はねだ歯科クリニック

羽根田 高洋 院長の独自取材記事

はねだ歯科クリニック

(蕨市/蕨駅)

最終更新日:2021/10/12

147304

JR京浜東北線蕨駅から徒歩5分、アクセス便利な「はねだ歯科クリニック」を訪ねた。2017年で開院20年、通い慣れた患者が多く訪れるという歯科医院だ。院内に入ると、大きなガラス窓から明るい日差しが入る待合室に、色鮮やかな海水魚が泳ぐ水槽が出迎える。日本大学歯学部で保存学を学んだ羽根田高洋院長は、咬み合わせ治療を基本に包括的な歯科診療を行い、インプラントや歯周病治療、ホワイトニングもこなす。患者の長い人生を念頭においた丁寧な診療が強みだという。「治療後、患者さんやご家族の笑顔を思い浮かべて最善の診療をめざしております」と語る羽根田院長に患者への思いをじっくりと聞いた。

口腔内の健康から全身の健康を考えていく

開院して19年ですね。なぜこの地を選ばれたのですか?

1

1997年に開院し、20年以上になります。開業地を探す条件としては、「駅前であること」と「1階であること」、この2点にこだわりました。どうして駅前なのかというと、どのくらいの患者さんが電車を利用して他地域から来るかというのを自分の診療の実力を見る指標にしようと思ったんですね。使命か運命かこの蕨を選びました。実際に東京や他地域からみえる患者さんもいらっしゃいます。今もここで開業して良かったと思っています。

このエリアの患者さんはどのような方が多いですか?

当院にいらしてる方がそうなのかもしれませんが、ひとことで言えば、良い患者さんが多いです。今まで患者さんとの信頼関係を大切にやってきたので、長く通われている患者さんには、感謝する気持ちと重責を感じております。年齢層としては高齢の方も多くなり、月日の経過を感じます。最近は、心身ともに病んでいるような若い世代の人もみえますね。家内が受付をしており、悩み事の相談を受けたり、鼓舞することもあります。口腔内の環境が向上することで、患者さんのさらなる飛躍を期待して診療にあたっております。後日、その知らせを聞いたときは何よりうれしいですね。蕨の人たちは、人情に厚い方が多く、また治療を通じて私自身が教えを乞う機会も多かったと思います。また、歯科医師会に慧眼をお持ちの先生が多く、地域医療の観点からも他地域より充実していると思います。

この歯科医院ならではの治療についてお聞かせください。

2

健康な歯をできるだけ長く維持するために、体や口腔内の状態を把握することから始めます。口腔内環境を整えるために自宅でのホームケア、歯科医院でのプロフェッショナルケアは重要ですが、それだけでは治らず、良好な予後が得られない方が多いのも事実。食生活、仕事環境、ストレスなどは一人ひとり異なります。そのため、画像診断や姿勢などから口腔内の癖や過去の治療歴を読み取ります。大切なことは、平均寿命まであとどれくらいか考えること。人生の中でも50歳が健康を考える節目。常に5年、10年先の状態を読み、治療を進めます。エビデンスに基づく治療に加え、咬み合わせの治療も包括的に取り入れています。「力」のバランスを診ていくことが大切で、それが咬み合わせの治療につながります。できるだけシンメトリーに、美しく栄えある歯科医療を心がけ、その先にある健康を享受していただきたいですね。

歯科医師としての経験を礎に、現在の診療スタンスに

歯科医師をめざしたきっかけを教えてください。

3

両親は教員だったので、自分は手に職をつけたいとは思っていました。歯科医師を選んだのは子どもの頃に通っていた先生の印象ですね。漠然とですが、自分も大人になったらこういう仕事をしたいというのがあったと思います。日本大学歯学部受験に際し、進路を決めるのが遅かったので、受験番号はもう最後のほうだったんです。自分でもまさかその大学に行くとは思ってなかったので、人生は本当に不思議だと思います。後に、歯科医師として大きく影響を受けた師匠にも出会いました。その先生は、文学や哲学に精通され、医療については生態学の観点からも捉えるようご指導いただき、技術面も、歯科医師としての教育も、たくさんのことを学ばせていただきました。今なおご指導いただいております。

その後のご経歴についてお聞かせいただけますか。

大学卒業後、日本大学歯学部歯科保存学第II講座歯内療法学教室で学びました。その後、日産テクニカルセンターで院長として4年間の臨床経験を積みました。この頃は、自分は勤務医を続けるべきか、開業するべきかと考える時期であったと思います。そして、全人医療を啓発する孤高の師に学び、次第に自分の方向性が定まっていき、そろそろ独立して自分のやり方でやっていこうという気持ちが固まりました。そして開業に至るというわけです。

