さこう眼科

さこう眼科

酒匂 丈裕院長

頼れるドクター

41047 df 2 main 1451292522

失明を食い止めるため、早期発見に取り組む

―内装のこだわりや完備されている検査機器についてご紹介ください。

内装は患者さんができるだけリラックスできる雰囲気にしたいと思い、明るい色の木目調にしました。検査機器は大学病院レベルの新型機器を揃えました。新型の検査機器は検査の正確さや時間短縮などの部分で、患者さんへの負担軽減に直結しますので、積極的に導入しています。例えば目の奥の視神経が弱り、視野の範囲が徐々に狭まってくる緑内障という病気があります。ゆっくり進行する病気のため、自分では症状に気付きにくく、疲れ目がひどくなって受診した際に見つかることも多いです。最新の調査によれば失明の原因第1位で、40歳以上の20人に1人がかかっているといわれていて、以前の検査機器では目の奥の写真を撮影する機能しかなく、写真だけでは神経が弱っているかどうかまでわかりませんでした。それが新型機器のOCT(光干渉断層計)ならば、わずか1秒ほどで目の奥の写真撮影が済み、しかもその写真を見れば神経が弱っているかが瞬時にわかるんですよ。当院では今まではわからなかった、ごく初期の段階の病気も見逃さないために導入しましたので、病気が心配な患者さんにも好評です。

―レーザー治療もしていただけるのですね。

網膜剥離や網膜裂孔のレーザー手術を頻繁に行っています。目の中に何か黒い物が飛んでいるように見える飛蚊(ひぶん)症の患者さんの眼底をチェックしてみると、網膜裂孔といって目の奥の網膜に穴が開いていたり、その穴から入った水が溜まって網膜剥離になっていたりするケースがあります。穴が開いているだけならレーザー手術で済みますが、網膜剥離に進行して、放置していると失明してしまいます。ちょっとでも目に異常を感じたら、ぜひ眼底検査を受けて病気がないかどうかを確認していただきたいと思います。早期に見つけて進行を食い止めることが何よりも重要で、当院では病気が見つかった際にはすぐに進行を食い止めるべく、即日レーザー手術で治療しております。

―診察ではどんなことを心がけていますか?

患者さんには、「ここのクリニックに来てよかった」と笑顔で帰っていただきたいので、患者さんの不安や心配が完全になくなるまで、とことん向き合う診療を心がけています。症状があると、「自分は病気なのかもしれない」と心配になりますし、万が一、病気だった場合はいつ、どこで、どんな治療を受ければいいのか不安でいっぱいになるでしょう。心配や不安の度合いは患者さんによって違いますし、知りたいことも変わってくると思いますので、まずは患者さんとのコミュニケーションを大切にし、会話のキャッチボールができる医師でありたいといつも思っています。小さなお子さんを診るときには、出来るだけ泣かれずに診療できるよう努力しています。泣かれてしまうと目の状態の把握も、充血がひどくなったりして難しくなりますからね。アニメのキャラクターグッズを診察室にたくさん置いたり、治療中にできるだけ声をかけたりしています。現在は私自身にも小さい子どもがいますから、子どもの心が理解できるようになって、少し接し方も上達したかなと思っています。

標榜の診療科目を同じ行政区・駅で探す



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Odakyu after
Musatama after
Chiyochu after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細