全国のドクター8,918人の想いを取材
クリニック・病院 161,010件の情報を掲載(2021年12月07日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 港区
  4. 新橋駅
  5. あおぞらクリニック新橋院
  6. 新型コロナウイルス感染症のPCR検査当日中にも結果が確認可能

新型コロナウイルス感染症のPCR検査
当日中にも結果が確認可能

あおぞらクリニック新橋院

(港区/新橋駅)

最終更新日:2021/10/12

Main Main
  • 自由診療

昨年より国内外で猛威を奮っている新型コロナウイルス感染症。自分自身や家族が感染していないかと日々、心配している人も多いだろう。そして、「PCR検査は、その時点で新型コロナウイルスに感染しているかどうかを調べるには有用な検査だとされています」と話すのが「あおぞらクリニック新橋院」の内田千秋理事長だ。実際に、新橋駅から徒歩1分にある同院では、新型コロナウイルス感染症のPCR検査を実施しており、海外渡航や国内旅行、帰省、クライアントの会社からの要請、社内や学校、施設で陽性者が出た、単に心配であるからなどの理由で多くの人が受けているという。そこで、同院で行っている新型コロナウイルス感染症のPCR検査について、詳しく教えてもらった。

(取材日2021年5月13日)

わずかな量の唾液で新型コロナウイルス感染を調べていくPCR検査。陽性だった場合の対処も重要

Q新型コロナウイルス感染症の検査について教えてください。
A
1

▲患者が安心して受診できるよう、感染症対策をしっかり行っている

当院では、新型コロナウイルス感染症のPCR検査を実施しています。この検査では、患者さんの唾液中の新型コロナウイルスの遺伝子の有無を調べており、その時点で新型コロナウイルスに感染しているかどうかを調べるには有用な検査だとされています。現在、いくつか変異型が確認されていますが、今のところそれらであっても検査が可能です。クリニックなどの多くでは、検査センターなどに外注をして検査を行っていますが、当院では隣接の登録衛生検査所で検査を行っていますので、平日は18時、土日祝日なら16時までに検体を採取した場合は、当日の夜に結果をお伝えすることが可能です。

Q検査を受けるのは、どのような目的の方が多いでしょうか?
A
2

▲不特定多数の人と接する機会が多い人に勧めている

仕事などによる海外渡航や国内旅行、帰省、クライアントの会社からの要請、濃厚接触ではありませんが社内や学校、施設で陽性の方が出た、単に心配であるからなどの目的や理由で、子どもから高齢者まで男女問わずの方々が受けています。当院は、また、経済産業省が提供するTeCOT(海外渡航者新型コロナウイルス検査センター)の「新型コロナウイルス検査証明機関登録簿」医療機関に登録されており、日本語のほか英文での診断書の発行にも対応しています。なお、当院では濃厚接触者の方、咳や発熱、強い倦怠感や味覚・嗅覚異常などの症状のある方、入国後14日以内の方の検査はお断りしています。

Q検査の具体的な流れを教えてください。
A
3

▲待合室は席ごとに仕切りを設け、間隔を空けて案内している

検査は予約制ですので、当院のホームページからオンラインで問診票に回答したのち、フォームから予約してください。予約の時間に来院していただいたら、身分証や連絡先、問診票の内容などを確認。続けて、結果の見方、陽性だった場合の対処方法などを説明し、問題がなければ容器に2mlほどの唾液をご自分で採取していただきます。検査結果は、検体採取が平日の18時までなら当日の20時以降に当院のウェブ検査結果ページに反映されます。陽性だった場合は、当院から港区の保健所に届け出を行い、患者さんには最寄りの保健所から連絡が入りますので、その指示に従ってください。また、ウェブで診断書を発行していただくことができます。

Qこちらで新型コロナウイルス感染症の検査を受けるメリットは?
A
4

▲しっかりした検査体制を整えている

新型コロナウイルス感染症のPCR検査は、もし陽性だった場合にそれで終わりではなく、医療機関から保健所に連絡すること。そして、必要な時には治療を受けたり、入院ができたりするように、状況に合わせて速やかに適切に対処することが重要です。現在は、医療機関ではない検査所で検査を行っているところもありますが、そこで陽性になった場合、自分で医療機関を探し結果表を持って受診し、医療機関から保健所に届けることになります。しかし、当院は医療機関ですから、陽性の場合、速やかに保健所に届出を行い、患者さんには最寄りの保健所から連絡がいくようになっています。そのため、初めから医療機関で検査を受けることをお勧めします。

Q検査を受けるにあたって知っておくべきことはありますか?
A
5

▲事前にウェブ問診を実施。スムーズな診療を行っている

PCR検査は、遺伝子の有無を検査しますので、陽性であれば遺伝子が検出された、陰性であれば遺伝子が検出されなかったという意味です。そして、ウイルスが増えるにはある程度の時間が必要ですので、仮に1時間前に感染したとすれば、検出するのは難しいでしょう。また、新型コロナウイルス感染症にかかったけど回復してきたような場合は、ウイルスの死骸を検出している可能性もあるなど、陽性であったからといって必ず感染しているとも言い切れません。これらのことを理解して、検査を受ける必要があります。ですが、現時点で新型コロナウイルス感染症にかかっているのかを調べるのには、PCR検査が最も有用であると言えるでしょう。

ドクターからのメッセージ

内田 千秋理事長

新型コロナウイルス感染症は、皆さんが心配していると思います。そして、最近では変異株も出てきて世界中で毎日、多くの人が感染しており、国内でもさらに増えていく可能性もあります。ですから、手洗いやうがい、マスクの着用など基本的なことをしっかり押さえていただいた上で、安心のためにPCR検査を適宜、定期的に受けることが大切です。当院では、症状のある人や濃厚接触者の来院による検査は行っていませんし、入り口での体温測定や手指の消毒、さらには医師をはじめとするスタッフも定期的に検査を受けるなどの対策を行っていますので、必要な時には安心して、新型コロナウイルス感染症のPCR検査を受けていただければと思います。

自由診療費用の目安

自由診療とは

新型コロナウイルス感染症PCR検査/3万3000円(税込)

Access