ほうじょう歯科医院 新日本橋

ほうじょう歯科医院 新日本橋

北條弘明院長

マイクロスコープを使い精度を高めた
予防につながる根管治療

ほうじょう歯科医院 新日本橋

自由診療

4

歯の健康状態は生活の質に直結するだけに悩みの大きいもの。中でも細かくて複雑な歯の根の部分を治療する根管治療は、満足いく治療を求めてさまざまな歯科医院を訪ね歩く患者の多い分野だという。そんな根管治療において治療の精度を高めるためには、マイクロスコープを用いる方法がある。日本橋にある「ほうじょう歯科医院」の北條弘明院長は、開院当初からマイクロスコープを用いた根管治療に熱心に取り組み、遠方から訪れる患者や歯科医院からの紹介患者も多い。現在も継続してマイクロスコープを用いた治療の技術を磨き続ける北條院長に、マイクロスコープを用いた根管治療について、詳しく聞いた。(取材日2019年2月27日)

検診・治療前の素朴な疑問を聞きました!

根管治療とはどのようなものでしょうか?

根管治療とは根尖性歯周炎(こんせんせいししゅうえん)の治療と予防を行う施術のことです。菌に侵されてしまった歯の根っこの一番先端の部分を治療し、精度を重視した治療を行うことで再発や新たな疾患部分を生まないように予防へとつなげることをいいます。歯の根っこ部分である根管部分はとても狭く複雑な形状をしており、肉眼での治療の場合は歯科医師の経験や勘が頼りになりますが、マイクロスコープを用いれば実際の根管部分をきちんと見て確認しながら治療が行えますから、治療精度は格段に上げられると言えます。またマイクロスコープを使えば、患部の範囲も見極められますので、削る部分を必要最小限に抑えることもできます。

マイクロスコープを用いることのメリットは何でしょうか?

マイクロスコープを用いることで肉眼では見ることのできない患部を、実際に見て治療することができますから、適切かつ最小限の範囲内での治療が行えます。削る部分を最小限に抑えられますので、抜歯が必要と言われた患者さんでも治療範囲を限定することで歯を残せることにつながる場合もあります。当院にも抜歯を避けたい一心で、なんとかならないか、と相談に来られる患者さんもたくさんいらっしゃいます。

こちらの歯科医院での治療の特徴はなんですか?

私は開業前からマイクロスコープを用いた治療に取り組んできました。現在では当院に来院される患者さんの8割以上が、マイクロスコープを用いた精度重視の根管治療を求めて来院された患者さんです。しかし精度重視の治療ができる一方で、マイクロスコープを用いた根管治療は歯科医師の技量が問われることも事実です。そのために日々訓練が欠かせませんし、私は定期的に勉強会や講習会で技術力を高める努力をしています。また当院ではマイクロスコープで治療中の様子を写真やビデオで撮影し、治療中でもご確認いただきながら治療を進めていきます。

検診・治療START!ステップで紹介します

カウンセリング

客観的な症状だけでない患者の希望をくみ取るため、まずは患者の訴えや要望をしっかりと聞くことから診療はスタート。患者の治療に対する希望と、歯科医師の視点から見た治療提案をすり合わせ、より満足いく治療につなげることを第一目標としている。平均30分程度かけてじっくり相談。

初期検査

歯周病検査やエックス線撮影など、患者の訴えに応じて必要な検査を行う。患者の被ばく量を最小限に抑えるために、必要な時のみCT検査を行うようにしているそう。治療前のこの段階で、マイクロスコープを用いて患部を詳細に観察することもある。

診断・治療の事前説明

検査後、実際のエックス線画像などを見ながら治療計画について説明。根管治療を行う根尖性歯周炎は自覚症状がない場合も多いので、実際の様子を見て一緒に症状を確認できるようにしているという。また、できる限り専門用語を使わずにわかりやすい説明を心がけているそう。

マイクロスコープを使った根管治療

患部以外への細菌の飛び散りなどを防ぐためにラバーダムという保護対策を行い、治療開始。マイクロスコープを使い、根管の細部までしっかりと確認しながら治療を進める。根管から神経などを取り除き、菅の中の細菌や汚れを徹底的に除去することで再発を防ぐ。1回あたりの予約時間は平均90分。

定期的にメンテナンス

治療後の再発を防ぎ、歯の健康を維持するためには定期的なメンテナンスが重要だ。基本的には3ヵ月ごとだが、口腔内の状態によっては半年間隔になることも。

料金の目安

※自由診療の場合 前歯/5万円 小臼歯/7万 大臼歯/9万

ドクターからのメッセージ

北條 弘明院長

歯科治療は施術者、つまり担当の歯科医師によって診断も結果も異なります。特に根管治療は難易度の高いものも多く、熟練の腕を要します。歯の疾患はほとんどの場合、自然治癒は期待できず、一度削ってしまった歯は元に戻ることはありません。だからこそ精度にこだわり、治療範囲を最小限にとどめた治療が大切なのです。患者さんにはぜひ、当院を最後の歯科医院にできるよう、悔いのない治療を行っていただきたいと願っています。何か疑問に感じたら、セカンドオピニオンでも積極的にご活用いただき、何でもお気軽にご相談ください。

Access