オーキッド歯科クリニック 南大沢

オーキッド歯科クリニック 南大沢

橋村吾郎院長

精密な診査診断に基づく
先端・審美インプラント治療

オーキッド歯科クリニック 南大沢

自由診療

40634 hr 1 title 1425342593

失った歯を補う治療法の選択肢として広く認知されるインプラント治療。なかでも4〜6本のインプラントで全ての歯を固定する「All-on-4(オール・オン・フォー)」は、噛む機能と審美性を即日回復できる画期的な方法で、そのニーズも高まっているといいます。5000本以上のインプラント埋入実績を誇る「オーキッド歯科クリニックODC Premium Implant Center」の橋村吾郎理事長は、従来の術式や使用インプラントにとらわれない、より進化した治療を行っているそう。実際の様子をレポートします。(取材日2014年2月21日)

検診・治療前の素朴な疑問を聞きました!

進化したAll-on-4インプラント治療とは?

従来のAll-on-4は決められた術式にのっとって行われ、使用するインプラントも1種類のみ。インプラントの初期の固定を得る為に、あえて自身の歯茎を削る必要のある方も大勢いました。しかし当院では、多くの症例から独自のノウハウを構築。術式にとらわれず、歯茎のついていない上部構造を用いることも可能にするなど、ひとことでAll-on-4とくくってしまえないほど手をかけ、各患者さんに最も適した、より負担の軽く成功率の高い治療を行っています。

なぜ精密な診査診断が必要なのですか?

手術を成功させ、最終的に入れるインプラントが、より審美性高く、使い心地もよく、長く使い続けられるためには、患者さんの口腔内の状況をできるだけきちんと知っておくことが最も重要だからです。当院では、最先端の医療機器や技術を用いて噛み合わせや顎の骨の状態、口腔内にいる歯周病菌の種類まで特定。さらに最新のインプラントシミュレーションソフトを使うことで、予めインプラントを埋入する位置や深さ、角度を決め、最終的な噛み合わせまで想定した上で手術に臨んでいます。

インプラントを長く使い続けるため気をつけることはありますか?

やはり、定期的なメンテナンスと患者さん自身の普段のブラッシングが最も重要です。インプラントは最終的なものを入れてゴールではなく、そこからがいよいよスタート。その後、何十年にもわたって口の中で快適に機能させなければ意味はありません。当院では、できるだけ汚れがつきにくく歯ブラシしやすい最終歯を入れるため、仮歯によるテスト期間を設置。その分、時間はかかりますが、優秀な歯科技工士と綿密に連携を取り、各患者さんの歯や歯茎の形状に合わせて非常に審美性の高い最終歯をご提供しています。

検診・治療START!ステップで紹介します

まずは丁寧なカウンセリングで、不安や疑問を取り除く

インプラント治療に対する不安や誤解は多いもの。その一つ一つに院長が丁寧に答えてくれる。セカンドオピニオンや、他院で受けたインプラント治療のやり直しの相談にも快く乗ってくれるそう。気になることがあれば、遠慮せず、この場でどんどん聞いておこう。

歯科用CTなど最新医療機器を使い、精密な診断を行う

「インプラント治療の最大の目的はしっかり噛めること」という橋村理事長。顎の骨の構造や形態を詳しく知らべるために歯科用CT撮影を行う。さらに最終的な噛み合わせと歯並びを想定した模型を作製するWax up(ワックスアップ)を実施。それらの結果に基づき的確に診査診断。各患者に最適・最良の治療方針を決定する。

シミュレーションソフトでインプラント埋入位置を決定

治療方法としてAll-on-4を選択した場合、手術は勘や経験が頼りのフリーハンドではなく、最新シミュレーションソフトを用いた「ガイデッドサージェリー」という方法で行う。CT撮影の結果をもとに、理想的なインプラント埋入位置や角度、深さまであらかじめ決めておくそうだ。

いよいよ手術。無切開で痛みや腫れも最小限に

シミュレーションをもとに作成した「サージカルテンプレート」に従い、歯肉を切らずに手術を行う。無切開なので手術時間が短縮でき、術後の腫れや痛みも最小限に抑えることが可能。また軟らかい食べ物なら手術当日に噛めるようになるそう。手術は麻酔科医による静脈内鎮静法により、眠った状態で約1時間程度で終了。

仮歯を使用し状態をチェックし最終的な歯を入れて完了

オペ当日に1回目の仮歯(ファースト)をインプラントに固定するが、オペ直後の噛み合わせは不十分で審美性や発音など考慮すべき点も多いそう。そこで同クリニックでは綿密な調整を加えた2回目の仮歯(セカンド)を作成。さらに患者自身の清掃性を高めるためチェックを繰り返し、最終的な歯を入れる。ここまで約1年ほどかかるが、最終的な歯は手入れもしやすく、審美性も非常に高いそうだ。

ドクターからのメッセージ

橋村 吾郎理事長

当院の究極のモットーは、ただ一言「患者さんのために」。インプラント治療においても、可能な限り患者さんの負担を軽く、安全かつ審美性の高い、長く使用できるものをご提供するよう心がけています。進化したAll-on-4は、その考えのもと、積み重ねた経験や知識を生かして独自に改良・構築した当院ならではの治療法。今も、日々、技術や材料について学び、一層の進化を続けています。全身疾患などでどうしてもインプラント手術が不可能な方以外、どんな症例にも対応。自信をもってお勧めすることができます。セカンドオピニオンでももちろん構いませんから、まずは気軽にご相談いただきたいですね。

Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Odakyu after
Musatama after
Chiyochu after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細