ドクターズファイル特集
所沢第一病院

(公開日2016年12月7日)

アットホームな雰囲気で 「患者のための医療」を 全員が追求

昭和60年、現理事長の「地域に本当に必要な病院を」という願いをもとに建てられた『所沢第一病院』。急性期・慢性期医療を中心に療養病棟を併設。多彩な診療科をそろえて幅広いニーズに応えている。「医療、看護、介護、健診などによる疾病予防の4つを柱に、患者さんが安心して体を預けられる病院でありたい」と話すのは、糸川牧夫院長。平成27年にはサービス付き高齢者住宅「所沢ライフステーション華」、訪問介護事業所「ヘルパーステーションフラワー」を開設し、地域に一貫した医療を提供する体制を整えた。外来透析から入院透析まで対応可能な人工透析施設「所沢腎クリニック」も併設しており、別の疾患の治療と並行して透析を行う患者にとっての利便性も高い。

特徴
1オーダーメイドの治療ができる 整形外科をはじめ 幅広い疾患に対応
2オンラインHDFの完備された透析クリニックと連携
3サービス付き高齢者向け住宅が隣接
4医療スタッフが親しみやすく気軽に受診できる雰囲気

整形外科 リハビリテーション科人工関節、関節鏡手術が得意分野
オーダーメイドの治療に定評あり

骨折・腰痛・関節痛をはじめ、スポーツ外傷など整形外科一般を広く扱う整形外科。特に人工関節手術・関節鏡手術の技術は高く、患者の負担が少ない前側方からのアプローチによる人工股関節全置換術にも注力。幅広い選択肢から一人ひとりに合わせた適切な提案を心がけており、「整形外科ならまずは所沢第一病院へ」という患者も多い。

糸川 牧夫 院長

糸川 牧夫院長

日本大学医学部卒業。国立病院機構災害医療センター、埼玉県立小児医療センター、医療法人社団青葉会一橋病院を経て同病院へ。日本整形外科学会認定整形外科専門医。

脱臼しにくく侵襲も少ない人工股関節全置換術を提供し患者の負担軽減に努める

若年層から高齢者までそれぞれの症状と希望に合わせたオーダーメイドの治療に定評がある整形外科。糸川牧夫院長のもと、技術の底上げを図り、より多くの症例に対して多様な選択肢を示せるようになった。これまで遠方の病院へ通わざるを得なかった難易度の高い症例にも対応できるようになったことは、地域住民にとって一番のメリットだろう。
得意分野は人工関節手術・関節鏡手術。糸川院長は、筋肉を切らずに行う前側方アプローチによる人工股関節全置換術の経験が豊富で、大腿骨頸部骨折を含めたほとんどの症例を前側方からのアプローチで行う。これによって従来の懸念事項だった脱臼が起こりにくくなり、痛みが軽減されて術後の動作制限も少なくなるなど、患者の負担が大幅に軽減された。
先進的な治療を提供する体制を整えつつも、アットホームな雰囲気に変わりはなく、セカンドオピニオンを求められるケースも多いという。糸川院長自身、学生時代にスポーツに親しみ、現在もアメリカンフットボールのチームドクターを務めていることから、スポーツ外傷に対しては「スポーツができない苦しみ」に寄り添って具体的な治療方針と全体の見通しを示し、「復帰までにできること」をともに模索。病気やけがだけでなく、退院後の生活やメンタルケアにもこまやかに気を配った医療が特徴だ。

▲手術室。高い技術で人工関節手術・関節鏡手術を提供する

▲人工膝関節。患者に合わせて治療を行う

TOPICS リハビリテーション科

▲大きな窓と明るく広い清潔感のあるリハビリ室

専門のスタッフによる
総合的かつ多角的なリハビリが可能

同病院で手術をした人のリハビリはもちろん、他院で急性期医療や手術を終えた人にも対応。大学病院などで手術を受け、その後のリハビリに困っているという人は多く、その受け皿としても重要な役割を果たしている。理学療法士、言語聴覚士、作業療法士といった専門職もそろい、総合的かつ多角的なリハビリが可能。患者が疑問を持ったままリハビリが進むことのないよう、常に患者との対話を重視している。

