全国のドクター8,456人の想いを取材
クリニック・病院 161,439件の情報を掲載(2019年10月22日現在)


求人情報ON
坂井眼科

坂井眼科

坂井 美惠 院長、坂井 潤一 先生

57928

眼科を中心とした総合診療医的存在として活躍

―眼科領域だけでなく全身疾患との関連にも注意して診察されているそうですね。

【美恵院長】糖尿病網膜症がよく知られていますが、目の症状は身体の他の部分の病気とつながっていることも多いのです。これまで私が度々見かけたのは、視野が欠けてきたので緑内障だと思われて来院された患者さんで、よく調べてみたら脳腫瘍だったというものです。目の機能には異常がなくても目で捉えた画像を脳で認識しますから、脳腫瘍で脳の機能の一部が失われると視野が欠けたりするのです。同様に目の疾患から全身疾患を見つけることは案外多いんですよ。専門性の高い医師は豊富な知識や技量を持ち、頼もしい存在ですが、ともすれば専門外の疾患には疎かったり、専門分野に集中するあまり全身疾患に意識がいかなかったりする場合もあります。私たちは眼科を入口に、目の病気はもちろん全身疾患も視野に診察し眼科を中心とした総合診療をめざしています。

―診断後はどのように治療が進みますか?

【坂井先生】当院で診断をつけた後は、きちんとご説明し、患者さんに理解していただいた上で、最善の治療を心がけています。その際、より専門性の高い治療が必要と判断した場合には、信頼のできる専門家の医師にご紹介しています。患者さんにとって何が最善かを最優先に、必要とあれば、当院で抱え込むことなくその道の達人の力をお借りしています。現在、私は大学病院に兼任教授として在籍しております。そのため、大学病院と強いつながりがあり、他科を含めたご紹介に役立っております。

―丁寧でわかりやすい説明は、患者さんからも評価が高いポイントだと思いますが。

【美恵院長】やはり体のどの部分であっても、調子が悪くなってくると気持ちも落ち込みますし、自分の体のことを理解できなければ不安が募って当然です。きちんと病状を理解するだけで治療成績は変わってきます。だからこそ丁寧な診察や、わかりやすい説明というのが重要なのです。

標榜の診療科目を同じ行政区・駅で探す



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Denentoshi after
Bunkyo after
Chiba after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細