医療法人社団 くげぬま海岸歯科クリニック

医療法人社団 くげぬま海岸歯科クリニック

三浦陽平院長
頼れるドクター掲載中

医療トピックス

おいしい食事で、健康寿命を延ばすための
インプラント治療

医療法人社団 くげぬま海岸歯科クリニック

自由診療

Main

健康寿命という言葉を知っているだろうか? 2000年にWHOが提唱した考えで、健康上の問題がない状態で、日常生活を送れる期間のことだ。2016年現在の日本人の平均寿命は、男性が80.79歳、女性が87.05歳。一方健康寿命は、2013年時点で男性が71.19歳、女性が74.21歳。平均寿命と健康寿命との差である「健康でない年数」は、男性も女性も10年以上あるのが現状だ。「歯を失ってしまった際にはインプラントで周りの歯を守ることが、健康的な食事による長寿にもつながります」と「くげぬま海岸歯科クリニック」の三浦陽平院長は言う。患者への負担が少ない抜歯即時埋入インプラントにも熱心に取り組む三浦院長に、健康長寿を実現するためのインプラント治療について教えてもらった。(取材日2016年11月21日)

インプラント治療が健康寿命を延ばすことにもつながる

インプラントには、見た目以外のメリットがあるのですか?

1 ▲歯の健康を守る必要性について話す三浦院長 歯が悪くしっかりと噛めない人には、低栄養状態の人が多いとも言われています。歯が悪いため、歯ごたえのあるお肉ではなくひき肉、野菜なら新鮮な生野菜や根菜を避け細かく刻んだものや温野菜、魚なら刺身でなくつみれなど、食事が柔らかいものに偏ってしまうのです。柔らかい食事でもカロリーは十分に摂取できますが、必須栄養素が足りなくなり、例えば、タンパク質が不足すると筋肉量が落ち、カルシウムが不足すると骨折しやすくなり、鉄分が不足するとケガの治りが遅くなります。バランスの良い食事をとり、栄養が偏らないようにするのが健康寿命を延ばすには必要で、そのために歯を失ったときの治療法としてインプラントは優れています。

入れ歯やブリッジでは、しっかりと噛むことはできないのですか?

2 ▲一人ひとりの患者に合わせ、治療法をわかりやすく説明してくれる 入れ歯やブリッジでも、もちろんしっかりと噛めることを目標に治療をしますが、限界があるんです。自分の天然の歯やインプラントと同じようにしっかりと噛めるようにするのは難しいのが現実です。さらに入れ歯は周りの歯にバネを引っ掛けますし、ブリッジは両隣の歯を大きく削って固定しますから、健康な周りの歯にも負担がかかるという大きなデメリットがあります。最初の数年は良くても、周りの歯もいずれ駄目になり、そちらも治療をしていくうちに次々と歯を失うという悪循環になってしまうのです。そのような負のスパイラルに陥る前に、抜歯した最初の1本の歯をインプラントにすれば、周りの健康な歯を守ることができます。

インプラントの種類や治療期間について教えてください。

3 ▲バリアフリー設計の院内。駐車場完備なので、車でも通いやすい インプラントにはさまざまな種類や方法がありますが、当院で力を入れているのは、抜歯即時埋入インプラントです。抜歯をしたときにできる穴を利用してインプラントを入れる方法で、抜歯後に時間を置いて歯茎の切開や剥離、縫合をする必要がないので手術時間も短く、ほとんどの場合は1回の手術で済みます。骨ができるのを待ってからインプラントを埋め込む一般的な治療と比較すると、痛みや腫れが少なく、当日に仮歯が入るため食事に困ることもなく、治療期間も約半分の2〜4ヵ月に短縮できるメリットがあります。多くの症例に対応できますが、顎の骨が薄くなっている場合などは適用できず、インプラントを埋入する前に骨を作る治療が必要です。

治療後には、どのようなメンテナンスが必要ですか?

4 ▲広々とした待合室。ゆったりとした気持ちで待つことができる インプラントには、定期的なクリーニングとメンテナンスが欠かせません。クリーニングがしっかりとできていないと、インプラント周囲炎になることも。そうすると顎の骨にまで炎症が進んでしまい、最悪の場合、インプラントを抜くことにもなってしまいます。また、実はこれが一番大切なのですが、インプラントの緩みなど構造上の問題がないかも定期的に機器を使ってチェックして、異常があれば対処します。さらに、噛み合わせのチェックです。噛み合わせは常に微妙に変化をするので、インプラントを長持ちさせるために定期チェックは欠かせません。クリニックでのクリーニングや点検はもちろん、自宅でしっかりと歯を磨くことも大切です。

インプラント治療を受ける上でのアドバイスはありますか?

5 ▲CTやマイクロスコープなど、高性能の機器が完備されている 信頼できるクリニック選びが一つのポイントになるでしょう。インプラントだけを専門的に行なっているクリニックより、虫歯や歯周病の治療、根管治療や親知らずの抜歯などもしっかりと治療しているクリニックが良いと思います。インプラント周囲炎の心配もありますし、インプラントでトラブルが起きやすいことの一つは、残っている自分の歯との噛み合わせなのです。そして、それらの治療とインプラント治療がしっかりとできるだけの設備、マイクロスコープや歯科用CTなどがあることが、一つの目安になるかもしれません。

料金の目安

35万円〜(治療内容や素材によって異なります)

ドクターからのメッセージ

三浦陽平院長

いつまでも若々しく元気でいるための秘訣は、しっかり噛めるようにご自分の歯を大切にすることです。自分の歯を残す治療をできるだけ頑張った上で、どうしても難しいときには、その歯を1本だけインプラントにすることで周りの歯を守りましょう。要介護状態や寝たきり状態になることを防ぐには、栄養価の高い食事を日々摂ることが最も大事です。当院のインプラントは本体に10年間、上部構造(歯の部分)に5年間の保証がついています。もし引越しなどで通院できなくなっても、別途インプラント保険に加入していただければ、全国の歯科医院で保証を受けられるので、転居の可能性がある方も安心してインプラント治療を受けていただけます。

Access