長津田アオバ矯正歯科

長津田アオバ矯正歯科

深田健二院長
頼れるドクター掲載中

子供の噛み合わせ・歯並び・出っ歯など
親子で向き合う矯正治療

長津田アオバ矯正歯科

40613 hr 1 title 1400208209

矯正治療を受ける患者は、子どもや、歯並びを気にして成人になってから来院する大人が中心。そんななか近年増えているのが「親子で矯正治療」というスタイルだ。「一人で受けるよりはるかにメリットがあり、治療効果が出やすいんです」。そう教えてくれたのは、長津田アオバ矯正歯科の深田健二院長。日本矯正歯科学会認定医の資格をもち、多くの患者の口腔機能と噛み合わせを回復してきた先生に、親子治療ならではの利点を聞いた。(取材日2014年4月3日)

検診・治療前の素朴な疑問を聞きました!

親子で治療を始める矯正のスタイルがお勧めだそうですね?

特に、当院のような住宅街の医院は家族ぐるみで来院できますし、お子さんの歯並びを心配するお母さんが「実は私も歯並びが気になっていた」というケースも多いので、それならばぜひ親子で治療を! と提案しているんですよ。

親子で一緒に矯正治療を受けるメリットは何ですか?

お互いの治療の進み具合が気になり、より自分の歯に興味をもつようになります。矯正器具を装着した違和感は体験しないとわからないので、悩みや感想を親子で共有できることも、治療のモチベーションを高める大きな利点です。

当院で治療を受ける魅力はどんなところにありますか?

専門医が、経験にもとづく確かな技術で治療します。豊富な治療メニューをもち、矯正の補助としてMFT(筋機能療法)も積極的に行っています。料金は親子割引を適用。駅前という立地もお子さんが一人で来院する際に安心です。

検診・治療START!ステップで紹介します

カウンセリングで治療法を提示。理解できるよう丁寧に説明

患者の口腔内をチェックし、本人の気になるところを聞く。似たような症例を見せながら、その患者に合った治療法を、選択肢を提示して説明。虫歯で早めに脱落した乳歯がある子どもは、それに適した対処法なども紹介する。

初診相談では噛み合わせや舌の癖などを入念にチェック

歯並びや噛み合わせなどを詳しく確認。舌の動きの癖も入念に調べる。舌の動きは思いのほか歯並びに影響する。必要に応じ、本格矯正を行う前にMFT(筋機能療法)というトレーニング法の紹介も。治療決定後は精密検査を行う。

患者の資料をもとに、理想的な歯並びを目指して治療計画を作成

歯型の模型やレントゲン画像など、精密検査で得た資料をもとに、患者の上あごと下あごの位置関係や、前歯の傾斜具合などを把握・分析する。そして、相対的に骨格のバランスを整える方向に、治療計画を作成する。

長期間の治療に飽きや負担のないよう工夫する

矯正治療は期間が長く、特に子どもは、大人より長くかかる場合が多い。そこで、最初は負担の少ない装置から始めたり、舌や口の周りの筋肉トレーニングから始めたりするなど、本格治療ができるだけ短くすむように配慮する。

治療後のメンテナンスは、治療と同じくらい大事

歯並びの後戻りを未然に防ぎ、口腔内の健康を保つため、3〜6ヵ月に一度の定期的なメンテナンスは不可欠。舌の動きの癖で再び歯が動くこともあるので、その心配のある人にはMFTだけでも行い、美しい歯並びをキープする。

ドクターからのメッセージ

深田健二院長

矯正治療では、器具を装着するなどの面で、患者さん側の協力が欠かせません。親子同時に治療を受けたり、またはどちらかが体験済みだと、治療により積極的になっていただけるので、成果が出やすいんです。特に、「親子で受ける矯正治療」は、料金的にお得なだけではなく、身近に矯正治療を受けている家族がいることで、治療の様子や進行具合を話し合ったりできるなど、お互いのモチベーションが上がります。ぜひご検討ください!

Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Shinnaka after
Yokohama after
Syonan after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細