きくたに内科クリニック

菊谷敏彦 院長の独自取材記事

きくたに内科クリニック

(横浜市磯子区/洋光台駅)

最終更新日:2019/08/28

20727 df 1 main 1437731024

JR根岸線洋光台駅から歩いて5分ほど。駅近ながら、静かで明るい住宅街にあるのが「きくたに内科クリニック」。目の前の小学校からは子どもたちのにぎやかな声が聞こえ、人々の暮らしのぬくもりを感じさせてくれる街だ。数十年前には自身もこの小学校に通っていたという菊谷敏彦院長は、自身の育った場所でもある父親のクリニックを引き継ぎ、新しい形でスタートさせたばかり。40余年の歴史を誇る医院を新しく生まれ変わらせ、地域に根ざした医療を提供することに対する意気込みと、父への思い。そして新生クリニックの役割と今後の展望などを語っていただいた。
(取材日2015年6月23日)

思いもよらなかった実家での開業で、父の「大きさ」を再確認

クリニックの成り立ちを教えてください。

20727 df 1 1 1437731024

父が始めた「菊谷医院」を引き継ぐ形で、院内外にリニューアルを加え、2015年5月に「きくたに内科クリニック」として開院いたしました。「菊谷医院」としては40年以上にわたってこの場所で診療を続けてきたのですが、2013年に父が体調を崩したため一旦廃業という形になり、当時の患者さんは別の医院へ移っていただくことになってしまいました。ですが、そうした古くからの患者さんについてもカルテは残してありましたので、現在は徐々に戻って来てくださる方もいらっしゃいます。私自身はこの場所で生まれ育ったのですが、兄も医師であることからも、まさか自分がこの場所で診療を行うとは実は想像もしていませんでした。

院長先生から見たお父さまはどのような存在ですか?

自宅兼クリニックであったことから、父の診療風景は割と身近に感じていました。医師をめざしたのもそうした父の背中を見て育ったせいかもしれません。家では厳しい父が、患者さんには優しく接する姿に驚いたこともあります。現在、当院にも通っていただいている父の時代からの患者さんに接し、近隣の皆さまから信頼されていた医師としての父の姿を実感しています。私はすぐ目の前の小学校に通っていたのですが、父がテレビ取材を受けた際には教室のテレビでクラスメイトとその放送を見守った思い出があります。あまりにも身近な存在だったことから、子ども時代はからかわれたりしたこともあり、医師としての父にあまり良い印象を持っていなかったのですが、やはり、この場所で診療を行うようになってから、改めて父の偉大さを噛み締めています。

リニューアルで変わったこと、変わらないことを教えてください。

20727 df 1 2 1437731024

一番大きく変わった点は、院内外に加えた改装です。近隣でも住民の高齢化が進み、お年を召した方の受診が多いことから、スロープを設置したり、車いすで入れるトイレを設けたりとバリアフリー化を進めました。父の頃は入り口で靴を脱いでスリッパに履き替えていただく形でしたが、現在は土足でそのまま診察室まで進んでいただく形としてあります。変わらないこととしては、父の代からの院内処方を継続しています。薬の在庫管理などの手間を考えると院外処方に切り替える考えもあったのですが、あまり近くに薬局もありませんし、患者さんの立場に立つと院内処方を継続することの方がメリットは大きいので継続することにしました。さらに、父は長く専門的に漢方医療を続けてきたため、漢方へのご要望もいまだに多くあります。今後もこうした要望に応えられるよう、私自身、漢方について勉強していきたいと思っています。

一般内科に、循環器の専門医療と漢方を組み合わせた独自の診療内容

どのような患者さんが多くいらっしゃいますか?

20727 df 1 3 1437731024

基本的には近くにお住いの方がほとんどで、高齢の患者さんが多くなっています。とはいえ、私の代になってからは、若い方やお子さまなど、ファミリー層の受診も増えています。症状としては風邪や胃腸炎などの急性症状から、高血圧、糖尿病といった生活習慣病など、長期に渡っての管理が必要になる慢性症状までさまざまです。私が日本循環器学会の循環器専門医であることから、動悸や息切れ、胸痛を訴える患者さんも多くいらっしゃいます。

ご専門は循環器内科でいらっしゃるのですね?

