博山歯科クリニック

博山歯科クリニック

杉山 剛史院長

頼れるドクター

38933 df 1 main 1424075983

田無駅北口から真っ直ぐ伸びるメインストリートを歩くこと3分。左手に見えてくるビルの2階に「博山歯科クリニック」はある。床と壁の白色と受付カウンターの木の色が穏やかな空気を醸す待合室。診療室では白基調のインテリアが清潔感を印象付ける。診療ユニットの向かい側は一面がガラス窓で、見晴らしもよく開放感いっぱいだ。現在院長を務めるのは、優しい笑顔がトレードマークの杉山剛史院長。その温かなキャラクターが治療に訪れる子どもたちに大人気で、本人も「なんでなんでしょうね、僕のことお医者さんって思ってないのかな」と笑う。2014年に院長に就任して以来、試行錯誤を繰り返しながらやりがいを持って患者と向き合ってきた杉山院長に、クリニックのこと、力を入れている診療について聞いた。
(取材日2017年3月29日)

チームワークを大切に、アットホームな雰囲気づくり

―クリニックの特色からお聞かせください。

幅広いニーズにお応えできるクリニックでありたいと考えています。おかげさまでたくさんの患者さまにお越しいただけていて、年齢層も幅広く、ご要望もさまざまです。それぞれにしっかり的確に対応していけることを特色としていきたいですね。また、アットホームな雰囲気づくりにも努めています。緊張して来られる方がほとんどだと思うので、いらした方に和んでいただけるように、受付での対応、診療のときの会話にも気を配っています。チームワークも大事ですよね。スタッフ同士がぴりぴりしていたら印象が悪いですから、良い空気を生み出せるように協力し合って、気軽に来ていただけるクリニックにしていきたいと考えています。

―田無の印象と、患者層について教えてください。

僕は出身が世田谷区なので、勤務する以前は、田無はもとより西武新宿線にもなじみがなかったんですが、系列の「沼澤歯科医院」に勤務するようになってから田無に引っ越しまして。この医院を任されてからもしばらくこの町で暮らしていました。お店が充実していて便利な一方、緑も多くて落ち着きのある街です。クリニックにいらっしゃる患者さまは、7割近くが周辺にお住まいの方々。残りの3割は、東村山、久米川、萩山、小平、上石神井辺りからおみえになっています。家族ぐるみでいらしてくださる方が多く、ご紹介で来られる方も増えてきました。

―患者さんと接する上で心がけていることはありますか?

お互いに心を許せるようになることが大切だと思っています。会話が大事ですよね。こちらのことも知っていただきながら、患者さまのお話をよく聞くようにしています。症状についてはもちろん、世間話の延長のような感じで、どこでどんなお仕事をされているのかなど、いろいろなことをお聞きしています。そんな一見歯科には関係のないような情報も、治療の進め方を考える上で参考になります。例えば、遠くから来られている方の場合は1回の診療でできるだけ治療を進めておくなど。また、僕は歯科医師で、歯科医療のことしか知りませんので、他業種の方のお話はとても興味深いんです。クリニックに置き換えて取り入れたいなと思うこともありますし、気づきも多いですね。

記事更新日:2017/05/31


Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Seta after
Minato after
S after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細