内科

▲「総合的かつ専門的に診断し適切な診療科を案内する」と話す横井陽子先生

漠然とした不調も総合的に診療し
適切な診療科を紹介

内科は主治医制で、患者との距離が近くアットホームな雰囲気だ。それぞれ専門が異なる医師同士の連携もスムーズで、多様な病気を正確に診断できる。高齢の患者が多い同病院では、メインで受診した診療科以外の疾患を複合的に抱えているケースが多い。漠然とした不調を感じている場合にスクリーニング目的で受診する人も少なくないため、初診時には総合内科的な視点で患者の全身を診ることと、しかるべき診療科へ適切に送ることを重視している。より専門的な治療が必要であれば、大学病院などへの紹介も可能。

外科

▲「医師同士の関係がフランクで、互いに相談しやすいのも利点」と話す白石良伸先生

急性期から終末期まで、患者の人格を尊重し誠実に向き合い続ける

急性腹症や腸閉塞などを中心に外科全般を診る。病気の早期発見と的確な診断のため、内視鏡および超音波検査には先進的な機器を導入。検査や健診で病気が見つかれば、ワンストップで手術や治療まで担うか、より専門的な医療機関を紹介するかを迅速に判断して早期治療につなげている。一方、がんの終末期を診る場合には、できるだけ穏やかに毎日を過ごしてもらえるよう、一人ひとりの人格を尊重してじっくり話を聞く時間を大切にしているそうだ。今後はそけいヘルニアの手術に注力し、積極的に患者を受け入れていく。

看護部

▲安心・安全を大前提に、優しい看護・介護を追求している

原点は「笑顔と優しさ」 常に愛ある看護を

急性期病棟、慢性期病棟に加え療養病棟を有する同病院では、看護部に求められる役割も幅広い。多様化する業務の中、「どの場面でも共通して求められるのは『人間性』であり、そこから生まれる笑顔と優しさこそ医療の原点です」と野平茂子看護部長は話す。いつも笑顔で、進んであいさつをする看護師の姿に励まされる患者は多い。看取りの際のエンゼルメイクという化粧の処置も「退院までが看護であり、最期まで愛をもって送り出すべき」という考えに基づいて行われており、看護師全員が院内研修や院外研修に参加して学んでいる。

健診部門

▲健診時は受付から帰宅までスタッフがエスコートする

20人から受診可能な出張健診をはじめ
多彩なコースがそろう

医療・看護・介護・疾病予防を4つの柱として掲げる同病院では、健康診断と人間ドックを積極的に行っている。全国健康保険協会の生活習慣病予防健診、個人健康診断、日帰り人間ドック、企業健康診断、出張健康診断を実施しており、2016年度から義務化されたストレスチェックや、一般的な検査のほか乳がん検診、婦人科検診、内視鏡検査などニーズの高い検査はほぼ網羅している。有機溶剤健診やじん肺健診、石綿健診といった特殊な検査も可能だ。社員数20人から受診できる企業向け出張健診は、中小企業を中心に都内近郊からの希望も多い。

所沢腎クリニック外来透析から入院透析まで
患者のあらゆるニーズに応える

透析ベッド55床を有する所沢腎クリニック。22時までの夜間透析のほか入院も可能で、透析患者とその家族のあらゆるニーズに対応。所沢第一病院とは開院当初から長く連携しているので、複合疾患を持つ患者も安心だ。院内は明るく活気に満ちており、患者が前向きに治療に取り組める環境が整う。

