医療法人社団 たらお内科

多羅尾 和郎 院長の独自取材記事

たらお内科

(横浜市旭区/二俣川駅)

最終更新日:2020/01/20

20200108 bana

「医療法人社団たらお内科」は、神奈川県立がんセンターのセンター長も務めた多羅尾和郎(たらお・かずお)院長が診療する、肝臓病と消化器病のクリニック。多羅尾院長が開業を決めたのは、同がんセンターで担当してきた患者たちの言葉だった。「もう少し診てほしいと何人にも頼まれ、定年と同時に現場を退けなくて……」と、退職半年前に急いで開業準備を始めたという。正直に話すのが信条という飾り気のない人柄、責任を持って最後まで診るというポリシーも、多くの患者が先生のもとを訪れる理由となっているようだ。新しい薬や治療についての情報収集と勉強も欠かさず、C型肝炎の治療のための薬も積極的に導入。80歳を目前にしてもなお診療を続ける肝臓のスペシャリストに、がんや肝炎について話を聞いた。
(取材日2019年11月26日)

超音波と内視鏡で多数の早期がんを発見

これまでの先生の経歴を教えてください。

22106 df 1 1 1407926796

神奈川県立がんセンターの病院所長を務めた後、65歳で開業し15年目となりました。専門は肝臓で、40年間にわたってB型肝炎、C型肝炎、アルコール性の肝硬変など数々の肝疾患を診てきましたので、当院でも肝臓をメインに診療をしています。C型肝炎とB型肝炎を合わせると、これまで数多くの方を治療してきました。また消化器の病気も、これまで長く内視鏡を扱っていた私の経験が生かせる分野で得意としています。そのほか、普通の風邪や消化器系の病気で来院される方もいます。

これまで、がんも多数発見されているとお聞きしました。

開業して15年の間に、C型肝炎、B型肝炎の患者さんの早期肝がんを見つけてきました。私が肝臓にがんを見つけたときの、がんの大きさの平均が1.7cm。神奈川県立がんセンターでは、だいたい3cm以上になってから見つかり紹介されてくることが多いとのことなので、発見の大きさとしてはかなり早期なようで驚かれることが多いです。がんの大きさが2cm未満ですと、入院期間も7日~10日と短く済みますし予後もいいようです。また、当院はこれまで内視鏡検査もたくさんの検査を手がけてきましたが、こちらでも早期の胃がんを見つけています。近年とても増えている前立腺がんでも、早期のがんを見つけ多くの方を神奈川県立がんセンターへ紹介しました。

肝臓がんを早期に見つける秘訣はあるのでしょうか。

22106 df 1 2 1407926796

肝臓がんは超音波かMRIで見つかることがほとんどです。この2種類の検査を定期的に行うことで、肝臓がんを早期に発見し、早期に治療が開始できます。肝疾患の患者さんには、半年に1回の超音波とMRIを行うことをお勧めしており、皆さん定期的に検査をされています。検査の精度を上げるために先進の超音波機器を導入し、設備の面からも病気を早く見つけ、適切な診断ができるよう努めています。MRIは二俣川駅の北口にある脳神経外科と提携しており、そちらで撮影していただき、画像データを送ってもらっています。こまめにきちんと、期間を決めて検査を行うこと。それが肝臓がんを早期発見する秘訣です。

C型肝炎の新薬による治療を積極的に推進

C型肝炎の治療について教えてください。

22106 df 1 3 1407926796

DAA製剤という直接作用型抗ウイルス剤も登場し、C型肝炎は完治が見込めるようになりました。以前からもC型の慢性肝炎の薬はありましたが、C型の肝硬変症、つまり中ぐらいまでに進んでしまった肝硬変症は、これまで治療できなかったんです。昔は肝硬変症になると治らないと言われていましたので、これはとても大きな進歩です。現在、C型肝炎の治療で使える薬は6種類出ていまして、当院でも多くの治療に使っています。この治療は、肝臓を専門に診てきた医師でないと難しい治療で、さらに扱い慣れていないとなかなか手を出しにくいんです。そのため、治療を受けられる医療機関はそれほど多くないようです。また、遺伝子の関係で治りやすい人と治りにくい人がいますので、一つの薬で治らない場合もあります。そういう場合は、次の薬、次の薬と、薬を変えて試していきます。皆さん、1回目や2回目で治らなくても諦めず、私を信頼してついてきてくれます。

副作用についてはどうでしょう?

