有田歯科

有田晋之先生、縄手瑛泰朗先生

38847 df 1 main 1425265179

立川駅北口から徒歩4分という便利な場所にある「有田歯科」。にぎやかな駅前大通り沿いにあるビルのエレベーター3階を降りてすぐ右手にある。院内は白を基調としたレトロな心癒やされる雰囲気。約40年前に同院を開業したベテランの有田晋之院長と、現在主に診療を担っている縄手瑛泰朗先生が丁寧に取材に応じてくれた。2人とも歯および全身に関する深い知識と確固たる信念を持つドクター。虫歯治療や歯周病治療、インプラント治療、矯正治療、噛み合わせ治療などあらゆる治療を駆使して歯を全体的に治していく「全顎(ぜんがく)治療」に力を入れている。診察室で治療を受けていた年配の女性は、同院との出会いによってどれほど心身が楽になったかを切々と語ってくれるなど、長年通い続けるファンも多いようだ。インタビューでは噛み合わせと全身の関係、さらにはその改善に向けた治療について語ってもらった。
(取材日2015年1月15日)

一般歯科診療の傍ら、体の不調で悩む患者の根本治療に取り組む

―開業した時期と開業場所に立川を選んだ理由を教えてください。

【有田先生】この場所に開業したのは今から約40年前の1978年のこと。その3年前に世田谷で開業したのですが、立川に移転したのは、出身大学が御茶ノ水にあったので、急患があった場合でも、中央線に乗っていけばすぐに知り合いの医師に診てもらえると思ったからです。都心で適当な場所を見つけるのは大変なので、三鷹駅以西の郊外で探していて運良く見つかった立川駅から近いこの場所で診療を始めました。

―貴院の診療スタンスを教えてください。

【有田先生】世田谷で開業している時に、何らかの病気を発症した患者さんの歯の噛み合わせが悪くなったり、逆に歯の噛み合わせが改善すると病気が良くなったりといった体験をすることがありました。なんとも不思議だなと思って歯の噛み合わせと全身の関係に興味を持つようになり、立川に移ってからは一般歯科を基本としながら全身の不調も改善するという診療を発展させてきました。数年前から縄手先生に歯科診療をお任せして、私は1ヵ月に2度、土曜日に全身の治療を行っています。
【縄手先生】私はもともとカイロプラクティック施術者として、マッサージや体の歪みの矯正などを行っていました。ところが、せっかく施術しても2〜3日後には元に戻ってしまうことが多く、これでは患者さんに治療費をもらっても申し訳ないと思っていました。そこで、人の全身の骨格バランスを保つ上で重要な役割を果たしている歯の噛み合わせに着目してアプローチすれば慢性的な不調も治せるのではないかと考えて、長崎大学歯学部に入り直して歯科医師の国家資格を取得。勤務医時代を経て、口の内だけではなく全身を診ることができる歯科医師として2008年から当院で診療を続けています。

―初診で来院される患者さんの主訴はどのようなものでしょうか?

【縄手先生】虫歯の痛みや入れ歯が合わないなどの症状を訴えて来院される患者さんに加え、噛み合わせに問題を抱え、矯正やインプラント治療を希望される患者さんが多いです。その一方で当院のホームページを見たり、現在の患者さんに紹介されたりして、どんな病院に通っても改善しない慢性的な体の不調を診てほしいという患者さんも来院されています。これらの不調の原因は体の歪みであることも多いため、全身を調整すると症状が改善することも多く、整体も一般歯科診療とともに施しています。来院される方の年齢層は20〜80代までと幅広く、全身の治療を受けられている患者さんの中には、静岡、長野、群馬といった遠方から来られる方も少なくありません。



Access