一般財団法人 毎日ドクター

一般財団法人 毎日ドクター

山田 正樹理事長

66936

オーダーメイドの保険診療、受診後も思いやる健康診断

―新クリニックの保険診療の特徴について、教えてください。

保険診療では、問診を通して患者さんの主訴を丁寧に伺います。そして、エビデンスに基づき、お一人お一人に合う、オーダーメイドの医療をご提供しております。必要に応じて、一般内科、糖尿病の外来、痛風の外来、耳鼻咽喉科、眼科、皮膚科、婦人科、精神科といった複数の科でアプローチし、最適な診断治療をご提案いたします。また、栄養士による食事指導も積極的に行い、糖尿病や脂質代謝異常の改善に取り組み、私の日本医師会認定の健康スポーツ医を生かし、ストレッチや運動指導も取り入れています。ほかにも苦痛の少ない経鼻内視鏡を年間700件以上検査しており、ピロリ菌除菌治療に対応。保険診療にはコンシェルジュスタイルを導入し、ベテランの事務員や看護師が、受付や診察室前でご案内するので、初診の方もご安心いただけると思います。

―健康診断にも力を入れていると伺いました。

そうですね、企業健診を中心に人間ドックや名古屋市が実施している各がん検診など、健康診断に力を入れいています。健康診断のモットーは「気持ちよく、正確に、早く」。健康診断を受けた方の中で、緊急な精密検査が必要とされる方には、速やかに企業へ連絡をして、二次健診の受診を勧奨しています。見つかったリスクに対して、適切な保険診療を行い、場合によっては基幹病院への紹介まで一貫して行う。このような包括的なトータル医療は創設時から続けており、多くの企業さまから支持をいただいてます。また、当クリニックでは1965年から70・80代になっても健康的に社会に参加して、オンリーワンの人生を送ることをスローガンに個人の人間ドッククラブ(ゴールデンエイジクラブ)も立ち上げ、医学講演、懇親会なども行っています。

―先生の医療人としての心構えは、どのように生まれたのですか?

私の母方の実家は曹洞宗のお寺で、小学生の頃から日常的に「報恩感謝」「知足天」の教えを学びました。1度しかない人生の中で何をしようと考えた時に、自分の力量を最大限、世の中の役に立てたいと思い、加えて人と話すことが大好きだったこともあり、自然な流れで父と同じ内科の医師の道へ進みました。また、東京都保健医療公社豊島病院で研修医として勤務していた頃、私の指導医から「常に明るくコンスタントに診療をすることは自分自身のみならず、チーム医療の精度を高める」と学んだこと。そして、静岡県袋井市民病院勤務時代は、消化器内科部長から急患を処置する際に、「君の後ろには誰もいない全力で責任を持って、目の前の患者さんを助けなさい」と教えられたこと。両先生から医師としての大切な心構えを学ばせていただき、今も実践しております。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Dento after
Toneri after
Taito after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細