医療法人明正会 とうめい歯科

柳 正洋 院長の独自取材記事

とうめい歯科

(東海市/太田川駅)

最終更新日:2019/08/28

106764

太田川駅の賑わいから少し離れ、古くからの街並みが残る立地に「とうめい歯科」はある。父である先代からクリニックを受け継いだという柳正洋院長。通院患者の多くは数世代にわたるファミリー層および高齢者であり、同院の地域への貢献度は計り知れない。診療室には患者から贈られたという感謝の手紙や手づくりの雑貨が並び、温かな雰囲気に満ちている。「人と話すことが好きなので、診療中にお話が盛り上がってしまうことも多いです」と笑う柳院長。一方で、院内レイアウトの改築や先進機器の導入など、新しい医療へも積極的に参入。患者が通いやすいクリニックをめざし奮闘する姿勢や医師を志した理由、診療への心配りなど、さまざまな話を聞いた。
(取材日2017年5月18日)

長きにわたる歴史と努力がつなぐ地域との温かな関係性

歯科医師をめざしたきっかけを教えてください。

1

歯科医師だった父の影響が大きいです。熱心に患者さんや医療と向き合う姿を子どもの頃から見てきたことで、自然と「人の役に立つ仕事がしたい」と思うようになっていました。私自身はあまり覚えていないのですが、小学校の卒業時には既に「歯医者さんになりたい」と話していたとか。その思いを胸に愛知学院大学歯学部へ入学し、卒業後は研修医として経験を積んだ後、父が院長をしていた当院に就職。2012年より院長として、皆さまのお口の健康をサポートさせていただいています。

院長が就任される以前から、この地にクリニックがあったとか。

開業自体は1983年ですね。この辺りは古くからの旧家が多く、近年は飲食店が増えたものの、今でも昔ながらの落ち着いた雰囲気が息づいているんですよ。いらっしゃる患者さんも、先代の時代からという方や、そのお子さんやお孫さんといったご家族ぐるみでの来院が多いです。ご近所同士のつながりが強い地域でもありますので、「知人に紹介してもらって来ました」という方もいて、喜ばしい限りです。

地域とクリニックの強い結びつきが、長い歴史を支えているのですね。

2

長く勤めているスタッフが多くアットホームな雰囲気なので、地元の方も長く通ってくださってます。人と人のつながりから新たな患者さんが増えていることを実感する毎日です。現在、スタッフは医師や歯科衛生士を含め16名。時々食事会を開くなど遠慮のない関係ができていて、毎日のこまやかな連携につながっています。情報共有を密に行うべく、週1回のミーティングも開催。治療器具の整備状況や勤務日の確認、患者さんから寄せられた要望などについて話し合います。同じ場所で一緒に働く以上、コミュニケーションはとても大切です。私自身、試行錯誤をしている最中ですが、すべてのスタッフが伝えたいことを気兼ねなくスムーズに話し合える関係性を今後も構築していきたいですね。

多岐にわたる診療と丁寧な心配りで患者の負担を軽減

患者からの訴えにはどういったものがありますか。

3

高齢の患者さんが多い地域ですから、入れ歯や歯周病、口臭関連の相談を受けることが多々あります。入れ歯治療で心がけているのは、入れ歯安定剤を使わなくてもいい入れ歯作り。入れ歯の装着には歯茎に塗る安定剤が必要不可欠だと思われがちですが、そんなことはないんです。歯茎や歯並びに合わせたものを作れば、安定剤を使わなくてもしっかりフィットした状態で食事が楽しめるんですよ。おいしく食べることは、未来の健康につながります。入れ歯をお作りした患者さんから「よく食べられるようになって、少し太りました」と報告されると、頑張ったかいがあったなと思います。もちろん食べ過ぎはいけませんが、快適な口腔環境をサポートできているんだとうれしくなります。

多様な症状の方が来院されると思いますが、診療体制はいかがでしょう。

数人のドクターがおり、それぞれが得意分野を生かした治療を担当します。口腔外科経験のある私は抜歯や噛み合わせ、入れ歯治療など。隣室に技工所があり、補綴物の迅速な修理にも対応しやすい環境です。その他、小児歯科が得意なドクターや、歯周病および口臭予防に力を入れているドクターなどが勤務しており、患者さんの症状や要望に合わせてケアに入ります。また、メンテナンスは歯科衛生士と連携して、しっかり時間をかけてお口のケアやブラッシング指導などを行います。通常の外来対応とは別に取り組んでいる訪問診療では、通院が難しくなってしまった患者さんのご自宅に伺い、主に口腔内清掃や入れ歯の調整、インプラントのフォローなどを実施しています。通院時と変わらず定期的なメンテナンスを行うことで、さまざまなトラブル防止に努めています。

