかな坂を歩いていくと、やがて見える白いモダンな一軒家が「富岡西クリニック」。

                
渡辺 亨院長

渡辺 亨院長わたなべ矯正歯科(横浜市金沢区、京急富岡駅)
乳歯でも始められ、歯を抜かない矯正も十分可能だと、矯正の最新事情を教えてくれた渡辺亨院長。しかも「お子さんの歯が生え替わる時期、成長期の発達を利用した早期治療は、将来起こる歯並びの乱れ、顎の発育不全などを防ぐ効果もあります」と続ける。

                
藤原芳人院長

藤原芳人院長ふじわら小児科(横浜市金沢区、京急富岡駅)
京急富岡駅から車で10分ほどの高台に、22年間、じっくりと腰を据えて地域を見守ってきたクリニックがある。藤原芳人院長が開業した「ふじわら小児科」だ。院長は、横浜市立大学を卒業後、同大学病院や神奈川県立こども医療センターなどで20年にわたって勤務。

石川葉仁院長

石川葉仁院長はにデンタルクリニック(横浜市金沢区、能見台駅)
京急本線・能見台駅より徒歩1分。「はにデンタルクリニック」はアクセス抜群のところにある。院長の石川葉仁(はに)先生は、春の陽のようなあたたかい笑顔が印象的なドクターだ。

                
小林拓也院長

小林拓也院長能見台こどもクリニック(横浜市金沢区、能見台駅)
具合が悪くなった子どもの診療はなるべく午前中に。それが小林拓也院長の考えだ。「悪い状態を長引かせないために、また点滴や時間のかかる検査が可能なよう、午前中の受診をお勧めします」と優しい笑顔で理由を明かしてくれた。

                
村田智弘院長

村田智弘院長ムラタ歯科医院(横浜市金沢区、能見台駅)
江戸時代に描かれた浮世絵『金沢八景』の題材は、大陸から渡来した層が詠んだ漢詩にあるという。その僧が筆を取ったのが「能見堂」であり、この名称は、周辺の地名の由来になっている。

                
大室博正院長

大室博正院長おおむろ歯科医院(横浜市金沢区、金沢文庫駅)
予約なら予定通りに診療を終えるのはもちろん、万一の急患にも「お待ちいただきますが、できる限り対応して、ここなら安心と思われるようになりたい」と、大室博正院長を中心とする6名の歯科医師、6名の歯科衛生士の診療チームが患者の多様なニーズに応えていく……。

                
藤野英世院長

藤野英世院長ふじのクリニック(横浜市金沢区、金沢八景駅)
近隣に大型レジャー施設などがあり、休日は多くの家族連れでにぎわう京浜急行線金沢八景駅。駅から徒歩わずか2分の幹線道路に面した、医療クリニックが入るメディカルビルの2階にあるのが脳神経外科の専門クリニック「ふじのクリニック」だ。

                
関口武三郎院長

関口武三郎院長関口歯科医院(横浜市金沢区、金沢八景駅)
目の前の患者さんが「自分だったら、我が子だったら、自分の親だったら、どう対処するか」と常に考えながら、患者さん一人ひとりに丁寧に向き合うことが医療理念と語る「関口歯科医院」関口武三郎院長。

                
加藤増信理事長、串田 守院長

加藤増信理事長、串田 守院長医療法人財団麗歯会 加藤歯科医院(横浜市金沢区、金沢八景駅)
横浜市金沢区で80年の歴史がある「加藤歯科医院」を訪ねた。同院は、歯科医院としては少ないという医療法人財団として、地域医療に貢献してきた。

齋間直人院長

齋間直人院長さいま歯科医院(横浜市金沢区、金沢文庫駅)
京急本線金沢文庫駅西口を下車し、笹下釜利谷道路を西に向かって歩くこと2分。この町に根ざして13年目を迎えた「さいま歯科医院」を訪ねた。院長の齋間直人先生は、大学時代に身につけた「原因があって結果がある」という考えをモットーに診療を行っている。

庄司 晃院長

庄司 晃院長庄司内科・呼吸器科クリニック(横浜市金沢区、金沢文庫駅)
金沢文庫駅西口から徒歩1分。通院患者にとって非常に利用しやすい場所に「庄司内科・呼吸器科クリニック」はある。待合室は広く、ゆったりと座れる1人用のソファが並ぶ。検査に影響がないものをと配慮されているが、数種類のお茶や水などを自由に選んで飲むことができるのは患者にとってうれしいかぎり。

港南区

                
足立大樹院長

足立大樹院長ホームケアクリニック横浜港南(横浜市港南区、港南台駅)
横浜市港南区にある「ホームケアクリニック横浜港南」。在宅医療を必要としている患者への、訪問診療に力を入れているクリニックである。

                
野村隆祥院長

野村隆祥院長野村歯科医院(横浜市港南区、上大岡駅)
「野村歯科医院」は横浜で100年の歴史を誇る歯科医院で、1912年、関内駅に近い鎌倉街道沿いに開業。現院長の野村隆祥先生の代で現在の上大岡に移転し、地域住民に長らく親しまれている。

                
滝沢勇光院長

滝沢勇光院長医療法人社団 滝沢歯科医院(横浜市港南区、港南台駅)
30数年前から、日米のパイオニアである歯科医師たちに教えを請い、インプラント治療に取り組んできた「滝沢歯科医院」滝沢勇光院長。最初に治療したインプラントが今も機能しているという高い技術力を持つ。

                
秀島 学院長

秀島 学院長秀島歯科医院(横浜市港南区、上永谷駅)
「一人ひとりに合わせるのが大切」と何度も強調する「秀島歯科医院」秀島学院長。言葉通り、子どもからお年寄りまで幅広い年代の患者に対して、きめ細かく的確な治療を行い、地域のかかりつけ歯科医として慕われている。

                
市川喜久夫院長

市川喜久夫院長市川歯科医院(横浜市港南区、港南中央駅)
「腰痛、頭痛、手や足のしびれ、めまい、睡眠障害、躁鬱といったさまざまな体調不良は、咬み合わせが原因となっている場合があります」と指摘する市川喜久夫院長。

                
阿部正夫院長

阿部正夫院長山手歯科クリニック(横浜市港南区、港南台駅)
港南台駅から徒歩10分ほどの大きな道路に面した、3階建て建物の2階が山手歯科クリニックだ。駐車場もあり、自家用車での通院もできる。周囲は住宅と幼稚園や学校が多く、落ち着いた環境で、近くには阿部正夫院長が通っていた山手学院もある。

                
荒井悦郎院長

荒井悦郎院長歯科荒井医院(横浜市港南区、港南台駅)
上大岡駅からバスで10分、停留所から5分も歩くと歯科荒井医院に着く。医院の外観は木々と花がたいへん美しく、周囲は緑に囲まれて、まるで森の中にある病院のようだ。

                
金子慎一郎理事長

金子慎一郎理事長金子デンタルクリニック(横浜市港南区、上永谷駅)
横浜市港南区、上永谷駅から徒歩8分に位置する「金子デンタルクリニック」。住宅街の一角にある落ち着いた雰囲気の外観で、歯科クリニックというより邸宅といった印象である。待合室も治療室も白を基調としており、患者の緊張をほぐすナチュラルな明るい空間になっている。

                
加藤裕也院長

加藤裕也院長加藤矯正歯科クリニック(横浜市港南区、上大岡駅)
京浜急行電鉄と横浜市営地下鉄の2路線が止まる上大岡駅のショッピングモール内に、「加藤矯正歯科クリニック」はある。矯正治療には時間がかかり、また子どもの患者が多いため、便利で安心して通える場所としてここを選んだ、と加藤裕也院長は言う。

                
宮川泰郎院長

宮川泰郎院長宮川矯正歯科クリニック(横浜市港南区、上大岡駅)
駅前の喧噪もにぎやかな上大岡駅から徒歩3分という好立地にもかかわらず、静かに落ち着いたビルの2階に「宮川矯正歯科クリニック」はある。「上大岡も京浜急行の特急が止まるようになって開発が一気に進みました。

                
別部智司院長

別部智司院長別部歯科医院(横浜市港南区、港南台駅)
港南台駅から徒歩15分。「別部(べっぷ)歯科医院」は鎌倉街道沿いにあり、バスや車でも通院しやすい立地だ。大学で歯科麻酔学を専門に学び、大学教授の経歴も持つ別部智司院長は、神奈川県の開業医の中でも少ない貴重な歯科麻酔専門医の資格も持っている。

                
原口寿夫院長

原口寿夫院長原口小児科医院(横浜市港南区、上永谷駅)
小児循環器科という先進的な医療技術とシビアな精神力が求められる領域で診療経験を積み重ねてきた「原口小児科医院」原口寿夫院長。

                
井上明美院長

井上明美院長さつき台診療所(横浜市港南区、上大岡駅)
上大岡駅から京急バス「南高校」行きに乗って「桜台」バス停下車徒歩8分。(または上永谷駅から「上大岡駅」行き「水道橋下」バス停下車徒歩8分)。「さつき台診療所」は高台に建つマンションの1〜2階だ。

                
大西俊正院長

大西俊正院長上大岡仁正クリニック(横浜市港南区、上大岡駅)
上大岡駅から徒歩1分。上大岡駅前交番のすぐ近くにある「上大岡仁正(じんせい)クリニック」を訪れた。主に腎臓病や糖尿病、高血圧症の治療を手掛ける当クリニックは、技術や専門性の高さはもちろん、地域生活向上の一助として支援活動に取り組むなど、日常生活の総合的なパートナーとして信頼できる医療施設だ。

                
二宮英彦院長

二宮英彦院長中央通クリニック(横浜市港南区、港南中央駅)
横浜市営地下鉄ブルーライン港南中央駅から、鎌倉街道を2分ほど歩いた所にある「中央通クリニック」。受付には明るい日差しが降り注ぎ、待合室はぬくもりのある雰囲気。診療を待つ時間も、リラックスして過ごせそうだ。

                
櫻井 淳院長

櫻井 淳院長桜井医院(横浜市港南区、上大岡駅)
上大岡駅直結の京急百貨店、買い物客でにぎわう6階フロアのエスカレーター脇に「桜井医院」はある。「祖父が戦後間もなく駅前に開業し、再開発でこの店内に移転。上大岡で60年以上も皆さんの健康を守ってきた医院なんですよ」と、優しく話してくれる櫻井淳院長。

                
浅井和康院長

浅井和康院長浅井耳鼻咽喉科(横浜市港南区、上大岡駅)
京急上大岡駅の東口から徒歩1分の好立地にある「浅井耳鼻咽喉科」。午前中の診療時間終了間際にお邪魔したにもかかわらず、待合室は人であふれており、患者が寄せる信頼の高さを伺わせた。現在、診療にあたっているのは2代目院長の浅井和康先生。

                
永森哲也院長

永森哲也院長朝倉クリニック(横浜市港南区、上大岡駅)
1898年開設という100年以上の長い歴史を持つ朝倉病院の関連機関として2000年に開業した「朝倉クリニック」。総合内科専門医・循環器内科専門医である院長の永森哲也先生を筆頭に、内科・皮膚科・泌尿器科・整形外科の各分野の医師、看護師、検査技師、放射線技師、理学療法士などが連携プレイで治療にあたっている。

                
袋 秀平院長

袋 秀平院長ふくろ皮膚科クリニック(横浜市港南区、港南台駅)
JR港南台駅から徒歩圏内、バスなどの利用にも便利な鎌倉街道沿いにあるのが、この地域で数少ない皮膚科「ふくろ皮膚科クリニック」だ。2009年にリニューアルされたきれいなクリニックは、大きな窓から入る日差しで明るい雰囲気。

                
岡田賢三院長

岡田賢三院長岡田クリニック(横浜市港南区、港南台駅)
ダイエーや港南台バーズなどの大型店舗があり、ショッピングに至便な港南台駅前地区。「岡田クリニック」は、駅から徒歩2分、港南台駅前郵便局が入るビルの2階に位置している。

                
朝倉靖博院長

朝倉靖博院長朝倉整形外科医院(横浜市港南区、港南台駅)
港南台駅から徒歩7分ほど。いくつもの学校や団地に囲まれた息づく町並みのなかに、「朝倉整形外科医院」がある。1975年の開業以来、地域の多くの患者から厚い信頼を寄せられてきた、この町になくてはならないクリニック。

                
半澤典生院長

半澤典生院長下永谷こどもクリニック(横浜市港南区、下永谷駅)
優しい笑顔と穏やかな語り口で、子どもや母親たちに親しまれる「下永谷こどもクリニック」の半澤典生院長。横浜市立大学病院をはじめ、済生会横浜市南部病院、神奈川県立こども医療センター、横浜市立港湾病院などの小児科で診療経験を積み、2000年に「下永谷こどもクリニック」を開業。

岡田栄一院長

岡田栄一院長岡田眼科(横浜市港南区、港南台駅)
オルソケラトロジーなど先進の治療を手がけるほか、国際的な論文も数多く発表するなど研究活動も盛んな「岡田眼科」。JR根岸線港南台駅から徒歩4分というアクセスの良さもあり、常に多くの患者が訪れている。

港北区

広岡清伸院長

広岡清伸院長医療法人社団 孝和 広岡クリニック(横浜市港北区、綱島駅)
綱島駅から徒歩3分。綱島街道に面したビルにある「広岡クリニック」を訪ねた。3階が受付で、待合室が2つと診察室が1つあり、院内には、患者が描いた前向きなメッセージが壁に飾られている。

片山 敦理事長

片山 敦理事長ゆうあいクリニック(横浜市港北区、北新横浜駅)
北新横浜駅から5分ほど歩くと、南の島を彷彿とさせるパームツリーが目印の「ゆうあいクリニック」が見えてくる。“クリニック”というと、町の景観になじんだ小ぢんまりとしたたたずまいを想像する人もいるが、どっしりと構えた同院はちょっと普通のクリニックとは違うようだ。

羽磨隆士院長

羽磨隆士院長はま眼科(横浜市港北区、高田駅)
市営地下鉄グリーンラインの開通で町の様子が大きく変わった港北区高田。高田駅のロータリーの目の前にある「はま眼科」が開院したのは今から15年間。町の変貌を見届けてきたクリニックだ。院長は緑内障治療が専門で、多くの手術を手掛けてきたドクター。

湯田兼次院長、湯田竜司先生

湯田兼次院長、湯田竜司先生きくな湯田眼科(横浜市港北区、菊名駅)
東急東横線とJR横浜線が乗り入れる菊名駅から徒歩1分。至便な地にある「きくな湯田眼科」の院長を務めるのは湯田兼次先生だ。一般外来、日帰り手術に加え、2012年から美容部門を開設。

土屋祐介副院長

土屋祐介副院長土屋眼科医院(横浜市港北区、綱島駅)
謙虚、冷静、思いやり――綱島にある「土屋眼科医院」は、丁寧な対応と心のこもったケアを心掛けるアットホームな眼科医院だ。この地に開業して35年、進化する医療技術や患者さんの意識変化と向き合いながら、地域密着型の医療を提供し続けてきた。

薗田潤吉院長

薗田潤吉院長つなしま眼科(横浜市港北区、綱島駅)
綱島駅より賑やかな商店街を抜けて、徒歩5分ほど。一際目立つ「つなしま眼科」の看板が目に飛び込んでくる。このエリアに、まだ眼科がほとんどなかったという平成2年に開業。以来、薗田潤吉院長は21年もの間、地域の方たちの"目の健康"を守ってきた。

佐倉 肇院長

佐倉 肇院長サンテラス歯科(横浜市港北区、日吉駅)
日吉駅近くのショッピングセンター、アピタ日吉店二階にある「サンテラス歯科」は1997年に開業して以来、多くの患者に愛され親しまれている。人が集まる商業施設の中という好立地にも関わらず、長年、歯科不毛地帯だったこの場所。

                
永渕龍彦院長

永渕龍彦院長ながふち整形外科(横浜市港北区、日吉駅)
慶應義塾大学があり、おしゃれな店も立ち並ぶ日吉駅から徒歩5分の「ながふち整形外科」。リウマチ科・リハビリテーション科を併設。綱島街道沿いにあるため、駅に向かう通勤通学の往来も多く、また車での通院もしやすい場所だ。

                
有馬 啓院長

有馬 啓院長有馬医院(横浜市港北区、妙蓮寺駅)
妙蓮寺駅から徒歩約5分。昔ながらの住宅地の一角にある「有馬医院」を訪ねた。我々を温かく迎え入れてくれたのは、若くして2代目院長となった有馬啓先生だ。父親と同じ消化器外科の出身で、外科医の経験を生かし内科、消化器、外科、皮膚科、肛門科など、幅広い疾患に対応している。

                
加藤賢祐院長

加藤賢祐院長加藤歯科医院(横浜市港北区、日吉本町駅)
閑静な住宅街が広がる横浜市営地下鉄グリーンライン・日吉本町駅から徒歩5分。「加藤歯科医院」は、親子2代にわたって、この地に根差して近隣住民の歯の健康を守り続ける歯科医院だ。

                
福田真文先生

福田真文先生福田医院(横浜市港北区、日吉本町駅)
日吉本町・金蔵寺の参道に隣接する「福田医院」。福田愛子院長が小児科を、息子の福田真文先生が内科と皮膚科を、大学病院勤務で娘の福田美穂先生が週に一度外来を担当している。お話を伺ったのは真文先生。

                
長井陽一院長

長井陽一院長ながい歯科クリニック(横浜市港北区、日吉駅)
日吉駅からほど近い「ながい歯科クリニック」。院長の長井陽一先生は、開院して6年になるこのクリニックで、日々患者さんの満足を第一に考え診療に励んでいる。

                
久保田 智至院長

久保田 智至院長久保田矯正歯科(横浜市港北区、日吉駅)
日吉駅から徒歩2分。梅雨の季節に合わせ、色とりどりのカエルのモチーフをアクセントにしたインテリアが出迎えてくれたのは「久保田矯正歯科」だ。「通ってくるのが楽しくなるよう、毎月レイアウトを変えているんですよ」と、にこやかに話す久保田智至院長。

                
矢島 満院長

矢島 満院長医療法人博愛会 矢島歯科医院(横浜市港北区、日吉駅)
たくさんの学生が行き交う日吉駅から徒歩5分。閑静な住宅街に一歩入ったところに「矢島歯科医院」がある。1946年開業の、日吉でも老舗の歯科医院は、町並みにしっくりとなじんだたたずまい。

                
守屋義雄院長

守屋義雄院長もりや歯科医院(横浜市港北区、日吉駅)
慶應義塾大学をはじめ多くの学校の所在地としても知られる日吉。日吉駅前の商店街に位置する「もりや歯科医院」はこの地で生まれ育った守屋義雄院長が1987年に開業。それ以来地域住民のお口の健康を守り続けている。

                
橋本吉弘院長

橋本吉弘院長はしもと歯科医院(横浜市港北区、日吉駅)
クリニックから見える慶應大学の森が、小さい頃の遊び場だったという「はしもと歯科医院」院長の橋本吉弘先生。30年以上歯科医師を続けてこられたベテランで、歯は外から見えない場所こそ重要だという考えから根管治療に力を注ぐ。

                
中村 誠院長

中村 誠院長医療法人誠歯会 中村歯科クリニック(横浜市港北区、日吉駅)
日吉駅から少し離れた住宅地の一画で、1983年に開業した「中村歯科クリニック」。「開業当時は住宅も少なかったのですが、工場の跡地のような広い土地にどんどんマンションが建っていき、若い住民も増えました」と語る中村誠院長。

                
佐藤雅彦院長

佐藤雅彦院長さとう小児科クリニック(横浜市港北区、日吉駅)
「食べる」「眠る」「遊ぶ」を表現した可愛らしいキャラクターが出迎える院内は、完全バリアフリー。感染症対策の個室は空調までもが区別され、徹底した感染症対策が施されている。佐藤雅彦院長は20年以上にわたり小児科ドクターとしての経験を積んできた。

                
牛飼芳章院長

牛飼芳章院長医療法人社団 純心会 うしかい歯科クリニック(横浜市港北区、日吉駅)
日吉駅の西口改札を出ると、そこには地元の人でにぎわう浜銀通りがある。この地に開業して12年目になる「うしかい歯科クリニック」は、地元に根付いた安全な医療を提供するアットホームな歯科医院だ。

                
山本成允院長

山本成允院長日吉ステーションビル歯科(横浜市港北区、日吉駅)
日吉駅前の駅ビル2階に、「日吉ステーションビル歯科」がある。院内はとてもアットホームな雰囲気で、子どもから学生・主婦・社会人・高齢者まで、さまざまな年代の患者に利用されている。

                
村山功子院長

村山功子院長新横浜皮膚科クリニック(横浜市港北区、綱島駅)
綱島駅からバスで約10分。複合施設「りりあタウン」内に「新横浜皮膚科クリニック」はある。地域住民からの信頼は厚く、乳幼児から高齢者まで幅広い年齢層の患者が訪れる同院。淡いピンクの内装が心を和ませる、優しい雰囲気のクリニックだ。

