全国のドクター8,970人の想いを取材
クリニック・病院 160,821件の情報を掲載(2021年6月15日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 東村山市
  4. 新秋津駅
  5. 公益財団法人東京都保健医療公社 多摩北部医療センター
  6. 幅広い診療科で地域を守る総合病院の強みとは

幅広い診療科で地域を守る
総合病院の強みとは

多摩北部医療センター

(東村山市/新秋津駅)

最終更新日:2021/06/11

20210510 main 20210510 main

幅広い診療科を持つ「公益財団法人東京都保健医療公社 多摩北部医療センター」は、多摩北部地域の中核病院としての役割を担っている。複数の病気がある人も、別々の病院を受診する必要なく、トータルで診てもらえる体制が整っているため心強いといえるだろう。今回は、腎臓内科部長の小林克樹先生、放射線科顧問の永島淳一先生、歯科口腔外科医長の潮田(うしおだ)高志先生に、それぞれの科の特徴を聞いた。 (取材日2021年4月23日)

各科が連携し、患者をトータルで治療。多摩北部地域の二次診療を担う

Q腎臓内科の特徴を教えてください。
A
1

▲腎臓内科部長の小林先生

【小林先生】腎臓の病気であれば、ほぼすべてに対応しています。多いのは糖尿病や動脈硬化症の結果として発症する慢性腎臓病です。人工透析では、導入時に必要な準備を入院で行うほか、患者さんが合併症を起こして入院が必要になった場合の対処、透析に必要なシャント(血管)が詰まった時の血管形成術など、万が一の対応に備えています。症状が落ち着いたら地域のクリニックに戻れるよう、かかりつけ医と協力して診ています。現在は人工透析の技術が上がり、透析生活になってから20年30年と長生きも期待できる時代です。その分、がんをはじめ合併症のリスクが高くなるため、合併症を抱える患者さんへの対応がさらに重要になっています。

Q放射線科について教えてください。
A
2

▲放射線科顧問の永島先生

【永島先生】診断部門と治療部門で分かれており、診断部門はCT、MRI、マンモグラフィなどによる画像診断のほか、核医学診断も行っています。放射線治療においては、体の外側からの照射では、前立腺がん、乳がん、子宮頸がん、リンパ腫などのほか、疼痛緩和や直腸がん術前にも対応しています。また当院は、精度の高い強度変調放射線治療(IMRT)に重点を置いています。2005年からは、体の内側から放射線を照射する前立腺がんの密封小線源治療も開始し、多くの患者さんに受けていただいています。さらに核医学では、放射線を放出する薬剤を注射する内用療法が可能で、血液内科と連携しリンパ腫の治療を行っています。

Q歯科口腔外科の特徴を教えてください。
A
3

▲歯科口腔外科医長の潮田先生

【潮田先生】歯科口腔外科の特徴としては、悪性・良性腫瘍、嚢胞性疾患、外傷、埋伏智歯など、顎口腔領域に発生する、あらゆる疾患に対応している点です。ほかにも、有病者の観血処置や障害者への全身麻酔下での治療などの依頼にも対応するなど、地域のクリニックで処置が困難な症例にすべて対応できるように努めています。顎口腔領域の疾患に対し、多岐にわたる検査を行える体制で、早期診断・治療をめざしています。歯科口腔外科がある病院はそう多くありませんが、当院は4人の歯科医師が在籍し、受け入れ体制を整えています。特に超高齢社会を迎えて、多様な背景のある患者さんが増える中、他科と連携して治療ができるのも当院の強みです。

Q総合病院を受診するメリットとは何でしょうか?
A
20210510 4

▲各診療科が連携することでスピーディーな対応が可能

【小林先生】幅広い診療科があり、連携体制が整っているのが当院のような総合病院の強みです。複数の病気を抱える場合も、各診療科の医師が連携することで、トータルで全人的な治療が可能です。例えば腎臓病は、透析技術の向上により長生きも望めるようになりましたが、反面、合併症を起こす人が増加しています。他にも、糖尿病と歯周病のように全身疾患と口腔の健康の関連性もわかってきています。一般的にはほかの疾患があると治療が難しいケースもあると思いますが、当院では他科協力体制により、合併症がある方の受け入れ体制を整備。がん治療にも幅広く対応し、骨転移がある場合の放射線治療や終末期の緩和医療などのニーズも増えています。

ドクターからのメッセージ

小林 克樹部長

当院では、子どもから高齢者まであらゆる患者さんを受け入れられるよう、幅広い診療科と専門医療に特化した外来を複数設けています。また、診療科同士の連携がスムーズなので、通院中の患者さんに他の病気が見つかった場合や、複数の病気を抱えている患者さんの治療も可能です。地域の中核病院として、かかりつけ医との協力のもと、患者さんの健康増進に力を尽くしていきます。

Access