こいずみ歯科・矯正・歯科口腔外科

小泉 元 院長の独自取材記事

こいずみ歯科・矯正・歯科口腔外科

(秦野市/秦野駅)

最終更新日:2020/04/01

172225

小田急線の秦野駅から徒歩3分、水無川沿いに立つマンションの2階にある「こいずみ歯科・矯正・歯科口腔外科」は2013年開業。院長の小泉元(こいずみ・はじめ)先生は、日本歯科大学歯学部を卒業後、都内の歯科医院での勤務を経て、母の実家であり祖父が内科の医師として地域医療に尽力していたこの地で、開業を決意。幅広い年齢層の患者が通いやすい歯科医院をめざして、同院をオープンした。モットーは患者ファースト。「患者さんを中心に、歯科医師、歯科衛生士、すべてのスタッフが、その方に最適な歯科診療を考え、患者さんと一緒に健康を守っていきたいのです」と小泉院長。勤務医時代から通う患者も多いという、患者の信頼を得る診療への取り組みと人柄の魅力に迫った。
(取材日2019年4月18日)

患者ファーストの通いやすい歯科医院をめざして開業

この場所で開業した理由を教えていただけますか。

1

都心で勤務していた頃は、多くの患者さんが勤め先に近いという理由で、歯科医院を選んでいました。けれども僕は、小さなお子さんからお年寄りまで、いろいろな人を長く診ることができる、地域に根づいた歯科医師になりたいという思いがありました。そう考えたのは、祖父の影響も大きいと思います。開業前に亡くなってしまいましたが、60年にわたり秦野で内科の医師として地域医療に携わってきました。 秦野が大好きな人で、いかに地域のために社会貢献できるかということをよく話していたものです。僕は秦野で生まれ育ったわけではありませんが、母親の実家だったので夏休みになると遊びに来て、山へ登ったり川遊びやキャンプをしたりしたなじみの深い土地です。ですから祖父の遺志を継ぎ地域医療に貢献しようと、この地で開業を決めました。

歯科医師になったときから、開業をめざしていたのでしょうか。

漠然と「いずれは開業しようかな」とは思っていましたが、具体的なことまでは考えていませんでした。ただ歯科医師になって実際に診療をしている中で、自分の責任で一人の患者さんを長く診ていきたいと思うようになったのです。医師は病気になったときに患者さんを治療しますよね。病気の種類にもよりますが、治ったらそれで仕事は終わりです。一方、歯科は予防から治療、その後のメンテナンスもしますから、子どもの頃から高齢になるまで一人の人をずっと診ることができる。その人の健康に、生涯にわたって関わっていくことができるのです。歯科医師を続ける中で、その楽しみというかやりがいを感じるようになりました。開業を具体的に考えるようになったのは、その気づきがきっかけです。

開業にあたって、こだわった点はありますか。

2

イメージは清潔感があって、アットホームで、ちょっとおしゃれな感じですね(笑)。コンセプトは「長く通ってもらうこと」なので、小さなお子さんからご高齢の方まで、幅広い年齢層の患者さんが来院しやすいということを意識しました。ベビーカーや車いすでもそのまま入れるように、土足可能にして、段差をなくしてすべてスロープにしています。診療室はプライバシーに配慮した個室タイプで、横にベビーカーを置いたまま治療ができる広さですし、キッズコーナーは受付から見えるような設計になっていますから、お子さん連れでも気兼ねなく来院いただけるのではないでしょうか。

予防をベースに、総合的な歯科診療を提案

どのような診療方針をお持ちですか。

3

患者さんファーストで、いろいろな治療方法を提案したいと思っています。そのために、患者さんとのコミュニケーションを大切にして、現在の生活環境も考慮しながら、その方に合った治療法を一緒に探していくことを心がけています。当院にはご家族でいらしている患者さんも多いので、家族構成や、ご家族が抱えている事情もわかります。例えば、お子さんが受験を控えている、あるいは介護が必要なご家族がいる場合などは、費用や時間など、無理のない治療をご提案するようにしています。

力を入れている治療はありますか。また得意な領域や専門分野を教えてください。

予防ですね。当院では「未来型の予防歯科」といっているのですが、虫歯や歯周病になるリスクを改善するために、歯並びや噛み合わせを含めて年齢に合わせて将来を予測し、口腔環境の改善をめざします。虫歯や歯周病治療からインプラント、義歯、矯正なども私が行います。祖父が医師だったせいか、医学の中の1つとして歯科を捉えているので専門領域は限定せず、総合的な歯科医療をめざしています。例えば、インプラント治療が100点でも、歯周病治療が0点だったら、治療は成立しない。つまり歯科診療は、すべてがつながっています。ですから1本の歯だけでなく、お口の中を総合的に見た上で、一人ひとりに合った治療方針を立てます。また、ご高齢になると全身疾患があったり、薬を服用したりしている方も少なくないので、内科の先生との連携も必要です。そのため、広い視点から診ることを重視しています。

