求人情報ON
大川歯科医院

大川歯科医院

大川延也院長、大川 翼副院長
頼れるドクター掲載中

39465 df 1 main 1391149684

お互いを認め合うことで、さらに地域に貢献できる体制へ

―お二人はどうして歯科医師になられたのでしょうか?

【延也院長】母方の祖父が歯科医師でした。子どもは全員娘でしたので、歯科医院を継ぐ人がいなかったせいもあり、小さい頃は何も考えずに継いであげるよと言っていました。祖父は地域に根付いた診療をして地元の方からとても慕われていましたから、患者さんの中にいた近所の映画館の方にただで映画を観させてもらっていました。そんな良い思いをしたから継いであげるって言っていたのでしょう(笑)。最初は子どもながら自分で言ってしまったことに従っていただけでしたが、祖父の背中を見ているうちに自分の意思で歯科医師をめざすようになりました。
【翼副院長】父から歯科医師になれとはひと言も言われませんでしたし、無理強いはされませんでしたね。父の背中を見ていて自然に歯科大に入学しましたが、それでも最初は歯科医師になろうと思っていたわけではありません。ですが大学で勉強していくうちに、自分は歯科医師に向いていると思うようになり、気持ちが固まっていきました。歯科医師はどちらかというと技術職的な部分があると思っています。そんなところが私に向いているのかもしれません。

―訪問歯科診療をされているとお聞きしましたが?

【延也院長】歩行が難しい方や、外出が困難な在宅療養の方のために訪問歯科診療を行っています。従来の歯科学問は、自分で歯科医院まで来院できる健康な人を対象にして、歯の欠損や虫歯などを修復する学問でした。ですが、歯科診療が必要なのは健康な人だけではありません。なんらかの障害がある人たちにも必要なものです。こういった人たちに対する医療とは、一般的な治す医療ではなく、生活を支援するためのものです。歯科領域にも支援する概念が必要だと考えており、積極的に取り組んでいます。私が東大和市歯科医師会の会長をやっていた頃に訪問歯科診療の必要性を訴え、少人数の歯科医師の協力から始めました。今では歯科医師会の3分の1の先生方が協力してくださるようになってきました。これは今後もずっと続けていきたいと考えています。十分な経験と技術があり、歯科医師として任せられると思える息子が来てくれたおかげで、時間的な余裕もできましたから、今まで以上に充実させられるはずです。
【翼副院長】私自身は、父の治療に関する姿勢を尊敬しています。だからこそ、こういった地域貢献活動は私としても積極的に応援していきたいですね。私が来たことで、父の活動が今まで以上に地域に貢献できるようになればと思っています。

―最後に、ドクターズファイルの読者にアドバイスをお願いします。

【延也院長】本当の“歯磨き”を知っていただきたいと思います。歯ブラシは単なる歯の掃除の道具ではありません。歯の治療のためにあるものです。歯科医師の治療だけで治療は完結するのではなく、患者さん自身が歯を丁寧に磨き続けることによって治療が完結するのだということを知ってもらえたらと思います。
【翼副院長】当院のコンセプト「おもてなしの心」に沿ったスタッフの対応や設備、治療方針は何のためのものかを知っていただきたいと思っています。患者さんが少しでも来院しやすい環境を整えることで、症状が軽いうちに治療もできるでしょうし、気軽にいろいろな相談もしやすくなると思います。これらはすべて患者さんのためものであり、歯の治療に必要なものであることを知っていただければと思います。

標榜の診療科目を同じ行政区・駅で探す



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Shinnaka after
Yokohama after
Syonan after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細