プルメリア歯科

福田晃久先生、高根 努先生

41107 df 1 main 1412580567

東西線・行徳駅南口から2分ほど歩いた所にあるスーパーの2階に、「プルメリア歯科」を訪ねた。周辺には大型店などの商業施設も充実し、買い物のついでなどにも気軽に通えるクリニックだ。院名の「プルメリア」はハワイのレイなどにも使われる花の名前。院内には、プルメリアの花びらを思わせる鮮やかなピンクもアクセントに使われ、明るく清潔感あふれる雰囲気だ。福田晃久先生と高根努先生は、大学時代には先輩後輩として一緒に学んだ間柄。互いの治療に対する考え方が一致して、ともに開業するに至ったという。「患者一人ひとりにとって、より良い治療を提供する」という共通の目標を持って日々の治療に臨む2人から、子ども時代や趣味の話などプライベートも含めて、じっくり話を聞いた。
(取材日2014年7月23日)

志の同じ仲間とともに、めざすのは「透明感のある治療」

―まずは、お2人で開業された経緯を教えてください。

【福田先生】高根先生とは、大学時代からの友人なんです。2人とも東北大学歯学部出身で、学年は違ったのですがテニス部で一緒で、当時は家も2軒隣。大学時代は一緒に行動することが多かったですね。卒業後は東京医科歯科大学口腔外科に勤めたのですが、ここも同じ(笑)。開業を考えた時、いちばん最初に頭に浮かんだのが、縁もあって、気心も知れた高根先生のことでした。開業にあたって、自分の考える理想の治療を実現したいという思いがあったのですが、彼とはそういう考え方も一致していましたから。
【高根先生】僕ら2人以外の歯科衛生士のスタッフも、治療に対する考え方やめざす方向性が同じで、そこから「一緒にやろう」という話になったんです。根本的な部分が一致している人間が集まっているのは、当院の強みの一つだと思っています。スタッフ同士の意見の交換もスムーズですし、患者さん一人ひとりにとってより良い治療を提供したいという共通認識のもとで、治療に臨めますから。

―病院名の由来について教えてください。

【福田先生】ハワイのレイなどにも使われる花「プルメリア」から付けた病院名です。実はこれ、スタッフの1人である歯科衛生士が出した案で、スタッフ全員による多数決でこれに決まったという経緯があります。スタッフみんなハワイが好きという理由もあって、この名前が選ばれました。僕らが出した案は、却下されてしまいましたね(笑)。こういった部分も、スタッフ間の風通しが良い当院ならではかなと思っています。

―治療にあたって、心がけているのはどのようなことでしょうか?

【高根先生】まずは患者さんをお待たせしないことです。患者さんの中には、仕事を早く切り上げてくださっている方や、スケジュールを無理して空けてくださっている方もおられます。予約を取っていただいた以上、まずは時間を守り、その上でいただいた時間を最大限有効に使って治療を行うことを第一に考えています。
【福田院長】それに加えて、治療に対する透明感を大切にすることですね。「歯医者は怖い」といったイメージをお持ちの方もおられるかと思うのですが、そういった方の中には、何の説明もなくいきなり削られたとか、治療代が想像以上に高くて会計の時にびっくりしたとか、そういった経験をお持ちの方も多いのではないかと思います。当院では、治療方針や費用などに関して、患者さんとしっかり相談しながら進めることを大切にしています。特に最初に来院いただいた際には、患者さんのご要望をまずはじっくりと伺います。歯の治療において、「これが絶対にいちばんいい」というものはありません。費用や効果を考えると、必ず一長一短ありますから。その中で患者さんの要望に応えられる選択肢をいくつか提案して、最終的には患者さんに決めていただくよう心がけています。

記事更新日:2016/01/24


Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Dento a1
Toshima a1
Taito a1
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細