はい。埼玉医科大学で医学を学び、附属病院の循環器内科に入局したのが医師としてのスタートです。専門を決定する前に研修医として各科をまわる中で、原因不明の熱に苦しむ若い女性患者と出会ったことがきっかけです。この方は感染性心内膜炎だったのですが、なかなか原因が突き止められずにいました。原因を発見し、診断を下せたことで快方に向かわれ、ご家族からも感謝された経験から、循環器内科にやりがいを感じ、専門として選びました。循環器内科は内科の中でも急性の緊急疾患を多く取り扱う科です。カテーテルによる検査や治療など、数多くの経験をしてきました。そうしたことが、当院での診療にも大きく役立っています。

循環器内科としての診療ではどのような内容が多いのでしょう?

「大学病院に行くほどではないのだけれど不安」といった症状を持った患者さんに多くいらしていただいています。当院ではレントゲンや心電図、心エコーに加えて、ホルター心電図や動脈硬化の度合いを測定するABI検査も行い、疾患の早期発見に努めています。心房細動の内服治療や抗凝固治療なども積極的に行っていますし、他院でカテーテル治療や心臓手術などを受けられた方の術後の通院管理なども対応しています。他院とも連携を取りながら、地域に密着した形で専門的な医療を提供できることがメリットです。

漢方も取り入れていらっしゃるとのことですが?

20727 df 1 4 1437731024

父が漢方医療を行っていたことから、漢方へのニーズが高くあります。自覚症状は強くあるのに、心電図などの検査で異常が出ないケースで、漢方を処方することで対応できる患者さんもいらっしゃいます。どちらかというと慢性的な症状に対して、漢方を処方することが多いですね。あと、漢方とは違いますがこれも父の代から続けていることとして「光線治療器」という機器を用いての理学療法も行っています。近赤外線で星状神経節を照射して、交感神経の過緊張を緩和することにより血行の改善を図ることで、腰痛や関節痛などの痛みを緩和が期待できる治療法です。痛みに悩む方にはぜひ試していただきたいですね。

生まれ育った地域の医療を支える一助として、今後は往診も

プライベートはどのようにお過ごしですか?

20727 df 1 5 1437731024

休日は愛車でふらりとドライブに出かけたりして気分転換をしています。あとは、ワインが趣味なので、ワインに合うちょっとしたつまみを用意して自宅で楽しんだりでしょうか。今は生まれ育ったここから少し離れた場所に住んでいるのですが、趣味が高じて自宅にワインセラーを作るほど。500本のワインを収蔵できるセラーなのですが、現在200本ほどコレクションしています。多少お値段は張りますが、おすすめワインをお教えすることもできますよ(笑)。

今後クリニックをどのように展開したいと考えていらっしゃいますか?

「地域のかかりつけ医」としての役割を果たしながら、今後は地域の高齢化に対応するためにも往診も始めていきたいと思っています。今はまだリニューアルから再始動したばかりですが、父が長年をかけて磨きをかけてきた医療から良いところを引き継ぐ形で始められたと実感しています。現状を維持しつつ、より良い医療の提供をめざしていきたいと考えています。

来院を検討している方へのメッセージをお願いします。

20727 df 1 6 1437731024

胸痛や動悸、足のむくみなどの症状には、思わぬ疾患が隠れている場合もあります。当院では各種機器と専門の医師が適切な診断と治療を行うべく、常時待機しておりますので、少しでもご不安な点があれば気軽に受診していただきたいと思います。また、通院に際して医師はもちろん、窓口や処置室などの院内スタッフの態度が少しでも悪いと、気分を害してしまい、クリニックの印象は悪くなってしまうもの。そうしたことを避けるためにも、当院ではスタッフ一同、丁寧で親切な対応を心がけております。諸症状にお悩みの方は、ぜひ一度ご相談ください。



Access
ランディングページ

あなたにおすすめの求人

ASAHIデンタル・オフィス
職種情報歯科衛生士月給24万円
位置情報新宿区/四谷三丁目駅
on

Access

地蔵通りみね歯科
職種情報歯科助手時給1200円
位置情報豊島区/巣鴨駅
on

Access

歯のクリニック 東京
職種情報歯科医師月給70万円
位置情報港区/東京駅
on

Access

柴崎駅前歯科
職種情報歯科衛生士月給26万円
位置情報調布市/柴崎駅
on

Access

ホワイトプラザ歯科
職種情報歯科衛生士月給26万円
位置情報世田谷区/千歳船橋駅
on

Access

西立川おとなとこどものクリニック
職種情報医療事務時給1020円
位置情報立川市/西立川駅
on

Access

曳舟デンタルクリニック
職種情報歯科衛生士時給1500円
位置情報墨田区/曳舟駅
on

Access

吉野眼科クリニック
職種情報医療事務月給20万円
位置情報台東区/御徒町駅
on

Access