参宮橋脊椎外科病院

参宮橋脊椎外科病院

大堀靖夫院長

医療トピックス

患者の負担を大幅に軽減する
バルーンを使った脊椎圧迫骨折治療 

参宮橋脊椎外科病院

40893 mt 1 title 1410184517

人口の高齢化に伴い患者が急増していると言われる骨粗鬆症。高齢者の場合は、骨粗鬆症によって脊椎がもろくなり、骨折に至ってしまう「脊椎圧迫骨折」も増えているので要注意だ。脊椎圧迫骨折の治療には手術が必要なケースもあるが、高齢者は体力の問題などがあり、手術を躊躇することが多い。そんな高齢者たちを救ってくれるのが、低侵襲手術「バルーン・カイフォプラスティ(BKP)」。骨折した椎骨の内部にバルーンを挿入して拡張させた後、形成された空洞にセメントを充填して骨を固定するという方法だ。手術時間が短く出血も最小限で済むというこの画期的な治療法について、脊椎治療の専門スタッフが治療にあたる「参宮橋脊椎外科病院」の大堀靖夫院長にお話をお聞きした。 (取材日2014年9月1日)

術後は腰や背中の痛みが大幅に軽減。体力に不安のある高齢者たちを救う、出血も傷跡も少ない短時間の手術

脊椎圧迫骨折の主な原因は何でしょうか?

40893 mt 1 q1 1410184517 ▲早めに脊椎病専門医のいる医療機関を受診するべき 脊椎圧迫骨折は交通事故などの外傷によって起こることもありますが、ほとんどの場合は「骨粗鬆症」によって骨がもろくなった高齢者の方に現れる症状です。特に女性は閉経後に骨のバランスが崩れやすく、骨粗鬆症になる可能性が高いので要注意です。当院に脊椎圧迫骨折の治療で来院する患者さんのほとんどが、70代以降の高齢の女性です。骨粗髪症が進行すると、転倒などの事故がなくても、日常の生活をしている中で脊椎圧迫骨折が生じる場合もあります。一度潰れた脊椎は自然には元の形に戻りませんので、潰れた状態のまま骨が癒合してしまうこともあります。そうなると、背中が丸くなったり、体幹のバランスが悪くなるなどの後遺症が残ってしまうのです。

バルーンを使った脊椎圧迫骨折治療について具体的な方法を教えてください。

40893 mt 1 q2 1412136292 ▲脊椎治療の専門スタッフが揃う脊椎専門病院だ まずは患者さんに全身麻酔を施し、手術中X線イメージで骨の内部の状態を把握しながら、皮膚2か所から針を刺します。背骨の中に針が到達したら針を通してバルーンを膨らませて、つぶれた状態の骨を整復します。バルーンの整復によって生じた空洞に、粘性の高い骨セメントを注入します。しばらくするとセメントが固まり始め、骨折部が固まり安定します。骨が固まることで、手術直後から背中や腰の痛みが緩和されます。この手術は正確な位置に針を挿入して到達させるために、手術中X線イメージでの確認が肝要になります。当院ではカーボン製の手術台と2台のX線イメージ装置を使用し、前後・左右の2方向から同時に確認することで、手術の精度を高めています。

バルーンを使った脊椎圧迫骨折治療のメリットは何でしょうか?

40893 mt 1 q3 1411086941 ▲高度かつ最新の医療機器を導入 患者さんの体への負担が、従来の手術に比べて非常に少ないということです。全身麻酔ですので手術中の痛みの心配は不要ですし、術後も特に傷の痛みを伴うことはありません。皮膚切開も約5mmと小さいので、出血も少なくて済みます。手術持間は約30〜40分と短く、体力に不安がある高齢の方でも安心して受けていただくことができます。全身麻酔がかけれる患者さんであれば。内科的な合併症はほとんど影響しません。、専門医が行えば安全性が高く早期に痛みが治まり、しかも保険適応内ですから、今後さらにニーズが高まっていくのではないでしょうか。

どんな人がこの手術の対象になりますか?

40893 mt 1 q4 1411086941 ▲日本脊椎脊髄病学会の脊椎脊髄外科技術指導医である院長 この手術は、全ての脊椎圧迫骨折の患者さんに行えるわけではありません。脊椎圧迫骨折を起こした骨が複数個ある患者さんには適応しない場合もありますし、神経に近い側の椎骨の壁が壊れている場合もこの治療の対象外となります。足の痛みや痺れがある人は、神経の通りが狭い「脊柱管狭窄症」の可能性も考えられますので、足の症状も同時に良くする別の手術が必要になります。また、脊椎圧迫骨折になったからといって、必ず手術が必要とも限りません。コルセットで固定したり、前屈にならないように気をつけて2週間ほど安静にしていれば、症状が緩和されることが多いです。自然な骨折の治癒が得られず1-2ヵ月ほど様子をみて痛みがとれない場合は手術を検討します。

手術後はどのようなケアを行うのでしょうか?

40893 mt 1 q5 1410184517 ▲シャワールームとトイレを完備した病室 手術が終了してからも、続発する圧迫骨折を予防するためのケアは必要です。骨を強くする内服薬を服用したり注射を定期的に打つなど、総合的な治療を行いましょう。来院頻度は月1回〜週1回まで、患者さんによって異なります。高齢になれば骨は弱ってきますから、「再発防止」という意味もこめて、長い目で治療をしていきましょう。このようなアフターケアは、患者さんがこれまで通院していたご自宅近くの内科や整形外科クリニックで行っていただいてかまいません。手術中や手術後にセメントが神経の方へ動くなどの合併症が発生する懸念もありますが、当院では万一そのような合併症が発生した場合、いつでも的確に対応できる体制が整っていますのでご安心ください。

ドクターからのメッセージ

大堀靖夫院長

当院はドクターをはじめとして、看護師、レントゲン技師、事務スタッフまで、全員が脊椎治療に十分な知識を持つエキスパート集団です。バルーン・カイフォプラスティは専門性の高い手術ですから、脊椎外科専門医や設備が揃った病院やクリニックを受診するのがおすすめです。この手術に限らず専門集団ならば脊椎病を患った患者さんの負担の少ない手術が可能ですので、リスク軽減も実現します。脊椎圧迫骨折の予防には、若い年代から「適度な運動・バランスの良い食事・日光浴」などを普段から心がけて過ごすことが大切です。

Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Shinnaka after
Yokohama after
Syonan after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細