診療で心がけていることを教えてください。

4

初めに、適切な診断をすることが一番大切です。決して診断名をつけることではありません。今の状態を検査で把握することではなく、現状に至る治療歴の考察と今後の予測、解剖学的特徴、食生活等の生活習慣、左右差などを考慮し、原因の要素をなるべく多く挙げ、それらを一つずつ解決していくことです。例えば、右の歯や歯茎が痛くても、根本の原因は左側の咬み合わせというケースは実に多いのです。患者さんの中には口腔内にいろんな問題がある方、治療の先が読みづらく治療のゴール設定が難しい方も多くいらっしゃいます。

患者さん一人ひとりに合わせた治療が大切なのですね。

治療において、まずご本人が満足することが大切で、それが長く続かなくてはダメなんですね。すぐには思うような状態にならない時もありますが、焦らず少しずつ頑張りましょうとお伝えしています。以前は、初めの治療計画を意識して進めていたのですが、20年近くの経験を経てそれは状態に応じて変えるものだと学びました。今はご本人と一緒に状態を見て確認し、治療を進めています。患者さんには一生自分の歯を大切に使っていただきたいので、食事が楽しくなったと、よりすてきな笑顔で喜んでいただいたときは本当にうれしいですね。

自分自身の健康と向き合い、正しいケアや治療を受けて

印象に残る患者さんとのエピソードはありますか?

5

開業して20年もたつと亡くなられる方もいらっしゃるんですが、4~5人の方が亡くなる少し前に、当院へ、特に処置はないのにいらっしゃったんです。そのうち1人はもう来ることができなくなり、ご自宅まで伺いました。往診というほどではないけれど、顔を見に。言葉がなくても、顔を見れば「ああ、感謝していただいていたんだな」というのがわかるんですね。そんな出来事が、日々の診療の励みになっています。スタッフ皆の患者さんへの「想い」が、「信頼」につながると確信しております。

お忙しい毎日かと思いますが、お休みの日はどのように過ごされていますか?

当院の休みは日曜日なんですが、実は日曜もここへ来ることが多いです。次の週の準備ですね、普段できないことや気持ちも含めて。仕事以外のことは、もう少しして子どもたちが大学を卒業したら、いろいろと考えたいなとは思います。また、クリニックの待合室に水槽を置いていますが、その水槽にいる海水魚の世話をすることで癒やされています。それから、診療室に飾っている絵はどれもエーゲ海なんです。紺碧の海がとても好きで、きれいな情景を眺めている時は、オンとオフの切り替えにはいいですね。

最後に、ドクターズファイルの読者や地域の方へのメッセ―ジをお願いします。

6

はい。2017年度より行政の依頼を受け、口腔機能向上教室を行っております。教室では現在の状態把握など行います。データを集計し次年度のさらなる推進につなげ患者さんの健康寿命延伸につなげていきたいです。昨今、細菌、口腔機能の維持・向上が、糖尿病等の全身疾患の予防につながることが周知されるようになりました。地域の患者さんのためにも、認知症との関係、その予防・治療とつながることを広く伝えることができればと思い、行っていきます。

自由診療費用の目安

自由診療とは

インプラント治療(1本)/30万円~、ホワイトニング(初回)/2万円、ホワイトニング(追加)/1万円
※すべて税抜き価格となります。

標榜の診療科目を同じ行政区・駅で探す



Access
ランディングページ

あなたにおすすめの求人

藤崎病院
職種情報看護師月給30万3000円
位置情報江東区/亀戸駅
on

Access

レイデンタルクリニック
職種情報歯科医師月給35万円
位置情報東村山市/東村山駅
on

Access

成増クリニック
職種情報看護師時給1700円
位置情報板橋区/成増駅
on

Access

井上整形外科クリニック
職種情報リハビリ助手時給1041円
位置情報立川市/立川駅
on

Access

まみや内科胃腸クリニック
職種情報医療事務時給1200円
位置情報渋谷区/恵比寿駅
on

Access

大田大森胃腸肛門内視鏡クリニック
職種情報看護師月給30万円
位置情報大田区/大森駅
on

Access

明大前アートクリニック
職種情報受付スタッフ月給20万円
位置情報杉並区/明大前駅
on

Access

AIAI NURSERY 大泉学園園
職種情報看護師月給27万9700円
位置情報練馬区/大泉学園駅
on

Access