全国のドクター9,011人の想いを取材
クリニック・病院 161,457件の情報を掲載(2020年2月27日現在)

  1. TOP
  2. 埼玉県
  3. さいたま市中央区
  4. さいたま新都心駅
  5. ホワイトデンタルクリニックさいたま院
  6. 町田 章彦 院長

町田 章彦 院長の独自取材記事

ホワイトデンタルクリニックさいたま院

(さいたま市中央区/さいたま新都心駅)

最終更新日:2019/08/28

40557 %e3%83%9b%e3%83%af%e3%82%a4%e3%83%88%e3%83%87%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%ab%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%8b%e3%83%83%e3%82%af%e3%81%95%e3%81%84%e3%81%9f%e3%81%be%e9%99%a2

さいたま新都心駅の目の前という抜群の立地にある「ホワイトデンタルクリニックさいたま院」は、まさに近隣エリアのオフィスビルで働くビジネスパーソンの強い味方。仕事の合間を縫って通院できるよう診療時間に配慮がなされており、急な歯の痛みや詰め物・かぶせ物の破損といったトラブルにも迅速かつ丁寧に対応しているのが魅力だ。2018年10月に院長に就任した町田章彦先生は、長きにわたり訪問歯科診療に携わってきた経歴を持つ。平日に加えて土曜も訪問診療を実施するほか、予防・審美歯科を通して患者の歯の健康維持に努めるなど、院内外において患者のニーズに応えたいという思いで日々診療にあたっている。そんな町田院長に、同院の特徴や法人全体で注力しているカウンセリングシステムについて話を聞いた。
(取材日2019年2月6日)

迅速な急患対応と定期的な予防で多忙な患者をサポート

こちらに来院する患者さんの主な層を教えてください。

1

午前中は近所にお住まいの高齢の患者さん、それ以外の時間帯は30~50代の会社員の方が中心ですね。当院はさいたま新都心駅からすぐの場所にあり、周辺にオフィスビルや合同庁舎が建ち並ぶ立地ですので、働き盛り世代の方が非常に多くいらっしゃいます。そのため、会社員の方が昼休みの時間を利用して効率良く来院できるように、午前の部の診療時間は14時までと長めにしてあります。同様に午後の部の診療時間も20時までにしたり、平日の休診日をなくしたりと、仕事で忙しい患者さんが通いやすいような工夫を行っています。

主訴として多い症状や、地域的な特徴はありますか?

突然の歯の痛みや、詰め物・かぶせ物が取れてしまったなど、勤務中に起こった急なお口のトラブルが多いです。そのようなときに患者さんの困り事を迅速に解決することが、この地で診療する歯科医院の使命だと思っておりますので、急患には特に力を入れて対応しています。また、新都心エリアの患者さんは歯に限らず健康への意識が高く、治療の説明をすると、技術的なことも含めて細かなところまでいろいろ質問してくださいます。予防に対しても積極的で、定期検診を希望される方も多いですね。ご本人のモチベーションが低いと治療を成功させることが難しくなってしまいますので、患者さんのやる気を高めて維持し、生涯歯を失わずに生活していただけるようにサポートしていければと思います。

予防歯科では、どのようなことを行っているのですか?

2

「歯科治療は詰めたら・かぶせたら終わり」というイメージが強く、中には一度治療したらもう虫歯にならないと思っている方もいらっしゃいます。そのため、治療後も予防のために通い続けてほしいということを時間をかけてしっかりとお伝えしています。治療とは歯を元どおりにすることではありませんし、人工の歯は定期的なメンテナンスをしなければ耐用年数が短くなってしまいます。天然歯の場合も、自分自身で完璧に歯を磨くことは難しいもので、歯科医師や歯科衛生士の視点で「きちんと磨けている」という人はごくわずかです。当院では目安として3~4ヵ月に1度のペースでの定期検診をお勧めしており、通常のクリーニングだけでなく、PMTCも実施しています。ちなみに、審美歯科の一環としてホワイトニングも行っておりますので、歯の健康も見た目も大事にしたいという方はぜひご相談にいらしてください。

患者のニーズに応え、カウンセリングや訪問診療に注力

診療において大切にしていることは何ですか?