                
池田和男院長

池田和男院長いけだ整形外科(横浜市港北区、綱島駅)
生まれ育った横浜で地域に根差した診療を行いたいと「いけだ整形外科」を開業した池田和男院長。マンション開発が進み、若いファミリー層も多い綱島エリアで、子どもから高齢者まで幅広い年代の診療に携わる。

                
花井淳一郎理事長

花井淳一郎理事長医療法人正美会花井歯科診療所(横浜市港北区、菊名駅)
菊名に開業して30年の「花井歯科診療所」。地域の人々に長らく親しまれてきたクリニックを母から受け継いだのが花井淳一郎先生だ。2004年医療法人正美会を立ち上げ、現在は理事長としてここ菊名の診療所と、同法人の新横浜歯科医院を行き来しながら診療を続けている。

                
井上浩太郎院長

井上浩太郎院長井上歯科医院(横浜市港北区、大倉山駅)
大倉山駅から徒歩7分。商店街を抜けのどかな住宅街に差し掛かると、ほどなく「井上歯科医院」に辿り着ける。マンションの1階にあり、院内はバリアフリーなので、車いすやベビーカーの患者には安心してクリニックを訪れられるうれしい設計だ。

                
保刈徳久院長

保刈徳久院長大曽根歯科医院(横浜市港北区、大倉山駅)
赤い屋根にステンドグラスがアクセントの「大曽根歯科医院」。大倉山駅から徒歩2分の住宅地の中にある可愛らしい佇まいだ。母の後を継いで二代目院長を務める保刈徳久先生。

                
北田 守院長

北田 守院長大倉山内科クリニック(横浜市港北区、大倉山駅)
病気を治すだけでなく、未然に防ぐことにも真剣に取り組んでいる、「大倉山内科クリニック」の北田守院長。予防医学がいかに大切かということを広めるために力を注ぐ日々が続いている。

石井利昭院長

石井利昭院長アイ歯科クリニック(横浜市港北区、新羽駅)
綱島駅と新羽駅の間に位置する、のどかな住宅街に建つ「アイ歯科クリニック」。絵本から出てきたような、カントリー調の一軒家が目印だ。この地に開業して10年以上が経ち、赤ちゃんからお年寄りまで幅広い層の患者が訪れ、地域住民にとってなじみのある歯科医院になっている。

城 俊明院長

城 俊明院長城クリニック(横浜市港北区、新横浜駅)
毎月400名の初回新患が訪れる「城クリニック」は新横浜駅前、同業の医師も内視鏡検査を受けに来るクリニックとして業界で知られている。「患者さんが楽になる検査や診療を工夫する。そして病変を見落とさない。

川原健資院長

川原健資院長のぞみクリニック(横浜市港北区、新横浜駅)
新横浜駅から徒歩4分、「のぞみクリニック」はその名のとおり、心にトラブルを抱えた人が「のぞみ」を持てるよう診療を行っている。優しい笑顔で取材に応じてくれた川原健資院長は、クリニックでの診療のみならず、医師会や企業の産業医、本の執筆など幅広い活動をしている。

山田 充院長

山田 充院長医療法人社団慈友会 山田内科(横浜市港北区、新横浜駅)
地域の基幹病院との連携に力を入れ、患者と基幹病院との橋渡しの役割も担っている「医療法人社団慈友会 山田内科」の山田充院長は「糖尿病性腎症や腎性骨異栄養症といった合併症に配慮しながら治療する、高度な専門性が必要なのです」と語る。

岩波正陽院長

岩波正陽院長新横浜形成クリニック(横浜市港北区、新横浜駅)
新横浜駅から徒歩約7分、鳥山川沿いのビル2階に「新横浜形成クリニック」はある。同院のロゴマークは、院長の岩波正陽(まさあき)先生自身の手によるデザインである。待合室は落ち着いた雰囲気で、同じフロアにセパレートの手術室があり、幅広い手術に対応している。

亀卦川 博仁院長

亀卦川 博仁院長きけがわ歯科医院(横浜市港北区、新横浜駅)
新横浜駅からほど近い場所にある「きけがわ歯科医院」。院長の亀卦川先生は、とにかく勉強熱心な先生で、長年の研究で築き上げてきた精巧な技術に裏打ちされたインプラント治療は、その正確さ、安全性の高さ、患者への負担の少なさから、関東一円だけでなく、はるばる遠方からも新幹線や飛行機を利用して治療を受けに来る患者が多いという。

小屋敷英樹院長

小屋敷英樹院長ひまわり歯科矯正歯科(横浜市港北区、新横浜駅)
「口元を気にして手で隠して話す人の、その手を下ろしてあげたいんです」と矯正治療を熱く語る「ひまわり歯科矯正歯科」小屋敷英樹院長。大学卒業後、歯科医院に勤務しながらセミナーなどを利用して矯正治療の研鑽を積み、抜歯しない矯正治療や部分矯正など、独自のスタイルを編み出してきた。

高瀬 真院長

高瀬 真院長たかせ胃腸内科クリニック(横浜市港北区、新羽駅)
地下鉄新羽駅前のビルにある「たかせ胃腸内科クリニック」は、内視鏡検査を中心に、一般内科、外科まで幅広く診療する。「がんなど重大な病気を早く見つけて、その症状に合った病院に紹介すること。

浅見美晴院長

浅見美晴院長カトレアレディースクリニック(横浜市港北区、新羽駅)
横浜市営地下鉄新羽駅から徒歩5分。よしかた産婦人科の分院「カトレアレディースクリニック」は、思春期から老年期まで幅広い女性から信頼を集める産婦人科だ。

                
松田圭子院長

松田圭子院長まつだ歯科医院(横浜市港北区、新羽駅)
「入れ歯がピタッと合って、よく噛めるようになったと言われるのが私の生きがいなんですよ」と語る「まつだ歯科医院」松田圭子院長。補綴科出身の高い診療技術と美大をめざしたこともあるというセンスによる、きめ細かく的確な入れ歯治療は審美性と機能性が高いと多くの患者に喜ばれている。

                
久保倉弘孝院長

久保倉弘孝院長医療法人社団 敬友会 小机歯科医院(横浜市港北区、小机駅)
横浜線小机駅から徒歩2分。趣を感じられる商店街の一角に、『小机歯科医院』はある。この地に移転して以来、人材の育成と設備投資によって、自らの思い描く理想の歯科医院を作り上げている久保倉弘孝理事長。何よりも、各ユニットにマイクロスコープを付けるなど、地域の患者のための設備投資は惜しまない。

                
馬塲邦生院長

馬塲邦生院長クニオデンタルクリニック(横浜市港北区、菊名駅)
菊名駅から歩いて2分ほどの閑静な住宅街にある、「クニオデンタルクリニック」を訪ねた。待合室の掲示板には、スタッフ全員が似顔絵入りで紹介されていたり、歯の健康知識が盛り込まれた手描きの瓦版が置かれていて、とてもアットホームな印象。

                
石田徳人院長

石田徳人院長菊名西口医院(横浜市港北区、菊名駅)
菊名駅から徒歩1分。「菊名西口医院」は、不妊に悩む多くの女性たちが絶大な信頼を寄せるクリニック。「医療を信じてほしい」と話す石田徳人院長にとって、不妊治療はライフワーク。まずはタイミング指導から始めて自然妊娠を促すという治療方針で、多くの悩める女性たちを妊娠に導いてきた。

                
亀井浩司院長

亀井浩司院長亀井歯科医院(横浜市港北区、白楽駅)
白楽駅から徒歩約2分にある「亀井歯科医院」。院長の亀井浩司先生が先代院長から引き継いで、今年でちょうど10年。勤務医時代を含めると、27年もの間、この場所で地域の健康を見守り続けてきた。

                
轟木 徹院長

轟木 徹院長轟木歯科医院(横浜市港北区、綱島駅)
ミニマムインターベ−ションとフラップレスオペレーション。患者の負担を最小限にとどめ、できるだけ切開せずに治療を進めるという方針だが、これほどにうれしい配慮はないだろう。

                
吉岡幸生院長

吉岡幸生院長医療法人仁愛会歯科 綱島台クリニック(横浜市港北区、綱島駅)
このクリニックと同い年だと吉岡幸生院長が明るく笑うのは、それだけ同院での診療に愛着と自信があるからだろう。「仁愛会歯科綱島台クリニック」は東急東横線綱島駅から徒歩7分。

                
石田由美院長

石田由美院長綱島クリニック(横浜市港北区、綱島駅)
綱島駅から徒歩5分の場所にある「綱島クリニック」を訪ねた。2000年に開業し、地域に親しまれてきた同院。院長の石田由美先生は、日本内科学会総合内科専門医でありながら産婦人科での診療経験も豊富だ。

                
都築延之院長

都築延之院長都築歯科クリニック(横浜市港北区、綱島駅)
綱島駅から徒歩7分。元気な子どもたちの声が響く綱島小学校の目の前に、「都築歯科クリニック」がある。2001年の開業。とくに歯周病の診療に定評があり、「なかなか症状が良くならない」と悩む患者がクチコミで訪れる。

                
林 孝平院長

林 孝平院長綱島ホームケアクリニック(横浜市港北区、綱島駅)
2005年に東急東横線綱島に開業した「綱島ホームケアクリニック」。入口近くにある応接室で待っているとやや照れながら京都弁で挨拶をする林 孝平院長が入ってきた。この地で在宅医療、訪問診療を中心としたクリニックを開業した理由、医師を目指したきっかけなどを伺っている時も、軽快な京都弁で笑いを入れながら答えてくれる。

                
飯田恭生院長

飯田恭生院長飯田歯科(横浜市港北区、綱島駅)
綱島駅からほど近い繁華な通りのビルの2階にある「飯田歯科」を訪ねた。開業以来30年もの長きにわたってこの町の人々の歯科治療に携わってきた院長の飯田恭生先生。開業してまもなく、当時としてはまだ一般には浸透していなかった訪問診療をスタート。

                
久保内 光一院長

久保内 光一院長よこはま乳腺・胃腸クリニック(横浜市港北区、綱島駅)
外科医の父と産婦人科の母がこの地で開業して50年以上。綱島駅からほど近い「よこはま乳腺・胃腸クリニック」は、手術や検査ができる専門性の高い医療機関として地域から厚い信頼を寄せられている。

                
山下誠夫院長

山下誠夫院長山下小児科クリニック(横浜市港北区、綱島駅)
綱島の子どもたちの健康を守っている「山下小児科クリニック」の待合室には、連日、多くの子どもと母親たちの顔が並ぶ。「先生やスタッフが本当に丁寧」「待ってもいいから、診てもらいたい」。

                
三橋孝之院長

三橋孝之院長三橋整形外科(横浜市港北区、菊名駅)
東急東横線またはJR横浜線の菊名駅より徒歩1分。1階がコンビニエンスストアのクリニックビルの2階にある「三橋整形外科」は、三橋孝之院長が1999年に開院してから15年間、主に近隣住民の足、腰、膝などの悩みについてサポートし続けてきた。「回復に向かうのは患者さんの努力の成果です。

                
関口真人院長

関口真人院長関口歯科医院(横浜市港北区、菊名駅)
東急東横線の菊名駅から徒歩7分のところにある「関口歯科医院」を訪れた。住宅街のなかにある医院はアットホームな雰囲気で、清潔感あふれる居心地の良い空間。先代が開業してから50年近く、この地域の人たちの健康を見守り続けている。

                
渡部成城院長

渡部成城院長菊名整形外科(横浜市港北区、菊名駅)
母親に連れられて来院した小さな子どもが、高校生、社会人になっても受診する、開業26年の「菊名整形外科」はそうした地域医療の医院だ。渡部成城院長も地域に長く貢献することをめざし、多くの方が来やすい菊名駅近くで開業した。

                
東 航院長

東 航院長東整形外科クリニック(横浜市港北区、妙蓮寺駅)
東急東横線妙蓮寺駅より徒歩8分。綱島街道沿いにある「東(ひがし)整形外科クリニック」は、運動療法を主体としたリハビリテーションに力を入れているクリニックだ。院長の東航(ひがし わたる)先生は、地元出身で医療を通じて地域に貢献していきたいと常に考えている。

                
関 龍彦院長

関 龍彦院長妙蓮寺歯科クリニック(横浜市港北区、妙蓮寺駅)
商店と住宅が立ち並び、歴史の長さがうかがえる妙蓮寺駅。東横線の線路沿いを1分ほど歩くと現れるのが「妙蓮寺歯科クリニック」だ。関龍彦院長は、小さな子どもから高齢者まで、幅広い世代の地域住民に愛されているホームドクター。

榊原 毅院長

榊原 毅院長医療法人社団 港央会 横浜港北インプラントセンター さかきばら歯科(横浜市港北区、妙蓮寺駅)
東急東横線・妙蓮寺駅そばにある「さかきばら歯科」は、ハイレベルで良質な総合的歯科治療で定評のある歯科医院。その確かな技術を頼って遠方から足を運ぶ患者も多いという。

浅木信一郎院長

浅木信一郎院長浅木クリニック(横浜市港北区、妙蓮寺駅)
東急東横線妙蓮寺駅西口から徒歩すぐの「浅木クリニック」。ビルの二階にあるクリニックのドアを開けると、広々とした待合室が広がる。昔ながらのお医者さんといった院内の雰囲気、そして診療を待つ患者の和やかな談笑が周辺地区に根ざしたクリニックだと教えてくれる。

重富ゆかり院長

重富ゆかり院長マリアこどもクリニック(横浜市港北区、岸根公園駅)
横浜市営地下鉄・岸根公園駅から徒歩5分の場所にある「マリアこどもクリニック」。入り口の扉を開くと、まるで広いリビングのような、開放感がありホッと落ち着ける空間が広がる。

高田晴彦院長、高田泰生副院長

高田晴彦院長、高田泰生副院長高田歯科医院(横浜市港北区、日吉駅)
東急電鉄東横線と横浜市営地下鉄グリーンラインが乗り入れる「日吉」駅。バスに乗って放射状に伸びる駅前商店街を抜け、慶應義塾大学のグラウンドを横目に5分ほど走ると、バス通り沿いに建つ「高田歯科医院」の看板が目に入ってくる。

関野 浩一郎院長

関野 浩一郎院長せきのデンタルクリニック(横浜市港北区、綱島駅)
綱島駅東口から徒歩2分のところにある「せきのデンタルクリニック」。モダンな建物であるが、診療はいたって堅実で患者思い。インプラントや矯正、審美歯科などの保険外診療も扱っているが、それらを一方的に勧めることはなく、「保険内の治療でもいいものが提供できるはず。

脇本康夫院長

脇本康夫院長脇本矯正歯科医院(横浜市港北区、日吉駅)
東横線・日吉駅西口より徒歩1分の「脇本矯正歯科医院」。30年以上のキャリアを持つ脇本康夫院長は、長年にわたり、多くの患者のお口の健康を見守ってきた矯正治療のスペシャリスト。

高見澤 重隆院長

高見澤 重隆院長たかみざわ医院(横浜市港北区、日吉駅)
「医師だからこそできること、伝えられることがあるはず」。そんな思いから積極的に社会活動へ参加している高見澤重隆院長。小学校で行っている「命の授業」では、人間の生死を見続けてきたドクターの言葉に、子どもたちが真剣な面持ちで聴き入っているそうだ。

土田眞美院長

土田眞美院長眞美デンタルオフィス(横浜市港北区、日吉駅)
一見歯科医院らしからぬ、鮮やかなグリーンとオレンジの外観が目印の「眞美デンタルオフィス」を訪ねた。院長の土田眞美先生は、大学で歯科保存学を18年にわたって研究し、大学非常勤講師で保存治療のスペシャリスト。

                
内藤英二院長

内藤英二院長内藤外科胃腸科医院(横浜市港北区、日吉駅)
日吉駅から徒歩5分、「内藤外科胃腸科医院」を訪ねた。開業は昭和45年。40年にわたって地域に根ざした医療を提供してきた。今回インタビューに答えてくださったのは、院長の内藤英二先生。

栄区

                
成川純之助院長

成川純之助院長ゆうび歯科クリニック(横浜市栄区、本郷台駅)
JR根岸線本郷台駅から徒歩10分。本郷台中央公園近くの住宅街にある「ゆうび歯科クリニック」は、1975年に開業した由緒ある歯科医院だ。

                
長瀬香枝出院長

長瀬香枝出院長長瀬歯科医院(横浜市栄区、港南台駅)
地域密着の「長瀬歯科医院」に入ると驚きが続く。最初に迎えてくれるのが、待合室から診療室の壁に広がる、手作り感満載の飾りつけ。「患者さん参加の飾り付けイベントは時季ごとに開催しています。

                
木村貴純院長

木村貴純院長木村内科・胃腸内科(横浜市栄区、本郷台駅)
本郷台駅から徒歩8分、院名が大きくかかれた看板が目印の「木村内科・胃腸内科」。標榜されている診療科目名にかかわらず、幅広い診療を行っていると話してくれたのは、2014年院長に就任した木村貴純先生。

近藤 謙院長

近藤 謙院長近藤歯科医院(横浜市栄区、本郷台駅)
本郷台駅から徒歩5分。周囲は落ち着いた住宅街で、駅からは坂道もなく歩きやすい道沿いにある「近藤歯科医院」。開業から40年も続いている歯科医院で、現在の院長は2代目にあたる。

                
木田勇人院長

木田勇人院長ハヤト歯科クリニック(横浜市栄区、本郷台駅)
本郷台駅から徒歩2分。大きな団地が建ち並び、どこかゆったりとした生活感あふれる町並みのなかに、「ハヤト歯科クリニック」がある。日の光がいっぱいに入る院内は、明るく、とてもアットホームな雰囲気。ホッと心も和んでくる。

                
朝廣賢哲院長

朝廣賢哲院長朝廣歯科クリニック(横浜市栄区、港南台駅)
港南台駅から桂台中央行きのバスに乗り、犬山南停留所で下車。そこから徒歩1分、上郷郵便局の目の前にある「朝廣歯科クリニック」。実家に併設されたクリニックは、1歳から90歳までの幅広い患者が訪れる、まさに「町の歯医者さん」。

                
高木 亮院長

高木 亮院長たかぎ歯科(横浜市栄区、本郷台駅)
本郷台駅から徒歩5分。大通りに面し、駐車場も完備された便利な立地にある「たかぎ歯科」。入口横に描かれたフクロウが目印の親しみやすい雰囲気のクリニックだ。「父親譲りの趣味で集めたフクロウ関連グッズが1000体以上。

小笹慶資院長

小笹慶資院長小笹医院(横浜市栄区、大船駅)
横浜市のなかでも平均を上回り、高齢化が進む栄区。そんな栄区の笠間十字路近くで、高齢化社会を幸せに生きるための新たな道を模索しているのが「小笹医院」だ。江戸時代から続く医師の家系に四代目として生まれた小笹慶資院長は、地元笠間の出身。

                
伊藤正尚院長

伊藤正尚院長伊藤デンタルクリニック(横浜市栄区、大船駅)
東海道線をはじめ、湘南新宿ラインや横須賀線など、さまざまな沿線が集う大船駅北口より徒歩3分。南国のイメージで統一された内装が印象的な「伊藤デンタルクリニック」を訪れた。

瀬谷区

綱島裕之院長

綱島裕之院長つなしま歯科医院(横浜市瀬谷区、瀬谷駅)
「たくさんの歯科医院の中で当院を選んでくださった患者さんとの“縁”を大切にしたい」と語る「つなしま歯科医院」綱島裕之院長。小さな子ども、障害や病気を持つ人、お年寄りなど歯科にかかりにくい患者にも、一人ひとりに真摯に向き合い、優しく寄り添い、適切な診療を提供するために尽力している。

川口浩人院長

川口浩人院長瀬谷医院(横浜市瀬谷区、瀬谷駅)
横浜市の西端、昔ながらの店舗が並ぶ瀬谷駅前いちょう通り商店街でひときわ目を引く白亜の建物。地中海のリゾートホテルをもイメージさせるしゃれた施設が、サービス付き高齢者住宅「ソラーナ瀬谷」を併設した「瀬谷医院」だ。

渡邊 哲院長

渡邊 哲院長わたなべファミリークリニック(横浜市瀬谷区、三ツ境駅)
子どもからお年寄りまで幅広い世代をケアしたい。そんな思いが込められた「わたなべファミリークリニック」はその名のとおり、家族みんなで通える地域のかかりつけだ。2007年11月の開業以来、院長の渡邊哲(あきら)先生は勤務医時代に専門に診ていた消化器外科と小児外科の臨床経験を生かし、重大な病気の早期診断と、その先の治療を見据えた診療に定評がある。

伊藤剛史院長

伊藤剛史院長アイリス歯科室(横浜市瀬谷区、三ツ境駅)
相鉄線三ツ境駅から徒歩1分。「駅近く」「商業施設内」という、利便性の高いロケーションが魅力的な「アイリス歯科室」は、このエリアでは数少ないインプラント専門クリニックだ。「開院して以来、十数年は日曜日も祝日も診療していたので、ほぼ毎日働いていました」と明るく語る伊藤剛史院長は、日本口腔インプラント学会専門医の資格を保有するベテランドクター。

