医療法人社団誠和会 瀬川外科

松井 誠一郎院長

76328 %e5%8c%bb%e7%99%82%e6%b3%95%e4%ba%ba%e7%a4%be%e5%9b%a3%e8%aa%a0%e5%92%8c%e4%bc%9a %e7%80%ac%e5%b7%9d%e5%a4%96%e7%a7%91

痛みの原因を見極め、的確なアプローチで症状改善へ

―整形外科で得意な分野について教えてください。

もともと脊椎や関節が専門で、勤務医の頃は多く手術も行っていました。今は保存的な治療が多いですね。それぞれの症状や生活スタイルに合わせて、痛みを和らげるペインクリニックにも力を入れています。一般的にはペインクリニックというのは麻酔科がやっていて、多くの人は神経を主に考えて神経ブロックをメインにやっています。整形外科医が行うペインクリニックというのは、神経ブロックもやりますけれど、解剖学的にさまざまな原因を考えながら診療をしていきますので、治療の幅が広いんです。例えば「膝が痛い」という場合は、関節の中だけを考えるのではなく、膝の周りにいろんな筋肉や靭帯がついていますから、そこに痛みの原因がある場合もありますので、それに応じた治療をする。必ずしも膝にヒアルロン酸の注射をしたからといって、良くなるわけではないということですね。

―それぞれに応じたアプローチが必要なんですね。

腰痛の場合だと、画像で骨が変形しているからといって、必ずしもそれが腰痛の原因ではない。一番多いのは筋肉の痛みですね。それが、骨が曲がっているために筋肉の痛みが起きているのか、姿勢や普段の作業が問題なのか、一時的なものか、筋肉が変性して血流が悪くなっているのか、あるいは神経が関係しているのか。痛みの原因は、いろいろ複雑に絡み合っているので、そこを見極めてそれぞれに応じた治療を行います。アプローチとしては、例えば腰痛なら、急性の痛みで動くことができない場合はブロック注射をします。慢性的な腰の痛みの場合は、ブロック注射をしても一時的にしか効果が続かないため、薬や運動療法で、必要に応じて漢方も使って治療します。

―患者さんは地元の方が多いのですか?

地元の人が多いです。子どもから高齢者まで幅広くいらっしゃいますよ。子どもは外傷や皮膚科の疾患で来ることが多いです。外科では外傷の治療や傷をきれいに治す形成だったり、皮膚科があるので、思春期の子はニキビ治療で来る子も結構いますね。日帰り手術やペインクリニックでは、外反母趾や手根管症候群、ばね指、関節リウマチ、それによる足部変形、腱鞘炎の日帰り手術をやっていますので、インターネットやクチコミで遠くから来る人もいらっしゃいます。「外反母趾の日帰り手術ができる」というので、三重県から来られた方もいましたね。外反母趾の手術については、当院では足の部分に伝達麻酔を行って手術をすることが可能となっています。本格的に骨を切って形成するのですが、この手術法で日帰りは全国でもあまり多くはないかと思います。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Shinnaka after
Yokohama after
Syonan after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細