冨沢産婦人科こどもクリニック

冨沢産婦人科こどもクリニック

冨沢敦子院長

頼れるドクター

医療トピックス

産婦人科医師が、同性の目線から
女性アスリートをサポートする

冨沢産婦人科こどもクリニック

自由診療

4

女性アスリートにとって、月経は悩みの種の一つ。せっかく厳しい練習を頑張ってきたのに、大事な大会当日に生理を迎えてしまい、本来のパフォーマンスが発揮できないこともある。そんな女性アスリート特有の困りごとに対処してくれるのが、「冨沢産婦人科こどもクリニック」の糸氏明子(いとうじ・あきこ)副院長。糸氏副院長は自身が現役のランナーである経験を生かして、世界の舞台をめざすような選手から部活に励む中高生まで、女性アスリートたちをピルなどを用いてサポートしている。整形外科の医師がスポーツドクターを務めるケースは多いが、ここでは女性ならではの悩みを産婦人科で診てもらえる。(取材日2018年4月10日)

現役ランナーの産婦人科の女性医師。ピルの有効活用も、女性アスリートのパフォーマンス向上に役立てる

産婦人科の領域からアスリートをサポートしているそうですね。

1 ▲現役のアスリートでもある糸氏先生 自分から前面にアピールしているわけではないのですが、私自身が陸上をしている関係でクチコミで話が広まり、高校や大学の陸上部の監督さんや担当者の方から直接ご依頼をいただき、その関係でアスリートの方が来られるようになりました。国立スポーツ科学センターの先生とディスカッションしながら、パフォーマンスを落とさずに、将来の妊娠、出産に差し障りがないように月経やホルモンバランスを整える治療を行っています。ほかには選手の寮に行ってコンディショニングや月経など、女性アスリート向けの講演会を行ったりしています。また、メンタルの面の相談にも応じています。

スポーツに科学的な考えが入り、医師としての関わりに変化は?

2 ▲それぞれの選手に寄り添った診療を行う 科学が入り、アスリートの意識も変わってきましたね。昔は月経がなくなって一人前、あるうちは練習が足りていないという考え方もありました。でも今は女性ホルモンが少ないと、疲労骨折を起こしやすいなど、故障が増えることがわかっています。痩せることで一時的にパフォーマンスが良くなっても、選手生命を長い目で見ると、タンパク質やカルシウムなど必要な栄養素が不足していると、筋肉や骨の修復力、回復力に影響が出てくる。それで故障を起こしやすくなったり、疲れが溜まりやすくなったりすることが科学的に証明されています。それらを理解しているアスリートや指導者の方が増えたので、こちらとしてもアドバイスがしやすくなりました。

具体的には、どのようなサポートをしているのですか?

3 ▲ピルを使ってベストなコンディションへ まずは子宮や卵巣、それに血液、ホルモンバランスなどを検査して、その方が今どのような状態にあるかを把握します。若い選手にはまず内診は行わず、エコーやMRI診断をします。治療が必要になれば基本的な治療法を軸にして、それぞれのアスリートが優先しているものを盛り込みながら進めていきます。例えばサッカーの場合は毎週、試合があります。それをどう避けて月経を持っていくのか、治療をするかといったことですね。ホルモン治療は大なり小なり、パフォーマンスに影響することもあります。薬を使わざるを得ないこともあるので、それをどこで使って、大事な試合にはベストコンディションで臨めるかの兼ね合いを相談しながら行っています。

ピルを使って、月経周期を調整することもありますか?

4 ▲丁寧に話を聞きメンタル面でもサポートしてくれる はい。重い生理を抱えながら、試合や合宿の日を迎えるのを避ける、そのためにピルを用いることは、今では国立スポーツ科学センターでも勧められています。高校生や大学生の若いアスリートの母親世代はピルに抵抗をお持ちの人も多いですし、選手本人も「ピルは避妊のためのもの」という意識を持たれている方が多くいます。そんな方にはしっかりご説明をした上で、ご本人の意思を尊重しています。2012年のロンドンオリンピックの時点で海外選手の半分以上は、自分でピルを用いて調整していましたが、当時の日本は10%未満。それが最近では国内の一流の選手も使っていますし、ここ数年でピルを使用する女性アスリートは増えてきています。

女性アスリートがピルを上手に活用するために気をつけることは?

 5 ▲保険・自費とさまざまな種類があるピル 使用を始めてなじむまでの3ヵ月くらいは、不正出血や体重の変動があったりおなかが痛くなったりなど、重症化するものではありませんが多少の副作用はあります。そのことを踏まえて、始めるタイミングは大事なシーズンや大会の直前ではなく、時期を逆算して始めるのがベストです。私のところにご相談に来られた方とは、最初の数ヵ月は競技に影響しない時期を話し合って選んでから始めています。正しい知識を持って使えば、ピルは女性アスリートのパフォーマンス向上に寄与すると思います。もちろんドーピングの対象にもなりません。また、スポーツ選手だけではなく、一般の患者さんが快適な生活を送るのにもピルは役に立てられるんですよ。

料金の目安

自費でのピル処方 3240円

ドクターからのメッセージ

糸氏明子副院長

ひとくくりにスポーツと言っても、それぞれの競技の特性はさまざまです。マラソンのような持久系、フィギュアスケートや新体操に代表される審美系、それと体重による階級スポーツは必ず体重制限がありますので、その中でコンディションを整えていくことが必要です。空手や射撃のように集中力が必要な競技は、生理によって集中力を欠くこともありますし、サッカーのように毎週試合がある競技もあり、本当にケースバイケースです。当院はそれぞれのアスリートの方のお話を伺いながら、オーダーメイドの診療を進めています。何かお困りのことがありましたら、気軽にご相談ください。

Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Setagaya after
Minato after
Saitama chu after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細