池部敏市院長

池部敏市院長池部小児科・アレルギー科(横浜市瀬谷区、三ツ境駅)
院長自らがデザインしたカメのキャラクターがトレードマークの「池部小児科・アレルギー科」。小児科というとポップでビビッドな色合いの内装が多いが、こちらのクリニックは暖かみのあるクリーム色などやさしい色合いでまとめられている。院長の池部敏市先生に理由を伺うと、「子どもの看病で疲れたお母さんにとって居心地のいい場所にしたかったんです」と柔らかい笑顔で答えてくれた。

豊田河清院長、豊田寛朗副院長、藤田絢美先生

豊田河清院長、豊田寛朗副院長、藤田絢美先生黄河歯科医院(横浜市瀬谷区、三ツ境駅)
相鉄線三ツ境駅南口を出て徒歩5分、ビルの2階にある「黄河歯科医院」。院長の豊田河清先生は1980年の開院以来、地域医療を支えてきたベテラン歯科医師。院内には河清院長が制作した切り絵アートが飾られており、院内を明るい雰囲気に変えている。「食べることは生きること」を合言葉に、安易な抜歯はせず、自分の歯でしっかり噛んで食事できることを目標に診療にあたる豊田院長。

五十嵐直喜院長

五十嵐直喜院長五十嵐外科胃腸科医院(横浜市瀬谷区、三ツ境駅)
三ツ境駅から徒歩3分。富士見通り沿いに歩みを進めると、「五十嵐外科胃腸科医院」のグリーンの文字が見えてくる。1971年の開業以来、もう40年以上にわたって地元の人たちから厚い信頼を寄せられてきたクリニック。「気軽にかかれる総合診療科の役割りを果たしていきたいと思っているんですよ」と、優しい微笑みを浮かべるのは2代目の五十嵐直喜院長だ。

                
大内 昇院長

大内 昇院長大内歯科クリニック(横浜市瀬谷区、三ツ境駅)
相鉄線三ツ境駅近くで20年診療を続ける「大内歯科クリニック」。それでも大内昇院長は「新しい技術を磨いて、治療の選択肢を増やしたい。患者さんのためにできることは、もっともっとあると思うんです」と静かに、熱く目標を語ってくれた。子どものころから続けたサッカーのせいだろうか、今も青春時代のようなひたむきさが伝わってくる。

                
小澤竹俊院長

小澤竹俊院長めぐみ在宅クリニック(横浜市瀬谷区、瀬谷駅)
厚生労働省の調査によれば、2013年の国内における死亡者数は約127万人、これに対して全国の病院にある病床数は約158万床。この差は今後10年でほぼ「0」になると予想されている。その理由は、団塊の世代が75歳以上の後期高齢者となる「2025年問題」にある。こうした、疾患による入院がほぼ受け入れられなくなる可能性に対し警鐘を鳴らし続けているのが、横浜市瀬谷区にある「めぐみ在宅クリニック」の院長、小澤竹俊先生。

都筑区

                
栗栖純穂院長

栗栖純穂院長センター北ユアクリニック(横浜市都筑区、センター北駅)
センター北駅目の前にある「センター北ユアクリニック」は、内科、外科、皮膚科の診療を行う地域のかかりつけ医として6年目を迎えた。栗栖純穂院長は専門の呼吸器系の病気だけでなく、生活習慣病やアレルギーなどの内科疾患、日常のけがやおできなどの外科処置や禁煙外来など幅広く対応。

                
石和直樹院長、石和万美子副院長

石和直樹院長、石和万美子副院長いしわ内科・皮フ科クリニック(横浜市都筑区、都筑ふれあいの丘駅)
2008年3月、横浜市営地下鉄グリーンラインの誕生と同時に生まれた都筑ふれあいの丘駅から徒歩1分。ほどなく開業1周年を迎える「いしわ内科・皮フ科クリニック」を訪ねた。肺専門の外科医として活躍されてきた石和直樹院長と奥様でもあり副院長・皮膚科専門の万美子先生が目指すのは、「健康のことで困ったら、まずはあそこに行ってみようと思っていただけるような地域に密着した医療」。

                
神山一行院長

神山一行院長港北ニュータウン診療所(横浜市都筑区、センター南駅)
医師が、患者の自宅や介護施設に赴き、診療を行う「在宅医療」を知っているだろうか。入院、外来に次ぐ第三の医療と呼ばれ、日本ではまだまだ新しい医療制度である。「港北ニュータウン診療所」は、そんな在宅医療を積極的に行っている。日本リハビリテーション医学会リハビリテーション科専門医でもある神山一行院長は、「病気だけでなく、患者さんの生活もみられるご自宅は、最高の診察室だと思います」と、在宅医療の魅力を話す。

                
大西達也院長

大西達也院長ららぽーと横浜クリニック(横浜市都筑区、鴨居駅)
一大ショッピングモールの一角にある「ららぽーと横浜クリニック」。ここには大西達也院長オリジナルの大腸内視鏡検査や日帰り可能な肛門手術などを目当てに、全国から多くの患者が集まる。特に大腸内視鏡の特殊な挿入法は、麻酔を使わずに痛みを軽減する高度な技術だ。

                
池田智之院長、池田えり子副院長

池田智之院長、池田えり子副院長あおぞら歯科クリニック(横浜市都筑区、仲町台駅)
仲町台駅から徒歩2分。かわいらしい飾り付けのキッズスペースや入口付近の水槽など子どもたちはもちろん、患者の心が少しでも和むようにという工夫がされている「あおぞら歯科クリニック」。池田智之院長と妻のえり子副院長がこだわった院内は、やさしくあたたかな雰囲気で、2人の人柄が感じられる空間となっている。

                
佐藤成樹院長

佐藤成樹院長耳鼻咽喉科 葛が谷こまクリニック(横浜市都筑区、都筑ふれあいの丘駅)
緑豊かな住環境に囲まれたマンションの1階にある「葛が谷こまクリニック」。歯科医院や整形外科、大型スーパーなども隣接している。建物の中は、淡い色調で統一された清潔感あふれるインテリアが印象的。診療室をはじめ、各部屋はゆとりを持った広さになっており、どんな小さなことでも相談してほしいという患者さんとのコミュニケーションを重視する院長の診療コンセプトが伺える。

                
深澤 立院長

深澤 立院長深澤りつクリニック(横浜市都筑区、センター北駅)
センター北駅から徒歩2分、「深澤りつクリニック」は、泌尿器科、内科、呼吸器科、その他を診療科目とするクリニックだ。「その他」とは、幅広くほぼどんな症例にも対応するという意味あいを含み、当院だけで解決できないことは周囲の病院と連携を取ってくれる「地域のかかりつけ医」として機能している。

                
安部裕司院長

安部裕司院長CMポートクリニック(横浜市都筑区、センター南駅)
006年9月にセンター南に開業したばかりのCMポートクリニックを訪ねた。デッキテラスのある明るい待合室には患者さん同士の交流ノートが用意されており、季節ごとに交流イベントも企画されているそうだ。

                
山口暁子院長

山口暁子院長アキコ ルミエール眼科(横浜市都筑区、センター南駅)
センター南駅を出てすぐ、バスターミナルの目の前にあるビル3Fにあるアキコ ルミエール眼科。ルミエールとは、フランス語で「光・日光・知識・解明」などの意味を持つ。その名の通り、輝くような笑顔で迎えてくれた院長の山口暁子先生は、常に明るくテンポ良く、これまでの人生について、これからの医療について、様々な視点から語ってくれた。

                
宗定 伸院長

宗定 伸院長あすなろ整形外科クリニック(横浜市都筑区、センター南駅)
病院の入口を入ると受付の前に通路があり、その先にある待ち合い室のドアを開けると、開放的な空間。4階という高さと壁一面の大きな窓から見える素晴らしい眺望は、何時間でも過ごしたくなるくらい、患者をリラックスさせてくれます。

                
百々秀心院長

百々秀心院長こどもの木クリニック(横浜市都筑区、江田駅)
田園都市線の荏田駅から徒歩約15分。こどもたちの成長を木にたとえ、こどもの個性を大切に、ひとりひとりが元気に大きく育ってくれることを願い「こどもの木クリニック」という名前にしたといいます。院長にお話しを伺ってみました。

                
長田展明院長

長田展明院長葛が谷つばさクリニック(横浜市都筑区、都筑ふれあいの丘駅)
センター南駅より徒歩2分、公共施設や商業施設が集中する区の中心に、「葛が谷つばさクリニック」はある。「よろず相談所」として幅広く対応する姿勢はそのままに、乳がんの早期発見が難しい若い女性にも対応できるエコー検査を取り入れるなど、時代のニーズに柔軟に応える長田展明院長。医師になった理由から将来の展望まで、終始笑顔で答えてくれた。

                
羅田久和院長

羅田久和院長きぬた歯科(横浜市都筑区、鴨居駅)
横浜線鴨居駅を降りると、オープンしたばかりのショッピングモールに向かう人々で溢れかえっていた。人の流れの乗るように駅から歩いて3分、鶴見川にかかる鴨池橋のたもとに位置するきぬた歯科医院。院内に入ると、スタッフの数の多さと活気に驚かされた。総勢12名の歯科医師たち。

                
井泉尊治院長

井泉尊治院長サイ・クリニック(横浜市都筑区、市が尾駅)
20年以上に渡り、地域の患者さんの健康を見守り続けているサイ・クリニック。院長の井泉先生は、現代医学だけにとらわれず、漢方治療やQRS療法などを取り入れて広い視野で診療を行っているドクターだ。

                
森内将光院長

森内将光院長森内歯科医院(横浜市都筑区、仲町台駅)
仲町台駅とほぼ同時期に開業し、地域とともに歴史を重ねてきた「森内歯科医院」。院長の森内将光先生は、患者との間に壁を作らない大らかで優しい人柄で、地域住民から多くの信頼を寄せられている。緊張感を払いのけてくれるようなざっくばらんな会話や明快な言動に、歯科のことに限らず何でも相談してしまいたくなるような先生だ。

                
河野伸二郎院長

河野伸二郎院長河野歯科医院(横浜市都筑区、仲町台駅)
自らのクリニック「河野歯科医院」での治療はもちろん、ライフワークとして「口唇・口蓋裂手術プロジェクト」の実行委員長も務める河野伸二郎先生。これまでの経緯と自らの思いを語る先生の言葉は、端的だが非常に情熱に溢れ、"歯科医に歴史あり"、そう思わずにはいられなかった。

                
青木博次院長

青木博次院長仲町台デンタルクリニック(横浜市都筑区、仲町台駅)
仲町台駅の改札口を出て右方向に進み1分ほど歩くと、ビルの2階に「仲町台デンタルクリニック」が見えてくる。2階へ上がる階段の下には歯科と書かれた看板が下がっていて、階段を上りきったところに開放的なクリニックの入口が現れる。患者とのコミュニケーションが何より大切と穏やかな口調で話すのは、歯科医師になって25年のベテランドクター青木博次院長だ。

                
長瀬麻理子院長

長瀬麻理子院長長瀬歯科クリニック(横浜市都筑区、仲町台駅)
横浜市営地下鉄仲町台駅から歩いて3分ほど。メインストリートから1本入った、商店街の中に位置する長瀬歯科。診療室の窓辺には、たくさんの鉢植えが並んでいて、院長の長瀬先生が一鉢一鉢に愛情を込めて世話をする姿が思い浮かぶ。暖かく包み込むような笑顔で出迎えてくれた先生だが、穏和な印象とは裏腹に、口腔外科を専門に長くやって来られている。

                
佐々木文彦院長

佐々木文彦院長ささき歯科クリニック(横浜市都筑区、仲町台駅)
市営地下鉄仲町台駅のロータリーのすぐ目の前のささき歯科。クリームイエローを基調としたインテリアの待合室はこじんまりとしていながらも、落ち着ける空間だ。診察室のドアの向こうから、診療室の活気が伝わり、患者さんが診察室をあとにするたびに、先生の「お大事に」という明るい声がこぼれてくる。

                
荒井 亮院長

荒井 亮院長荒井皮膚科クリニック(横浜市都筑区、センター南駅)
横浜市営地下鉄センター南駅より歩いて7分。歴博通りに面した茅ヶ崎交差点の角、大きな看板が目印の荒井皮膚科クリニック。ドアを開けると、院長の荒井先生自ら、笑顔満面で私たちを出迎えてくれた。皮膚疾患の話から、学生時代や趣味の話まで、ユーモアたっぷりに話してくださるその人柄につい時間を忘れてしまうほど。

                
粕谷奈都子院長

粕谷奈都子院長中川駅前内科クリニック(横浜市都筑区、中川駅)
医師、そして育児経験者として子育て世代にも的確なアドバイスを送る「中川駅前内科クリニック」の粕谷奈都子院長。同院では一般内科のほか、生活習慣病や禁煙治療、管理栄養士による食事指導なども行っている。院内は親子連れも気軽に来院できるようにと、キッズスペースを完備。また、診察室までぺビーカーのまま移動できるバリアフリー設計だ。2児の母でもある粕谷院長の細やかな配慮が見てとれる。

                
松井 潔院長

松井 潔院長医療法人社団 松井会 松井クリニックwith Salon M's(横浜市都筑区、センター北駅)
仲町台駅から徒歩10分。勝田団地の目の前にある「松井クリニック」は、医療を通して人の心身を総合的に支援するプライマリケアに主軸を置いたクリニックだ。整形外科をはじめ、美容外科・皮膚科・内科・小児科など幅広い診療科目を掲げ、あらゆる地域住民のケアにあたっている。

                
浜崎健太院長

浜崎健太院長浜崎眼科医院(横浜市都筑区、センター北駅)
静かな住宅地の中にある「浜崎眼科医院」は2001年の開業以来、地域住民の目の健康を守り続けている。浜崎健太院長は、緑内障や糖尿病網膜症といった眼科的慢性疾患の治療をライフワークとし、自覚症状のないこの病気について正しく理解してもらい、治療を継続するためのモチベーションを下げないように心を配る毎日だ。

                
林 毅院長

林 毅院長林医院(横浜市都筑区、仲町台駅)
B型肝炎やC型肝炎といった慢性肝炎に悩む人からウオノメの相談まで、幅広く地域の患者の健康を支えるのは、「林医院」の林 毅院長。内科、消化器・肝臓内科、皮膚科、小児科を標榜する同院は、まさに「町のお医者さん」。近隣住民はじめ、多くの人たちから頼られ、愛される医院だ。

                
鮫島浩志院長

鮫島浩志院長D.B.DENTAL(横浜市都筑区、センター南駅)
都筑区立茅ケ崎中前の、真っ赤なポストが目印のD.B.Dental 。洗練された外観から、美容室やショールームだと思っている方も多いという。ゆったりとスペースが取られた院内は、センスの良い調度品がさりげなく置かれており、居心地が良い。院長の鮫島先生は、何も用がなくても近所の方が立ち寄ってくださる場所にしたいと笑顔で語る。

                
中里修司院長、中里葉子先生

中里修司院長、中里葉子先生なかざと歯科(横浜市都筑区、センター南駅)
横浜市営地下鉄「センター南駅」より徒歩1分。明るく開放的な「なかざと歯科」は、開院当初よりアレルギー体質の方や環境に配慮した、クリーンな診療環境に定評のあるクリニックだ。院長の中里修司先生は、終始笑みをたやさない温厚な人柄で、子どもから高齢者まで、長きにわたって地元のホームドクターとして多くの信頼を集めてきた。

                
植田 啓院長

植田 啓院長ひまわりレディースクリニック(横浜市都筑区、センター南駅)
一般婦人科診療に加え、低用量ピルやホルモン補充療法、子宮内膜症、骨粗しょう症などに対応しているクリニックが「ひまわりレディースクリニック」だ。院長の植田啓先生は自身も女性特有の病気でつらい思いをしたが、その経験を生かして、女性が笑顔で生活していくための疾患予防やケアに力を入れているという。

                
井上 寧院長

井上 寧院長井上デンタルクリニック(横浜市都筑区、センター南駅)
センター南駅から歩くこと5分の井上デンタルクリニック。木目のドアの入り口の向こうには、ビビットな色使いの小さな椅子が並んでいるのが見え、良い意味で歯科クリニックらしくない。院内はキッズスペースが充実している。院長の井上先生は、治療でなく遊ぶのが目的になっているお子さんも多いと、嬉しそうに話してくれた。

                
林 康子院長

林 康子院長やすこレディースクリニック(横浜市都筑区、センター南駅)
横浜市営地下鉄のセンター南駅から徒歩5分。ビルの2階にある「やすこレディースクリニック」は、やわらかいピンク色を基調とした優しい雰囲気の待合室に、診察室までは入口と出口が別々になり、患者同士が顔を合わせにくいような、配慮のある設計になっている。院長の林康子先生は、「産婦人科のドクターとしてだけではなく、何でも相談できるアドバイザーのような立場で女性の体をサポートしたい」と優しいまなざしで語る。

                
奥村 輝院長

奥村 輝院長南山田クリニック(横浜市都筑区、センター北駅)
センター北から徒歩13分、北山田駅から徒歩10分。閑静な住宅街に「南山田クリニック」はある。院内は柔らかいピンク色を基調にまとめられ、不安を抱えて来院した患者を優しく迎えてくれる。院長である奥村輝先生がこだわったのは待合室の広さ。多少診療に不便が生じても、患者が多くの時間を過ごす待合室は、ゆったりと過ごせるよう広さを確保したかったのだそう。子どもや高齢者が靴を脱いでくつろげるよう、畳のスペースも用意されている。

                
水野恭一院長、水野将徳副院長

水野恭一院長、水野将徳副院長医療法人 活人会 水野クリニック(横浜市都筑区、東山田駅)
横浜市都筑区の「水野クリニック」は、1981年開業。当時、周辺はニュータウンとしての造成がスタートしたばかりで、小児科のクリニックは皆無だった。そこで小児科を専門としていた院長の水野恭一先生が、今後増えるであろう小児医療へのニーズに応えるべく、同クリニックを開業した。2014年からは、息子である水野将徳(まさのり)先生を副院長に迎え、現在に至っている。長年、地域医療への貢献を模索し、さまざまな関連施設を展開してきた水野院長と、小児科の循環器を専門領域とし、自らの経験を診察に生かしたいという将徳副院長。

                
城戸秀美院長

城戸秀美院長クローヴァ歯科クリニック(横浜市都筑区、センター北駅)
会った瞬間から満面の笑み。どんな相手でも分け隔てなく心を開き、受け入れてくれる優しさを持った『クローヴァ歯科クリニック』の城戸秀美院長。小児歯科をご専門とする城戸院長を中心に、小児歯科、一般歯科、矯正歯科の専門医が一体となり地域の人々の歯の健康をバックアップに取り組んでおり、それぞれの診察室は部屋ごとに分かれ、例えば小児の診察室には、お空のような天井と可愛い声をあげてしまうほど。

                
吉江 稔院長、吉江のり子副院長

吉江 稔院長、吉江のり子副院長吉江歯科医院(横浜市都筑区、北山田駅)
北山田の住宅街の中にある「吉江歯科医院」は、院長の吉江稔先生と副院長で矯正歯科専門医の吉江のり子先生が、一本の歯からお口全体のことまで、親身になって口腔内の治療に取り組んでくれる歯科医院だ。お二人は大学時代からのお付き合いだそうで、夫婦円満の秘訣は「ちょっとしたことでも話しかけること」だとか。

                
時枝啓介院長

時枝啓介院長ときえだ小児科クリニック(横浜市都筑区、北山田駅)
北山田駅から徒歩3分の「ときえだ小児科クリニック」。地域密着、患者目線の診療姿勢が人気で、地元住民はもちろん県外から足を運ぶ患者も少なくない。時枝啓介院長は喘息やアレルギーを専門とし、自らも喘息の症状と闘ってきた。その経験を生かして同院では、長引く治療に前向きになれるよう工夫を凝らしている。

                
佐々木康寿院長

佐々木康寿院長佐々木歯科クリニック(横浜市都筑区、センター北駅)
横浜市営地下鉄センター北駅から徒歩で約5分。緑色の外装と丸形の屋根を目印とするビルの1階に「佐々木歯科クリニック」がある。院長を務める佐々木康寿先生は、代々歯科医師や医師の多い家系に育ちながら、高校生時代には美容師になりたかったという意外な側面も併せ持っている。その美的感覚は、歯科医師となってからは審美歯科の分野に生かされていると言う。

                
本間寿彦院長

本間寿彦院長本間ウイメンズクリニック(横浜市都筑区、センター北駅)
センター北駅から徒歩約10分にある「本間ウイメンズクリニック」は、できる限り自然なお産をサポートする方針の産婦人科クリニック。同院を訪れるのは、クチコミでやってくる人がほとんど。間もなく開院から20年目を迎えるが、2人目、3人目をここで産むリピーターは多く、中には親子2代というケースもある。

