看護師・歯科衛生士・医療事務などの転職ならドクターズ・ファイル ジョブズ
求人情報 6,343件 掲載中! (2022年10月02日現在)

こどもとかぞくの整形外科 よしだクリニック (大阪市東住吉区/平野駅)

吉田 清志 院長の独自取材記事

大和路線の平野駅、東部市場前駅、近鉄南大阪線の北田辺駅、今川駅からそれぞれ徒歩約10分。クリニックモール今川1階に今年4月にオープンしたばかりの「こどもとかぞくの整形外科 よしだクリニック」は、その名のとおり乳児から高齢者まで幅広く対応できる整形外科クリニックだ。日本整形外科学会整形外科専門医、日本リハビリテーション医学会リハビリテーション科専門医の資格を持つ吉田清志院長は、小児整形や骨粗しょう症の専門家として大阪大学医学部附属病院などで長年診療してきた経験豊富なドクター。専門性を生かしつつ、リハビリテーションや装具に関する診療、スポーツ整形にも力を入れ、地域の親しみやすいクリニックをめざす吉田院長に、診療への思いについて聞いた。

乳児から高齢者まで、家族で通えるクリニックに

大学卒業から開業するまでのご経歴を教えていただけますか。

大学卒業後は大学附属病院のほか、関連の4つの病院で勤務しました。一番大きかったのは、大阪母子医療センターでの経験です。そこで子どもの先天性疾患の治療を初めて見て、小児整形に目覚めました。もちろん子どもだけではなく、成人や高齢者まで幅広く診療していたのですが、実はもう一つ、ずっと興味を持って取り組んでいたのが骨の研究でした。特に、骨粗しょう症は整形外科の中で数少ない、悪くならないように予防ができる疾患なので興味深いんです。大学院を出てから開業するまでの約10年間はずっと大学病院に残り、小児整形外科グループのトップを務めながら、関連病院で高齢者の外傷骨折の手術や骨粗しょう症の治療などもしてきました。

開業しようと思われたきっかけは?

正直、開業したいという思いは、あまりなかったんです。ただ、専門性の高い診療を長く続けるうちに、早い段階で問題がないとわかる患者さんまで大勢来られることに疑問を持つようになってきました。それこそ、あちこちの病院を回って僕のところに来て、「まったく問題ないよ」と一言で終わるようなケースが結構出てきて。なぜそのようなことが起きるのか考えると、最近は専門性が強調されるあまり、逆に専門分野しか診ることができない先生が増えているのではないかと思うのです。特に小児整形に関しては、まず専門の病院に行きなさいということになってしまっているんですね。そういう問題を改善するために、赤ちゃんでも高齢の方でも、ファーストクッションとして、まず地域できちんと診ることのできるクリニックをつくりたいと思いました。

開業にあたり、この場所を選ばれた理由は?

大学病院で働きながら、この近くの南大阪小児リハビリテーション病院で長く診療してきましたので、昔からこの辺りになじみがありました。この辺りは、大阪市内の中でものんびりした雰囲気で落ち着いた住宅街です。昔から住んでいる高齢の方が多い一方で、出生数も多い地域なので、幅広い年代を診ていきたいというクリニックのコンセプトに合っていると思いました。

どのような患者さんが多いですか?

普段は地域の高齢の方が多く、お子さんも結構来られています。大学病院などで見ていた患者さんも来られていて、遠くは兵庫県や四国から通ってくれる方もいます。やはりお子さんの割合は他の整形外科クリニックと比べてかなり多いと思います。小児の整形を診ることができる病院が他にないということで、地域の小児科の先生から紹介していただくことも多いです。0歳児も多いですし、「膝や腰が痛い」「骨粗しょう症を診てほしい」という高齢の方まで年齢層はかなり幅広いです。うちは障害がある方のリハビリに精通している理学療法士もいるので、重い障害があって自宅近くに適切なリハビリができる場所がない方もいらっしゃっています。

小児の整形、骨粗しょう症の専門家

0歳児から診ていらっしゃるのですね。

0歳から100歳まで地域の方すべてを診ることができるのが僕の強みだと思っています。また、小児と高齢者の治療については、専門性の高い診療ができることも強みです。日帰りでできるような手術も行っています。子ども特有の疾患は先天性のものが多く、歩行がおかしかったり、運動発達が遅れていたりすることでわかる疾患もあります。先天的なものでは内反足といって、生まれた時から足の変形が見られる疾患の治療もしています。うちは土曜日も診療しているので、親御さんも連れて来やすいと思います。

ホームページの整形外科コラムでも小児の疾患について解説しているんですね。

お子さんの股関節脱臼やO脚について、これまでの診療経験をもとに書いています。皆さん、健診などで指摘されたりして不安になってインターネットで調べるけれど、インターネットで検索できる情報の中には不正確なものもあります。余計に不安になって、「この子、歩けるようになりますか」と心配して来られる親御さんが多いんですよ。僕は股関節脱臼だけでも非常に多くの赤ちゃんを診ていますし、健診でもこれまでにかなりの数の赤ちゃんを診てきました。その経験をもとに、少しでも親御さんの不安をなくせればいいなと思って書いています。最近あまり更新できていませんが、これからもいろいろな疾患について書いていきたいと思っています。

診察の際に心がけていることは何でしょう?