具体的にはどのような診療スタイルなのでしょうか。

4

予防をベースに、患者さんが望んでいる治療を提案します。そのために、初診の次の回に45分かけてカウンセリングを行います。「歯医者さんが怖い」という理由の1つに、何をされているかわからないという不安があると思うのです。ですから治療の際は、何をしたのかわかるように、モニターを使ってお口の中をお見せして説明します。また、すべての患者さんの口腔内写真を撮影し、お口の中を記録します。治療の前と後、以前の治療からの変化など、画像を見ながら説明したほうがわかりやすいですし、理解も深まりますからね。ご自分のお口の中の状態を把握して、知識をつけていただくことも、予防の1つだと考えています。

口は健康の入り口。だから、なんでも相談してほしい

開業から6年ですが、新しく取り入れたことや、今後取り組みたいことはありますか。

20190522 5

最近導入したのは口腔内スキャナーです。近い将来、型採りをすることなくかぶせ物や詰め物を作れるようになってきます。また、お口の中をスキャンしてマウスピース型の装置で矯正する方法が進化しています。ワイヤーを使わずに目立たない矯正が増えていくでしょう。このスキャナーをいろいろな治療に活用したいと思っていて、未来的で革新的な歯科治療になることを楽しみに診療しています。

お忙しい毎日だと思いますが、休日はどのようにお過ごしなのでしょう。

本当に忙しいんですよ(笑)。患者さんに合った治療法のご提案や、総合的な歯科医療をするには多くの知識を身につける必要があるので、日々の勉強は欠かせません。ですから勉強会にもできるだけ参加しています。子どもがいるので、休日は家族優先にしたいのですが、勉強会の予定を入れてしまい、「毎週いないじゃない」と家内に怒られることもあるんです。実は音楽が趣味なのですが、それも開業してからお休み状態。都内に勤務していた頃はバンドを組んでいて、僕はベースを弾いていました。おしゃれなバーで演奏していたこともあるんですよ(笑)。余裕ができたら音楽活動を再開したいですね。

では最後に、読者へのメッセージをお願いします。

6

歯科医院を「嫌なところ」、「相談しにくいところ」にしないでほしいんです。「こいずみ歯科に行けば、いろいろな話ができる」とか、「クリーニングをしてすっきりした」、「治療をしてきれいになった」というように、ちょっとテンションが上がる、そんなクリニックにしたいと思っています。お口の中には生活が映し出されるといいますが、ちょっと体調が悪いと舌が荒れていたり、歯ぐきが腫れていたり、長く診察している方のお口を見ると健康状態が、すぐにわかります。初めにお話ししましたが、一人の方の健康に生涯関わっていけることが、歯科医師としてのやりがいです。ですから「もしかしたら、口の中の病気じゃないかも……」と思っても遠慮せずに、健康相談をするつもりで、なんでも相談に来てください。お口は全身につながる、健康の入り口なのですから。

自由診療費用の目安

自由診療とは

矯正歯科(2期治療)/70万円~(税別)
マウスピース型装置を用いた矯正/70万円~(税別)
審美歯科(セラミックインレー)/4万円~(税別)
審美歯科(セラミッククラウン)/6万円~(税別)
インプラント治療(上部構造込み)/30万円~(税別)



Access
ランディングページ

あなたにおすすめの求人

レイデンタルクリニック
職種情報歯科医師月給35万円
位置情報東村山市/東村山駅
on

Access

高野病院
職種情報看護師月給23万円
位置情報大田区/大鳥居駅
on

Access

麹町皮ふ科・形成外科クリニック
職種情報看護師月給32万円
位置情報千代田区/麹町駅
on

Access

細田診療所
職種情報看護師月給25万円
位置情報葛飾区/京成高砂駅
on

Access

あいざわ歯科医院
職種情報歯科衛生士時給1600円
位置情報江東区/亀戸駅
on

Access

平山歯科医院
職種情報歯科衛生士月給25万円
位置情報世田谷区/祖師ヶ谷大蔵駅
on

Access

よしおかデンタルオフィス
職種情報歯科衛生士時給1500円
位置情報武蔵野市/三鷹駅
on

Access

松井クリニック
職種情報医療事務月給19万円
位置情報武蔵野市/吉祥寺駅
on

Access