                
小林 格院長、小林雅子副院長

小林 格院長、小林雅子副院長小林クリニック(横浜市都筑区、センター北駅)
鷺沼駅からバスで10分。小林クリニックは、けやき並木が続く閑静な住宅街に佇む。イエローとレッドで彩られた外観は、病院とは思えないほどポップな色使い。あえて病院らしくない建物を、とお友達の建築士に注文されたとか。満面笑顔で出迎えてくれた副院長の雅子先生は、在宅医療を中心に幅広い診療を行う内科医。

                
鳥居圭司院長

鳥居圭司院長鳥居歯科医院(横浜市都筑区、鷺沼駅)
鷺沼駅からバスで10分。小林クリニックは、けやき並木が続く閑静な住宅街に佇む。イエローとレッドで彩られた外観は、病院とは思えないほどポップな色使い。あえて病院らしくない建物を、とお友達の建築士に注文されたとか。満面笑顔で出迎えてくれた副院長の雅子先生は、在宅医療を中心に幅広い診療を行う内科医。

                
島元理光院長

島元理光院長医療法人明澄会 しまもと眼科(横浜市都筑区、北山田駅)
北山田駅から徒歩約12分、港北ニュータウンの北寄りにある「しまもと眼科」は、地元住民だけでなく、クチコミにより他地区から訪れる患者も少なくないという評判の眼科クリニックだ。白内障の日帰り手術が受けられる、緑内障に詳しいなどといった特徴はあるが、何よりも「わかりやすい説明」が評判の理由。

                
井上俊弘院長

井上俊弘院長井上歯科クリニック(横浜市都筑区、センター北駅)
センター北駅から徒歩15分ほどの場所に、1998年に開院した『井上歯科クリニック』。虫歯や歯周病治療などの一般歯科全般に加え、井上俊弘院長が専門的に学んできた補綴歯科や、開院当初から今日まで勉強を重ねているというインプラント治療までを幅広く対応しているクリニックだ。

                
笠井謙和院長

笠井謙和院長笠井整形外科(横浜市都筑区、市が尾駅)
東急田園都市線市が尾駅よりバスで7分ほど、通りに面した見晴らしのいい場所に「笠井整形外科」はある。広々とした明るい院内には、受付、待合室から、診察室、リハビリテーションルーム、デジタルレントゲンやMRI、エコーなどの各種医療機器が備えられた検査室、鍼灸室などが配置されている。

                
葉 紹誠院長

葉 紹誠院長葉歯科医院(横浜市都筑区、都筑ふれあいの丘駅)
「道案内の最寄り駅紹介がいつも困りもの……」と葉紹誠院長。同院は東急田園都市線江田駅のほか、市営地下鉄など計3駅からアクセスできるが、「どれかがすごく近いわけでもなくて(笑)」とひときわ大きく笑う。未来を担う子どもたちの診療にも力を入れたいと、開発中のニュータウン近くに1989年に開業。

                
須賀功二郎院長

須賀功二郎院長すが歯科医院(横浜市都筑区、センター北駅)
センター北駅より徒歩7分ほど。幹線道路沿いのビル1階で、十数年間地域の口腔内を見守り続けてきたのが「すが歯科医院」。矯正歯科を専門としつつも、「『矯正歯科だから虫歯はよそで治してきてください』といった分業には疑問を感じた」という須賀功二郎院長による、一人ひとりを丁寧に診る診療で、地域の信頼を集めている。

                
原田博文院長

原田博文院長センター北駅前クリニック(横浜市都筑区、センター北駅)
センター北駅から程近い、センター北駅前クリニックを訪れた。「病気の早期発見を目指し、より多くの方を救うためには、患者さんが安心して検査が受けられる医療機関が必要です」そう語るのは院長の原田先生だ。

                
濱田麻美院長

濱田麻美院長はまだ眼科(横浜市都筑区、センター北駅)
センター北駅コンコース前の便利な場所にある「はまだ眼科」。院長の濱田麻美先生は3人のお子さんの子育て真っ最中というお母さん先生。センター北は濱田先生と同世代のファミリー層が多く暮す街。そのため子どもや家族のことなどで患者との共通の話題も多く、ついついと盛り上がってしまうというフレンドリーな先生だ。取材時、「何気ない会話が診療のヒントになるから」と、患者との会話を何より重視されていたのが印象に残った。

                
濱田幸雄院長

濱田幸雄院長はまだ耳鼻咽喉科(横浜市都筑区、センター北駅)
センター北駅の目の前に位置するはまだ耳鼻咽喉科。可愛らしい象さんのロゴマークが目に飛び込んでくる受付を抜けると、ブルーを基調とした待合室があり、大画面モニターには熱帯魚の姿が映し出されている。院長の濱田先生はそんな院内のイメージと重なるような、爽やかな笑顔の持ち主。

                
星野千代江院長

星野千代江院長ほしの小児クリニック(横浜市都筑区、中川駅)
「病気を診るだけでなく、自分の経験も生かし、子育て全般の応援をしたいと考えています」と話す「ほしの小児クリニック」星野千代江院長。そもそも「人間とは何か」との答えを知りたいと医師を志し、子どもの神経疾患や行動異常も学んできた星野院長。子どもの病気だけでなく、成長に伴う心の不調や発達障害の診療にも力を入れる。

                
上林正治院長

上林正治院長医療法人 仁徳会 上林クリニック(横浜市都筑区、中川駅)
横浜市営地下鉄ブルーライン中川駅から徒歩3分。胃をイメージしたかわいらしいイラストが目印の「上林クリニック」は、現院長である上林正治先生のお父様が開業してから20年間、地元住民の健康を守り続けてきた。上林先生はお父様の代からの流れを大切にしつつ、ご専門である消化器内科の知識や技術を生かして経鼻内視鏡の導入など新しい検査方法や治療方法も積極的に取り組んでいる。

 
粕谷奈都子院長

粕谷奈都子院長中川駅前内科クリニック(横浜市都筑区、中川駅)
医師、そして育児経験者として子育て世代にも的確なアドバイスを送る「中川駅前内科クリニック」の粕谷奈都子院長。同院では一般内科のほか、生活習慣病や禁煙治療、管理栄養士による食事指導なども行っている。院内は親子連れも気軽に来院できるようにと、キッズスペースを完備。また、診察室までぺビーカーのまま移動できるバリアフリー設計だ。

鶴見区

                
青柳佳治院長

青柳佳治院長フーガ2矯正&ブライト歯科(横浜市鶴見区、鶴見駅)
JR鶴見駅の西口改札を出てすぐ、駅ビル「フーガ2」内のクリニックが集う3階のフロアにある「フーガ2矯正&ブライト歯科」。院長の青柳佳治先生は、矯正歯科と予防歯科のエキスパート。矯正歯科においては、日本矯正歯科学会認定医の資格を持ち、これまでに数多くの矯正治療を手がけてきた。

                
野村修三院長

野村修三院長ノムラメディカルクリニック(横浜市鶴見区、鶴見駅)
「アトピー治療に通っていた小学生の子が、成人して自分の子どもと母親と、親子3代で遊びに来てくれる。そんなおつき合いも本当にうれしいですね」と、にこやかな顔を、さらにほころばせる野村修三院長。住宅地の中にある「ノムラメディカルクリニック」は臨港バスの北寺尾バス停近く。「アトピー治療に通っていた小学生の子が、成人して自分の子どもと母親と、親子3代で遊びに来てくれる。

                
和田 謙院長

和田 謙院長和田歯科(横浜市鶴見区、鶴見駅)
実は心配症かもしれない、という和田 謙院長。鶴見駅からバスで10分程度、静かな住宅地で20年近く診療を続ける、アットホームな「和田歯科」でのことだ。和田院長は「痛くならないよう治療したはず。でも夜になると、患者さんに痛みが出ていないか……と本当に心配してしまう」と心の中を打ち明けてくれた。

                
貫井文彦院長

貫井文彦院長鶴見クリニック(横浜市鶴見区、鶴見駅)
リード文JR鶴見駅下車。西口バスターミナルのすぐ脇に立つビルの3階に、泌尿器科・内科を診療科目に掲げる「鶴見クリニック」はある。ここは、付近を流れる鶴見川の水があと数キロも下れば東京湾に注ぎ、すぐ隣には大学の敷地に連なる寺社の広大な緑地が広がる、にぎわいと落ち着きが共存する街。

                
宮下裕子院長

宮下裕子院長医療法人社団 宮下クリニック(横浜市鶴見区、鶴見駅)
JR鶴見駅西口から徒歩3分の交通アクセスのよい場所にある「宮下クリニック」。地域住民はもとより、産業医として近隣のオフィスに勤務するOLやサラリーマンたちにも頼りにされているクリニックだ。院長の宮下裕子先生は東芝鶴見病院に17年間勤務し、その閉院を機にクリニックを構えた。

                
川名明徳院長

川名明徳院長メイトクリニック鶴見(横浜市鶴見区、鶴見駅)
ざっくばらん過ぎて、精神科医に見えないって言われるんだよ。そんな言葉とともにハッハッハッと大きく笑う川名明徳院長。患者とフレンドリーに接したいから「友人・仲間」を意味する英語と、自分の名前をかけて「メイトクリニック鶴見」にした。そう説明してさらに笑顔を見せる川名院長は、大学病院で20年近く診療を続けたベテラン精神科医だ。

                
西村有希子院長、本宮武司副院長

西村有希子院長、本宮武司副院長福田記念 本宮眼科内科医院(横浜市鶴見区、鶴見駅)
鶴見駅西口からすぐの「福田記念本宮眼科内科医院」は、西村有希子院長と本宮武司副院長の親娘により、地元に根付いた診療を行っている。眼科担当の院長はハキハキと、内科担当の副院長はおだやかな口調で対応してくれて、院内はいつも明るく和やかな雰囲気。

                
上野友也院長

上野友也院長医療法人ヴェリタスオーラルケアセンター うえの歯科医院(横浜市鶴見区、鶴見駅)
横浜市鶴見区の住宅街を、鶴見駅方向からまっすぐ西に向かうバスに乗って約10分。近未来的な外観の「うえの歯科医院」が現れる。院内に入ると、上野友也院長こだわりの歯科医院らしからぬ空間が広がっていた。

                
森 光弘院長

森 光弘院長森歯科医院(横浜市鶴見区、京急鶴見駅)
1924年に祖父が開業したという「森歯科医院」。森光弘院長は3代目として、日々診察・治療にあたっている。お年寄りの患者が多く、義歯の製作・調整が多いという森歯科医院では、訪問治療や嚥下機能を回復させる機能訓練も行っている。

                
鈴木高遠院長

鈴木高遠院長ちぐさ眼科医院(横浜市鶴見区、京急鶴見駅)
京急線・鶴見駅東口から徒歩1分。駅前商店街のビル4・5階にある「ちぐさ眼科医院」は、半世紀以上にわたる長い歴史を持つ。二代目院長である鈴木高遠先生は、横浜市内で初めて日帰り白内障手術を導入し、これまでに2,000例以上の執刀を行ってきたスペシャリストだ。

                
高橋剛太院長

高橋剛太院長セントラルデンタルケアクリニック(横浜市鶴見区、京急鶴見駅)
横浜市鶴見の地を守る鶴見神社の参道沿い、近未来的なガラス張りのビルの一角に「セントラルデンタルケアクリニック」が開院したのは9年前だ。最先端よりもさらに一歩先を見据えて、高橋剛太院長自らが設計、デザイン、インテリアなどを手がけた院内は、10年近い年月が経過しているとは思えないほど「今」を感じさせる。

                
古谷正伸院長

古谷正伸院長古谷小児科(横浜市鶴見区、鶴見駅)
JR京浜東北線鶴見駅から少し離れた住宅地にある「古谷小児科」。この地で20年以上の歴史があるクリニックだ。地元で生まれ育った古谷正伸院長は、日本医科大学の附属病院などで診療に携わった後に同院を開業した。

                
川端 清院長

川端 清院長川端こどもクリニック(横浜市鶴見区、花月園前駅)
京浜急行本線の花月園前駅から徒歩7分。かつては海苔の養殖をする漁師たちで賑わったという、魚河岸の面影が残る通りに、「川端こどもクリニック」は静かに佇んでいる。院長の川端清先生は、薬剤師として薬局を営むご両親のもと、この地で育った。

                
野村高志院長

野村高志院長のむら歯科医院(横浜市鶴見区、生麦駅)
生麦駅東口からビール工場に向かう商店街にある「のむら歯科医院」。院内はまるでおもちゃ箱のような楽しさが詰まっている。「治療前は誰だって不安。そんな時、院内の雑貨や壁のポスターで和んだりできたら、気持ちも落ち着くと思ったんです」と話すのは野村高志院長。

                
櫻井温子院長

櫻井温子院長櫻井医院(横浜市鶴見区、鶴見駅)
どこか下町の雰囲気が残る鶴見区上末吉にある「櫻井医院」を20年以上切り盛りするのは院長の櫻井温子先生。地域のホームドクターとして内科のほか、外科、整形外科などもこなしている。櫻井先生は気さくな人柄で何でも話しやすいと評判だ。

                
宮川英光院長

宮川英光院長宮川歯科医院(横浜市鶴見区、鶴見市場駅)
京浜急行線鶴見市場駅から徒歩4分。国道15号の「市場駅入口」交差点を渡っていくと「宮川歯科医院」のベージュの外壁が見えてくる。ちょうど午前の最後の診療が終わったばかり。「泣かなかったな!」と小さな男の子を院長の宮川英光先生が褒めていた。「でも、もう1つだけ小さい虫歯があるから治しちゃおうぜ! 治せるなら、ハイタッチだ」。

                
小野邦春院長

小野邦春院長つるとうクリニック(横浜市鶴見区、鶴見市場駅)
京急線鶴見市場駅から徒歩5分。駅前のにぎやかな通りにある「つるとうクリニック」は、1978年に院長の小野邦春先生の父が開業。40年もの間、透析治療を中心に内科など多数の診療を行い、地域の医療を支えてきた歴史あるクリニックだ。より患者のニーズに応えたいと2014年11月に現在の場所に移転。

                
加藤木俊院長

加藤木俊院長アーバン歯科医院(横浜市鶴見区、鶴見駅)
「うちはふつうですから」と何度も恐縮して答える、正直な対応が印象的な加藤木俊院長。綱島駅や鶴見駅からバス便という立地だけに、地域密着の診療を続けてきた「アーバン歯科医院」は加藤木院長の父が開業。

                
福士幸彦院長

福士幸彦院長ふくし内科クリニック(横浜市鶴見区、綱島駅)
住宅街の町並みにしっくりと馴染んだ「ふくし内科クリニック」。ここには、内科だけではなく、さまざまな症状の患者が次から次へと訪れる。2002年の開業。以来、なくてはならない大事な「町の医療機関」として地域の人に信頼され続けてきた。

                
横山喜一院長

横山喜一院長ヨコヤマデンタルクリニック(横浜市鶴見区、尻手駅)
口は食事だけでなく、全身の健康にも影響する生命の源。「ですからずっと自分の歯で食べていただけるよう、なるべく歯を削らない、抜かない診療を心がけています」と横山喜一院長。自宅での正しい歯磨きのために丁寧な指導を行い、医院では定期検診を主体とするスウェーデン式の予防に力を入れている。

                
宮治俊朗院長

宮治俊朗院長宮治歯科医院(横浜市鶴見区、鶴見駅)
横浜市鶴見区の下末吉交差点のほど近くに建つ「宮治歯科医院」は2代目院長である宮治俊朗先生が20年以上にわたって地域住民の歯の健康を支え続けてきた老舗の歯科医院だ。落ち着いた雰囲気の待合室と広々として明るい診療室でリラックスしながら治療が受けられる。

                
岡田 豊院長

岡田 豊院長岡田歯科医院(横浜市鶴見区、鶴見駅)
JR鶴見駅からバスで8分。森永製菓・鶴見工場の並びにある「岡田歯科医院」は、70年以上にわたり地元の人たちに親しまれてきた、歴史の長い歯科医院だ。現在、診療に当たっているのは、2代目院長の岡田豊先生。噛み合わせの専門医として、歯や歯茎を傷める原因にもなる「歯ぎしり」の治療に力を入れている。

                
徳岡敏一院長

徳岡敏一院長徳岡歯科クリニック(横浜市鶴見区、鶴見駅)
JR京浜東北線鶴見駅の西口からバスで約5分。住宅街に位置する「徳岡歯科クリニック」は、1994年の開業以来20年にわたって地域住民の歯の健康を守り続けてきた。クリニックの看板には、大きく口を開けたカバのイラストが描かれている。口腔外科専門医である院長の徳岡敏一先生は、「なじみの患者さんからは『カバの先生』と呼ばれています」と笑顔で語る。

                
縄田博之院長

縄田博之院長縄田歯科医院(横浜市鶴見区、鶴見市場駅)
京浜急行線鶴見市場駅から徒歩7分。幹線道路を抜け、しばらく歩いた場所に「縄田歯科医院」がある。1935年からこの地で開業しているクリニックは、現在、自宅を兼ねた3階建てとなっている。1階の診察室には3台のユニットが備えられている。現院長の縄田博之先生は3代目。

戸塚区

                
坂西京子院長

坂西京子院長満尾医院(横浜市戸塚区、戸塚駅)
横浜市戸塚区で60年の歴史がある「満尾医院」を訪ねた。住宅街の一角にあり、黄色い建物が目印。院長の坂西京子先生は、大学病院に勤務したのち1984年に同院を継承、地域の医療に貢献してきた。

                
大久保俊彦院長、藤井智巳副院長

大久保俊彦院長、藤井智巳副院長アポロ歯科・矯正歯科(横浜市戸塚区、戸塚駅)
JR戸塚駅東口から徒歩2分。駅前の喧騒を抜け、住宅街にさしかかると、ポップな色調の「アポロ歯科・矯正歯科」の看板が目に飛び込んでくる。

                
大塚 亨院長

大塚 亨院長大塚歯科医院(横浜市戸塚区、戸塚駅)
JR3路線と横浜市営地下鉄ブルーラインが乗り入れる戸塚駅を下車し、車で東海道を北上すること5分。かつての丘陵地のおもかげが残る閑静な住宅地に「大塚歯科医院」はあった。

                
北川節次院長

北川節次院長ふじばし内科(横浜市戸塚区、戸塚駅)
会社員生活2年目にして一念発起、医師を目指したというユニークな経歴を持つ北川節次院長の語り口調は、実に明快だ。患者に対する説明も、専門用語を使わず、わかりやすい。とりわけ特徴的なのは、重篤な患者に対する診断の素早さと的確さ。

                
竹長博史院長

竹長博史院長たけなが歯科クリニック(横浜市戸塚区、東戸塚駅)
2002年の開業以来、地域の人々に愛されている「たけなが歯科クリニック」の竹長博史院長がめざすのは「地域に密着した患者中心の歯科医療」。

                
鮫島佳子院長

鮫島佳子院長歯科さめじま(横浜市戸塚区、東戸塚駅)
東戸塚駅から徒歩10分のところにある「歯科さめじま」は、口の中だけでなく、全身をトータルで診る「ホリスティックデンタルケア」をモットーとした歯科医院。

                
加藤 隆理事長

加藤 隆理事長スマイルこどもクリニック東戸塚院(横浜市戸塚区、東戸塚駅)
東戸塚駅周辺には高層マンションが立ち並び、大型店舗も多く生活に便利な街が広がっている。その駅から10分ほど歩くと、スマイルこどもクリニック東戸塚院の、黄色いスマイルマークが出迎えてくれる。

                
福田 勝院長

福田 勝院長福田ウイメンズクリニック(横浜市戸塚区、東戸塚駅)
東戸塚駅東口から徒歩4〜5分のビルの2階に「福田ウィメンズクリニック」がある。淡いレモン色とブラウンの落ち着いた空間が広がる院内は、とても温かな雰囲気がただよう。「僕にできる精一杯のことをしていきたいと思っているんです」と、優しくほほえむのは福田勝院長だ。

                
大石暢彦院長

大石暢彦院長大石歯科クリニック(横浜市戸塚区、東戸塚駅)
東戸塚駅から徒歩約5分の「大石歯科クリニック」の診察室は、ゆったりとした半個室になっており、木目や淡いグリーンを基調とした、心安らぐ空間となっている。患者への説明時には、iPadなどを利用し、視覚に訴えることを心がけている。

                
平久忠輝院長

平久忠輝院長東戸塚たいらく矯正歯科(横浜市戸塚区、東戸塚駅)
東戸塚駅から徒歩約3分の「東戸塚たいらく矯正歯科」が、一般の歯科医院と異なるのは、医院に入っても歯科医院独特の薬剤や消毒液のにおいがないこと、治療台の横に機械類や細かい道具類がないことだろう。