診療時、気をつけていることがありましたら。

4

カウンセリングを大切にしています。「歯科医院」や「医師」という言葉を聞くだけで不安になったり、不信感を抱く患者さんが多いですから、そういったものを会話を通して軽減したいですね。治療への要望を引き出すだけでなく、一緒に通院計画を考えたり、治療方法を選んだりと、一方通行の提案にならないようにも配慮しています。「どんな治療を受けるかわからない」というクリニックにはしたくないと思っています。昔の歯科医院では「名前を呼ばれ入室したら、すぐチェアに寝かされ、口を開けていれば、そのまま医師の診断任せで治療が進む」ということも少なくありませんでした。当院も古くから続くクリニックですから、マイナスの「お任せ医療」という印象を持たれないよう気をつけています。診療の流れなどのソフト面でも、各種器具や設備といったハード面でも、患者さんが不安なく治療を受けられるような環境を充実させていきたいです。

気持ちよく、快適な治療を受けられる場でありたい

クリニックづくりでのこだわりを教えてください。

5

めざしているのは「清潔で安全な院内環境」の整備。特に院内感染対策を徹底しており、すべての治療器具が滅菌されているかを常に厳しい目でチェックしています。高圧力の飽和水蒸気で微生物を滅菌するオートクレーブは3台あり、万一の故障などのトラブルにも備えています。熱に弱い器具にも使えるホルマリンガス殺菌器などもあります。その他、医療用の空気清浄装置も設置しており、空気中のウイルスや歯科医院特有のにおいの除去に役立っています。リニューアルしたばかりのX線室には、撮影直後にすぐ画像を確認できる高機能のデジタルX線装置を導入し、CT、パノラマX線写真装置、矯正歯科の治療にも使われている頭部X線規格写真装置(セファロ)など、先進機器を完備しました。正確な診断を得るために、導入して良かったと思っています。診療室はカウンセリングスペースと7台のユニットを設置し、開放感のある空間の中で治療を受けていただけます。

お忙しい毎日を過ごされていると思いますが、リフレッシュ方法などはありますか。

早起きして、家の周りを散歩するのが日課です。誰もいない道を歩いていると考え事がはかどりますし、気分転換にもなりますね。仕事が休みの日は、子どもと一緒に出かけることが多いです。親子ともに汗っかきなので、公園に行くような感覚で行き始めました。子どもが小さい頃は仕事と家庭のバランスをとることが難しく、どちらも中途半端になっているような気がしてつらかった時期もありましたが、今では自分なりのスタイルがわかってきたような気がします。時には子育ての悩みを患者さんに聞いてもらったりして(笑)。診療時の会話も、自分なりのストレス発散方法です。

最後に、読者へのメッセージをお願いします。

6

これからも「患者さん一人ひとりが幸せになれるような治療」を掲げ、日々の診療に取り組んでまいります。カウンセリングを重視した診療により、患者さんと家族のような温かい関係性をつくることができれば幸いです。また、定期的な口腔ケアの重要性を啓発していくことも課題の一つ。特に子育てや仕事に忙しい30~50代の方は、ご自身のメンテナンスをおろそかにしがちです。歯周病予防や歯の寿命を延ばす意味でも、基礎的な口腔ケアはとても大切です。少しでいいので自分の体に目を向けてみてくださいね。中には、ドクターと話すことが苦手な方、気になる悩みがあっても相談できない方もいらっしゃると思います。当院では、忙しい中でも患者さんの気持ちを一番に考えた治療をしたい、という想いをもって診療を行っていますので、遠慮せずになんでもお話いただければと思います。

自由診療費用の目安

自由診療とは

小児矯正/40万円~(税別)



Access
ランディングページ

あなたにおすすめの求人

mammaria tsukiji
職種情報医療事務月給20万円
位置情報中央区/築地駅
on

Access

みらいメディカルクリニック茗荷谷
職種情報医療事務時給1300円
位置情報文京区/茗荷谷駅
on

Access

四谷三丁目皮膚科
職種情報看護師時給1800円
位置情報新宿区/四谷三丁目駅
on

Access

こどもと女性の歯科クリニック
職種情報歯科衛生士月給24万円
位置情報港区/麻布十番駅
on

Access

原井デンタルオフィス
職種情報歯科衛生士月給22万円
位置情報世田谷区/三軒茶屋駅
on

Access

ひろき歯科クリニック
職種情報歯科助手時給1100円
位置情報新宿区/下落合駅
on

Access

医療法人社団至高会 たかせクリニック
職種情報看護師時給1900円
位置情報大田区/武蔵新田駅
on

Access

増本整形外科クリニック
職種情報理学療法士(PT)月給23万円
位置情報杉並区/荻窪駅
on

Access