学校法人 日本医科大学千葉北総病院

清野 精彦院長

48844 df 1 main 1444817481

成田空港の手前に位置する印旛日本医大駅。気持ちのいいのどかなこの場所にあるのが、日本医科大学の5番目の付属病院として1994年に誕生した「日本医科大学千葉北総病院」。20年以上の間、地域の高度急性医療を担ってきた中核総合病院だ。特色とするのが、わが国で先駆けて設立したドクターヘリ事業を最大限に活用した「救急救命、脳卒中、循環器救急」などの高度急性期医療。搬送した患者数は2015年4月で1万人を超え、わが国の搬送数の1割を超える多さ。同大学出身で2015年1月から院長を務める清野精彦(せいのよしひこ)先生に、病院の特色や、2015年度新たに選定された「地域がん診療連携拠点病院」、「外国人患者受入れ拠点病院」の展開などについて話を聞いた。
(再取材日2017年4月10日)

日本で先駆けてドクターヘリ事業を導入

―貴院の成り立ちからお聞かせください。

1994年1月、日本医科大学5番目の新進気鋭の大学病院として開院しました。日本医科大学は救命救急医療が大きな特色として評価されており、当院も開院当初から地域中核病院としての機能を基盤に、「救命救急、急性期脳卒中、心臓血管循環器救急などの高度急性期医療」を積極的に展開。2001年、わが国で先駆けてドクターヘリ事業を導入しました。ヘリが飛べない深夜の時間帯はラピッドカーを運用し、24時間対応に全力を尽くしています。2015年からは「地域がん診療連携拠点病院」と「外国人患者受入れ拠点病院」の役割も加わり、3つの特徴的な「医療拠点病院」の機能を担っています。さらに、県内の基幹災害医療センター(災害拠点病院)として、大災害時には、迅速・効率的に災害対策医療体制を整えるのも当院の任務。年に1回、地域の消防、救急隊、警察、ボランティアの皆さんと一緒に大災害訓練を行い、危機管理に備えています。

―ドクターヘリの患者層、エリアをお聞かせください。また先駆けならではのご苦労もあったのではないですか。

交通外傷、やけど、脳卒中、心筋梗塞、重症心不全、急性大動脈解離など、緊急を要する患者さんに対応してきました。搬送エリアも千葉県内だけでなく茨城県などに及びます。東日本大震災の際には、当院ドクターヘリや災害派遣医療チーム(DMAT)が、福島や石巻などで救急医療活動を展開。私は日本医科大学附属病院(東京都文京区)在任中には心臓集中治療室(CCU)に勤務していましたが、疾病発症から病院収容までの時間は都内よりも明らかに早いのが特徴です。千葉県はもちろん、茨城県でも10〜15分以内で搬送。時間が勝負といわれる疾病には、ドクターヘリの恩恵は大きいでしょう。ドクターヘリには、訓練を受けて資格を取得したドクターとナースが乗り込みます。立ち上げ当初は、資金や安全飛行、患者さんをピックアップする場所の確保に苦労したそうです。国、千葉県、印西市の補助、救急隊、関係諸機関との連携強化により今日に至っています。

記事更新日:2017/04/20

標榜の診療科目を同じ行政区・駅で探す



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Seta after
Minato after
S after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細