医療法人恵秀会 奥平産婦人科

弘末 卓也 副院長、弘末 さやか 先生の独自取材記事

奥平産婦人科

(狭山市/新狭山駅)

最終更新日:2020/04/01

56940

西武新宿線・新狭山駅徒歩7分。北口商店街をまっすぐ進み、国道16号線を渡ると、民家や畑の緑が広がる。そんなのどかな住宅地に佇む「医療法人恵秀会 奥平(おくだいら)産婦人科」は1974年に理事長・院長の奥平陸男先生が開業。以来40年以上にわたり、地域に密着した医院として多くの新しい命の誕生に関わってきた。現在は弘末卓也副院長と、院長の娘である弘末さやか先生、夫婦2人が中心となって診療にあたっている。それぞれ、複数の大規模病院に勤め、周産期母子医療センターに勤務するなど、経験も豊富。オルゴールの音色がやさしく流れる院内で、診療への思いや地域の魅力を語ってもらった。
(取材日2016年11月30日)

クチコミが多く、親子2代・3代での出産も

開業されて40年以上、とても歴史のある医院なのですね。

1

【さやか先生】1974年に、理事長で私の父である奥平陸男院長が開業しました。現在は、副院長である夫(弘末卓也先生)と私の2人が中心となって診療しています。
【卓也先生】私と妻はそれぞれ違う大学を1997年に卒業したのですが、同じ日本医科大学産婦人科学教室に入局し、研修医として2年間ともに学びました。同期として、性格や医療に対する姿勢もよくわかっていたので、一緒に仕事をするのも違和感はなかったですね。隣に自宅があるのですが、いつ呼ばれてもいいように夜寝る時以外はずっと診療着を着ています。子どもが絵を描くと、いつも私は青い服を着ているんですよ(笑)。

先生方は複数の大きな病院を経験されてきましたが、勤務医時代と違うのはどんなところですか?

【卓也先生】患者さんとの距離が近くていいですね。私がここで診療を始めたのは2006年ですが、スーパーで気軽に声をかけてくれたり、採れた野菜を玄関にポンと置いてくれたり。昔からの知り合いみたいに接してくれます。日々の仕事は自分が頑張れば返ってきますから、責任は重いですがやりがいがあります。家に居る時間は今の方が長いですし、子どもと毎日一緒に過ごせるのはうれしいですね。小3の長女と小1の双子の男子でにぎやかです。この辺りはのどかで自然が多く子育てにとても良い環境です。
【さやか先生】当院はクチコミの患者さんが多く、ここで出産した方がおばあちゃんになって娘さんやお孫さんを連れていらしたり「私もここで生まれたんです」「主人がここで生まれたんです」と言われることが、とてもうれしいですね。父が開業して40年以上たち、地域に長く根差してきた積み重ねを強く感じますし、何物にも代えがたい財産ですね。

産科を中心に診療されていますが、特徴や心がけていることなど教えてください。

2

【卓也先生】とにかく安全第一、「責任を持って診るので任せてください」と、そんな思いで診療にあたっています。それができないケースは高次施設に紹介します。安全が脅かされないよう、見極めを正確に速やかに行うことが大切で、2人とも周産期母子医療センターでの勤務経験もあるので適切な対応を心がけています。
【さやか先生】妊婦さんは10~40代まで幅広く、生活スタイルもさまざまで、赤ちゃんのおばあちゃんが私より年下という方もいます。みなさんそれぞれ、うれしさと同時に不安なこともあると思うので、入院中はとにかく安心して快適に過ごしていただけるよう気を配っています。そして産後も一人じゃないということを伝えています。

産前・産後の不安を取り除く手伝いも大切に

産後のサポートにも力を入れているのですね。

3

【卓也先生】当院は、この規模のクリニックとしては助産師がたくさんおり、産後のことも気にかけ相談に乗っていますので、退院して周りに頼る人がいなくても心配ありません。看護スタッフは20~50代と幅広い年齢で、10年、20年と勤めている人もおり、とても頼れる存在です。
【さやか先生】当院は退院後の授乳トラブルが少ないのですが、母乳・育児相談(要予約・有料)の日も設けており、退院後の授乳や育児で不安なこと、ご自身の体調・ストレスなど何でもゆっくり相談していただけます。地域の産後ケアも支援体制が充実していて、お母さん同士の交流の場もありますから、それらをうまく活用するのも良いと思います。

入院中のお食事にもこだわっているとお聞きしました。

【さやか先生】産地と季節感にこだわった食材を取り入れ、素朴だけれどちょっと手の込んだ温かみのある家庭料理をお出ししています。季節ごとにテーマを決め、スタッフ会議を行っていて、今はスムージーを出そうという話をしています。赤ちゃんのお世話の合間にほっとしていただきたいと、ティータイムに手作りおやつとノンカフェインのお茶も用意しています。