                
橋本雅人院長

橋本雅人院長アリスクリニック(横浜市戸塚区、東戸塚駅)
東戸塚駅東口から徒歩1分。「アリスクリニック」の橋本雅人院長は内科、心療内科、皮膚科の診療を提供し、体と心の両面で患者の健康を支えている。「体の痛みや不快感など、つらい症状をやわらげることも大事なことです。

高橋宏嘉院長

高橋宏嘉院長たかはし歯科医院(横浜市戸塚区、東戸塚駅)
JR東戸塚駅から歩くこと6分。1階に内科医院が入っているビルの2階に「たかはし歯科医院」はある。来年、開業30周年を迎える同院の院長を務めるのは、大学時代に「唯一理解できなかった分野」だった有床義歯学を専攻し、博士号の資格も持つ高橋宏嘉先生だ。

和田志津子院長

和田志津子院長品濃町内科クリニック(横浜市戸塚区、東戸塚駅)
R東戸塚駅から徒歩数分の場所に「品濃町内科クリニック」はある。雑居ビル2階のドアを開くととても広い待合室が迎えてくれる。窓も大きく開放的だ。開業して15年以上のクリニックだが、明るく清潔で初診でも気軽に訪れることができる。

                
岡崎弘典院長

岡崎弘典院長おかざき歯科クリニック(横浜市戸塚区、東戸塚駅)
JR横須賀線の東戸塚駅からバスで6分。境木地蔵尊そばのマンションの1階に「おかざき歯科クリニック」はある。待合室に足を踏み入れると、目に飛び込んでくるのが壁に貼られたスタッフと子どもたちの写真の数々。

                
石川茂樹院長

石川茂樹院長石川歯科医院(横浜市戸塚区、東戸塚駅)
JR横須賀線・東戸塚駅近くの住宅街で、30年にわたり診療を続けている「石川歯科医院」。この地で生まれ育った院長の石川茂樹先生は、開業まもなくから訪問歯科診療に取り組んできた、この分野での草分け的存在だ。

                
佐々木光司院長

佐々木光司院長ささき矯正歯科クリニック(横浜市戸塚区、戸塚駅)
JR戸塚駅から徒歩2分のビルの5階にある「ささき矯正歯科クリニック」は、患者の立場にたった丁寧な治療で、大人はもちろん、子育て中の母親たちからも高い支持を受けている矯正治療専門のクリニックだ。

                
夏堀祥二郎院長

夏堀祥二郎院長なつぼり歯科クリニック(横浜市戸塚区、戸塚駅)
「かかりつけの患者さんと歯科衛生士との会話は笑い声ばかり。友達同士の世間話みたいに聞こえます」と語る、夏堀祥二郎院長。かわいいピンクの看板が目印の「なつぼり歯科クリニック」は、戸塚駅から徒歩5分ほど、ショッピングセンター・アピタ近くに開業して15年になる。

                
山路修身院長

山路修身院長山路整形外科(横浜市戸塚区、戸塚駅)
戸塚地区に根ざした整形外科医として、「患者さんの痛みを少しでも楽にしたい」との思いで診療している「山路整形外科」の山路修身院長。戸塚駅西口デッキ直結のサクラス戸塚4階に移転する前から、近くのビルで診療していた地域密着の整形外科医院だ。

                
藤岡伸欣院長

藤岡伸欣院長とつか眼科(横浜市戸塚区、戸塚駅)
「よく見えるようになったと喜んでいただけるのが、眼科医としての何よりのやりがいですね」と語る「とつか眼科」藤岡伸欣院長。横浜市立大学附属病院で研修した後、市内の基幹病院で研鑽を積み、眼科全般の診療技術を高めてきた。

青沼うい子院長

青沼うい子院長ア・マーシュ歯科原宿クリニック(横浜市戸塚区、戸塚駅)
横浜市戸塚区の閑静な街中にある「ア・マーシュ歯科原宿クリニック」は青沼うい子院長が義父の歯科クリニックを引き継いでリニューアルした歯科医院だ。女医らしい、細やかな配慮が行き届いたアットホームな歯科医院へ生まれ変わった。

                
久保精志院長

久保精志院長久保内科胃腸科医院(横浜市戸塚区、踊場駅)
「このあたりでは昔はどこからでも富士山が見えた」と懐かしそうに目を細めるのは、「久保内科胃腸科医院」の久保精志院長。幼いころから親しんできた故郷の街で、医師として働く父の背中を見て育った。後継ぎとしてのレールを敷かれ、その道を歩みながらも悩み苦しんできた日々。

                
佐久間浩史院長

佐久間浩史院長戸塚ヒロ眼科(横浜市戸塚区、踊場駅)
踊場駅から徒歩5分。バス通り沿いに建つクリニックモール3階の「戸塚ヒロ眼科」。院内には明るい日差しが差し込み、開放的で温かな雰囲気だ。

                
渡辺秀司院長

渡辺秀司院長とつかグリーン歯科(横浜市戸塚区、踊場駅)
踊場駅から徒歩10分。踊場メディカルセンター4階にある「とつかグリーン歯科」は、いつも和やかなとても温かい雰囲気に包まれている。「患者さんの話をじっくり聞き、からだ全体のことまで診ながら診療にあたっているんですよ」と、優しく微笑むのは、渡辺秀司院長だ。

                
高倉茂実院長

高倉茂実院長高倉歯科医院(横浜市戸塚区、戸塚駅)
戸塚区吉田町にあるダイエー戸塚店の2階にある「高倉歯科医院」は、予防と歯周病治療、審美歯科に力を入れている歯科医院だ。高倉茂実院長は「自分の歯に勝るものはない」との考えのもと、1978年の開業以来ずっと予防と歯周病治療に積極的に取り組んできた。

                
金子宣由院長

金子宣由院長金子歯科クリニック(横浜市戸塚区、戸塚駅)
生まれ故郷の戸塚で開院したのが1991年のこと。インプラントの黎明期から治療に携わった金子宣由院長は、自身のクリニックでも無菌の手術室とCTを完備し、最先端のインプラント治療に取り組んでいる。その一方、予防医学的観点から歯周病治療にも積極的に従事。

                
吉村英則院長

吉村英則院長吉村歯科医院(横浜市戸塚区、踊場駅)
歯科診療が怖いから歯科医師になった、と吉村英則院長。怖かった気持ちを今も忘れないから、なるべく痛くない治療、心安らぐ院内を心がけているのだという。「そして怖さを取り除くには、患者さんとの信頼関係も欠かせません。診療前はもちろん、ある程度治療が進んだ段階でも個別に相談して、その方の希望に合う治療方法をお聞きするんです」と吉村院長

中区

                
関口由紀理事長

関口由紀理事長LUNA骨盤底トータルサポートクリニック(横浜市中区、元町・中華街駅)
元町ショッピングストリートの中ほどに、女性のヘルスケアをトータルに行うLUNAグループが4軒のクリニックを構える。女性泌尿器科・乳腺外科を診療する「LUNA骨盤底トータルサポートクリニック」をはじめ、婦人科、女性内科、皮膚科・形成外科の4つの医院を取りまとめるのが、理事長の関口由紀先生だ。

                
柳川 健院長

柳川 健院長みなとみらいケンズクリニック(横浜市中区、桜木町駅)
JR・横浜市営地下鉄桜木町駅より徒歩1分、「みなとみらいケンズクリニック」を訪ねた。院長の柳川健先生は、年間4500例を超える実績を持つ内視鏡検査のスペシャリスト。心身共に健康であってほしいとの思いから、クリニックには胃腸内科、消化器内科をはじめ、心療内科や漢方外来など、患者の心と体のメンテナンスを助けるさまざまな手段が準備されている。

                
蕭 敬意院長

蕭 敬意院長太洋歯科クリニック(横浜市中区、関内駅)
院内のいたるところに著名な画家の絵が飾られ、美術館のような落ち着いた雰囲気が漂う「太洋歯科クリニック」。関内駅から徒歩2分という好立地で長年、診療してきた同クリニックは、2017年12月、診療の場を2階から1階へと移した。その際、院長の蕭敬意(しょう・けいい)先生が一番に考えたのが、「歯を削らずに済む治療はないのか」ということで、虫歯のない子どもが増えればいいのではないかと気づき、妊婦や子ども連れの母親への指導に注力している。

                
広瀬義政院長

広瀬義政院長広瀬歯科医院(横浜市中区、黄金町駅)
京急黄金町駅・横浜市営地下鉄阪東橋駅より徒歩2分。商店が建ち並ぶにぎやかな通りにある、「広瀬歯科医院」を訪ねた。1927年の開院以来、3代にわたって地域医療に貢献し、地域に愛されるホームドクターの役割を果たしてきた。気さくな笑顔で迎えてくださったのは、3代目の広瀬義政院長。虫歯・歯周病・小児歯科・入れ歯・インプラント・噛み合わせ・審美歯科など、幅広い科目で臨床経験を積み、研究を重ねた歯科のオールラウンダーだ。

                
海野 智院長

海野 智院長海野歯科医院(横浜市中区、黄金町駅)
京浜急行黄金町駅から徒歩3分。横浜市営地下鉄阪東橋駅からでも徒歩5分の「海野歯科医院」。サッカーが大好きで、院内の清掃時にはユニフォームを着て作業に励むという海野智院長は、優しい笑顔が印象的。2007年に開院したクリニックは、バリアフリー設計に加え、各ユニットはプライバシーを重視し、半個室となっている。海野院長は、長年、横浜市立大学に勤務し、口腔外科を専門としていた。

                
町澤一郎院長

町澤一郎院長本牧レディスクリニック(横浜市中区、山手駅)
横浜市中区、本牧公園近くにある「本牧レディスクリニック」。リラックスできプライバシーが守れることを念頭に設計されたという院内は、落ち着いた雰囲気のくつろげる空間である。院長の町澤一郎先生は20年以上にわたり総合病院の産婦人科に勤務してきたベテランドクターだ。勤務医時代は文字通り目の回るような多忙な日々を送っていたが、1人ひとりの患者に十分な時間を取ることがない、スピード重視の診療に疑問を感じていたという。

                
岡田康司院長

岡田康司院長耳鼻咽喉科・気管食道科岡田クリニック(横浜市中区、山手駅)
本牧の街のメインストリート沿い、本牧和田公園のすぐ近くにある「岡田クリニック」。岡田康司院長は頭頸部腫瘍の治療の第一人者として、数多くの手術を行ってきたドクターだ。その経験も活かしながら町のホームドクターとして、小さな子からお年寄りまで幅広い年代の患者さんを診療している。とてもわかりやすい言葉で取材に応えてくださった岡田院長。

                
山本光一郎院長

山本光一郎院長医療法人社団 山本内科クリニック(横浜市中区、山手駅)
「誰もが気軽に立ち寄れる診療所、そして気軽に出掛けて行く在宅医療をめざしています」と語る「山本内科クリニック」山本光一郎院長。もともと山本家は、江戸幕府大奥で将軍の歯の診療を担当していた家柄だという。父と同じ内科医の道を進み、大学病院の消化器内視鏡や血液病の領域で研鑽を積んだ山本院長は、生まれ育った実家を内科専門のクリニックに建て替えて1991年に開業。

                
鈴木克也院長

鈴木克也院長本牧眼科クリニック(横浜市中区、山手駅)
山手駅から車で5分程、高速道路からもほど近いテナントビル、ムラーラ本牧内にある「本牧眼科」。院長の鈴木克也先生は手術など行った時に患者の家族が車で送迎しやすいようにと駐車場が完備した場所を選んだとのこと。待合室の壁には、友人のアーティストが描いたという木や犬のペインティングが掛けられ、おしゃれな雰囲気。

                
五條大郎院長

五條大郎院長五條歯科医院(横浜市中区、日本大通り駅)
日本大通り駅から徒歩5分。日本生命横浜本町ビルの1階にある「五條歯科医院」。開業して今年で33年。父が開業したクリニックを引き継ぎ、2代目院長として現在医院をきり盛りしているのが五條大郎先生。穏やかな語り口の裏に静かな熱意を感じさせる、そんなドクターだ。オフィス街にある歯科医院ということもあり、患者は近隣のオフィスに勤める会社員やOLが中心。

                
入江陽一院長

入江陽一院長入江歯科クリニック(横浜市中区、山手駅)
山手駅から徒歩12分。内科・皮膚科・耳鼻咽喉科などが同居する医療ビル・福島ビルの2階にあるのが「入江歯科クリニック」だ。虫歯・歯周病だけでなく、インプラントや矯正歯科、審美歯科などの幅広い診療内容に加え、CTやレーザー、デジタルレントゲンなどの最新の医療設備、常に最新の治療方法を取り入れる治療方針が評判で、子どもから高齢者まで幅広い患者層に支持されている。

                
長谷川 隆之院長

長谷川 隆之院長医療法人良癒会歯科横浜市中区、山手駅)
下町の穏やかな時間が流れる横浜・山手の町。昔ながらの商店街をのんびり歩くと見えてくるのが「良癒会歯科」だ。軒先には生け花が趣味という院長の長谷川隆之先生が設えた草花が並び、訪れる患者の心を和ませてくれる。「患者さんを良く癒せるように」という思いが込められたクリニックは、吹き抜けの高い天井が開放的で、落ち着きある癒しの空間が広がっている。

                
鶴岡裕亮院長

鶴岡裕亮院長鶴岡歯科医院(横浜市中区、関内駅)
JR関内駅北口から徒歩3分。蓬莱町1丁目交差点近くの勝幸ビル2階にある「鶴岡歯科医院」中央商銀信用組合本店を目印にするとわかりやすい。院長の鶴岡裕亮先生の語り口には、落ち着いた雰囲気のなかにも明るさを感じる。開業医だった父親が急死したため、その跡を継ぐ形で院長となった。

                
岩本宗春総理事長

岩本宗春理事長横浜インプラントセンター(横浜市中区、伊勢佐木長者町駅)
"約5000本ものインプラント治療実績"を持つ岩本宗春理事長/医学博士。インプラントが広く認知されるようになった現在でも、これだけの実例を誇る歯科医師は少ない。先進の高度歯科医療を展開し、院内の環境の一つひとつにも徹底的にこだわった「横浜インプラントセンター」。充実したドクター陣や世界の名医との連携など、先進のインプラント治療のすべてがここに集約されていると言っても過言ではない内容だ。

                
風野国昭院長

風野国昭院長風野クリニック(横浜市中区、関内駅)
「風野クリニック」に取材に伺ったのは休診日。クリニックの前まで行くと、閉じたシャッターに貼り紙が。手書きの文字で「ドクターズファイルの方へ。通用口へどうぞ」とある。なんとも行き届いた気遣いだ。院内に入ると、たくさんの水彩画が私たちを迎えてくれた。これらは全て風野国昭院長の作品。強く主張することなく、優しく寄り添うようなタッチが院長の人柄を表している。

                
林 治幸院長

林 治幸院長林歯科医院(横浜市中区、関内駅)
JR根岸線関内駅から徒歩5分。横浜市役所や横浜スタジアムにほど近い「林歯科医院」は院長の林 治幸先生のこだわりのもと保険治療は行わず自由診療のみを扱っている。林先生は患者のことを第一に考えた自由診療にこだわり続けて30年のベテラン歯科医師。専門性に特化せず、全てにおいて質の高い治療を提供することが自らの使命であると日々の治療にあたっている。

                
瀬尾 徹院長

瀬尾 徹院長瀬尾デンタルクリニック(横浜市中区、関内駅)
関内駅から徒歩1分。駅からのアクセスも便利な「瀬尾デンタルクリニック」。院長の瀬尾徹先生は、穏やかでやさしい口調が印象的。診察所では患者にとって身近な例を出したり、絵を描いたりするなど、症状をわかりやすく説明してくれると患者からの評判も高い。受付には友人がデザインしたというモダンなロゴマークが飾られており、美しい曲線を生かしてデザインした院内にぴったりだ。

                
近藤 稔院長

近藤 稔院長近藤歯科診療所(横浜市中区、関内駅)
横浜市営地下鉄ブルーライン関内駅からは駅直結、JR関内駅からもマリナード地下街を通れば雨の日も傘を差さずに来院できるアクセス抜群の「近藤歯科診療所」は、車椅子の患者も安心のバリアフリーを取り入れたクリニック。3代にわたる歴史あるクリニックだが、移転に伴いクリニックを一新したためインテリアや設備は新しく、室内はモダンで落ち着ける雰囲気だ。

                
鈴木亮一院長

鈴木亮一院長関内鈴木クリニック(横浜市中区、関内駅)
関内駅から徒歩2分。街の中心部に建つビルの2階に「関内鈴木クリニック」はある。院長の鈴木亮一先生は、横浜市立大学講師、横浜市立港湾病院内科部長を歴任後、2005年にこの地に開業した。先生の専門は、国の難病指定を受ける腸疾患、IBD。クリニックはそのIBD治療に対応できる設備を整えつつ、一般の胃腸科、内科、循環器科なども開設。

                
宇津見義一院長

宇津見義一院長宇津見眼科医院(横浜市中区、日ノ出町駅)
日ノ出町駅から徒歩3分。下町風情の残る町並みにしっくり馴染むように「宇津見眼科医院」の看板が見えてくる。1924年開業。もう90年の長きにわたって地域の人を中心に厚い信頼を寄せられ続けてきた、地元になくてはならないクリニックだ。「すべてに対して全力投球がモットーなんですよ」と、にこやかに出迎えてくださったのは3代目の宇津見義一院長。

                
渡辺伸一院長

渡辺伸一院長渡辺歯科医院(横浜市中区、山手駅)
JR京浜東北線で都心と直結し、横浜駅からは10分足らずという便利な山手駅。駅徒歩2分のビル2階にある「渡辺歯科医院」の渡辺伸一院長は、勤務医や開業医として30年近くの診療経験を持つベテランだ。しかし「数年前から除菌や口臭治療といった新しい手法を取り入れ、世界で常識とされる予防や治療にも取り組み、私の診療スタイルはがらりと変わりました」と、近況を教えてくれた。

                
荻原光貴院長

荻原光貴院長おぎはら歯科医院(横浜市中区、山手駅)
閑静な住宅街でありながら、商業施設を有する駅へのアクセスも良く、大きな公園もあるなど住環境抜群の山手駅。山手駅から商店街に沿って徒歩2分の場所にある「おぎはら歯科医院」は、対応できない治療はないほど幅広い治療内容と最新の医療設備により、高いレベルの治療を受けられると評判だ。

                
東 志文院長、東 永廉副院長

東 志文院長、東 永廉副院長大和外科・整形外科医院(横浜市中区、山手駅)
86歳で今も現役の「大和外科・整形外科医院」の東志文(トウ・シブン)院長。中国ハルビンの生まれで、「日本で医師になってほしい」との両親の願いをかなえるため、戦後日本人引き揚げ者と共に来日。慶應大学医学部で学び、外科医師となり、1970年に中華街に近いこの地で開業した。

                
小野 繁院長

小野 繁院長ベイサイドさちクリニック(横浜市中区、馬車道駅)
みなとみらい線・馬車道駅から徒歩3分。アブソルート横濱馬車道ビル8Fにある「ベイサイドさちクリニック」は知る人ぞ知る心療内科だ。ビルの入り口に書かれている病院名はちょっと控えめだが院長の小野繁先生がこれまでに出版した書籍は4冊。先生が命名し、その存在を世に広めた"噛みしめ呑気(どんき)症候群"は、歯科と医科両分野の知識があるからこそ着目することができたという。

                
池田嘉徳院長

池田嘉徳院長イケダ歯科医院(横浜市中区、日本大通り駅)
JR根岸線・京浜東北線関内駅、東急東横線・みなとみらい線日本大通り駅から徒歩5分、「イケダ歯科医院」を訪ねた。院長の池田嘉徳先生は、祖父の代から地元横浜で街の移り変わりを見守る、地域に根ざした歯科医師。「『食べること』は『生きること』」と語る池田先生の理想は、患者が歳を取っても、友達と楽しく食事に出かけられるようなお年寄りになってもらうこと。

                
山本勝也院長

山本勝也院長山本歯科医院(横浜市中区、石川町駅)
3代続く歯科医師の家系、というのは少なからず耳にするが、6代となるとほとんど聞いたことがない。それも初代は、将軍家お抱えの歯科医師というのだから驚きだ。6代目は「山本歯科医院」の山本勝也院長。横浜・石川町に開業。祖父、父からの治療方針をしっかりと受け継ぎながら、患者と真正面から向き合うことを大切に歩んできた

                
石井 洋院長

石井 洋院長マリーンデンタルクリニック(横浜市中区、石川町駅)
「口の中のデザインをするこの仕事は好き」。ネガティブなイメージがある歯科の仕事を、こんな前向きな素敵な言葉で話すのは石井洋先生。立地の港エリアと名前の洋を由来とした「マリーンデンタルクリニック」の院長だ。石井院長がJR根岸線石川町駅から徒歩3分の場所に開業したのは1994年のこと。

