銀座柳通り歯科クリニック

鈴木正史 院長

40652 df 1 main 1395977002

「臨床と研鑽のために、365日休みなく動いてます」と、サラリと語る「銀座柳通歯科クリニック」鈴木正史院長。インプラントの第一人者として活躍する一方、矯正歯科や審美歯科などの研鑽も積み、高いレベルでの総合的な歯科診療を行う。特に最近は、歯周美容整形や、噛み合わせや歯並びのバランスを整え自然で美しい笑顔をめざすトータルな歯科診療に力を入れ、美容外科学会でも研究発表を行っている。銀座で20年間、歯科のトップランナーとして走り続けてきた実績を持ちながら、「一番嬉しいのは、お子さんやお孫さん、家族ぐるみで信頼していただけること」。常に患者に満足してもらうために、最善を尽くしたいという真摯な診療姿勢が印象的だ。後進の育成にも力を注ぎ、理想とする歯科診療を広めたいと、千葉県七光台に分院も開業した。歯科と美容外科とのコラボーレーションなど医療界からも注目される歯科医師だ。
(取材日2014年3月5日)

インプラントや、美容も包括した診療で注目される気鋭の歯科ドクター

―歯科医師を志したきっかけや開業までの経緯をお聞かせください。

父や兄が医師ですので、自然に医療の道に興味を持ちました。大学卒業後、大学病院の口腔外科に入局して研修し、その後、開業しました。銀座を選んだのは、東京で一番、日本で一番の最先端の歯科診療を提供したしたいと考えたからです。開業するかたわら、インプラントを中心に研修会や学会に積極的に参加し、海外留学もして診療技術を向上させてきました。開業当初はまだインプラントを手がける歯科医師は少数でしたが、ぜひこの先端医療を患者さんにフィードバックしたいと考え、必死で自己研鑽や院内設備に投資してきました。今もインプラントに関する学会や勉強会に参加し、内部講師なども務めています。

―こちらのクリニックの特徴を教えてください。

多くの場合、歯科医師は、インプラント、矯正歯科、審美歯科など、それぞれの分野で専門性を深めます。私も口腔外科を専門に学びましたが、開業してみて「専門分野だけでは縦割りの治療になりがちで、患者さんのニーズに応えられないこともあるのではないかと考えるようになり、矯正歯科や審美歯科などの分野でも研鑽を積んできました。ですから、当院では、一般歯科治療から、インプラントや矯正歯科、審美歯科なども包括し、口元の美と健康という観点から、総合的な診療を提供できることができるのが強みだと考えています。

―患者さんはどんな方が多いのですか。

患者さんは、各界のVIPやテレビタレント、“しゃべる仕事”の方、大学教授や経営者などから、普通のお勤めの方、また外国人の方などまでさまざまですね。歯科治療はすぐに結果が出るものではなく、時間が経過したときに成功したかどうかがわかるものです。治療後すぐではなく、10年、20年と経ってから「あの時インプラントにして、しっかり噛めるようになってよかった」と言っていただけると嬉しいですね。また奥さんやお子さん、お孫さんと家族ぐるみの患者さんが多いのも特徴です。私を信頼してくださり、大切なご家族の歯科診療をすべて任せていただけることは一番嬉しいですし、一生懸命診療してきてよかったと思うところです。遠方から来てくださる方も少なくなく、沖縄からわざわざ銀座のホテルに泊まりがけで来院されることもあります。

標榜の診療科目を同じ行政区・駅で探す



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Odakyu after
Musatama after
Chiyochu after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細