お産に関する教室が開かれていて、とても充実していますね。

4

【卓也先生】マタニティクラスでは、普段の妊婦健診ではわからない病棟の雰囲気や、入院・分娩時の流れを知っていただきたいと思います。受講は希望者のみですが、立ち合い分娩希望の場合は夫婦での参加をお願いしています。ご主人もお産の時に初めて来るのではなく、どんな雰囲気の所なのか見ておくと安心です。
【さやか先生】さらに、マタニティ・ヨガは、専門的に学んだ助産師が少人数で行っていますが、ヨガそのものより、話をしながら自分の体をよく知ってお産に臨んでほしいというのが大きいですね。私たち医院のスタッフはお産をサポートする立場。自分が主体的に産むという認識をしっかり持つことで、後々の育児も違ってきます。他には乳房クラス、離乳食クラスがあります。いずれも参加者同士で友達になる機会にもなっており、交流が広がっているようです。

地域に根差した医院として安全第一の診療に努める

先ほど、研修医時代からお互いの性格をご存知というお話がありましたが?

5

【卓也先生】性格は違いますね。妻は慎重で危機管理能力が優れている、親譲りなのかなと感じますね。僕はマイペースで淡々としている方です。自分では気を使っているつもりなんですが、妻からは鈍感力がすごいと言われます(笑)。
【さやか先生】最初はそういう夫にイライラしたのですが(笑)、そういう部分が患者さんの信頼を得ているのだとわかりました。私はプライベートでは大雑把ですが、仕事に関しては細かく、先回りして考え過ぎたり患者さんのことで一喜一憂するところもあり、父に「毎日淡々と粛々とやっていきなさい」と言われたことがあるのですが、夫はそれができていると思いますね。冷静で穏やか、とてもポジティブです。一緒に診療していて尊敬していますし、頼りになります。相手の背景を知っているというのも、正確さが求められる診療を行う上でとても大切。お互いが医師として高め合い患者さんを全面的にサポートしていきたいです。

お忙しい毎日、リフレッシュ法などはあるのでしょうか?

【卓也先生】お産はいつあるかわからないので、24時間待機状態です。休診日も家にいたり、出かけるなら近場でとなります。最近は、家では手持ちのCDの曲を詰め込んだものをシャッフルして聴くのが、オンオフの切り替えになっているかもしれません。昔の曲ばかりですがジャズの次に歌謡曲が流れたり、何がかかるのかわからないのが楽しいですね。
【さやか先生】家族全員マイペースで、夕方私が料理中、娘が楽器を弾いている横で、長男が服も着ずに宿題を広げ、二男は床で工作をしたり。子どもたちそれぞれ、勝手に好きな場所で好きなことに没頭していて面白いです。ほのぼのした心地良いひとときですね。夫はどこでもすぐ寝られるのが特技。急なお産、夜間のお産にも万全の体調で臨まなければなりませんから、家では寝て体を休めていることも多いですね。

今後の展望を教えてください。

6

【卓也先生】私は、人の幸せな場面に立ち会えることに魅力を感じて産婦人科の医師になりました。この地域で、一人でも多くの患者さんを笑顔にできたらうれしいですね。そのためにも、安心してお産や診療に臨んでいただけるように、しっかり安全に責任を持ちたいと考えています。これからも変わらず、安全第一に診療にあたっていきたいです。
【さやか先生】私が子どもの頃、父は急な呼び出しにも大変そうな顔をすることなく、生き生きした表情で出かけて行きました。そんな父を誇りに思っていましたし、これからも地域に根差した医院として、当たり前のことを当たり前に、今まで通りしっかりやっていくことを、一番大事にしていきたいです。



Access
ランディングページ

あなたにおすすめの求人

レイデンタルクリニック
職種情報歯科医師月給35万円
位置情報東村山市/東村山駅
on

Access

阿部デンタルオフィス
職種情報歯科医師月給50万円
位置情報板橋区/志村三丁目駅
on

Access

武蔵村山さいとうクリニック
職種情報看護師月給27万円
位置情報武蔵村山市/玉川上水駅
on

Access

よしだ耳鼻咽喉科クリニック
職種情報医療事務時給1050円
位置情報足立区/五反野駅
on

Access

医療法人社団山手会 アトラスタワーデンタルクリニック
職種情報歯科医師時給3000円
位置情報目黒区/中目黒駅
on

Access

ひろつ小児科
職種情報医療事務時給1100円
位置情報江戸川区/西葛西駅
on

Access

峯レディースクリニック
職種情報看護師月給28万円
位置情報目黒区/自由が丘駅
on

Access

あさくさ歯科
職種情報歯科衛生士月給25万円
位置情報台東区/浅草駅
on

Access