                
小菅孝明院長

小菅孝明院長小菅医院(横浜市中区、石川町駅)
JR石川町駅から徒歩1分の「小菅医院」は、第二次世界大戦直後から長きにわたり、地域医療を担ってきたクリニック。平成17年のリニューアル時には、新たに「横浜朱雀漢方医学センター」を併設、オープンした。横浜朱雀漢方医学センターでは、西洋医学の知識も豊富な漢方専門医たちが伝統的な診察方法で治療にあたっている。

                
若井田崇浩院長

若井田崇浩院長関内歯科クリニック(横浜市中区、関内駅)
コンパクトな外観だが、中はゆったりとした空間が広がる。全面ガラス張りの窓から差し込む光が、オレンジと白を基調にした内装をさらに明るく見せて、歯科医院に抱きがちな暗いイメージを感じさせない。若井田崇浩院長はわかりやすい言葉で丁寧にインタビューに答えてくれた。ときおり仕事への情熱や人への優しさがにじみ出る。

                
丸森英史院長

丸森英史院長丸森歯科医院(横浜市中区、桜木町駅)
「患者さん自らが、歯を大切にしようと考えなくては」。そう話すのは、歯が悪くなってから治すという保険制度の前提に疑問を感じ、日ごろからのセルフケアに重きを置いた独自の診療スタイルを貫く「丸森歯科医院」の丸森英史院長。実際、自由診療にもかかわらず、多くの患者がクリニックに通っている。

                
佐藤 忍院長

佐藤 忍院長横浜サトウクリニック(横浜市中区、日本大通り駅)
みなとみらい線日本大通り駅から徒歩3分、山下公園からも程近いビルの8階に「横浜サトウクリニック」はある。30年以上の長きに渡り、がんの免疫療法で全国の患者から支持を得てきた。2代目の佐藤忍院長は1995年に同院を引き継ぎ、2011年に関内から今の場所に移転。

                
古川 滋院長

古川 滋院長古川耳鼻咽喉科医院(横浜市中区、伊勢佐木長者町駅)
イセザキモールに平行する通り沿い、横浜らしいエキゾチックな雰囲気漂う一画に「古川耳鼻咽喉科医院」はある。ビル2階の診療所は、古川滋院長がこだわって制作したという、紙ヒコーキを飛ばすパンダの愛らしいロゴが目印だ。大きな海水水槽のある診察室で迎えてくれた古川院長は、気さくで話しやすい印象。

                
土肥健二院長

土肥健二院長横浜山手デンタルクリニック(横浜市中区、元町・中華街駅)
横浜山手のドイツ日本総領事館跡地に建つ「横浜山手デンタルクリニック」。白い建物は洋館が立ち並ぶ高級住宅街に溶け込み、ガラス張りの玄関には日差しが降り注ぐ。吹き抜けの待合室も明るく開放的で、診療室の大きな窓からは、四季折々の景色が楽しめる。診療室は、治療中の不必要な動きを省くため、院長の土肥健二先生自らが基本的設計を手がけ、診療器機の開発にもたずさわった。

                
酒井 淳院長

酒井 淳院長元町レディースクリニック(横浜市中区、元町・中華街駅)
みなとみらい線元町・中華街駅からすぐ。山下公園やマリンタワーもほど近い絶好のロケーションに位置する「元町レディースクリニック」。ラグジュアリー・ホテルのような美しい内装が広がる医療モールの一角を占め、女性が訪れやすい雰囲気だ。院長の酒井淳先生は、国内の数々の病院、そしてアメリカの研究機関でも研鑽を積んだ後、よりじっくりと患者さんと向き合う婦人科医療を目指して自身のクリニックを開業した。

                
高塚洋二院長

高塚洋二院長元町たかつか内科クリニック(横浜市中区、元町・中華街駅)
内科・小児科・歯科・婦人科・整形外科が入った「クリニックモール ネムース横浜元町」は、みなとみらい線の元町・中華街駅から徒歩1分、「グローリオタワー横浜元町」の中にある。専用エレベーターで2階に着くと、そこは各病院共用のリラクゼーションスペースとなっている。ピアノのメロディーが流れ、ゆっくりと予約時間の調整や待ち合わせに使える場所だ。

                
中山 学院長

中山 学院長よこはま元町クリニック(横浜市中区、元町・中華街駅)
みなとみらい線の元町・中華街駅から歩いてすぐ、山下公園を一望できるビルの2階に2006年にオープンした「よこはま元町クリニック」。エレベーターを降りると、広々とした待合室が私たちを迎えてくれる。モダンなソファや和室の小上がりまで用意されており、心身ともにリラックスできる空間だ。

                
堤 貴通院長

堤 貴通院長山下町デンタルクリニック(横浜市中区、元町・中華街駅)
元町・中華街駅のまさに駅前というロケーションの「山下町デンタルクリニック」。まるで高級ホテルのような佇まいで「写真を撮っていかれる観光客もいるんですよ」と話すのは堤貴通院長。たしかに上品な内装ではあるが、院長やスタッフはまったく気取らない体育会系の人柄だ。診療についてもひたすら真っ直ぐに、患者さんのための真っ当な歯科医療を追究している。

                
野間和子院長

野間和子院長野間メンタルヘルスクリニック(横浜市中区、元町・中華街駅)
みなとみらい線の元町・中華街駅4番出口より徒歩1分ほどの好立地にある「野間メンタルヘルスクリニック」。7階建ての6階にあり、広々としたカウンセリングルームには大きめなソファが置かれ、まるでリビングルームにいるようにリラックスできる。野間和子院長が精神科医をめざしたきっかけは、横浜市立大学医学部の3年生の頃に見学に行った、平塚にある精神科クリニックの院長先生との出会いだそう。

                
川村卓也院長

川村卓也院長かわむら矯正歯科ラポール元町クリニック(横浜市中区、元町・中華街駅)
元町・中華街駅から徒歩で2分、石川町駅からは徒歩で5分。「かわむら矯正歯科 ラポール元町クリニック」は、横浜近辺では便利な地域にあるマンションの5階にある矯正専門クリニックだ。川村卓也院長が推奨しているのは歯の裏側に装置を付ける「裏側矯正治療」。ワイヤーやブラケットなどの矯正装置を人には見せたくないという患者の多くのニーズに応え、実績を積んできた。

                
新妻正道院長

新妻正道院長新妻クリニック(横浜市中区、根岸駅)
根岸駅から約5分。本牧通りから一歩入った住宅街のなかに、しっくりと馴染むように「新妻クリニック」がある。院内にただようのは、アットホームでとても温かい雰囲気。待合室に置かれた大きな置時計が刻む時間も、どこかゆったりと感じられる。「いつも身近にいる、何でも相談できるかかり付け医でありたいと思っているんですよ」と、穏やかに微笑むのは地元出身の新妻正道院長だ。

                
今村雅郎院長

今村雅郎院長今村矯正歯科(横浜市中区、石川町駅)
石川町駅から徒歩5分。異国情緒ただよう元町商店街のメインストリートを一歩入ったところに建つビルに「今村矯正歯科」がある。ちょっと隠れ家的な趣の感じられる院内は淡いブルーで統一され、涼しげな雰囲気のなかにもアットホームなあたたかさが広がる。「『痛いことをする』という普通の歯科医院とは違うイメージにしたかったんですよ」と、なんとも穏やかな微笑みで出迎えてくれたのは、地元・中区出身の今村雅郎院長。優しい語り口が印象的。

                
井上健和院長

井上健和院長元町セントラルクリニック(横浜市中区、元町・中華街駅)
「開業したのは、本物の医療を提供するため」と力を込めて語る「元町セントラルクリニック」井上健和院長。外科や形成外科、美容外科を中心に、消化器外科、麻酔科、皮膚科、内科一般、救急外来など幅広い領域で研鑽を積んできたオールラウンダーだ。医療美顔や美容外科分野においても安全性と信頼性を担保した質の高い医療を提供し、多くの患者に熱く支持されている。

                
小玉晃平院長

小玉晃平院長横濱元町矯正歯科(横浜市中区、元町・中華街駅)
ちょっとおしゃれで、どこかエキゾチックな雰囲気が漂う横浜元町。港の見える丘公園や山下公園、中華街にもほど近いこの町で2005年から診療を続けているのが「SYNC横濱元町矯正歯科」だ。「大好きな場所で仕事がしたくて、ここでの開業を決めたんですよ」とにっこり笑うのは、小玉晃平院長。穏やかな口調で一つ一つ言葉を選びながら丁寧に話をする姿勢には、治療に対する真摯な思いが感じられる。

                
小川康子院長

小川康子院長アーティスティック スマイル クリニック(横浜市中区、桜木町駅)
「細かいことが好きだから、職人さんみたいに矯正ワイヤーも自分で作るんですよ」とにっこり笑う「アーティスティック スマイル クリニック」小川康子院長。世界の矯正歯科医が学ぶアメリカのツィードファウンデーションでツィードコースの講習を受けた矯正専門医だ。小川院長の矯正治療は、その言葉通り、規格品に頼らず患者の口のサイズや形に合わせて矯正ワイヤーを手作りする、症例に合わせたオーダーメイドスタイルが特徴。

                
牛窪利明院長

牛窪利明院長うしくぼ消化器・内科クリニック(横浜市中区、関内駅)
関内駅から歩いて3分。便利な地域にあるのが「うしくぼ消化器・内科クリニック」だ。牛窪利明院長は、謙虚で優しい性格を感じさせる、穏やかな言葉遣いで患者を迎えてくれる。日本内科学会認定総合内科専門医をはじめ、消化器内科を専門として日本消化器病学会消化器病専門医、日本消化器内視鏡学会消化器内視鏡専門医、日本肝臓学会肝臓専門医、日本超音波医学会超音波専門医などの専門医資格を持ちあわせているため、お腹の不安だけでなく、体のどこかはわからないけれども違和感を感じる、などといった健康の相談にも総合的に診療をしてくれるだろう。

                
尾崎 直理事長

尾崎 直理事長赤門医院(横浜市中区、黄金町駅)
京急線黄金町駅より徒歩10分。1956年に開業した「赤門医院」は長い歴史を感じさせる重厚な佇まいで、待合室、診察室、検査室など、どこか懐かしく気持ちがホッとする雰囲気が漂っている。開院以来通い続けている患者からは、何かあればすぐに診てもらえるかかりつけ医として信頼を受けている。

                
呉 相俊院長

呉 相俊院長横浜サンクリニック(横浜市中区、伊勢佐木長者町駅)
横浜の中心地、伊勢佐木長者町駅から歩いて5分の場所にある「横浜サンクリニック」。小規模クリニックならではのじっくり丁寧なカウンセリングが患者からの評判を得て、横浜美容外科業界の隠れ家的存在として大手クリニックとは一線を画した存在として知られている。

                
佐々木隆喜院長

佐々木隆喜院長さくら歯科クリニック(横浜市中区、関内駅)
「虫歯になるたびに削り続けると、いつしか神経や歯まで抜かないといけなくなる」と警笛を鳴らし、そもそも虫歯や歯周病にならない口腔管理をめざしているのは、「さくら歯科クリニック」の佐々木隆喜院長。

                
田坂伸一院長

田坂伸一院長田坂歯科クリニック(横浜市中区、関内駅)
JR関内駅北口から国道16号線をまっすぐ歩いておよそ2分。「田坂歯科クリニック」は、横浜市役所や横浜スタジアムが近い関内にあり、市営地下鉄やバスなど多くの交通機関が利用できる。ビルの2階に入り口があり、院内はシックで落ち着いた雰囲気。

                
坂井則雄院長

坂井則雄院長坂井歯科医院(横浜市中区、関内駅)
坂井則雄院長が関内駅から徒歩5分の繁華街に「坂井歯科医院」を開いたのは1985年のこと。以来25年以上も、一般歯科、審美歯科、インプラントという"かかりつけ歯科医"に求められる診療科目に対応し続けている。宣伝をまったくしない歯科医院ながらクチコミで評判が広がっている理由を、坂井院長は「勉強を続ける姿勢を忘れていないから」と語る。

西区

                
野村純治センター長

野村純治センター長総合健診センターヘルチェック ファーストプレイス横浜(横浜市西区、横浜駅)
横浜駅から徒歩4分という至便の地に、健康診断に特化したクリニックがある。「総合健診センターヘルチェック ファーストプレイス横浜」だ。高層ビルの6階、静かでゆったりとした空間はまるでホテルのような雰囲気。ここでは人間ドックから気になる部位・疾患に絞ったオプション検査まで、幅広い検査を受けることができる。

                
磯村治男院長

磯村治男院長いそむら歯科医院(横浜市西区、横浜駅)
「私としては当たり前だと思って対応しているのですが、こんな治療を探していたと喜んでくださる患者さんが多いんですよ」と語るのは、「いそむら歯科医院」の磯村治男院長。横浜西区で生まれ育ったという、正真正銘“はまっ子”で、理工学部を卒業し家業を手伝っていたが、北海道の無医村地区で働く歯科医師を育てるという話にひかれて歯学部に入り直したというユニークな経歴の持ち主。

                
田口利彦院長

田口利彦院長田口歯科医院(横浜市西区、戸部駅)
京浜急行『戸部』駅から徒歩数分に位置する「田口歯科医院」。周囲の雰囲気に溶け込んだ、落ち着いた外観の医院である。明るい待合室には洗面台が備え付けられており、患者のブラッシング指導も行うという。

                
松本千鶴院長

松本千鶴院長久保クリニック(横浜市西区、横浜駅)
デパートやファッションビルが立ち並んだエリアを少し離れると、一帯にオフィス街が広がる横浜駅西口。その一角にあり、30年近く近隣の患者の健康を守り続けているのが「久保クリニック」だ。幅広い治療内容と最新の検査設備を備え、各科のエキスパートが診療にあたる、高いレベルの治療を受けられるクリニックと評判だ。

                
今川賢一郎院長

今川賢一郎院長医療法人横美会 ヨコ美クリニック(横浜市西区、横浜駅)
「植毛に大切なのは、自然さと濃さ」。そう話すのは、横浜駅西口の繁華街近くに位置する「ヨコ美クリニック」の院長、今川賢一郎先生。「アメリカ毛髪外科専門医制度(ABHRS)」の認定医資格を先駆的に取得した医師であり、国内における植毛治療のパイオニアといえるだろう。

                
梶川 浩院長

梶川 浩院長横浜FCクリニック形成外科(横浜市西区、横浜駅)
横浜駅西口から徒歩5分、アーバンヨコハマビル4階にある「横浜FCクリニック形成外科」。FCというアルファベットには、「フレンドリーケア」や「フィットネスケア」といったさまざまな意味が込められている。気軽に相談でき、心からリラックスをしていただいたうえで、安全な施術を提供できるようにと命名された。

                
徳井幹也理事長

徳井幹也理事長徳井内科クリニック(横浜市西区、横浜駅)
日本人の国民病の一つ、糖尿病。放置しておくと重篤な事態に陥る危険性が高いが、なんと治療すら受けていない人の割合も高い。だからこそ「気軽に相談できるクリニック」の存在は大きい。「徳井内科クリニック」の徳井幹也理事長は、患者さんが安心して通え、質の高い生活習慣病治療が受けられる環境を実現したドクターだ。

                
松尾賢二院長

松尾賢二院長松尾医院(横浜市西区、横浜駅)
横浜駅より徒歩3分ほどの高層ビルの5階にある「松尾医院」。松尾賢二院長は、東邦大学医学部の第1内科で19年間勤務し、その後実家の病院を継いだベテラン医師である。内科が専門だが、手先が器用で手術を手伝った経験もあることから、ちょっとした外科の治療もこなせるという。

                
森 壽生院長

森 壽生院長横浜相鉄ビル内科医院(横浜市西区、横浜駅)
横浜駅から徒歩5分。相鉄KSビルの入り口近くに横浜相鉄ビル医療センターと書かれた案内がある。中に入に入り、エレベーターを降りると中央には総合病院のような待合椅子が並び、眼科や歯科と並んで「横浜相鉄ビル内科医院」がある。院長は森壽生先生で、クリニックでは内科全般から先生の専門である循環器の治療を行っている。

                
田中泰彦院長

田中泰彦院長医療法人杏和会 横浜相鉄ビル歯科医院(横浜市西区、横浜駅)
昭和37年に開業した「医療法人杏和会横浜相鉄ビル歯科医院」。田中泰彦院長は、「細かな作業が得意で、人と話すことが好きな性格」だと言う。歯科医師に欠かせない素養の持ち主だ。鶴見大学歯学部入学前後に、歯科医師以外にもさまざまな仕事もやっていたことがあるという異色の経歴があり、その時に培ったコミュニケーション能力が治療の際に役立っているという。

                
野中哲雄院長

野中哲雄院長野中歯科医院(横浜市西区、高島町駅)
高島町駅、横浜駅が徒歩圏内というアクセス抜群の「野中歯科医院」。予防歯科・歯周病治療を得意とする自由診療専門の歯科クリニックである。5割以上の患者が歯周病治療のために通院。県外からも通う人も少なくないという。

                
田渕 土志夫院長

田渕 土志夫院長田渕レディスクリニック(横浜市西区、高島町駅)
高島町駅から徒歩3分。横浜駅東口からも徒歩7分と、通院に便利な「田渕レディスクリニック」。平沼一丁目の交差点に面した、ガストの入るビルの2階にある。長年、不妊治療や子宮がん・子宮筋腫の手術など、高度医療に携わってきた田渕土志夫院長がこれまでの経験を生かし開院したのは2000年。

                
成瀬隆弘院長

成瀬隆弘院長成瀬歯科クリニック(横浜市西区、高島町駅)
横浜駅へ徒歩圏内という至便さで、オフィスビル・商店街・マンションなどがひしめく西区平沼エリア。新横浜通り沿いのビル2階に、「成瀬歯科クリニック」はある。成瀬隆弘院長は、東京歯科大学大学院を修了し博士号を取得。一般歯科での研修後、アメリカや韓国の歯科大学を巡って最新歯科治療について見聞を深め、1999年に開院した。

                
三木和平院長

三木和平院長医療法人社団ラルゴ 三木メンタルクリニック(横浜市西区、横浜駅)
横浜駅東口より徒歩7分、高島町駅から徒歩2分。新横浜通り沿いのビル3階にある「三木メンタルクリニック」を訪ねた。2011年4月に現在の場所に移転。分院の「横浜ストレスケアクリニック」の機能を統合し、より良い医療を提供していきたいとの思いを込め、新たに診療をスタートさせたばかりだ。

                
市野浩三院長

市野浩三院長いちの内科クリニック(横浜市西区、横浜駅)
横浜駅から徒歩7分。交差点の角に建つビル2階に黄色い看板が見えてくる。「いちの内科クリニック」は2006年開業。一般内科はもちろん、とくに長引く咳・喘息・COPDなどの呼吸器疾患や花粉症・アトピー性皮膚炎・じんましんなどアレルギー疾患を専門に診療してくれるクリニックだ。

                
長縄智彦院長

長縄智彦院長長なわ歯科医院(横浜市西区、平沼橋駅)
平沼橋駅より徒歩3分。大通りに面した自然光あふれる「長なわ歯科医院」は、この地域に根ざして20年以上、長きにわたって町の人々の信頼を集める歯科医院だ。「童顔なので……」とくったくなく笑う院長の長縄智彦先生は、元気ハツラツという言葉が似合う、話しているだけで人の気持ちを晴れやかにしてしまう魅力あふれるドクターだ。

                
永友 章院長

永友 章院長ながともクリニック(横浜市西区、横浜駅)
COPD(慢性閉塞性肺疾患)はタバコ病とも言われ、昨年日本では1万6千人以上の方が亡くなられている。またCOPDは死亡率第三位の肺炎や癌死亡率第一位の肺癌の基礎疾患としても重要である。また近年若年者を中心とした気管支喘息の増加も見受けられる。こうした呼吸器疾患を中心に診療しているのが、横浜駅のほぼ西に位置する「ながともクリニック」。

                
中原将光院長、深作秀春理事長

中原将光院長、深作秀春理事長深作眼科(横浜市西区、横浜駅)
人を救いたい、その一心で世界トップレベルの医療をめざす「深作眼科」。横浜駅西口から徒歩10分、8階建てのビルに入院施設や眼鏡店、直営のレストランやギャラリーも備えている。白内障や網膜・硝子体、近視矯正などの外科手術で豊富な実績があり、国内外で知られた眼科医院だ。

                
高野奈都子院長

高野奈都子院長高野クリニック(横浜市西区、横浜駅)
2000年の開業以来、レーザーを中心とした先進の美容医療とアットホームな診療で人気の「高野クリニック」。昨年には、5年の歳月をかけて開発したドクターズコスメ「Dr.Natsuko」を発表し、さらなる注目を集めている。

                
萬谷直樹院長

萬谷直樹院長ベイサイドクリニック(横浜市西区、横浜駅)
長年の治療でも効果が出ない。薬の副作用に苦しんでいる----。慢性的な悩みから軽い症状の相談まで、和漢診療でケアする「ベイサイドクリニック」は、漢方薬と西洋薬の両方を活用する漢方専門外来だ。医院の核となって診療にあたる萬谷直樹院長は漢方専門医で指導医でもある。