どんな方にもわかる言葉で、丁寧に説明するようにしています。お子さんの治療でも特に意識して診察していないのですが、泣いて何もできなかったという経験はありませんね。お子さんは痛い時は痛いと言いますし、治療が終わればご機嫌で走り回ってくれるので、やりがいはありますね。僕は同じ病院で長く診療していましたので、多くの患者さんの成長過程も見てきました。子どもの時から大人になるまで診てきた患者さんも多いので、不安でいっぱいな親御さんに対しても「将来こうなりますよ」ということが言えますし、自信を持ってアドバイスすることもできます。

リハビリや装具に関する診療、スポーツ整形にも注力

リハビリや装具にも力を入れているのだとか。

リハビリは2人の理学療法士が担当しています。1人は南大阪小児リハビリテーション病院で一緒に働いていた方で、子どもから成人、健常児から重度障害者まで幅広く見ることができる方。もう1人は介護職の経験もある方です。リハビリの機器にこだわるというよりも、信頼できる理学療法士さんをメインに、一人ひとりのニーズに応じたきめ細かな治療をめざしています。「今日はすごく痛いようなので、先生ちょっと診てもらえますか」など、理学療法士さんと密に連携ができるのも、こういうクリニックの良い点だと思います。また、装具については2社と連携し、インソール(中敷き)、靴型装具、上肢・下肢装具、車いすなどの製作やメンテナンスを行っています。もともと子どもの治療ではリハビリや装具が重要なので、興味を持ってものすごく勉強してきました。装具も子どもから高齢者まで幅広く対応しています。

スポーツ整形にもこだわりを持っていらっしゃるのですね。

はい、好きですね。僕自身、子どもの頃からサッカーをしており、大学時代はラグビー部でした。ラグビーは基本的にけがと付き合いながらするスポーツで、僕もけがばかりしていました。整形外科の医師になろうと思ったのも、そんな経験があったからです。ですから、スポーツ整形には熱い思いを持っています。というのも、整形外科の先生は「けがをしたら休みなさい」と言うことが多いんですね。確かにそれは間違ってはいません。でも、僕はスポーツをやってきた人間なので、一概にけがをしたら休まなければいけないということには納得できない。例えば靱帯を切っていても、やっていい動作はあるんです。そういう指導をしながら復帰に向けて準備させてあげるのが、医師の役割だと思っています。

最後に今後の展望と読者へのメッセージをお願いします。

専門性も生かしながら、赤ちゃんから高齢の方まで家族みんなで通えるクリニックでありたいと思っています。それこそ巻き爪から診ています。巻き爪には原因があって、その原因となる足の問題が解決しなければ、治療してもまた繰り返すことになってしまいますから。実は、僕はトレーニングが趣味で、このビルの4階も借りてトレーニングルームにしています。3年前は100キロあった体重も70キロ少しまで減量しました。体を科学しようと思って、筋肉から栄養から全部勉強したんですよ。将来はジムを作って、地域の方の健康維持のお手伝いもできたらいいなと思っています。

Access

こどもとかぞくの整形外科 よしだクリニックの求人

  • 理学療法士(PT)(正職員) の求人募集情報 こどもとかぞくの整形外科 よしだクリニック

    募集停止中

    0歳の赤ちゃんから90歳までリハビリに通われています。 これから小児も含めて色々経験したい方大募集です! 勿論高齢者の変性疾患の患者様も多く、幅広く経験したい方の募集をお待ちしております。 小児では脳性麻痺、二分脊椎、先天性筋ジストロフィーなどの疾患に加えてペルテス病などの後天性疾患患者もリハビリに通われています。 スポーツでは単なる運動禁止ではなく怪我の後の復帰をサポートするリハビリを目指して行っています。 小児、スポーツの専門家が在籍しており、さらに院外の講師の定期的な講習も行っています。

    職種(雇用形態) 理学療法士(PT)(正職員)
    給与 年収 350万円 〜 560万円
    勤務時間 08:45 〜 19:15
    最寄駅 平野駅 北田辺駅 東部市場前駅
    こだわり条件
  • 未経験OK
  • 新卒・第二新卒歓迎
  • ボーナス・賞与あり
  • 車・バイク通勤OK
  • ブランクOK
  • 社会保険完備
  • 作業療法士(OT)(正職員) の求人募集情報 こどもとかぞくの整形外科 よしだクリニック

    募集停止中

    0歳の赤ちゃんから90歳までリハビリに通われています。 これから小児も含めて色々経験したい方大募集です! 勿論高齢者の変性疾患の患者様も多く、幅広く経験したい方の募集をお待ちしております。 小児では脳性麻痺、二分脊椎、先天性筋ジストロフィーなどの疾患に加えてペルテス病などの後天性疾患患者もリハビリに通われています。 スポーツでは単なる運動禁止ではなく怪我の後の復帰をサポートするリハビリを目指して行っています。 小児、スポーツの専門家が在籍しており、さらに院外の講師の定期的な講習も行っています。

    職種(雇用形態) 作業療法士(OT)(正職員)
    給与 年収 350万円 〜 560万円
    勤務時間 08:45 〜 19:15
    最寄駅 平野駅 北田辺駅 東部市場前駅
    こだわり条件
  • 未経験OK
  • 新卒・第二新卒歓迎
  • ボーナス・賞与あり
  • 車・バイク通勤OK
  • ブランクOK
  • 社会保険完備
facebook
twitter
line
Bg base b 00
Btn close