3

歯科の治療は選択肢が豊富にありますので、患者さんを迷わせないように、なるべくわかりやすく説明することを心がけています。詰め物の治療一つ取ってもいろいろな方法があり、中でも肉眼で見えない歯の根の治療などは具体的な説明が不可欠です。イラストや写真などの資料も使いながら、治療する理由や実際に口の中で何が行われているのかなど、歯科治療の本質的なところを伝えられるようにと考えながら診療にあたっています。複数の選択肢の中から患者さんにとって最も適した方法を一緒に考え、最終的にはご本人に選んでいただく。その診療スタンスは、当院のカウンセリングスタッフとも共有しています。現代はインターネット上でさまざまな情報があふれていますが、一度固定観念を取り払った状態で、私やカウンセリングスタッフの説明できちんと納得していただけるのが理想ですね。

カウンセリングについても詳しく教えてください。

治療に関するより詳しい説明を希望される方には、診療後に個別に時間を設け、歯科衛生士や歯科助手などのスタッフによるカウンセリングを実施しています。これは当院に限らず、法人として重きを置いているところです。もちろん歯科医師もお口の状態や治療方針などを丁寧にご説明しておりますが、中には歯科医師の前だと緊張してしまったり、言いにくい・聞きにくいと感じたりする方もいらっしゃいます。あえて歯科医師以外の人間がカウンセリングを担当し、患者さんがリラックスしてお話しできる雰囲気をつくることで、治療への疑問や要望などを深くお伺いできればと思います。

訪問診療にも力を入れているそうですね。

4

当院には訪問専任の歯科医師が2人在籍しており、私自身も木曜と土曜は患者さんのご自宅や介護施設に出向いて診療を行っています。院長に就任する前の期間を含めると、7~8年ほど前から訪問診療に携わっていることになりますね。以前は土曜には対応しておりませんでしたが、訪問診療のニーズの高さを感じ、診療日を増やしました。よくニュースで介護施設に入れない待機高齢者が取り上げられていますが、特に埼玉県はその数が多いんです。かねてから問題視されてきた課題に法人全体で取り組もうという方針のもと、各院で周辺エリアの訪問診療に対応し、法人で関東全域をカバーすることを目標としています。

めざすのは、患者の求める治療を提供できる歯科医院

歯科医師をめざしたきっかけや、開業までのご経歴をお聞かせください。

5

歯科医師をめざしたきっかけは、父が歯科医師で、親戚にも医療関係者が多かった影響が大きいと思います。常日頃から医学用語が飛び交うような環境で育ったので、物心ついたときから歯科医師になろうと考えていました。2005年に日本歯科大学新潟生命歯学部を卒業した後は歯科麻酔科へ進み、治療のほかに口腔外科手術で行う全身麻酔も学びました。心臓疾患などを抱えた有病患者をモニタリングしながら治療をするケースもあり、高齢の患者さんを診る機会は多かったですね。既往歴や服用薬の確認も必須でした。当時の経験や感覚は現在の診療、中でも訪問診療において大いに生かされていると実感しています。

印象に残っている患者さんとのエピソードはありますか?

顎関節症をお持ちの患者さんに、噛み合わせを安定させるためのマウスピースを使って治療したときのことはよく覚えています。初めていらっしゃったときは、顎が痛いせいで顔がこわばったような感じだったのですが、治療を進めるにつれてだんだんと表情が明るくなり、治療が終わって最後に感謝されたときの笑顔は今でも印象に残っていますね。自分の治療によって少しでも笑ってくれる人がいるということは、やりがいや活力につながり、歯科医師になって良かったと思います。噛み合わせを診ることができるのは歯科医師だけですし、うまく対応できたうれしさもあり、歯科医師としての意義を感じることができました。

最後に、患者さんや読者の方へのメッセージをお願いします。

6

さいたま新都心というオフィス街で働く多忙な患者さんのニーズに、確実に応えられる歯科医院でありたいというのが私の思いです。待ち時間の短縮や急患対応の体制強化にはこれまでも取り組んできましたが、今後はスタッフも増員しながら、より質の高いサービスを提供していきたいと考えています。当院では予防歯科や審美歯科を中心に幅広い診療を行っており、聞きたいことを十分に聞いた上で安心して治療を受けたいという方には、丁寧なカウンセリングをさせていただきます。インプラント治療などの高い専門知識・技術が求められる治療に関しては、法人内の別の歯科医院にご紹介することも可能です。また、訪問診療の曜日を増やし、平日だけでなく土曜にも対応できるようになりましたので、何か困ったことがありましたらぜひ当院にお任せください。

自由診療費用の目安

自由診療とは

セラミックインレー/1歯6万円、セラミッククラウン/1歯12万円、PMTC/1回8000円、ホワイトニング/1回9000円~

Access