全国のドクター9,411人の想いを取材
クリニック・病院 160,598件の情報を掲載(2022年8月14日現在)

  1. TOP
  2. 大阪府
  3. 八尾市
  4. 近鉄八尾駅
  5. 医療法人親和会 林医院
  6. がんの早期発見に役立つ内視鏡検査・超音波検査

がんの早期発見に役立つ
内視鏡検査・超音波検査

林医院

(八尾市/近鉄八尾駅)

最終更新日:2021/12/27

20210902 main 20210902 main
  • 保険診療

体調不良が続いたり、健康診断で異常が指摘されたりした時、多くの場合、医療機関では検査を勧められるが、「きっと大したことはないだろう」という思い込みや、「もし悪い結果だったらどうしよう」という不安など、さまざまな理由で検査を先延ばしにしている人はきっと少なくないはずだ。しかし、どのような疾患であっても「早期発見・早期治療」は基本中の基本。胃・大腸内視鏡検査や超音波検査など幅広い検査を行っている「林医院」の林慶紀院長は、検査による早期発見の大切さを伝えるとともに、検診結果の理解を深めるための説明に力を入れている。さらに定期的に検査を受けて自身の内臓や血管の状態を知ることが、生活改善につながると考える林院長に、同院での検査について聞いた。

(取材日2021年8月20日)

病気の早期発見につながる定期検診の大切さを知ってほしい。内視鏡・超音波など各種検査を提供

Q検査を受けることはなぜ大切なのでしょうか。
A
20210902 1

▲病気の早期発見のために定期検診の重要性について語る林院長

患者さんは何らかの症状や健康診断での指摘、家系に多い疾患の有無を調べたいなどの理由で来院されますが、検査は病気の早期発見はもちろん、不安を取り除くための一つの手段。本音を言えばすべての方に年1回は検査してもらいたいというのが私の考えです。内臓や血管は知らないうちに変化しているかもしれません。今は症状がなく、健康診断に異常がないという方も、すでに生活習慣病で通院されている方であっても、定期的な検査がきっかけとなって日々の健康づくりや治療へのモチベーションアップに大きく役立つと考えています。無理にお勧めすることはありませんが、検査のチャンスとタイミングを逃さないよう検診の大切さをお伝えしています。

Qこちらではどんな検査に対応していますか?
A
20210902 2

▲痛みや苦しさに配慮した胃・大腸内視鏡検査を行っている

心電図、エックス線検査、頸部・腹部・甲状腺などの超音波検査、胃・大腸内視鏡検査、骨密度検査、アレルギー検査など幅広く行っています。大切なのは、患者さんにきちんと状況を説明し、ご理解いただくこと。例えば超音波検査なら患者さんとともにモニターを見て、実況中継しながら説明しています。患者さんのご理解が深まって知識となり、健康への意識改革と生活改善につながれば、検査自体が治療の一環にもなり得ると思っています。また、技術的なことはもちろん、ガイドラインに則った各検査機器の衛生管理も徹底し、患者さんにとって安心でき、安全に配慮して検査をご提供できるよう努めています。

Q内視鏡検査について教えてください。
A
20210902 3

▲機器の殺菌など衛生面も徹底している

胃の内視鏡検査は、経鼻内視鏡・経口内視鏡をご用意しております。当院は八尾市の胃がん検診の委託医療機関の一つで、日本消化器内視鏡学会消化器内視鏡専門医資格を有している副院長と私が、ダブルチェックしながら診察しているのが特徴です。苦痛を少なくするための鎮静下内視鏡検査では、必ず看護師がバックアップに入り、万が一に備えての体制を整えております。もし鎮静レベルが不良であればその都度看護師が優しくお声がけするなど、苦痛が軽くなるようサポートしています。同じく八尾市がん検診に対応している大腸内視鏡検査では、日帰りでのポリープ切除術に対応しております。

Q超音波検査について教えてください。
A
20210907 4

▲常に丁寧な説明と患者の不安に寄り添う気持ちを心がけている

超音波検査では、甲状腺、肝臓・膵臓・腎臓・脾臓など内臓に対する疾患、また頸動脈も診ますので動脈硬化もわかります。また子宮筋腫や膀胱がん・前立腺がんなど婦人科・泌尿器科各領域もカバーできるよう日々鍛錬を重ねているほか、腹水があるかどうかなども診察することが可能です。当院の超音波検査の特徴は、先ほども申し上げたとおり、一緒にモニターを見ながら検査を進めていくこと。説明する際にはイラストを用いたり、図に書いてご説明したり、ゆっくりと丁寧に時間をかけて、しっかりご理解いただけるよう努めています。超音波検査は機器をあてるだけの検査ですから、気楽に受けていただけるものです。

Qどんな検査を受ければいいか、わからない患者さんも多いのでは?
A
20210902 5

▲迷ったときはまずは相談に来てほしいと語る院長

当院は総合診療を担う医院として「どこの科を受診すればいいかわからない」といった症状に対しても、専門にとらわれず幅広く対応しておりますので、まずはご来院いただければと思います。平均寿命と健康寿命の差は男性で約9年、女性で約13年といわれ、このギャップを埋めるのには医療が不可欠です。超高齢化に伴い増加している認知症に関しても、必要に応じ検査も含め専門の医療機関をご紹介させていただきます。生活習慣病は、患者さんご本人の努力および適切な治療を行えばほとんどのケースで改善が期待できます。治療や生活改善への意欲を引き出せるよう検査結果を詳しく説明するのはもちろん、改善のためのサポートもさせていただきます。

ドクターからのメッセージ

林 慶紀院長

どんな検査でも受けるときには緊張すると思いますし、悪い結果が出たらどうしようと考えるかもしれません。どのような結果であれ、私たちは改善につながるようにアドバイスやサポート、治療を行いますので、どうぞ恐れずに検査を受けていただければと思います。また通常の診療でも検査でも、不安なことや疑問があればどんな些細なことでもどんどんぶつけていただけるよう、質問しやすい雰囲気づくりも心がけております。患者さんご自身が気がつかないところを、診察や検査で見つけるのが私たち医師の役目だと考えています。「わかりやすく」をモットーにしておりますので、どうぞ気軽に検査を受けてみてください。

Access