全国のドクター8,453人の想いを取材
クリニック・病院 161,432件の情報を掲載(2019年10月15日現在)

医療法人社団紺整会 船橋整形外科病院

白土 英明 副院長

99999 %e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%8b%e3%83%83%e3%82%af

整形外科の専門施設として多くの地域住民から信頼を得ている「医療法人社団紺整会 船橋整形外科病院」。副院長として開設以来、長きにわたり同病院の整形外科医療を牽引しているのが白土英明先生だ。白土副院長は、整形外科の中でも特にスポーツ医学やスポーツリハビリを重要視してきたそうだが、その結果、同病院にはアスリートも数多く治療に来ている。専門の股関節外科では、筋肉を傷つけることなく筋肉を分けるだけで人工股関節を適切な位置に設置する前方進入法という画期的な手法を日本で早くから導入したことでも知られる。診察の際は、単に疾患だけでなく患者その人全体を診るよう心がけていると話す白土副院長。その穏やかな話しぶりから、体の機能回復を少しでも早くと願う優しさが感じられる。そんな白土副院長に同病院の特徴について聞いた。
(取材日2017年10月11日)

低侵襲手術やリハビリで早期機能回復めざす

―病院の成り立ちについて教えてください。

当病院は1989年、私含め3人の整形外科の医師で立ち上げたのが始まりです。整形外科の中でもスポーツ整形やスポーツリハビリテーションを主とした医療を提供しようというのが当初の目的でした。当時、こういった分野を行う所はほとんどなく、スポーツ医学の発展に寄与したいという思いがあったのです。飯山満を選んだのは、ちょうど船橋市の真ん中に位置しているからです。最初は19床でしたが、その後増床し、2005年には増築して70床になりました。その間、老人保健施設や西船クリニック、船橋中央眼科など関連医療施設を設立しています。そして2017年に、すぐそばに「船橋整形外科クリニック」をオープンしています。もう30年たっていますので設備も古くなり、動線も悪かったため、クリニックと病院部門を分けようということで新設しました。クリニックでは、外来、検査、リハビリテーション、病院は手術、入院、管理部門を担当しています。

―病院の理念はどういったことでしょうか。

私たちの得意とする整形外科分野において地域に密着した医療、高度で専門的な医療、スポーツ整形外科医療を大きな柱としてニーズに即した医療を提供することです。地域医療においてはご高齢の方々の慢性疾患、例えば骨粗しょう症や変形性膝関節症などチーム医療で対応しています。手術に至る前に症状を改善、予防することが大切ですので、リハビリテーションにも力を入れています。船橋市は今も人口が増えていて、学生や子どもたちもとても多い地域です。そういった若い世代へも整形外科医療を提供しています。専門医療は、関節、脊椎・脊髄、人工関節などにおいて当病院ならではのできるだけ負担の少ない手術を行っています。さらに、スポーツ医学、スポーツ整形分野では、開設当初より力を入れており、現在では、野球や体操、バスケット、相撲など幅広い分野のアスリートたちがリハビリ治療やメンテナンスに来ています。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Denentoshi after
Bunkyo after
Chiba after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細