練馬中村橋歯科クリニック

練馬中村橋歯科クリニック

田澤裕一 院長

頼れるドクター

40697 df 1 main 1447979569

どんな症例にも対応できる質の高い治療

―歯科医師を志したきっかけは何ですか?

高校の時の職業適正テストで、一番向いていたのが歯科医師だったんです。昔から手先が器用で、工作で物づくりをするのが大好きでした。今となっては向いていたのかなと思います。姉が一足先に歯学部に進んでいたので、その影響もありますね。でも学生時代はサーフィンに夢中で、一番勉強したのは大学卒業後に就職した歯科医院でかもしれません。卒業して最初の4年間は、歯科医師団体の理事を務める非常に厳しい先生の歯科医院で働きました。先輩や同期の友人から「本当にあそこに勤めるのか」と言われたぐらい厳しい先生です。実際勤務している間は深夜12時前に帰宅したことはありませんでした。しかし、そこで教わった基礎治療や治療への考え方は私の血となり肉となりました。当時厳しく指導してくださった院長先生とは、今は大変仲良くさせていただいています。

―開業までの経緯を教えてください。

卒業後すぐに勤務した歯科医院で、本当に多くのことを学びました。特に勉強になったのは症例検討です。その勉強会では患者さんの症状の対処療法だけでなく、なぜそうなったのかという原因まで考えます。そういう踏み込んで考える力を養う機会が持てたのは本当によかったと思っています。その後、インプラントと審美歯科専門のクリニックに勤め、5年間で普通では経験できないような贅沢な治療も経験してきました。そのクリニックも大変忙しく、お昼休みをとることもできなかったですね。食事は5分で済ませる、なんてこともよくありました。また老人ホームの訪問治療の経験もあり、介護の必要な方の口腔内も診てきましたので、それを踏まえてのアドバイスもできます。多くの経験を積んできましたので、高いレベルでの診療を提供できるという自負もありますね。この辺りの地域は仕事をリタイヤしたご高齢の方もいらっしゃれば、都心へ向かう地下鉄が乗り入れて若い方たちもどんどん集まってきており、さまざまな症状の患者さんがいらっしゃいます。私自身、開業するなら住み心地の良いここ練馬で、またこれまで勤務医時代に培ったあらゆる経験を生かせる場所で開業したいと思っていましたので、理想が叶えられましたね。

―スタッフの育成にも力を入れていると聞きました。

当院には2人の歯科医師が勤務していますが、患者さん一人ひとりの治療計画を作成してもらい、私が目を通すようにしています。患者さんに対する説明の仕方や提示する治療方法の選択肢についてもアドバイスをしています。歯科医師として自分ができる範囲の治療方法だけではなく、考えられる治療法はすべて提案するようにと指示をしています。担当医の技量によって、患者さんの選択肢が狭まるようなことがあってはならないですからね。症例をどのように診断し、計画を立て、どういった順序で治療を行うのかといった治療技術以外の面でのスキルアップに力を入れています。治療計画を示すことで、患者さんも継続して通院してくださいます。口腔内の状態が全体的にあまり良くなく症状が進んでしまっている患者さんには、治療計画そのものをお渡しするようにしています。これからどのような治療を行えばいいのか一目でわかるようにすることで、患者さんの治療への意欲を高める目的もあります。計画書を見て、わからないことがあれば何でも聞いていただいて構いません。患者さんが納得して治療に取り組めるように、何度でもご説明しますよ。

記事更新日:2016/01/24

標榜の診療科目を同じ行政区・駅で探す



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Dento a1
Toshima a1
Taito a1
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細