戸田公園ほそい歯科医院

戸田公園ほそい歯科医院

細井 道晃院長

92287

戸田公園駅東口より徒歩1分に位置する「戸田公園ほそい歯科医院」は駐車場も完備されているため、電車、車どちらを利用しても気軽に来院できる歯科クリニックである。院長の細井道晃先生は日本歯科大学歯学部を卒業後、勤務医を経て1998年に開業し、約20年近くこの地で歯科医療に携わっている。幼少期の病気がちだった経験から、患者の口の中だけでなく体全体を考える治療を根本に据えているという。また現在の価値の多様化、個々の経済的状況の格差などを鑑み、患者の話をよく聞くことで要望や要求を吸い上げ、そこから一人ひとりに合わせた治療を提案している。柔らかい人柄で好奇心、向上心が旺盛な細井先生に詳しく話を聞いた。
(取材日2017年7月31日)

地域の方に最良の診療を提供したい

―開院から現在までの経緯をお聞かせください。

大学卒業後、数年間は勤務医として経験を積み、1998年にこの建物の3階で開業しました。ただ、3階だと患者さんも階段を上るのが不便でしたので、10年ほどしてから1階で営業していた元ガソリンスタンドを改装してクリニックを移転しました。ですから天井が高く空間が広く見えると言われますね。開業を機にこの土地に来たので、当時はこの辺りのことがわかりませんでした。駅前もほとんど何もありませんでしたし、周囲には倉庫・工場ばかりが立ち並んでいる場所でした。ただその後、埼京線が通ってから倉庫・工場はなくなっていき、代わりに跡地にマンションが建つようになりました。患者さんは地元の方が多く、紹介で遠方からも来られる方も少数ですがいます。若いファミリーやお子さまもいらっしゃいますが、年齢層がやや高めの方が多いです。自分自身の年齢と共に患者さんの年齢層も少しずつ上がるのかな、という印象です。

―勤務医時代はどのような経験をしましたか?

歯科大学を出て最初の1年間は、歯科医師なら皆さん名前を知っている先生のところで勤務しました。大学を出て、自分自身にプラスになるところで勉強をしたかったので選びました。その先生からは大学出たばかりの治療レベルで診察は困ると言われ、先生の横で立って、治療を見て学んでいました。とてもつらかったです。ただ見ているだけ、指示されたことをするだけですから。ですがその時の経験が今もずっと生きている感じがします。その先生は人柄もよく、患者さんとも気軽に接する人望のある方でした。今も自分なりにその先生に近づくやり方を考えながら治療しています。

―先生は歯科医師会としても活動されているそうですね。

歯科医師会では、いろいろな先生方に講演をお願いする仕事もしています。私自身は好奇心が旺盛なもので、大変ですが楽しくやっています。さまざまな専門の先生に、聞きたいことやそのテーマについて教えていただけるのは勉強になりますね。また学校の歯科検診もやっていますが、これは一度に200~300人の子どもを診るので本当に大変なんです。次の日は体が動かなくなるぐらいです。大変ではありますが、クリニックの診療以外でも社会と関わることが大事だと思い続けています。目の前の患者だけでなくもっと広い視点で考えてみる。例えばこの“地域の住民”という広い視野で患者さんをみていくことは歯科医師として当然の責務であると思っていますからね。

記事更新日:2017/09/04


Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Dento a1
Toshima a1
Taito a1
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細