全国のドクター8,470人の想いを取材
クリニック・病院 161,469件の情報を掲載(2019年9月23日現在)

医療法人社団一医会 渡辺医院

医療法人社団一医会 渡辺医院

渡辺繁院長
頼れるドクター掲載中

医療トピックス

メニエール病・うつ病・ストレス
頭痛や耳鳴り、めまいなどの病気

医療法人社団一医会 渡辺医院

59039 mt 1 title 1447138705

誰しも、体調不良が長引くと不安になるもの。そういった悩みの原因として最近よく挙げられる症状が、頭痛や耳鳴り、めまいである。しかし、これらの症状はさまざまな病気が候補に挙げられるため、医師でも判断が難しいというのが実情だ。それを踏まえて、「医療法人社団一医会 耳鼻咽喉科 渡辺医院」では、耳鼻咽喉科の範囲だけでなく、他の科の病気である可能性も考えた診察を行っている。(取材日2015年10月14日)

頭痛・耳鳴り・めまいはさまざまな病気で起こるため、総合的な視点で診察することが重要

頭痛・耳鳴り・めまいについて、診察では何を聞かれますか?

59039 mt 1 q1 1447295300 ▲初診の際に使用する「めまいのチェック表」 当院では、初診の際に「めまいのチェック表」というものを書いていただきます。いつからめまいを感じ始めたか、どのくらいの時間続いたか、フワフワ・グルグルなど、どのようなタイプのめまいだったかといったことから、何をしているときに起きたのか、手足のしびれなど他の症状はないかまで、少し細かいことも書いていただきます。また、頭痛、耳鳴り、めまいは女性ホルモンとも関係がありますので、女性の方にはそういった点もお伺いしています。「疲れているから」「気のせい」と思い込んでいる人や、周りの人にそう言われてしまって我慢している方がとても多いのですが、こういった症状が長引いているときは一度いらしていただきたいですね。

どのような病気が一番多いのでしょうか?

59039 mt 1 q2 1447295300 ▲真摯に患者と向き合ってくれる先生 メニエール病というものです。これは内耳の三半規管という部分に水溜まる「内リンパ水腫」が起きることによって、耳が聞こえにくくなったり、めまいや耳鳴り、難聴が起きる病気です。原因はまだはっきりわかっていませんが、ストレスが溜まっているときや体調が悪いとき、不規則な生活が続いているときに起きやすくなるといわれています。めまい・耳鳴り・難聴発作を繰り返す期間と、ほとんど発作が起きない休止期がありますが、繰り返していると慢性的な難聴になることもありますので、早く治療を開始することが重要です。また、偏頭痛を合併する方も多いです。

メニエール病にはどのような治療が必要ですか?

59039 mt 1 q3 1447138705 ▲なかなか治らず気に病む前にクリニックに行きたい 主な治療法としては、まず薬で内耳の水を減らします。それから生活習慣を整えていきます。具体的には、お茶やコーヒーではなくお水を飲むようにすること、ストレッチなど軽い運動を取り入れること、規則正しい生活を心がけることです。また、めまいそのものについても効く薬がありますし、「いつめまいが起きるか心配で仕方がない」という方には、抗不安薬を使って気分を和らげます。なかなか治らず気に病んでいると、メンタルの病気を併発してしまうこともありますので、そういったことも遠慮せずにお話してください。

他に頭痛・耳鳴り・めまいなどが起きる病気はありますか?

59039 mt 1 q4 1447295300 ▲MRIなどをすすめられる場合もあるので医師に相談するのが大事 メニエール病以外では、良性発作性頭位めまい症や、片頭痛に伴う前庭型めまいなどがあります。しかし、たまに脳梗塞や聴神経腫瘍の症状の一つとして頭痛・耳鳴り・めまいが起きることもあるので、一度MRIを撮影することが望ましいですね。その結果によっては、脳外科や婦人科、メンタルクリニックなど、より適した科で診ていただくことをお勧めしています。問診の際、年齢や生活習慣、ストレスの有無、既往症などをお伺いするのも、耳鼻科以外の領域の病気かどうかを鑑別するためです。例えば、手足のしびれや舌のもつれなどがみられる場合は、脳疾患の可能性が高くなります。

メニエール病以外の病気はどのような治療をするのでしょうか?

59039 mt 1 q5 1447138705 ▲「前向きになることも治療」、クリニックへ気軽に相談に行こう 良性発作性めまい症の場合は、耳の中にある耳石というものがずれるときに起きます。ですので、どんな動きをしたときにめまいが起きるのかをよく思い出していただいて、その動きが問題なくできるようにリハビリをしていきます。リハビリといっても、ご自宅で簡単にできるものですので、頻繁に通院する必要はありません。また、症状が起きた日時を記録することで、客観的に自分の症状を受け止めることができますので、記録をつけていただいて、次回の問診の際に見せていただきます。そこからより適した薬を選んだり、別の科の領域が関わっている可能性があれば、他の病院をご案内します。

ドクターからのメッセージ

渡辺 繁院長

めまい・耳鳴り・頭痛で悩んでいる方のうち、4割はうつの傾向があると言われています。そのため、なかなか病名の診断がつかず、いろいろな科をたらい回しにされてしまい、さらにうつが進んでしまうということもままあります。当院では耳だけでなくメンタルや脳、婦人科系の病気などあらゆる可能性を考えた上で診察をしますので、こうした症状でお困りの方は、ぜひ一度いらしてください。まずはご自分の症状がどういった病気なのかを知り、ゆっくり生活改善をしながら治していきましょう。前向きになることも治療の一つですから、まずは気軽に医師へ相談することから始めてみませんか。

Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Denentoshi after
Bunkyo after
Chiba after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細