▲所沢第一病院に隣接。駅からは透析患者を対象に無料送迎サービスも行う

▲院長の長浦博先生。開院以来、常に透析患者の立場に立った治療を心がけ、心のこもった医療をめざす

▲55床あるすべてのベッドにオンラインHDFの透析装置が完備

体に優しく適応の幅が広いオンラインHDFを導入
55床すべてで対応可能

所沢第一病院に隣接している所沢腎クリニック。院内は、患者の動きやすさを重視した広々とした造りで、55床あるベッドとベッドの間には車いすやストレッチャーが無理なく通れるだけのスペースが確保されている。部屋には大きな窓を通して外の光が差し込む上、医療スタッフの対応もにこやかで明るく、その真摯な診療姿勢と相まって非常に居心地の良い空間だ。「外来の患者さんとは週に3日は顔を合わせますし、長期的に入院している患者さんともなればほとんど家族のようなものです。どの患者さんにも最善の治療を提供できるよう、常に考えています」と話すのは、院長の長浦博先生。最近では、血液をろ過する量を増やすことによって除去したい物質をより多く取り除くことができるオンラインHDFを、すべての透析装置で対応可能にした。これにより、患者の負担を軽減し、長期的な透析で起こりやすい合併症を未然に防げるほか、従来の透析が不適応だった人も適応となる可能性が高いという。
さらに、19床ある入院病床では、患者の家族が旅行に行きたいときや少し休みたいときに気軽に利用できる短期入院から、合併症などで自宅での生活が難しい患者の長期入院まで対応。患者だけでなくその家族まで支える心強い存在として、地域医療の一端を担っている。

概要 医療法人社団 和栄会 所沢腎クリニック

TEL04-2945-6600

住所所沢市下安松1564-1

交通アクセス ・JR武蔵野線「東所沢駅」よりバス「所沢駅行き」利用 「安松バス停」下車徒歩2分
・西武池袋線・新宿線「所沢駅」よりバス「永井循環」「清瀬駅行」「志木駅南口行」のいずれか利用「安松バス停」下車徒歩2分

駐車場

受付時間 午前/ 9:00〜12:00
午後/14:00〜16:30

透析入室時間 午前/ 8:40〜10:30
午後/14:00〜17:30

休診日は、診療科によって異なる場合があります。
詳しくはお問合せください。

所沢ライフステーション 華病院隣接で医師にすぐ相談できる
サービス付き高齢者向け住宅

超高齢社会を迎え、高齢の単身世帯や夫婦のみの世帯が急増している。新たな受け皿として期待されているのがサービス付き高齢者向け住宅だ。所沢第一病院、所沢腎クリニックに隣接する所沢ライフステーション華は、身近に医療がある安心感が好評。外来診療のサポートがあるので、介護度が重い人も入居が可能だ。

▲隣接する所沢第一病院と、所沢腎クリニックが外来診療でサポートしている

▲居室には、それぞれトイレも完備しプライバシーを重視

▲ブリの解体ショーなど定期的にイベントも開催

▲広くてきれいな大浴場は、ゆったりとくつろげる

外来診療によるサポートで
重度障害や神経難病にも対応
透析は部屋まで送迎もあり

サービス付き高齢者向け住宅は、あくまで「高齢者向け賃貸住宅」であり、特別養護老人ホームのような「施設」ではない。従って、元気なうちからの将来を見据えての入居はもちろん、介護度の軽い人も受け入れてくれるのが特徴だ。入浴や排泄、食事の介助といった日常的な生活の介助がない代わりにケアの専門家による安否確認や生活相談があり、最低限の安心と安全を確保しつつ自由度の高い生活を送ることができる。しかし一方で、介護度が重い人は入居が難しく、入居後に介護度が高くなった場合には転居もやむを得ないという課題があった。
所沢第一病院、所沢腎クリニックに隣接して建てられた所沢ライフステーション華は、医療を身近に置くことでこうした課題を解決し、安心して暮らし続けられる環境を実現。両院の外来診療やデイサービスによるサポートで、脳卒中やALS(筋萎縮性側索硬化症)といった神経難病の人も受け入れも可能だ。透析を必要とする人には部屋まで送迎がある上、帰宅から時間を空けて再度スタッフが様子を見に来るなど、手厚くフォローしている。
居室には一人部屋と二人部屋があり、家具の持ち込みや部屋のレイアウトは自由。プライバシーを重視した造りだが、各フロアには広々としたリビングがあり、友人や家族と一緒に食事を取る人も多い。季節のイベントなど、入居者同士の交流の場も設けられている。

概要 医療法人社団 秀栄会 所沢ライフステーション 華

TEL04-2968-5730

住所所沢市下安松1521-1

交通アクセス ・JR武蔵野線「東所沢駅」よりバス「所沢駅行き」利用
 「安松バス停」下車徒歩2分
・西武池袋線・新宿線「所沢駅」より
 バス「東所沢駅行」「清瀬駅北口行」
 「志木駅南口行」のいずれか利用「安松バス停」下車徒歩2分

