とりうみデンタルクリニック

とりうみデンタルクリニック

鳥海晋之介 院長

頼れるドクター

40785 df 1 main 1445253835

最新鋭の機器を駆使し、精度と安全性の高い治療を提供することに全力を注ぐ

―歯科用CTにマイクロスコープなど、精度の高い医療機器が勢ぞろいですね。

歯周病や歯内療法だけでなく、その他のどんな治療においても、歯科というのはミクロな世界なんです。例えば、歯を削る場合なども、たった1ミリ違うだけで、結果が大きく変わってくるような、小さな小さな世界です。であれば、少しでも大きく、少しでも明るく、そして3次元的に捉えることができれば、その分だけ見える世界が大きく変わり、修復にしても、かぶせる治療にしても、どんな治療においても適合性の高い精密な治療、そして歯にやさしい治療につながっていくのかな、と思っています。どの患者さんに対しても、一人ひとりに合わせたオーダーメイドな治療を提供するのには、CTやマイクロスコープのような機器はやはり欠かせないですね。

―治療で使用するお水にもこだわられているそうですね。

普通、ユニットの配管を通って患者さんの口に水が届く仕組みになっていますが、ユニットの中に水が残留している間に菌が繁殖してしまうことも珍しくありません。そこで、当院では、「ポセイドン」と呼ばれる水質を調整する設備を導入。ユニットの中を流れる、塩素の抜けてしまったお水の塩素の濃度を一回リセットしてあげることで、配管に付着する菌の繁殖を徹底的に抑制し、予期せぬ感染症などを未然に防ぐことができます。通常、アメリカでは、医療の現場で使う水には一定の基準があって、それを満たしていないと治療ができないという規定があるぐらいですから、本来、安心で安全な治療には、水の安全性にこだわることは非常に重要です。当院では、治療の精度はもちろんですが、安全性にも強いこだわりがあります。

―先生は大学院時代に、遺伝子の研究をされていたと伺いました。

歯周病の治療に役立つと考え、研究に携わりました。歯周病というのは歯茎の慢性的な炎症ですから、その炎症のメカニズムや成り立ちを解明するのに遺伝子レベルでのアプローチができないかな、という考えがありました。具体的には、細胞を培養して遺伝子の実験をしたり……といったことをしていました。臨床でいろいろな症例に触れることも大事ですが、遺伝子という別のアプローチから歯周病に触れることで、より深く理解することができたと実感しますし、それにより臨床の現場に還元できるものも大きくなったと感じますね。

―では最後に、読者の皆さんにメッセージをお願いします。

当院では安心で安全な治療を追求し、今後も設備を充実させ、今までのさまざまな経験を生かしてスタッフも含め全力で治療にあたらせていただきます。また、患者さんがご納得していただいた上で治療を受けていただけるようにインフォームドコンセントを優先した歯科医療を提供したいと考えております。可能な限り患者さんのご希望に沿った治療を行い、治療を通して患者さんの全身的な健康増進に貢献していきたいですね。歯のことで悩みや気になっていることがあったらぜひ気軽にご相談いただければと思います。

記事更新日:2016/01/24

標榜の診療科目を同じ行政区・駅で探す



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Dento a1
Toshima a1
Taito a1
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細