薬にはもちろん副作用があります。C型肝炎の抗ウイルス剤の副作用には、腎障害、腹部不快感、倦怠感などがあります。そのほか、副作用で粘膜がただれてしまった方もいました。治療を中断するかと患者さんに聞いたところ「最後まで頑張る」とご本人がおっしゃり、そのまま継続しました。

その患者さんの、先生への信頼の強さを感じますね。

22106 df 1 4 1407926796

責任感と患者さんを最後まで診るぞという態度、それが信頼につながるのではないでしょうか。また、私は40年間肝疾患を専門としていて、経験も数多く積んできましたから、患者さんはその経験を求めているということでしょう。長い間、神奈川県立がんセンターで肝疾患を専門に治療し、その後開業しましたが、開業後もずいぶん勉強もしました。今でも新しく出てきた製剤や治療方法など、最新の情報をくまなくチェックして調べ、まとめています。そういう部分も患者さんはご存じなのかもしれませんね。

今でも現役で社会に貢献できることが幸せ

患者さんと接する時のモットーを教えてください。

22106 df 1 5 1407926796

ウイルス性肝炎の代表はB型肝炎、C型肝炎で、60代以上の方に多い病気ですが、30代、40代の患者さんもいらっしゃいますし、決して高齢になってからの病気とは限りません。私がこうした患者さんと接する時に心がけているのは、「ごまかさず、正直に話すことで、患者さんの信頼を得ていく」というスタンスです。特に重症化するまで自覚症状が出ない肝臓病では、患者さんは「症状もないし、まだ平気だろう」と勘違いされることもあります。しかし治療しなければ病気は着実に進みます。ですから、私から少し厳しい言葉をかけてでも、現状をしっかり認識して、一緒に治療に取り組んでいただきたいと考えて接しています。

もうすぐ80歳になられるとは思えないほど、若々しい先生ですが、何か秘訣はありますか?

今でも現役で医師として勤めていられるということは、世の中の役に立っているということ。とても幸せです。生きがいがないと人間は古びてしまいますからね。健康でいるために肝臓が大切なので、「暴飲暴食をしない」「あまりお酒を飲まない」ことは長く実践しています。また、暑い時期は脱水症状を起こさないよう、こまめな水分補給は欠かしません。スポーツは特にやっていないので、日常生活でなるべく歩くよう心がけています。学会など会合がある時は自宅まで車で迎えに来てくれるのですが、私はなるべく断って電車と徒歩で出かけます。医師不足の時代から今まで非常に忙しく過ごしてきたことが、逆に私の体を鍛えたのかもしれません(笑)。

最後に、読者へのメッセージをお願いします。

22106 df 1 6 1407926796

最近は会社で、B型肝炎やC型肝炎の検査をするところが増えてきました。もしウイルスが見つかったら、専門の医療機関を受診してください。B型肝炎も血中のウイルスを消すための薬など、最近も新しい薬が出てきています。病気がわかったら、お気軽にご相談ください。



Access
ランディングページ

あなたにおすすめの求人

かおり子どもクリニック
職種情報医療事務月給20万円
位置情報世田谷区/駒沢大学駅
on

Access

四谷三丁目皮膚科
職種情報看護師時給1800円
位置情報新宿区/四谷三丁目駅
on

Access

日扇会第一病院
職種情報看護師日給30万円
位置情報目黒区/都立大学駅
on

Access

メディカルケア虎ノ門
職種情報医療事務月給18万円
位置情報港区/虎ノ門駅
on

Access

てらもとクリニック
職種情報看護師時給1800円
位置情報練馬区/武蔵関駅
on

Access

秀クリニック
職種情報医療事務月給20万円
位置情報板橋区/地下鉄赤塚駅
on

Access

かがやき内科・糖尿病クリニック
職種情報看護師時給2000円
位置情報港区/高輪台駅
on

Access

慶真整形外科
職種情報理学療法士(PT)月給24万円
位置情報三鷹市/三鷹台駅
on

Access