求人情報ON
オーラルデンタルクリニック川崎

オーラルデンタルクリニック川崎

藤井 秀朋院長

41040 %e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%a9%e3%83%ab%e3%83%87%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%ab%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%8b%e3%83%83%e3%82%af%e5%b7%9d%e5%b4%8e2

口腔は一つの臓器。多角的に診断・治療できる力が重要

―診療方針について教えてください。

患者さんが納得するゴールに向けて、その方と相談しながら効率よく治療を進めることです。患者さんが納得されないまま治療を進めて、そのまま治療終了となることが、最も良くないと思っています。ですから、患者さんが理解・納得されるまでじっくりと話し合うようにしていますね。今はたくさんの治療法の中から、自分に合う方法を選べる時代。それぞれの治療法について丁寧に説明して、患者さんが確信を持って選べるようにすることが大切だと思います。そのためには、口腔内写真やエックス線画像などをお見せして、まず現状を正しく理解していただかなければいけません。よく「歯医者で歯を抜かれた」などと言いますが、「抜いてもらった」と思ってもらえるのが本来の形です。それが「何々された」となってしまうのは、患者さん側の理解不足、そして歯科医師側の説明不足、双方に原因があるのでしょう。その溝を埋めるための時間はとても重要だと思います。

―こちらでは幅広い診療に対応しているのですね。

口腔は28本の歯と歯茎、骨、舌などで構成されている一つの臓器です。歯科診療の領域としては、矯正、審美、義歯、歯周病などと細かく分類されていますが、口腔内ではそれぞれ深い関連性があるのです。例えば歯周病予防のために矯正治療が必要となったり、インプラントも予防歯科の長期的観点から必要となったりする場合もあります。また、嚥下機能や咀嚼、発音機能などの口腔機能回復も歯科医療の範疇に含まれます。そういったあらゆることに対応できないと口腔のスペシャリストとはいえないのではないでしょうか。口腔全体を多角的な観点から診断でき、どのような症例でも高い技術をもってオールラウンドに治療できること、またそれによって口腔全体を管理できることが重要だと考えています。もしも歯科医師に何か不得手な分野があって、正しい診断、最適な治療ができないとあれば、それは患者さんにとって不利益なことだと思うのです。

―予防についてはどのような取り組みをなさっているのでしょうか。

まずデンタルIQを高めることが予防歯科の基本であると考えています。行為の前に、予防の概念を持つことが重要ですね。概念を持つことが、意識の変化につながると思うのです。そして意識が変化すれば、歯科に関する基礎的な知識も頭の中にすっと入っていくでしょう。そうして身についた歯科の知識はとても大きな財産になると思います。そしてそれらを、お友達などにもどんどん伝えていってほしいですね。また、歯科医療に対する判断力も大切です。今はインターネット上にさまざまな情報があり、誤った情報も多いのが現状です。あやふやな情報に右往左往している方が多いように感じます。患者さんをはじめ、地域の方々に歯について正しい知識を持ってもらい、判断力のレベルが上がるようさらに努めていきたいですね。

自由診療費用の目安 自由診療とは 自由診療とは

インプラント治療(1本)/臼歯 38万円~、前歯 40万円~
矯正治療/1ブロック 15万円~、全体 90万円~



Access