田中クリニック

田中クリニック

田中和之 院長

頼れるドクター

40639 df 1 main 1392792275

専門知識が必要な高齢者の精神医療を行う認定専門医

―高齢者の治療と家族のサポートにも力を注がれているのですね。

そうですね。勤務医時代、専門的な知識、経験等も必要と考え、精神保健指定医、日本医師会認定産業医、日本精神神経学会認定精神科専門医に加え、祖母の影響もあってご高齢の方を診療したいとの気持ちが強く、日本老年精神医学会の認定専門医の資格を取得し、勉強を続けてきました。ご高齢の方は若い方と比べて身体の合併症も多く、薬の副作用などが出やすく、専門的な治療が必要です。専門医として、ご高齢の方のお悩みを解決し、自宅で介護されているご家族の負担や日々の頑張りに応えられるような医療を提供していきたいと思います。自宅での24時間介護をされるご家族は本当に大変です。ご家族だけでの介護では限界がありますから、介護保険の申請、在宅で受けられる支援サービス、公的支援など他者の力を借りられるようにあらゆるサポートをさせていただきたいと思います。新宿区の公的機関である新宿区高齢者総合相談センターとも連携を密にして、高齢者の方々が住み慣れた地域で安心してその人らしい生活を続けられるように医療による支援を続けていきたいです。

―スタッフの皆さんが明るく温かい雰囲気で、先生とのチームワークが感じられます。

そう言っていただけると嬉しいです。当院のスタッフは、私にとって宝物です。昔から仲が良く信頼できる仲間が、私をいつもサポートしてくれるので大変心強いです。受付に男女両方がいるので、患者さんも話をしやすい環境ではないかと思います。

―受診を考えている方へのメッセージをお願いします。

最近は、「自分はうつ病でないか」と悩まれて来院される方もよくいらっしゃいます。診療をすると、うつ病の場合もそうでない場合もあります。まじめで几帳面な方が多く、目標を高く設定して「今日はここまでやらないと」と何でも頑張ってしまうのです。そして、できなかったら自分を責めて苦しんでしまう傾向があります。私自身もそういう傾向がありますので、患者さんの気持ちがよく理解できます。掲げた目標を急に変更する事はしにくいと思いますが、目標を少し下げて、「ある程度一生懸命にやったからいいのでは」と考えると楽に過ごせるということなどをアドバイスします。少し見方を変えるだけで気持ちが楽になることがあります。がまんしないで早い段階でご相談していただけたら、投薬治療まですることなく相談だけでも治ることがありますし、治療期間が短くすむこともあります。心療内科というとどうしても身構えてしまう方が多いようですが、「こんなこと聞いたらおかしいかな?」「この位のことで診察は受けなくていいのでは?」など思わずに我慢せず、限界まで待たずにどうか気楽な気持ちでいらして欲しいと思います。「友人の家にちょっと話を聞いてもらいにいく」くらいの気持ちでお越し下さい。

―先生ご自身は心身の健康のためにどうリフレッシュされていますか?

今の一番の楽しみはゆっくりと寝ることですね(笑)。自宅ではアロマを焚き、お気に入りの紅茶やハーブティーを丁寧に淹れてリラックスします。そして、美しいものを見ることが私のリフレッシュ法です。四季折々の花が好きで、クリニックの花もいつも私が活けています。街で食器や陶磁器などウインドウショッピングして、その造形美に触れ、歴史に思いを馳せることも心の栄養になります。忙しくても好きなものに触れる時間を大切にして、自分自身が元気に穏やかな気持ちで患者さんに接することを心がけています。

記事更新日:2016/01/24


Access