矯正歯科クリニック グレイスデンタル

矯正歯科クリニック グレイスデンタル

仲宗根 愛子院長

40661

一人ひとりに合った「オーダーメイド治療」を提供

―先生が矯正歯科医を志したきっかけはなんですか?

子どもの頃、抜けた自分の乳歯を見て、強い興味を持ったのが歯学に進んだきっかけです。矯正治療を専門に選んだのは、歯を削って人工物をかぶせたりせず、体のもつ自然な機能を利用することで、咬み合わせや口元の審美性を回復するという治療に惹かれたからです。歯列矯正は医者が一方的に行う治療ではありません。いわば患者さんと二人三脚ですすめていくものなんですよ。ですから、患者さんとのコミュニケーションはとても大切です。元来、人と接するのが好きな私の性格にも合っていました。矯正歯科は専門性が高い分野ですから、歯学部卒業後に東京医科歯科大学大学院顎面矯正学分野で矯正歯科学について研究を行い、博士号を取得しました。

―その後、海外留学や病院勤務でご経験を積まれたんですね。

はい、大学院在学中に、国際歯科研究学会(IADR)から奨学金を受賞し、カリフォルニア大学サンフランシスコ校医学部で先天異常の口蓋裂(こうがいれつ)の治療について研究し、ノースカロライナ大学歯学部では日米の診療の違いなどについて学びました。その後、東京医科歯科大学矯正歯科での勤務を経て、東京大学医学部付属病院顎口腔外科・歯科矯正歯科でも矯正歯科医として勤務しました。開業を考え始めた頃、恩師に勧められ、財団法人倉敷中央病院でも経験を積みました。ここは総合病院ですから、新生児からご高齢までの様々な病態をお持ちの患者さんの治療を経験させていただきました。ここでの経験は私にとって重要な転機となり、矯正歯科医は、人の人生または一生に関わる重要な仕事だということを痛感しました。

―日ごろ、どのような診察を心がけていらっしゃいますか。

良い結果を得るためには、症状を的確に見定め、その方の年齢や生活背景まで考慮したオーダーメイドの治療が必要だと思っております。「歯並び」と一言にいっても一様ではありません。まずは、その方の職業や性格、生活習慣などを考えあわせて、治療方針を設定します。矯正治療は単に歯並びを治すだけでなく、その方が抱える不安や悩みとも真摯に向き合い、同じ目線で取り組むことが重要だと思っています。治療の内容や進行状況について、その都度、わかりやすい説明を心がけ、お互いの意思と方向性がしっかり共有できているか確認しながら進めています。最近では、「口元がきれいになったら生活全体が変わった!」などのうれしいお声を頂くようになりました。ありがたいことですね。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Setagaya after
Minato after
Saitama chu after
Saitama nishi after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細