看護師・歯科衛生士・医療事務などの転職ならドクターズ・ファイル ジョブズ
求人情報 9,016件 掲載中! (2024年07月19日現在)

みむら矯正歯科 (西東京市/ひばりヶ丘駅)

三村 博 院長の独自取材記事

ひばりヶ丘駅から徒歩5分の「みむら矯正歯科」は、1995年の開院以来28年にわたって矯正治療を専門に手がけてきたクリニック。世界基準の専門性の高い矯正治療を提供することをめざし研鑽を積んできた三村博院長。同院には、小中高校生、大学生、働き世代の患者まで幅広く訪れ、中には、インターネット上の情報を頼りに遠方から相談に訪れる患者の姿も珍しくないそうだ。同院では顎変形症治療も手がけるほか、歯科口腔外科など矯正歯科以外の分野との共同治療にも積極的に取り組んでいる。「矯正は見た目の問題だけでなく、一生自分の歯で噛み続けるために必要な治療」と話す三村先生に、クリニックの歩みや治療の進め方、子どもの矯正治療を始める際の注意点など、多岐にわたるテーマでじっくり話を聞いた。

急増する成人矯正のニーズにも幅広く対応

こちらは、開業からもうすぐ30年になるそうですね。

そうですね。私が矯正治療に携わるようになってからは、もう40年たちました。国内外の同業の歯科医師が見ても認められるような質の高い治療をめざして研鑽を積んできましたが、それ以上に患者さんに教えてもらったことがたくさんありますね。矯正治療は長期の経過観察が大切ですが、治療後のお口の中の推移といったところまで意識して診るようにしてきました。この30年の間に、当院で患者さんと接する中で学んできたことも、歯科医師としての大きな財産だと思っています。

こちらのクリニックの特色は?

患者さんにとってわかりやすい説明で、納得・安心・満足していただける医療の提供をめざしています。来院される患者さんは5歳くらいのお子さんから、最年長で60代の方まで幅広いですね。2020年に始まった新型コロナウイルス感染症の流行下のマスク生活で口元が隠れている期間が長く続いたことをきっかけに、近年は成人矯正を希望して来院される方がぐんと増えた印象です。矯正治療は、見た目の歯並びがきれいになることが望めるのはもちろんですが、それ以上に、上下の噛み合わせや顎の運動をより自然に導いて噛みやすくするという機能的な改善をめざす治療です。当院では歯の表に矯正装置(ブレース)を装着する方法のほか、裏側に装着する裏側矯正、マウスピース型装置を用いた矯正にも対応しています。

診療にあたって心がけていることはありますか?

治療前の診断のプロセスにじっくりと時間をかけ、患者さんにも不明点は遠慮なく質問するように促しています。中には、患者さんが矯正治療で治したいと思っている箇所と、検査結果を踏まえて私が専門家として治療すべきと考えている箇所とが一致しないこともあり得ます。また専門家として上顎だけでなく下顎も矯正したほうがいいと提案しても、患者さんご自身がそこまでは望んでいないといったケースも往々にしてあり得ます。そうした患者さんと治療者との間の認識にずれがあっては治療が始められませんから、互いにコミュニケーションを重ねながら、めざすゴールのイメージの擦り合わせをできるだけ丁寧に行うように意識しています。

子どもの矯正は焦らず開始時期を見極めることが肝心

お子さんの矯正治療は、いつ始めるべきか迷われる方が多いそうですね。

骨格的に問題のあるケースや舌の癖が影響している方、いわゆる受け口の方はできるだけ早期に治療を始めたほうがいいでしょう。ただし、それらに該当しないならば、永久歯が生え始める6歳前後で一度検査を受けて現状を把握しておき、永久歯列がすべて生えそろってから治療に入るのが理想的な流れだというのが私の考え方です。特に子どもの矯正治療の場合、親御さんの意向で始め、お子さん本人はあまり意欲的でないことも少なくありません。本当に早期に治療する必要性があるものなのか否か、その見極めは私たち専門家に委ねていただき、その結果もし早期治療の必要がないなら、検査だけしておいて、お子さん本人が治療に前向きに取り組む気持ちになるまで待つことも1つの方法だと思います。矯正歯科に来たからといって、すぐ治療を始めなくてはいけないわけではありません。急ぐ必要はないですよ。

エックス線撮影だけは早めに行ったほうがいいということですか?

