医療法人社団徳照会 いとう耳鼻咽喉科

医療法人社団徳照会 いとう耳鼻咽喉科

伊藤宏文院長

頼れるドクター

医療トピックス

2015年12月より保険適用開始
ダニの舌下免疫療法

医療法人社団徳照会 いとう耳鼻咽喉科

58806 mt 4 title 1450323710

一度発症すると、常に悩まされる数々のアレルギー。その根治治療として期待されているのが、「舌下免疫療法」だ。これまではスギ花粉の舌下免疫療法のみが保険対象になっていたが、2015年12月からダニの舌下免疫療法も保険の対象となった。まだ導入しているクリニックは少ないが、既に導入している「医療法人社団徳照会 いとう耳鼻咽喉科」の伊藤宏文院長に、この治療の特徴などを聞いた。(取材日2015年11月16日)

アレルギー根治の可能性がある治療法

ダニアレルギーの舌下免疫療法とはどのような治療ですか?

58806 mt 4 q1 1450323710 ▲舌下免疫療法について語る院長 液状の薬を舌の下に滴下することによって、アレルゲンのエキスを少しずつ体に入れ、体を慣らしていくという治療法です。こうすることによって、アレルギー反応のもととなっている細胞のバランスを整えることができます。体をアレルゲンに慣らすという治療法には皮下注射もあるのですが、舌下免疫療法のほうが痛みが少なく、自宅でできるという大きなメリットがあります。しかし、本当にダニによるアレルギーなのか、他のアレルゲンや病気の可能性はないかなど、慎重に検査・診断をすることが大切です。

他の治療法との違いや副作用について教えてください

58806 mt 4 q2 1450323710 ▲必ず医師の説明をよく聞いて行うこと まずは、舌下免疫療法は即効性のある治療法ではないということを理解して臨んでいただきたいですね。徐々に効果を感じられることが多いのですが、完全にアレルギー反応がなくなるまで、だいたい3〜5年ほどかかります。また、副作用として、口やのどのかゆみ、むくみ、不快感などが起きることがあります。実例は多くありませんが、アナフィラキシーショックや喘息のような症状が起きる可能性もあります。ですので、自宅でできるとはいえ、服用量や滴下方法、副作用が起きた際の的確な対処など、患者さんご自身に理解していただくことがたくさんあります。事前に医師の説明をよく聞いて、わからない点についてはしっかり質問をしてください。

治療を開始すべき時期は決まっていますか?

58806 mt 4 q3 1450323710 ▲治療開始時期が大事である ダニは梅雨から夏に繁殖し、秋に死骸が増えるというサイクルがあります。そのため、ダニアレルギーも秋ごろから発症する人が多いので、ダニの繁殖前である春頃から始めるのが理想的です。しかし、そのタイミングですと、花粉症とダニアレルギーをを併発している人は、なかなかダニアレルギーの舌下免疫療法を始めることができません。だいたいの方は、花粉症の治療を優先しますね。ですので、花粉症とダニアレルギーを併発している方は、花粉症の治療が終わった後、体調の良い時に始めていただければと思います。

他の治療と平行して受けられますか?

58806 mt 4 q4 1450323710 ▲院内掲示物で他の治療について説明している 残念ですが、ダニの舌下免疫療法は他の治療と平行して行うことはできません。アレルギーの治療に限らず、他の病気を治療中であったり、妊娠中の方、授乳中の方、子ども、気管支喘息・悪性腫瘍・免疫系の全身疾患がある方は見送っていただいています。普通の人より抵抗力などが落ちていることが多いので、不測の事態が起こることを防ぐためです。口の中に薬剤を滴下しますので、抜歯などで口腔内に傷がある方も時期を見計らう必要があります。他にも舌下免疫療法を避けるべき病気がありますので、問診の際には治療中の病気や現在の健康状態などを詳しく教えていただきたいと思います。

ダニアレルギーを抑えるために生活の中でできることはありますか?

58806 mt 4 q5 1450323710 ▲ダニが繁殖しやすい布団を乾燥させることが大事 ダニの生体・死骸・フンをできるだけ物理的に取り除くことですね。気温が20℃程度になるとダニが繁殖しやすくなります。一番繁殖しやすいのは布団ですので、布団乾燥機を使ったり、天日干しを小まめにするといいでしょう。その際、ダニは50℃で死ぬといわれていますので、布団全体がその温度になるように気をつけないと、効果が半減してしまいます。例えば、布団乾燥機であればきちんと全体が温まっているかどうかをチェックしたり、天日干しならば両面を日に当てるなどです。同様に、掃除機をかけるときも一度だけサッとかけるのではなく、同じ場所に複数回かけるようにすると、より確実にダニを取り除くことができます。

ドクターからのメッセージ伊藤宏文院長

舌下免疫療法は時間がかかること、実施できない方も多いことといったデメリットもありますが、今のところアレルギーを根治できる可能性がある治療法です。今回保険対象になったことにより、他の治療法でなかなか効果が見込めない方や、舌下免疫療法へ挑戦してみたい方に、より身近なものになったのではないでしょうか。花粉症など他のアレルギーや他の病気の治療との兼ね合いを考え、適切に利用していただければと思います。他の治療法と比べて費用がかさむということもありませんので、ご興味のある方はお気軽にご相談ください。リスク面も含めて、しっかりとお話をさせていただきます。

Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Yokohama a
Shonan a
Shinnakasugi a
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細