全国のドクター9,238人の想いを取材
クリニック・病院 160,799件の情報を掲載(2021年4月11日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 千代田区
  4. 神田駅
  5. こばなわ神田整形外科
  6. 足腰の痛みが起こる坐骨神経痛生活習慣改善を促すアドバイスも

足腰の痛みが起こる坐骨神経痛
生活習慣改善を促すアドバイスも

こばなわ神田整形外科

(千代田区/神田駅)

最終更新日:2021/03/10

20210309 main 20210309 main
  • 保険診療

新型コロナウイルス感染症の流行によって一日中座りっぱなしのデスクワークが中心となり、原因不明の足腰の痛みやしびれを感じている人も多いのではないだろうか。足腰の痛みやしびれが続く場合は坐骨神経痛が疑われるといい、放置すると悪化する可能性もあるため、早めに専門のクリニックを受診するのが望ましいそう。「坐骨神経痛はデスクワークだけでなく、長時間の立ち仕事や過度な運動、普段の姿勢等に起因することもあります」と話すのは、脊椎・脊髄疾患に対する専門性を生かし、症状の緩和から生活習慣アドバイスまで多角的なアプローチを行う「こばなわ神田整形外科」の小塙幸司(こばなわ・こうじ)院長。今回は小塙院長に、坐骨神経痛の原因や治療法、自己ケアを行う際の注意点などを詳しく聞かせてもらった。(取材日2021年2月9日)

放置や間違ったケアで痛みが悪化する可能性も。まずは原因や適切な対処法を知ることが大切

Q坐骨神経痛とは、どんな症状が出るのでしょうか?
A
1

▲脊椎・脊髄疾患に精通している小塙院長

坐骨神経痛は「疾患名」ではなく「症状」を指しています。具体的には、右のお尻から太ももの裏、もしくはすねから足までに痛みとしびれが走る症状です。坐骨神経痛の原因として代表的なのが腰痛椎間板ヘルニアです。お尻や太腿の筋肉の炎症などや、関節の軟骨がすり減って骨の形が変わってしまう変形性股関節症のように、坐骨神経痛と似た症状が出る疾患もあるため、坐骨神経痛の診断は難しいといわれています。ですので、坐骨神経痛が疑われる場合は、専門の医師に診断してもらうことをお勧めします。

Qどんな痛みがどれくらい続いたら、来院すればいいのでしょうか。
A
2

▲日常生活にも発症リスクのある坐骨神経痛

腰痛椎間板ヘルニア等により「神経根」が炎症を起こすと、いわゆる炎症物質が発生します。炎症物質イコール、痛みやしびれのもととなる疼痛物質ですので、それにより坐骨神経痛が生じるとされます。炎症が治まり炎症物質が減少すれば、痛みやしびれも自然と緩和されます。一般的には3日から1週間で痛みやしびれのピークが来て、その後は少しずつ症状が落ち着き、3週間程度で痛みが消えることが多いようです。3週間以上経過しても痛みが続く場合や、1週間以上経過しても痛みのピークが治まらない場合は受診を検討してください。ただし、放置することで悪化してしまうケースもあるため、基本的には痛みを感じたら早めに受診しましょう。

Qこちらではどのような診断・治療を行っているのでしょうか。
A
3

▲診察だけでなくレントゲンの撮影も院長が行う

腰痛椎間板ヘルニアが原因と考えられる場合は、まず問診によって坐骨神経痛が発症する状況等をヒアリングします。エックス線やMRIはあくまでも補助的役割で、問診・視診・触診が基本です。私は診断の精度を高めるために、エックス線やMRIの前に、どの神経や椎間板に問題があるのか見当をつけることが大切だと考えています。治療は消炎鎮痛剤の内服やリハビリテーションが中心です。当院では、痛みやしびれを感じる箇所に局所麻酔薬を注射するブロック注射にも対応しています。しかし痛みに対する処置ばかりを行っていても根本的な解決には至りませんので、坐骨神経痛を予防するための生活習慣改善や体操のアドバイスも行っています。

Q坐骨神経痛予防のためにどんなことに注意すればいいのですか?
A
20210309 4

▲姿勢改善も丁寧に指導してくれる

長時間のデスクワークに限らず、立ち仕事が続くことも坐骨神経痛の原因になりますので注意しましょう。浅く腰掛けて膝を下げて座るとか、肩を引いて背筋を伸ばして立つとか、足腰に負担をかけにくい姿勢というのがあるので、来院していただければ私が詳しく指導いたします。そして再発・悪化予防のためには「冷やさない・捻らない・無理しない」ことを心がけてください。何日も続けて長距離を歩いたり、重いものを運んだりするのは避けましょう。また、間違ったマッサージやストレッチで悪化してしまうこともあります。まずは一度受診して、マッサージやストレッチの正しい方法とタイミングを相談してください。

Q腰椎椎間板ヘルニア以外にも痛みの原因となる疾患はありますか?
A
5

▲小児期でも注意が必要と語る小塙院長

まだ骨が弱い小児期に運動をしすぎて疲労骨折が起こり、それが完治せずに残ってしまう疾患を腰椎分離症といいます。腰椎分離症や加齢により椎間板が不安定な状態になると、少しずつずれてしまいます。これが、腰椎すべり症と呼ばれる疾患です。腰椎すべり症によって神経が圧迫されて炎症が起こると、腰椎椎間板ヘルニアと同じような状態になり、坐骨神経痛が発症することもあります。

ドクターからのメッセージ

小塙 幸司院長

坐骨神経痛につながる悪い習慣は、自分自身では気づかないことも多いと思います。座りっぱなし・立ちっぱなしに限らず、徹夜やハードワーク、風邪や寒さが原因で足腰に負担がかかって坐骨神経痛を発症することもあります。そういった生活改善指導は理学療法士が行うことが多いのですが、当院ではできる限り私が直接患者さんを指導しています。また、エックス線撮影も自分で行っていますが、エックス線は撮影時の微妙なポジショニングを自ら調整をしながら撮影することのメリットも大きいと思います。普段から腰にやさしい生活方法を一緒に考えていきますので、気軽に相談してください。

Access