丸茂医院

丸茂医院

丸茂恒二 院長

頼れるドクター

39850 df 1 main 1409111622

病気の予防や早期発見、早期治療のためには検診が必須

―長年、地域医療に携わってきた感想をお聞かせください。

地域には歴史や文化、環境など、それぞれ異なる背景があり、ここ小金井市で暮らす住民の皆さんにもこの土地ならでは、地域性があるように思います。目には見えない内面的なものだとは思いますが、地域医療に携わる際は、そうした地域の特性を理解していないと、患者さんとコミュニケーションを取ったり、接していくのが難しいことがあります。開業医は、大学病院の医師とは違い、患者さんが暮らす地域をも知る者として、患者さんの病気を診るだけではない役割を担っていることを心に留めておく必要があると感じています。

―プライベートではどのように過ごしていますか?

1番力を入れて行っているのは、ゴルフです。行きつけのコースがあるので、友人とまわったりしています。その次は、ボウリングでしょうか。週に1回、夜、近所のボウリングセンターに行き、仲間と試合形式で楽しんでいます。そうした友人や仲間は、医師や薬剤師など、医療関係の人が多いので、遊びながら、仕事に関する情報交換を行うこともあります。その他、マージャンやカラオケなどもするので、趣味は多いほうだと思います。ゴルフやボウリングで体を動かすことは、私の健康にも役立っているので、これからも続けていきたいですね。私には2人の息子がいて、両方とも精神科医をしているのですが、文京区で開業している長男が、最近ゴルフを始めたというので、そのうち一緒にできればいいなと思っています。

―読者へのメッセージをお願いします。

病気は、早く見つけて、早く治療する。できれば病気にならないようにすることが大事です。糖尿病であれば、境界型糖尿病、いわゆる糖尿病予備軍がありますが、そういう段階で気づいて生活習慣を改めることができれば、病気にならずに済みます。ですから、自分の体のことを知り、病気を未然に防ぐためにも検診はきちんと受けるようにしましょう。市町村などで行われる検診は、無料で受けることができます。小金井市に限っていえば、市民の検診の受診率がいいようです。それは、住民の皆さんの健康に対する意識が高く、市や医療機関の啓蒙活動などもよくできているからだと思います。とはいえ、まだ足りない部分はあると思うので、検診に関する取り組みは今後もさらに推し進め、病気をなるべく起こさない、そういう社会になっていけばと思っています。

記事更新日:2016/01/24


Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Dento a1
Toshima a1
Taito a1
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細