医療法人凉庵会 整形外科 吉田クリニック

医療法人凉庵会 整形外科 吉田クリニック

吉田 研二郎院長、吉田 博一先生
頼れるドクター掲載中

72480  %e6%95%b4%e5%bd%a2%e5%a4%96%e7%a7%91%e5%90%89%e7%94%b0%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%8b%e3%83%83%e3%82%af

24年間積み重ねてきた実績により今の医院がある

―診療で心がけていることを教えてください。

【吉田院長】患者さんそれぞれの環境・価値観の違いから、痛みのない状態への治療法選択も変わってくるということを、常に念頭に置いています。日常生活の動作が楽になれば十分な方、旅行にも出かけたい方、ゴルフなどのスポーツも楽しみたい方など、望むクオリティ・オブ・ライフは十人十色ですからね。
【博一先生】理学・運動・薬物などの保存療法が適している方もいれば、手術などの外科的治療が必要になってくる方もいます。全身の状態を把握した上で、患者さんのライフスタイルに添った治療法を提案し、ご要望に応えられるように尽力しています。

―ところで趣味などリフレッシュ法はありますか?

【吉田院長】少年時代から工学的な興味が強く大学研究室の実験器具、オーディオの真空管アンプやスピーカーなど全部自作していました。料理も得意で、友人を呼んでディナーをふるまうこともあります。それができるのは妻のおかげですね。待合室の私をモデルにした絵は妻が描いたもので、当院の医事課全般・受付も担当して支えてくれています。
【博一先生】36歳のときにマラソンを始めて、大阪マラソンなどの大会にも参加するようになりました。レース前は週に2~3回、1月で200kmは走るので、勤務先の病院からジョギングして帰ることもよくあります。3時間近くかかりますけれど(笑)。他に、ロードバイクでの琵琶湖1周など、ロードレースにも出場しています。

―今後の展望を聞かせてください。

【博一先生】私は自身が走っているのでランナーが抱える症状なども的確にわかりますし、今後スポーツリハビリも展開していきたいと思っています。また、手術に踏み切れず諦めていた人たちのために新たな治療法の一つとして、将来、PRPなどの再生医療も提供できるように進めていきたいと考えています。
【吉田院長】開業以来、ただ横になって痛みを我慢する不自由な生活から抜け出すにはどうしたらいいか、さまざまな治療法を提案し、一人ひとりの患者さんに向き合ってきました。その積み重ねが24年の信頼となっていることは大きな喜びです。今後も多くの皆さんのお役に立てるよう、誠心誠意力を注いでいきます。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Shinnaka after
Yokohama after
Syonan after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細