                
水木信之院長、水木ゆき菜先生

水木信之院長、水木ゆき菜先生医療法人信和会ミズキデンタルオフィス・インプラントセンター横浜(横浜市西区、横浜駅)
「コンピューターガイド」「ナビゲーションシステム」などを活用し、高精度・低侵襲の治療を提供する「ミズキデンタルオフィス・インプラントセンター横浜」。水木信之院長は、インプラント治療のエキスパートとして精力的に活動する歯科医師だ。

                
船津 城副院長

船津 城副院長船津歯科医院(横浜市西区、西横浜駅)
相鉄線西横浜駅から徒歩約10分。古い商店街を抜けると、昭和の雰囲気が漂うレトロな佇まいの1軒の歯科医院がある。「船津歯科医院」と書かれた曇りガラス扉を開けてまず目に飛び込むのは、大きな振り子が揺れる古時計。ドアノブ、窓ガラス、椅子……。どれを見ても手入れが行き届いた暖かく懐かしい備品が、来る人の心を和ませる。

                
小柳光蔵理事長、三宅忠隆副院長、一瀬昭太副院長

小柳光蔵理事長、三宅忠隆副院長、一瀬昭太副院長鶴見歯科医院(横浜市西区、横浜駅)
横浜駅西口から徒歩8分。新横浜通り沿いにある歯科総合病院「鶴見歯科医院」は、西区に開業して70年近くの歴史を持つ。9階建てのビルのすべてが、歯科診療のためのスペース。歴史を感じさせる瀟洒な受付と待合室を経て、各フロアの診療室に案内される。スタッフは、歯科医師・歯科衛生士・歯科技工士などを合わせるとおよそ80名にのぼる。

                
吉田大輔院長

吉田大輔院長よしだ歯科クリニック(横浜市西区、平沼橋駅)
横浜駅から相鉄線で一駅。平沼橋駅前にあるタワーマンションの一階にある「よしだ歯科クリニック」。待合室には北欧家具が並び、一角にはキッズコーナーがしつらえられたアットホームな雰囲気の待合室の奥に、広々とした診察室が広がっている。

                
皆川雅彦院長

皆川雅彦院長皆川歯科クリニック(横浜市西区、戸部駅)
京浜急行・戸部駅から徒歩7分。閑静な住宅街の中に、皆川雅彦院長が開業した「皆川歯科クリニック」がある。クリニックの前身は皆川院長の祖父が戦前に開業した「皆川歯科医院」。祖父、父、そして皆川院長と、長きにわたって地域住民の歯の健康を守ってきた。

                
全田慶夫院長、全田直子副院長

全田慶夫院長、全田直子副院長スカイビル内科(横浜市西区、横浜駅)
横浜駅東口から直結するスカイビル。横浜のシンボルといえるそのビルの21階にある「スカイビル内科」は、横浜港を眼下に望む眺めのよいクリニックだ。院長の全田慶夫先生は、旧スカイビルが建設された1968年に同ビル内で開業。横浜の医療の進歩に貢献し、また、町の発展をその目で見届けてきた。

                
杉浦洋二院長

杉浦洋二院長戸部歯科医院(横浜市西区、戸部駅)
「“歯科は痛くて怖い”というイメージを払拭し、患者さんにリラックスして診療を受けていただくために最大限に努力している」と語る「戸部歯科医院」杉浦洋二院長。患者を第一に考える診療方針、確かな診療技術で地域に信頼されるドクターだ。

                
比留川守道院長、比留川裕子先生

比留川守道院長、比留川裕子先生みなとみらい歯科醫院(横浜市西区、高島町駅)
桜木町駅から新横浜通りを横浜駅方面に向かって進み徒歩8分。雪見橋交差点に面する「みなとみらい歯科醫院」は、観光施設やショッピング街、オフィス街やホテルなどを抱く横浜みなとみらい地域に隣接したデンタルクリニックだ。診療内容は、一般歯科、小児歯科、ホワイトニング、口腔外科治療と幅広く、インプラント治療にも力を入れている。

                
宇佐見敏夫院長

宇佐見敏夫院長うさみ心のクリニック(横浜市西区、横浜駅)
心身相関、心身一如。精神と身体は一つである。その言葉が自らの診療スタイルになっているのが「うさみ心のクリニック」の宇佐見敏夫院長だ。「心理カウンセラーとして長く経験を積んだ後、30代後半に大学の心理学専攻に再入学。その後、40才で医学部に学士入学して医師になったんです」という宇佐見院長。

                
山田勝久院長

山田勝久院長山田歯科医院(横浜市西区、戸部駅)
京浜急行戸部駅から徒歩で7〜8分、戸建て住宅やマンションが混在する住宅街にある「山田歯科医院」。院長の山田勝久先生は三代目、初代である祖父の時代から開業医を続けているという歴史のある歯科医院だ。

                
北條正秋院長

北條正秋院長MMデンタルクリニック(横浜市西区、みなとみらい駅)
横浜のみなとみらい地区、三菱重工横浜ビル3階にある「MMデンタルクリニック」。みなとみらい駅から徒歩3分、関内駅からも10分程度で歩ける観光やビジネスの中心的な場所だ。院内は70坪と広く、待合室・診察室も落ち着いた雰囲気。大きな窓が空間をより開放的にしている。

                
村田隆院長、村田正人先生

村田隆院長、村田正人先生村田歯科医院 / 村田歯科 横浜矯正歯科センター(横浜市西区、横浜駅)
横浜駅西口から徒歩1分のビル内にある「村田歯科医院 / 村田歯科 横浜矯正歯科センター」。横浜の中心地にあるとは思えないほどアットホームな雰囲気の歯科クリニックだ。村田隆院長は「すべてにオールマイティーでハイレベルな治療を目指し、患者さん一人ひとりにベストを尽くす」ことをモットーに診察にあたる。

保土ケ谷区

岡村啓一郎院長

岡村啓一郎院長西谷デンタルクリニック(横浜市保土ケ谷区、西谷駅)
相鉄線西谷駅南口から徒歩30秒という好立地にある「西谷デンタルクリニック」。通りに面したガラス窓には可愛らしいぬいぐるみがたくさん並び、患者たちをあたたかく出迎えてくれている。2007年2月に開院以来、0歳の子どもからお年寄りまで、幅広い層の歯の健康をサポートしてきた。

西沢 修院長

西沢 修院長星川デンタルクリニック(横浜市保土ケ谷区、星川駅)
相鉄線星川駅から徒歩1分という好立地に「星川デンタルクリニック」はある。駅前のショッピングセンター2階に位置しており、用事や買い物のついででも、立ち寄るのが便利。「歯は一生涯のもの。患者さんが、いつまでも自分の歯で噛めるように」と話す西沢修院長は、保存治療をポリシーとし、かつ痛みの少ない治療をモットーとしてきた先生だ。

松原 明院長

松原 明院長医療法人社団明仁会 松原歯科医院(横浜市保土ケ谷区、天王町駅)
情熱の赤に身を包んだ松原明院長の取材は「実は皆さんが飽きないようユニホームは7色ほどあるので、それを患者さんとの話題にも使っていますよ」と、「松原歯科医院」流おもてなしの一つだと笑う。同院は相鉄線天王町駅が最寄りで、すぐ外は洪福寺松原商店街。

山田秀一院長

山田秀一院長山田歯科クリニック(横浜市保土ケ谷区、星川駅)
かわいい女の子が不思議そうに山田秀一院長の取材風景をのぞいていた。「自宅開業でよかったのは、家族と一緒に過ごす機会が多いことかも(笑)」とその子を引き寄せ、優しいパパの顔を見せる山田院長。穏やかな空気が流れる「山田歯科クリニック」は相鉄線星川駅から徒歩5分、カフェや友人宅のような落ち着ける空間だ。

高橋智秀院長

高橋智秀院長古町橋こども歯科クリニック(横浜市保土ケ谷区、天王町駅)
歯科医師なのに、子どもたちから「ネコの先生」と呼ばれる高橋智秀院長。理由はその服装だ。「白衣は怖がる子も多いので、院内ではいつもネコのキャラクターが付いたTシャツです」と穏やかに笑う。こうした配慮が詰まった「古町橋こども歯科クリニック」は相鉄線天王町駅から徒歩5分、名前通り小児だけを診るクリニックだ。

栗林伸之院長

栗林伸之院長栗林歯科(横浜市保土ケ谷区、保土ケ谷駅)
常にグローバルな視点から歯科診療を俯瞰し、独自の道を歩んできた「栗林歯科」の栗林伸之院長。歯学部卒業後、勤務医として働きながら昭和大学医学部で学び、また開業後も横浜市立病院でも診療に携わり研鑽を積んできたタフな努力家だ。ハーバード大学留学を機に診療と研究だけでなく、歯学教育にも携わるようになった。

岸 輝樹院長

岸 輝樹院長医療法人社団 秀勇会 岸歯科診療所(横浜市保土ケ谷区、天王町駅)
相鉄線天王町駅から徒歩7分ほど。天王町商店街の一角、老舗の文具店の2階に構える『岸歯科診療所』を訪ねた。開業から30年が過ぎ、2011年には岸輝樹先生が院長に就任。父で先代院長の秀晃先生が理事長となり、新たな態勢でスタートを切った。

日高沙織院長

日高沙織院長わかばデンタルクリニック(横浜市保土ケ谷区、保土ケ谷駅)
保土ヶ谷駅からバスで6分。「わかばデンタルクリニック」は、2004年に開院した地域密着型のクリニックだ。グリーンをメインカラーにした院内は清潔感があり、アットホームな雰囲気。天井に葉っぱ模様の壁紙が貼られているのは、「治療時に上を向くことの多い患者さんがリラックスできるように」との配慮から。

山道在明院長

山道在明院長ひかり歯科医院(横浜市保土ケ谷区、保土ケ谷駅)
JR保土ヶ谷駅西口より徒歩4分ほどのところにある「ひかり歯科医院」。1999年開院当時からインプラント治療とレーザー治療を導入していた山道在明院長は、社団法人日本口腔インプラント学会の専門医の資格をもち、日本レーザー歯学会会員でもある。今まで延べ9,000人もの患者が診療に訪れ、今なお新規の患者も増え続けているという。

寺田和弘院長

寺田和弘院長てらだ歯科医院(横浜市保土ケ谷区、天王町駅)
“患者さんと二人三脚の治療”をモットーに、「何よりもコミュニケーションを重視した治療に取り組んでいます」と語る「てらだ歯科医院」寺田和弘院長。実際の治療に入る前に丁寧なカウンセリングを行い、お口に関する悩みや治療に関する不安なども細かく聞いた上で治療計画を立てる。

小倉 充院長

小倉 充院長オグラ歯科医院(横浜市保土ケ谷区、天王町駅)
患者1人の診療時間は毎回1時間ほど、初診時は痛みがなければ説明だけで終わることも珍しくない。それは「痛みや不具合を生む本当の原因を探り当て、患者さんにご説明し、理解と同意の上で治療を始めるため」と語る小倉充院長。治療方法もメリット、デメリットの両面を伝え、患者自身に選んでもらうという。

嶺岸克彦院長

嶺岸克彦院長みねぎし歯科(横浜市保土ケ谷区、天王町駅)
院内に入った途端、「こんにちは」とスタッフの明るい声で迎えられる「みねぎし歯科」。待合室には嶺岸克彦院長が力を入れている海外ボランティアの記事や、2〜3ヵ月ごとに開いている食事会、スタッフが有志で出場したマラソン大会の写真などが飾られている。

井坂文隆院長

井坂文隆院長井坂矯正歯科(横浜市保土ケ谷区、保土ケ谷駅)
JR横須賀線保土ヶ谷駅西口の目の前。駅前ビル4階にある「井坂矯正歯科」は、歯の裏側に装置を付ける、表から見えない矯正が評判の矯正専門歯科医院。大学の矯正科で学んだ後、裏側矯正のパイオニア的存在の先生のもとで5年間経験を積んだ井坂文隆院長が1998年に開業。

西郷 巌院長

西郷 巌院長保土ヶ谷駅ビル歯科(横浜市保土ケ谷区、保土ケ谷駅)
JR横須賀線の保土ヶ谷駅に直結した駅ビルの2階に「保土ヶ谷駅ビル歯科」がある。改札を抜けたすぐのところにあるので雨にも濡れずとても通いやすい場所だ。西郷巌院長は23年前に開院して以来ずっと、あらゆる年代に親しまれ、信頼され続けてきた。それは常に先進医療の研究を怠らず、インプラント治療やセレック審美治療などを意欲的に取り組んでいる結果だろう。

古田潤二郎院長

古田潤二郎院長ふるた歯科(横浜市保土ケ谷区、星川駅)
痛む歯を探すのでなく、その人のヒストリーを聞く。それが「ふるた歯科」で20年以上診療を続ける古田潤二郎院長の考えだ。同院は相鉄線星川駅から徒歩5分のイオン天王町店内にあり、幅広い年齢層の患者が訪れる。「例えばお勤めの方の場合なら、強いかみしめで顎に異常な負担が続き、歯も傷みやすくなったかもしれません。

畠山夕子院長

畠山夕子院長ゆうデンタルオフィス矯正歯科(横浜市保土ケ谷区、星川駅)
慢性的な頭痛や手のしびれなどは顎のずれが原因かもしれない。同院を訪ねる患者の中には、整形外科や脳神経外科などで原因不明といわれたケースが改善することも多いという。「当院では抜歯しない矯正治療が特徴ですが、個人的には咬合(かみ合わせ)を正しく戻すことが最終目的と考えています」と畠山夕子院長。

三須邦彦院長

三須邦彦院長三須歯科医院(横浜市保土ケ谷区、和田町駅)
横浜国立大学の最寄り駅である相鉄線和田町駅。学生たちや地域の人々でにぎわう和田町商店街に「三須歯科医院」はある。院長は親しみやすい笑顔が印象的な三須邦彦先生。子どもから高齢者まで幅広い層に人気のドクターだ。

山本一臣院長

山本一臣院長山本デンタルクリニック(横浜市保土ケ谷区、上星川駅)
相鉄線上星川駅から徒歩3分。住宅地としてどんどん開発が進行しているこの地に開業して22年の「山本デンタルクリニック」は、歯科医師と歯科衛生士、そして患者が一体となって行う、口腔内の健康を保つための予防とメンテナンス診療に力を入れている。加えて「どんなに忙しくても患者への説明はしっかり行う」と語る山本一臣院長のこだわりも特徴の一つだ。

山本達郎院長

山本達郎院長医療法人審美健康会山本歯科医院&横浜ホワイトニング・インプラントセンター(横浜市保土ケ谷区、星川駅)
相鉄線星川駅を出るとすぐ目の前の建物、星川SFビルのクリニックが集まるフロアに「山本歯科医院」はある。院長を務める山本達郎先生は、学生時代に剣道部の主将を務めた経験を持ち、「治療においても剣道で言えば段位がとれるぐらいに、皆さんに認めていただこうとアグレッシブに取り組んできました」と語る。

田中卓雄院長

田中卓雄院長サヴァイクリニック(横浜市保土ケ谷区、西谷駅)
サヴァイ(SAVAI)とはタイ語で気持ちイイの意味だと、自身も気持ちよさそうに笑う田中卓雄院長。相鉄線鶴ヶ峰駅や西谷駅などが最寄りの「サヴァイクリニック」は医院名そのものが設立コンセプトだ。「体や心に不安を抱えた人が少しでも気持ちよく過ごせるよう、院内の設備や配置を患者さんの視点から考え抜きました」と田中院長。

古川誠一院長、古川広二副院長

古川誠一院長、古川広二副院長古川医院(横浜市保土ケ谷区、上星川駅)
相鉄線上星川駅北口より徒歩10分ほどの場所にある「古川医院」。1956年開院当時から現副院長の古川広二氏が院長を務めていたが、2000年より長男の古川誠一氏が院長に就任し、今は親子二人三脚で診療にあたっている。開院以来57年間、近隣住民の健康の維持に努めてきた副院長は、86歳という高齢ながら今なお現役。

川島文雄院長

川島文雄院長かわしま歯科医院(横浜市保土ケ谷区、西谷駅)
東京都内、横浜市中区、そして現在の西谷町。1960年代から歯科医師として活躍してきた川島文雄院長は、さまざまな場所で診療経験を積み、多様な患者を診てきた。「その中でずっと力を入れてきたのは矯正歯科なんですよ」と、優しい笑顔で自らの興味と強みを語る川島院長。

鈴木元晴院長、鈴木元久先生

鈴木元晴院長、鈴木元久先生診療所スカイ(横浜市保土ケ谷区、三ツ沢上町駅)
大学病院で産婦人科診療の第一線で活躍してきた鈴木元晴院長は、がっちりとした体育会系の風貌。一方、もともと消化器外科が専門で、ユーモアにあふれたおしゃべりで楽しませてくれるのは「診療所スカイ」鈴木元久先生。対照的だが、何よりも患者を大切にする診療姿勢と、コミュニケーションを重視する診療スタイルは共通している親子ドクターだ。

宮下聡胤理事長

宮下聡胤理事長医療法人SMILE LIFEあきデンタルクリニック(横浜市保土ケ谷区、天王町駅)
天王町駅、保土ヶ谷駅からほど近い「あきデンタルクリニック」。医院が主催する「KEIKIクラブ」の子どもたちの写真が待合室や診察室に飾られ、アットホームな空間だ。理事長を務める宮下聡胤先生は、「痛いから行くのではなく、楽しいから行きたい、という歯科医院をめざしています」と笑顔を向けてくれた。

高橋 亘院長

高橋 亘院長たかはし耳鼻咽喉科(横浜市保土ケ谷区、星川駅)
相鉄本線星川駅前のビルにある「たかはし耳鼻咽喉科」は1999年開業。高橋 亘院長は「当院の特徴は、待ち時間が少ないことと、一般的な耳鼻咽喉科の治療のほかに、町のクリニックでは珍しい嗅覚外来を設けるなど、広い範囲での治療を行っていること」と話す。隣の小児科医院との連携も強く、子どもの患者が半数を占めることも特色の一つといえる。

浅井俊弥院長

浅井俊弥院長浅井皮膚科クリニック(横浜市保土ケ谷区、保土ケ谷駅)
保土ケ谷駅西口から徒歩2分、道沿いにいくつもクリニックが並ぶ便利なエリアにあるのが「浅井皮膚科クリニック」だ。笑顔が優しい浅井俊弥院長は、皮膚科の診療に加え、患者の状況やニーズに応じて適切な診療科の紹介も行っている。近隣のクリニックによる連携組織「Alliance Hodogaya(アライアンス保土ケ谷)」にも参加し、「皮膚の異常から自分の専門外の病気が懸念される場合は、ほかの専門クリニックの受診もお勧めしています」と、患者一人ひとりへの配慮も欠かさない。

横山 正院長、横山新一郎先生

横山 正院長、横山新一郎先生横山医院(横浜市保土ケ谷区、星川駅)
相鉄線・星川駅より徒歩約7分。国道16号線沿いの住宅街の一角にあるのが「横山医院」。開院から60年以上、地域の患者の健康を見守り続けてきた。2017年4月より院長を務めるのは、横山正先生。現在は父であり、先代院長の横山新一郎先生と医療を提供しており、院内はとてもアットホームな雰囲気だ。

緑区

山田俊彦院長

山田俊彦院長森の子キッズクリニック(横浜市緑区、中山駅)
「ほのぼのとした家族を見ると幸せを感じるんです」と見るからに優しげな笑顔で語る「森の子キッズクリニック」山田俊彦院長。開業前は、ハイリスクな新生児に対する迅速な対応や家族へのきめ細かな支援が求められる新生児医療に長く携わってきた。多くの新生児とその家族の笑顔と涙に出会い、単に子どもの病気を診るだけでなく家族と一緒に喜びや悲しみを共有することの大切さを学んだという。

柴田宏明院長

柴田宏明院長柴田整形外科(横浜市緑区、中山駅)
中山駅北口ターミナルの目の前に位置する柴田整形外科。クリニックモールの3階フロアすべてを利用した診療・処置室は、空間も広々として、ゆったりした気分で治療が受けられそう。上階や周辺の他科医院ともうまく連携しながら、整形外科診療にとどまらず、幅広い診察を手がける柴田宏明院長にお話を伺った。

松岡隆則院長

松岡隆則院長松岡クリニック(横浜市緑区、中山駅)
JR横浜線の中山駅北口から徒歩2分。脳神経外科、内科、を標榜する「松岡クリニック」は、開業以来26年間、地域住民の健康を守り続けている。院長の松岡先生は、脳神経外科専門医・救急科専門医として大学病院で高度な医療を実践する中で、地域医療の重要性を感じ、80年代に中山に開院。

