全国のドクター9,363人の想いを取材
クリニック・病院 161,015件の情報を掲載(2021年3月06日現在)

  1. TOP
  2. 福岡県
  3. 福岡市博多区
  4. 博多駅
  5. 医療法人 聖和会 ゲン歯科クリニック
  6. 治療前後のコミュニケーションを大切にしたインプラント治療

治療前後のコミュニケーションを大切にした
インプラント治療

ゲン歯科クリニック

(福岡市博多区/博多駅)

最終更新日:2021/02/15

Main Main
  • 自由診療

失ってしまった大切な歯を補うのに有用なインプラント治療。ここ「ゲン歯科クリニック」に在籍する3人の歯科医師はインプラント治療において共通の想いを持ち、一人ひとりの患者と向き合っている。また、他院でインプラント治療を断られてしまった場合でも、セカンドオピニオンとして利用し、素朴な疑問や不明点の払しょくはもちろん、インプラント治療を諦めないでほしいと熱く語る。そこで今回は約30年にわたりインプラント治療に取り組み、幅広い症例に携わってきた「ゲン歯科クリニック」の元永三院長と丸尾隆吉先生に、治療におけるポイントや、実際に治療を受ける際の同院ならではのフローについて詳しく話を聞いた。(取材日2020年12月16日)

検診・治療前の素朴な疑問を聞きました!

Qインプラント治療は誰でも受けることができますか?
A

【元院長】基本的に、歯周病により骨が溶けてしまった場合であっても、奥歯や前歯など場所に関わらず、インプラント治療を受けることは可能です。インプラント治療ができないと他院で断られ、セカンドオピニオンを求めて来院される方もいらっしゃいます。ただし心臓疾患を抱え血液をさらさらにする薬を服用しているなど、全身疾患があるために外科的処置が困難なケースには対応することができません。また当院の方針としては、20歳以下の方にはインプラントをお勧めしません。体が成長段階にあると骨や歯の状態も変わりやすく、そういった状況下でインプラント治療を行うと将来的に適応しなくなる場合があるので、遠慮していただいています。

Qセカンドオピニオンとして相談しても良いのでしょうか?
A

【丸尾先生】もちろん大歓迎です。治療について気になること、わからないことがあれば、カウンセリングは基本無料なのでいつでもご相談にいらっしゃってください。セカンドオピニオンの理由としては、治療方針を聞いたけれどよくわからなかったというのが多いですね。治療に100点満点の正解があるかはわかりませんが、患者さんご自身の体の問題なので納得した上で治療を受けていただきたいです。皆さんも大きな買い物をする時にはいろいろな点から購入する店舗なども検討されると思いますが、それは治療も同じ。インプラント治療にはお金も時間もかかるので、できる限り一緒に頑張れる歯科が見つかるまで複数のクリニックを訪問しましょう。

Q高額であるがゆえに保証についても気になるところです。
A

【元院長】自戒の意味も込めて、約30年前にインプラント治療を始めた頃から10年間の保証を実施しています。きちんと清掃をしていなかったり、定期的なメンテナンスに訪れていなかったりと患者さん自身に問題がある際には保証で対応することは難しいかもしれませんが、基本的には歯槽骨に埋め込むインプラントの土台部分や、クラウンなどの上部構造に問題が生じれば、保証の範囲で対応するようにしています。インプラントは虫歯にはなりませんが、歯周病と同様に周囲炎を引き起こすリスクもあります。その後は定期的にメンテナンスを行い、クリーニングやブラッシング指導と合わせてインプラントもチェックしていきます。

検診・治療START!ステップで紹介します

1詳細に資料をとってカウンセリングを実施

まずは歯の状態を調べるために、エックス線写真や口腔内写真を撮影するほか、型採りを行って模型作りなど資料収集を実施。歯科医師がそれらの資料を分析した上で、患者にわかりやすく口腔内の現状を報告する。一人ひとりに応じた症例を共有しながら、時間や費用、治療途中の見た目などについて話し合い、了承を得てから治療がスタート。

2サージカルガイドを使用しインプラントを埋入

インプラントの埋入位置が決定したら、角度や深さなどを固定するサージカルガイドを使って、安全性にも配慮しながら手術を行う。重度の歯周病などで埋入する骨が溶けてしまっている場合には、骨造成も実施する。実際のインプラント埋入手術は10〜15分程度で完了する。

3インプラントと骨が結合後、上部構造を取りつける

埋入したインプラントと骨がしっかりと結合してから上部構造を取りつける。骨の質や量、骨造成の有無、インプラントを埋入した位置などによって個人差はあるが、平均して約4〜5ヵ月で治療完了。基本的には即日の上部構造の取りつけには対応していないが、前歯など見た目が気になる場合には仮歯を準備することもある。

4治療履歴を網羅した治療報告書で振り返り

治療報告書を用い、実施した治療の詳細な説明を受ける。インプラント治療だけではなく、虫歯や歯周病の治療、かぶせ物の種類なども掲載しているため、この報告書があればすべての治療履歴を確認することができる。また、報告書に関してはその場での説明はもちろん、持ち帰ることができるのでご自宅でゆっくり振り返ることもできる。

5定期的なメンテナンスで口腔内の異常をキャッチ

治療後には定期的なメンテナンスを行う。セルフケアのレベル、虫歯や歯周病のリスクなどをもとに、1ヵ月に1回や半年に1回などで通院し、磨き残しがないか、歯茎に変化はないか、インプラントに緩みはないか、噛み合わせのバランスが悪くなっていないかなどを細かくチェック。同院ではメンテナンスには1時間ほどを確保し、多少の処置にも対応できるようにしている。

ドクターからのメッセージ

元 永三院長、丸尾 隆吉先生

【元院長】当クリニックでは治療に関しての不安を解消するため、治療が完了した後患者さん一人ひとりに治療報告書をお渡ししています。これにはどんな治療を実施したかを文章と画像で掲載していますが、治療前の写真も載せることで、二度と悪い状態になりたくないと思ってもらえる機会にしたいと思っています。治療が終わった時がある種のスタート。以前の状態に戻らないよう維持していくことが重要です。 【丸尾先生】そういった意味からも定期的なメンテナンスで、口腔内の健康を維持していきましょう。歯科治療は口の中のことなのでわかりにくい部分も多々あります。患者さん自身も歯の健康のために歯科をどんどん利用してくださいね。

20201225 dr

自由診療費用の目安

自由診療とは

インプラント治療/36万3000円~(税込み)、骨造成/11万円~(税込み)

Access