医療法人社団恵眼会 滝澤眼科

医療法人社団恵眼会 滝澤眼科

佐久間 葉子院長

頼れるドクター

58722

全力で診療に取り組み、一人ひとりにじっくり向き合う

―現在も順天堂大学医学部附属浦安病院と連携して診療を行っていると伺いました。

より専門性の高い治療や検査が必要な患者さまを浦安病院へご紹介しています。幸い、私の夫はそちらで眼科の医師を務めています。ご紹介後も夫を通じて、患者さまの容体を把握できるので、治療や検査を終えて当院に戻ってこられた方のケアをスムーズに行うことができるんです。患者さまにとっても、通い慣れた当院のほうが何かと気兼ねがいらないのでしょうね。浦安病院で聞きそびれてしまったことを、診察中に尋ねていかれます。大きな病院だと「先生や看護師さんは忙しそうだから」と遠慮して、質問を控えてしまうのかもしれません。大学病院でできることと当院でできることは違います。それぞれの良さと役割をきちんと見極め、今後もより密接な「病診連携」を図って、診療にあたりたいと考えています。

―旦那さまはこちらで白内障の日帰り手術を担当していると伺いました。手術を受ける際の注意点はありますか?

白内障は、術前・術後に抗生物質や消炎症剤などの点眼が必要になってきます。点眼を忘れると、眼内炎になって最悪の場合は失明に至るケースもあるからです。物が歪んで見える嚢胞様黄斑浮腫(のうほうようおうはんふしゅ)を発症することも考えられます。また、術後は慎重に経過観察をしていくため、日帰り手術を受けた方には一定期間、毎日通院していただいています。万が一何かあったときは、速やかに受診していただきたいですね。一人暮らしの方や足の不自由な方は、いざというときにすぐに診てもらえるよう入院して手術を受けられたほうが安心かもしれません。日帰り手術と入院手術、それぞれにメリットがありますので、生活環境や状況に応じて使い分けていただければと思います。

―最後に、読者へのメッセージと今後の展望についてお聞かせください。

一人ひとりの方にじっくり向き合って診療を行っているため、お待たせすることが多いとたいへん心苦しく感じています。特に初診の方が多い日は、生活環境やご質問などを詳しく承っている関係で、どうしても診療に時間がかかってしまいます。それにも関わらず、当院を選んでお越しいただいていることに、この場を借りて改めて感謝申し上げます。お待たせしている分、スタッフともども全力で診療に取り組めるよう努めています。私が言うのもなんですが、当院のスタッフは皆、優しい人ばかり。患者さまからも気さくに言葉をかけていただいています。最近は、スタッフ教育に一層力を入れ、咄嗟のケースにも対応できるよう勉強会の数を増やしました。今後も医療のクオリティを高め、地域の皆さまから「ここへ来て良かった」と言っていただける眼科医院であり続けたいですね。

記事更新日:2017/11/21

標榜の診療科目を同じ行政区・駅で探す



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Seta after
Minato after
S after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細