山田みどり院長、山田 舞さん

山田みどり院長、山田 舞さんみどり助産院(横浜市緑区、中山駅)
JR横浜線「中山駅」南口より徒歩15分、車ならほんの5分ほどの距離にある「みどり助産院」は、緑豊かな住宅地にあるどこか懐かしい昔ながらの一軒家。可愛らしい看板に案内されて中へ入ると、包み込むような温かい笑顔が魅力の助産師・山田みどりさんと娘の舞さんが出迎えてくれた。

坂元健士院長

坂元健士院長ひだまり歯科医院(横浜市緑区、中山駅)
「予防を徹底して三保町から虫歯と歯周病をなくしたいと、本気で思ってます!」と力を込めて語る「ひだまり歯科医院」坂元健士院長。奈良県出身で、歯科医師を志して神奈川歯科大学へ進んだ。横浜の穏やかで品のいい土地柄が気に入り、また、自らの診療スタイルを生かして地域住民とじっくり付き合い、地域に根差したクリニックにしたいと、この緑区三保町で開院したという。

名古屋孝夫院長

名古屋孝夫院長なごや耳鼻咽喉科(横浜市緑区、長津田駅)
通勤、通学にと行きかう人々で、日中でもにぎわいを見せる長津田駅南口。駅前のビルの5階に、2006年に開業したのが「なごや耳鼻咽喉科」だ。名古屋孝夫院長は、大学病院や総合病院での勤務経験に加えて、神奈川県立こども医療センターでの勤務経験もある。開業10年目を迎え、乳幼児から高齢者まで診療でき、さらに地域にありながら先進の治療も行っている頼れる耳鼻科として、今や地元に欠かせない存在となっている。

徳山周司院長

徳山周司院長田園ひかりクリニック(横浜市緑区、長津田駅)
JR横浜線・東急田園都市線「長津田駅」より徒歩3分。2つの路線が利用可能なアクセス抜群のこの場所に「田園ひかりクリニック」はある。徳山周司院長はカウンセリングや認知行動療法などの精神療法とともに、薬物療法に力を入れている。

遠見 治院長

遠見 治院長ながつた歯科医院(横浜市緑区、長津田駅)
長津田駅から徒歩3分。大きなオレンジの看板が目立つ「ながつた歯科医院」は、今年で開業から33年目を迎える。予備校の上の2階フロアを広々と使った院内は、シンプルかつ歴史を感じさせるインテリア。その一画に、なぜか子どもの作った折り紙が飾られている。

山本知寿院長

山本知寿院長長津田矯正歯科クリニック(横浜市緑区、長津田駅)
長津田駅南口から歩いて2分ほど。どこかノスタルジックさが漂う鉄筋のビル、曇りガラスのクリニックのドアの向こうには、明るい光がこぼれている。院長の山本先生はベン・ケーシータイプの白衣の上に、ラボ・コートタイプの白衣を重ね着している。その理由をたずねると「寒がりなんです…」と照れ笑いを浮かべながら答えてくれた。

吉田保男院長

吉田保男院長よしだ健康ケアクリニック(横浜市緑区、長津田駅)
長津田駅から線路沿いの道を3分ほど歩くと、閑静な住宅街の中に「よしだ健康ケアクリニック」が見える。徒然草の作者である吉田兼好とかけたクリニック名は「皆さんに覚えやすい名前がいいかなと思って」という吉田保男院長のちょっとした遊び心が由来。何よりも健康であることが大切、との思いも込められているそう。

井内正人院長

井内正人院長いのうち内科クリニック(横浜市緑区、十日市場駅)
十日市場の「いのうち内科クリニック」を訪ねた。もともとは30年程前に別の院長が開業したクリニックだが、引退に伴って井内先生が引き継いだのは6年前のこと。当時の面影を残すような木目を生かした雰囲気が、落ち着いた気分にさせてくれる。

阿部光敏院長

阿部光敏院長みどり歯科医院(横浜市緑区、十日市場駅)
JR横浜線十日市場駅から歩いて7分ほど。十日市場中学校のそばにあるのが「みどり歯科医院」だ。「地域の人々の暮らしに溶け込む昔ながらの町の歯医者さんが理想」と話す阿部光敏院長は、少しでも近隣住民に親しみを持ってもらおうと、あえて「歯科医院」と命名したという。

吉田篤正院長

吉田篤正院長吉田医院(横浜市緑区、十日市場駅)
耳鼻咽喉科の病院の開業を求める地元住民の要望に応える形で、約30年前にJR線・十日市場駅前に開業した「吉田医院耳鼻咽喉科」。現在は開業当時から通院している高齢者から、近隣の大型団地の整備などに伴い近年移転してきた子育て世代や外国籍の人まで、幅広い層の患者が通院している。同じ病気でも、「子どもと高齢者ではその原因が大きく異なります。

白井 尚院長

白井 尚院長みどりクリニック(横浜市緑区、十日市場駅)
緑区にまだ診療所が少なく、医療機関同士の連携体制もままならなかった13年前。十日市場駅前に、泌尿器科専門医院『みどりクリニック』が開院した。以来、地域全体の課題を見つめ、泌尿器科の病診連携の立ち上げや、前立腺ガン検診・胃がん検診などの管理委員会の委員長そして横浜市医師会の常任理事として、市民の健康を守る新たなシステムづくりに力を注いできた白井尚院長。

斎藤洋子院長

斎藤洋子院長さいとうクリニック(横浜市緑区、青葉台駅)
青葉台駅からバスに乗り、緑豊かな住宅街を走ると「さいとうクリニック」がある。駅からは少し距離があるが、バス停が目の前なので特に不便は感じない。クリニックは住宅街の中の一軒家のような落ち着いた佇まいで、とてもアットホームな雰囲気だ。

成瀬いく子院長

成瀬いく子院長きりが丘眼科(横浜市緑区、十日市場駅)
都心へのアクセスや横浜方面へのアクセスも便利な場所として人気が高いJR横浜線十日市場駅。そこからバスで5分ほど走り、美しい街路樹の並木が連なる幹線道路から続く場所にあるのが、1982年にこの地に開業した「きりが丘眼科」だ。「目の疾患は緑内障、加齢黄斑変性、糖尿病など、重要な疾患ほど自覚症状が出てからではもう手遅れという場合も多い。

誉田明弘院長、誉田公代副院長

誉田明弘院長、誉田公代副院長ほんだクリニック(横浜市緑区、十日市場駅)
車いすでも楽に通れるつくりの玄関を入ると、大きな窓から陽光が差し込む広々とした待合室がある。どこか懐かしい温かな雰囲気を持つ「ほんだクリニック」は、誉田明弘院長と誉田公代副院長が夫婦で2002年に開業。地域のプライマリケアを担う存在だ。

茆原博志院長

茆原博志院長ちはら小児クリニック(横浜市緑区、十日市場駅)
緑区霧が丘、環状4号線沿いの「ちはら小児クリニック」を訪ねた。淡いピンクを基調とした広々とした院内。かわいらしいマスコットやおもちゃがところどころに置かれ、子ども達が好みそうな楽しげな雰囲気に満ちている。やさしく穏やかに話す院長の茆原博志先生は、ところどころに冗談を織り込むユーモアの持ち主。

渡部 徹院長

渡部 徹院長ワタナベ歯科医院(横浜市緑区、中山駅)
JR横浜線・横浜市営地下鉄グリーンライン「中山駅」より徒歩3分の場所にある「ワタナベ歯科医院」。渡部徹院長が開業して20年以上が経つ医院には、近隣の高齢者から若い世代の夫婦、小さな子どもまで幅広い年齢層の患者が来院している。患者一人ひとりの話をじっくり聞くことで、そのニーズをしっかりと反映した治療を提供してくれる。

芦野和博院長

芦野和博院長芦野内科クリニック(横浜市緑区、鴨居駅)
JR横浜線鴨居駅から県道沿いに歩いて10分の場所に位置する「芦野内科クリニック」。動脈硬化や糖尿病などを患う働き盛りのビジネスパーソンや高齢者が訪れる。院長は、横浜市立大学病院で循環器を診る経験を積んだ芦野和博先生。2000年に同院を開業してから15年間、平日19時までと日曜日の午前中も診察をするスタイルを続けてきた。

杉山 穣院長

杉山 穣院長わかば歯科医院(横浜市緑区、鴨居駅)
「30年この業界にいますが、こんなおもしろい歯医者さんを僕は知らないですよ」と言うのは、ふらりと普段着で立ち寄った歯科材料を扱う業者さん。なんでも「わかば歯科」には治療でもないのに子ども達が遊びに来るらしい。そういえばインタビュー中も通りから院長の杉山穣先生に子どもたちが数人手を振っていた。

加茂紘一郎院長、森 真理子先生

加茂紘一郎院長、森 真理子先生加茂皮フ科クリニック(横浜市緑区、鴨居駅)
昔ながらの団地や住宅街が並ぶ鴨居。加茂紘一郎院長が「加茂皮フ科クリニック」をこの地に開業して27年が経つ。1年半前から、加茂院長の娘である森真理子先生が勤務を開始し、現在は親子で切り盛りしている。数種類を調合した軟膏療法に力を入れ、非常に効果的な軟膏を作り出す。

八幡牧雄院長

八幡牧雄院長八幡歯科医院(横浜市緑区、鴨居駅)
1992年の開業以来、23年の長きにわたり地域の歯科医療に貢献してきた「八幡歯科医院」。2013年には高精度の新型歯科用CTを導入。どんな症状にも対応できる歯科医院をめざしており、ドリルで骨を削らない「OAMインプラント」法を新たに取り入れるなど、常に新しい知識や技術を患者に提供している。

加藤喜夫院長

加藤喜夫院長愛誠歯科(横浜市緑区、中山駅)
横浜線中山駅を降りて歩くこと5分。フランスの田舎の街に佇むベーカリーと見紛うばかりのお洒落な雰囲気の「愛誠」歯科を訪ねた。歯科とは思えない外観に道行く人が何のお店なのかと中を覗き込んで行くこともしばしばだという。院内に足を踏み入れると、愛犬のののちゃんがお出迎えをしてくれた。

池田信之院長

池田信之院長医療法人社団緑メンタルクリニック(横浜市緑区、中山駅)
精神科の医師であった父が開業したことから、同じ道を歩んだ「緑メンタルクリニック」池田信之院長。大学病院や基幹病院の精神科で診療に携わり、特に摂食障害やパニック障害に関して研鑚を積んだという。父の医院を継承するかたちで開業し、2008年には今の場所に移転して「緑メンタルクリニック」としてスタート。

阿部 聡院長

阿部 聡院長中山北口眼科(横浜市緑区、中山駅)
2002年9月に開業した「中山北口眼科」。院長の阿部聡先生は開業以来地域に根差した診療を心がけてきた。「それぞれの患者さんとの付き合いが長くなることが多いですので、目だけでなくその方のキャラクターも含めて診るように努めています。」とにこやかに語る阿部先生。

伊奈靖浩院長

伊奈靖浩院長伊奈歯科医院(横浜市緑区、中山駅)
中山駅北口を出るとすぐ目の前に構えるビルの5階「伊奈歯科医院」を訪ねた。院長の伊奈靖浩先生は、穏やかな人柄と30年以上の豊富な診療経験を有するベテラン歯科医師。長きに渡り、公衆衛生事業に尽力し、子どもたちの虫歯治療に携わってきた経験から、予防の重要性を熱心に説く。

南区

八ッ橋孝彰院長

八ッ橋孝彰院長八ッ橋歯科医院(横浜市南区、吉野町駅)
横浜市営地下鉄ブルーラインの吉野町駅下車徒歩1分、京浜急行電鉄南太田駅から徒歩10分。交通の便に恵まれた場所に「八ッ橋歯科医院」 がある。専用のエレベーターを使って、天井までの広い窓から明るい日差しが差し込む院内へ。

青山 繁院長

青山 繁院長青山歯科医院(横浜市南区、黄金町駅)
京急線黄金町駅からわずか徒歩1分。街並みの中に佇む「青山歯科医院」。いかにも病院といった堅苦しさや緊張感はまったくなく、まるで誰かの家に遊びに来たようなアットホームな雰囲気のクリニックだ。そんなクリニックの雰囲気と同じく、親しみやすい笑顔が印象的な青山院長は、補綴学会リストにも名を連ねる補綴治療の専門医。

西野一紘院長

西野一紘院長西野歯科医院(横浜市南区、蒔田駅)
「何よりも大切なのは患者さんの希望や悩みをくみ取ることだと考えています」と語る「西野歯科医院」西野一紘院長。50年近くこの地で開業し、地域住民の口腔内の健康向上に貢献してきた。神奈川県歯科医師会でも長らく役職を務め、数々の表彰や叙勲を受けた歯科医療界の重鎮だ。

松原ひろみ院長

松原ひろみ院長医療法人社団明仁会松原歯科クリニック(横浜市南区、蒔田駅)
横浜市営地下鉄蒔田駅近くのビル3階、目立つ看板もなしに患者が次々に訪れ、20年近く診療を続ける「松原歯科クリニック」。「クチコミでのご紹介も多いですし、患者さん一人ひとりとじっくり向き合う診療スタイルと合っていました」と松原ひろみ院長は言う。頼りがいあるハキハキした語り口は、どの年代も安心して受診できそうだ。

坂井秀夫院長

坂井秀夫院長坂井歯科医院(横浜市南区、吉野町駅)
横浜市営地下鉄吉野町駅から徒歩約3分の「坂井歯科医院」。坂井秀夫院長は、患者一人ひとりを身内と思って治療にあたっているという。診療時間外も病院の電話が坂井院長の携帯に転送されるため、緊急時も安心だ。患者を身内と思えばこそ、緊急性があれば、大晦日や元旦でも治療してくれるのだろう。

田仲洋之院長

田仲洋之院長たなか歯科クリニック(横浜市南区、弘明寺駅)
弘明寺駅、東戸塚駅のちょうど中間にあるマルエツ内に「たなか歯科クリニック」はある。2000年に田仲洋之院長が開院して以来、歯科医院を子どもが怖がらないように、手法や治療器具などに工夫を凝らし、地域医療に貢献している。

天田 力院長

天田 力院長あまだ歯科医院(横浜市南区、上大岡駅)
重い病気の人との出会いをきっかけに、医療に関心を持ち歯科医師を志したという「あまだ歯科医院」天田力院長。摂食嚥下障害歯科診療相談医、在宅療養連携医、糖尿病医科歯科連携登録医などの資格を持ち、障害者歯科学会や嚥下リハビリテーション学会でも研鑽を積み、困難を伴う症例にも積極的に対応する。

瀧 俊之院長

瀧 俊之院長向田橋たき歯科医院(横浜市南区、上大岡駅)
2002年に開業した「向田橋たき歯科医院」は、近年の再開発で賑わう京浜急行線・上大岡駅から徒歩10分。横浜市営地下鉄・弘明寺駅からも徒歩圏内という便利なロケーションが魅力的。白を基調とした広々とした院内は、まるでサロンのように明るく洗練された空間に仕上がっている。

西山耕一郎院長

西山耕一郎院長医療法人社団西山耳鼻咽喉科医院(横浜市南区、弘明寺駅)
横浜市南区の中心を流れる大岡川沿いに位置する「西山耳鼻咽喉科医院」。「50年前に消化器外科医の父と、耳鼻咽喉科医の母が開業したのが始まりです」とクリニックの歴史を語るのは、現院長の西山耕一郎先生だ。現在は、1階は義兄と、西山先生の父が診療する「西山胃腸循環器外科医院」、2階は西山先生の耳鼻咽喉科医院というスタイルで診療を続けている。

出井教雄院長

出井教雄院長いでい耳鼻咽喉科医院(横浜市南区、弘明寺駅)
弘明寺かんのん通り商店街の中ほどにある「いでい耳鼻咽喉科医院」。近隣住民のみならず、県内各地や東京都内からも患者が訪れる人気のクリニック。そのため、40人ほどが座れる空間を確保し、入り口から受付までの間にもゆったりとしたスペースが設けられている。院長の出井教雄先生は総合病院で豊富な診療経験を積んできたベテランドクター。

川崎 章院長

川崎 章院長川崎整形外科(横浜市南区、井土ヶ谷駅)
「何か偉そうに見えてしまうから、今まで取材なんて受けたことない」としきりと謙遜されるのは「川崎整形外科」の院長、川崎章先生。井土ヶ谷で信頼を集める整形外科医である川崎院長は、終始笑顔で「自分流」を語ってくださったが、どの言葉にも相手を思いやる温かい配慮があふれている。

西連寺完茂院長

西連寺完茂院長西山胃腸・循環器・外科医院(横浜市南区、弘明寺駅)
横浜市営地下鉄の弘明寺駅から徒歩8分の場所にある「西山胃腸・循環器・外科医院」は、大通りに面しているため交通の便が良く、駐車スペースもたっぷりとあって地域の患者が車で来やすいよう配慮されたつくりになっている。院長の西連寺完茂先生は循環器科を担当しているが、家庭医として総合的に診る心構えを持って診療にあたっているとのこと。

佐々木隆敏院長

佐々木隆敏院長六ツ川眼科医院(横浜市南区、弘明寺駅)
弘明寺、東戸塚、横浜など主要各駅からのバス停目の前にある「六ツ川眼科医院」。近隣住民には馴染みの深い、地域の診療所である。院長の佐々木隆敏先生は、横浜市立大学で目の感染と免疫をテーマに研究を重ねてきたドクターだ。

川田和子院長

川田和子院長川田医院(横浜市南区、井土ヶ谷駅)
「医師として母親として生かされているのだからと思って、一生懸命に取り組んできただけなんですよ」とにこやかに語る「川田医院」川田和子院長。太平洋戦争直前に生まれ、疎開生活や終戦など激動の時代を経て医学の道へ進み、子育てと両立しながら半世紀以上診療に携わってきた、まさに女性開業医の草分け的な存在だ。

三島 渉院長

三島 渉院長医療法人社団ファミリーメディカル上六ッ川内科クリニック(横浜市南区、弘明寺駅)
京浜急行本線弘明寺駅よりバスで3分ほどの場所にある「上六ッ川内科クリニック」。横浜市だけでなく、県外からも患者が多く訪れるため予約制となっており、診療時間外にも電話が鳴り、受付スタッフが応対している。三島渉院長は、喘息やCOPD(慢性気管支炎、肺気腫)のスペシャリスト。

児島瑞夫院長

児島瑞夫院長児島医院(横浜市南区、吉野町駅)
横浜市営地下鉄吉野町駅から徒歩1分足らず。国道16号線に面した建物と建物の間の路地を入ったところにある「児島医院」は、1979年開業の昔ながらの町のかかりつけ医だ。院長の児島瑞夫先生は、外科の小手術から大腸ガンの検査まで、一人で何役もこなし、とても80歳過ぎにはみえない好奇心に満ちた明るい笑顔が印象的なドクターだ。

林 毅院長

林 毅院長はやし整形外科(横浜市南区、阪東橋駅)
ブルーライン阪東橋駅4番出口から徒歩4分。横浜市立大学市民総合医療センターのほど近くに建つビルの2階に「はやし整形外科」はある。明るく穏やかなデザインの待合室が心を落ち着けてくれる。診療室は数々のリハビリテーション機器が並んでいるが、広さもあり開放的で、大きくとられた窓からは陽光が差し込んでいる。

東都千春院長

東都千春院長あずま医院(横浜市南区、南太田駅)
京浜急行線・南太田の駅の改札を出て、昔ながらの風情を残す商店街を抜けた一角にある「あずま医院」は、この地に開業してからすでに60年近くになる。「東日本大震災直後、節電に協力するために看板を照らす照明を消したんです。

籾山信義院長

籾山信義院長もみやまクリニック(横浜市南区、阪東橋駅)
横浜市南区に開業して5年目になる「もみやまクリニック」を訪れた。明るくて気さくな雰囲気の籾山信義院長は、乳腺外科のスペシャリストだ。長年に渡り、研究と臨床の両視点からがんという奥深いテーマに取り組んでいる。





病院・クリニック、医者を探すならドクターズ・ファイル
ドクターズ・ファイルは、全国の病院・クリニック、医者の総合情報サイト! 頼れる病院・クリニック、医者を独自取材! 診療科目、行政区、沿線・駅、診療時間、症状、病名、検査内容、特徴といったさまざまなこだわり条件からあなたがお探しの病院・クリニック、医者情報を探すことができます。 病院の基本情報だけでなく、先生に関する情報(診療方針や得意な治療・検診など)も紹介。

Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
ドクターズ・ファイル特集

地域特集 横浜市

横浜地域に根ざした病院・クリニック(内科、歯科など)特集

特集 在宅医療

在宅医療という選択肢を考えよう!訪問診療と往診の違いなど

特集 生活習慣病基礎知識

生活習慣病の基礎知識。年齢に関わらず予防やチェックが必要

婦人科特集

乳癌・子宮頸癌など婦人科系疾患の基礎知識

アレルギー特集

アレルギー症状(アトピー性皮膚炎など)の検査・原因を知る

外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Shinnaka after
Yokohama after
Shonan after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細