そのとおりです。なぜかというと近年、永久歯の先天性欠如歯が子どもの10人に1人の割合でみられるというデータがあります。つまり、10人に1人は永久歯が足りない状態にあるということ。また顎が小さい最近の子どもに見られる傾向として、上顎犬歯が真っすぐ生えず、方向転換させるための処置が必要になるケースも増えています。こうした犬歯の萌出障害は隣り合う歯の根っこを溶かし、最悪の場合、歯が抜けてしまうといったリスクもあるため、7歳を目安に一度エックス線撮影をしておくことをお勧めします。特に、将来いつかは矯正治療をやらせたいとお考えのようなら、早めの受診でお子さんの口の中に潜むリスクを含めた情報収集だけは始めておきましょう。

最近は一般歯科でも矯正治療を手がけるクリニックが増えていますね。

そうですね。定期的に外部から矯正専門の歯科医師が来られるといったパターンが多く、通い慣れたクリニックで受けられるならと、担当の歯科医師に勧められるままに治療を始める方もいらっしゃるでしょう。ただし私たち矯正歯科の専門家は、通称・セファログラムと呼ばれる頭部エックス線検査画像をもとに入念に症状を分析し、緻密な治療計画を立てていきます。セファロの分析は矯正を専門とする歯科医師が得意とする精密検査であり、いわば「矯正治療の1丁目1番地」。このプロセスなくして適切な治療を行うのは難しいと思います。矯正歯科専門の常勤歯科医師がいつもいて、何かあったときにすぐ診てもらえる状態にあるかどうか、年単位で続く治療期間を同じ歯科医師が診続けられるかどうか。そうした観点に立ち、ぜひ矯正専門クリニックを選んで受診していただきたいですね。

矯正は自分の歯で一生噛んでいくために行う治療

顎変形症の治療についても少し教えていただけますか?

顎変形症は上顎と下顎の大きさや位置が大きくずれて、噛み合わせにずれが生じるだけでなく、顔の形もゆがんでしまう症状がみられる疾患です。わかりやすい例としては、受け口などが該当します。ある程度のずれなら、歯の矯正によって補正することをめざしますが、あまりにも大きなずれがある場合は、顎の外科手術を併用して治療を進めます。流れとしては、通常の矯正治療がブレースをつけて行う「動的矯正治療」と、後戻りしないようにするための「保定」の2段階なのに対し、顎変形症では術前矯正治療を行った後に顎の外科手術を行い、術後矯正治療、保定という4段階のプロセスで進めます。手術というとどうしても二の足を踏んでしまいがちですが、顎口腔機能診断施設の要件を満たしている施設で治療を行えば健康保険も適用されます。

お忙しい毎日だと思いますが、休日などはどのようにお過ごしですか?

以前は冬場でもよくダイビングを楽しんでいましたが、最近の楽しみは50代になってから始めたゴルフですね。やればやるほど奥が深く、月に3回くらい埼玉方面のコースに出かけています。私をゴルフに誘ってくれた同業の友人がかなり上級者なので、一緒に回っているとどうも見劣りしてしまって……。楽しみとしてやっているはずが、逆になかなか上達しないことにストレスをためてしまっているような気もします(笑)。日帰り温泉に出かけたり、長野の実家に帰ったりするのも、何かと気忙しい日常を離れていいリフレッシュになっていますね。

最後に、読者に向けて一言メッセージをお願いします。

矯正治療は見た目を良くするためだけでなく、自分の歯で一生噛んでいくために行う治療です。ただし、どんな症状でもきれいに治せるマジックではありません。外科手術が必要な場合や治療困難なケースもありますから、後になって「こんなはずじゃなかった」と後悔することのないように、最初の段階で矯正治療でできること、できないことのフィルタリングは明確にお示しします。すべては、その方の症状に合った適切な治療を提供し、良い結果を導き出すため。治療が始まってからも、患者さんのためになることをきちんとお伝えすることこそ、矯正を専門とする歯科医師の役割です。矯正治療は長期的に経過を追っていく必要のある治療ですから、治療を始める前に担当の歯科医師と十分にコミュニケーションを重ねて治療への理解を深め、後悔のない治療選択をしてください。

Access

みむら矯正歯科の求人

  • 歯科衛生士(正職員) の求人募集情報 みむら矯正歯科

    3000人以上の患者さんを自ら治してきた、日本矯正歯科学会臨床指導医やヨーロッパ上級専門医の資格等を有する院長の元で正統派の矯正歯科治療が学べます。

    職種(雇用形態) 歯科衛生士(正職員)
    給与 月給 27万円 〜 35万円
    勤務時間 09:45 〜 19:30
    最寄駅 ひばりヶ丘駅
    こだわり条件
  • 未経験OK
  • 駅近(徒歩5分以内)・駅ナカ
  • 年間休日120日以上
  • 7日以上の長期休暇あり
  • 退職金あり
facebook
twitter
line
Bg base b 00
Btn close