駐車場

受付時間 月〜金/9:00〜17:00
土 /9:00〜12:00

トピックス

所沢第一病院が掲げる4本柱「医療・看護・介護・疾病予防」。そのうち「介護」の部分を支えるのがデイサービスと訪問診療だ。地域のニーズを丁寧にくみ取った介護で、「選ばれる医院」をめざしている。

訪問診療

▲「自分の居場所」にいることが人を元気にすると話す村藤先生

自宅にいたいと願う患者と家族に
求められる医療と安らぎを

2015年、サービス付き高齢者住宅と並行してスタートした訪問診療。長野県の診療所で長年にわたって訪問診療を手がけてきた村藤裕子先生を迎え、地域に求められる訪問診療の形を模索している段階だ。「具合が悪くても入院はしたくない、最期まで自分の家で過ごしたいという方をこれまでたくさん診てきました。患者さんが自分らしくいられる場所に居続けるための手段として、また本人とそのご家族が少しでも楽に過ごすためのよりどころとして、訪問診療を活用していただきたいと思います」と村藤先生は話す。今後は、同病院を退院後、何らかの理由で通院が困難な患者宅への訪問診療を足がかりに、往診を行う開業医との連携を視野に入れているという。

デイサービス

▲人気企画のブドウ狩り

より良く生きたいと願う人の
生活の質を向上させ生きがいを提供

同病院のデイサービスがスタートしたのは2000年。通所する利用者がすべて所沢市在住の地域密着型デイサービスだ。要支援、要介護と認定された利用者にとって、病院に併設された施設でサービスが受けられるというのは大きな安心材料になる。1日を通じて日常生活のサポートや入浴や排泄、食事の介護を行うとともに、さまざまな機能訓練を通じて身体機能の維持・向上を図っている。通所する利用者の「より良く生きたい」「いつまでも人生を楽しみたい」という気持ちが自立に結びつくよう、レクリエーションやイベントにも工夫を凝らす。月に1回の「手作りおやつ」や、花見やブドウ狩りといった季節に合わせた外出が好評だ。

病院情報

受診について

整形外科・内科・外科の外来受付は
月曜から金曜の午前9:00〜12:45、午後14:00〜17:15(外科は金曜午後休診)。
土曜も午前中は診療を行っている。他科は事前にホームページや電話で確認を。
※24時間救急体制
 夜間は電話(04-2944-5800)にて診療科目を確認の上で受診。
※乳腺外科の外来は予約制

健康診断のお申込み

健康診断のお申込み・お問合せは所沢第一病院健診部まで

TEL:04-2944-5800
  • □全国健康保険協会(協会けんぽ)
      生活習慣病予防健康診断
  • □個人健康診断
  • □健康保険組合
      日帰り人間ドック
  • □企業健康診断/出張健康診断

診療科目

  • □整形外科
  • □内科
  • □外科
  • □皮膚科
  • □婦人科
  • □乳腺外科
  • □精神科
  • □リハビリテーション科

病床数:199(一般病棟59、療養病棟140)

医療法人社団 秀栄会 所沢第一病院

TEL
04-2944-5800

住所
埼玉県所沢市下安松1559-1

駐車場

休診日
日/祝

URL
http://www.tokoichi.com/


病院・クリニック、医者を探すならドクターズ・ファイル
ドクターズ・ファイルは、全国の病院・クリニック、医者の総合情報サイト! 頼れる病院・クリニック、医者を独自取材! 診療科目、行政区、沿線・駅、診療時間、症状、病名、検査内容、特徴といったさまざまなこだわり条件からあなたがお探しの病院・クリニック、医者情報を探すことができます。 病院の基本情報だけでなく、先生に関する情報(診療方針や得意な治療・検診など)も紹介。

Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
ドクターズ・ファイル特集

地域特集 イベント

ドクターズ・ファイルカップ2016開催報告

特集 助産所・助産師

助産所・助産師を知ろう(出産施設、産前産後 ケア拠点)

外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Dento a1
Toshima a1
Taito a1
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細