原歯科医院

原 俊浩院長

38736

1971年、立川市柏町に開業した「原歯科医院」。現在は、インプラント治療の専門医である原俊浩先生が2代目院長を務める。地域に根付く広くホームドクターの役割として一般歯科の幅広い分野の治療を中心に、高いスキルを発揮するインプラント専門医として全顎的な手術まで対応。大学病院やインプラント専門クリニックでの勤務経験、オランダやドイツへの留学経験から学んだ、確かな技術力による手術が受けられる。また専用の手術室に歯科用CT、マイクロスコープ、脳外科手術レベルの滅菌器など、設備が充実しているのもうれしい。今回はどんな思いで診療し、設備を整えているのか、留学の思い出や今後の展望を含めて、原院長に聞いた。(取材日2015年1月15日)

ホームドクターとして、健康寿命を延ばす歯科治療を

―コンセプトをお教えください。

地域のホームドクターとして広く「一般診療」を行うこと。専門医として、精度の高い「インプラント治療」を提供すること。そして、それらを通して患者さんの「健康寿命」を延ばしていくこと。この3つの柱にした歯科治療を行っています。1本でも多くの歯を残すことで、何でもしっかり噛んで食べられるので、好きな食べ物で栄養を取ることができます。さらに、噛みしめることができれば力を入れることや体のバランスを取ることができます。そのためつまづくことの軽減や、寝たきりや認知症の予防にもなります。またきちんと飲み込めるため、誤嚥性肺炎の防止にもつながるなど、健康寿命を延ばすためのさまざまなメリットがあるのです。多くの患者さんに少しでも長く健康な生活を送っていただくために、地域にどのように貢献できるかを考えながら診療を行っています。

―こちらの開業はいつですか?

1971年に父が開業し、6年前に私が2代目を引き継ぎました。私はこの地域で生まれ育ち、移り変わっていく街並みをずっと身近で見てきました。モノレールが開通し、新しく移り住んでこられるご家族も増えています。それとともに、当院も新しく通い始める患者さんが年々増加していますね。一般診療で来院される地域の方を中心に、インプラント治療を目的に遠方から来院される患者さんも多くいらっしゃいます。中には、他院では治療ができず、悩んでご相談くださる患者さんも。そんな患者さんが当院の治療によって噛めるようになり、喜んでいただきたいですね。以前、患者さんが、お礼にと詩吟をしてくださったことがありました。治療後にスタッフ全員で聞かせていただいて。患者さんの「うれしい」という強い気持ちが伝わってきて、私たちもとってもうれしかったですね。

―診療の際に気を付けていることは何ですか?

どんな患者さんにも、数ある歯科医院の中から当院を選んだ理由が必ずあるはずです。その理由をしっかりとくみ取り、それ以上のサービスをご提供したいと思っています。そのために、ご納得いただける治療を行うことは必要不可欠。どうご説明すればご理解いただけるかを、工夫しています。例えばお年寄りには写真と料金が記載されている手作りのアルバムをお見せして、自らめくってご自身のペースでご確認いただいています。治療法を選ぶ際も「今どんな状態で、どの治療が最善で、保険診療ならば他にもこんな治療法もありますよ」と、あらゆる選択肢を伝え、その場ではなく、一度家でじっくりお考えいただいています。そうして、安心してご納得できる治療を受けていただけるように心がけているのです。

記事更新日:2016/02/10

標榜の診療科目を同じ行政区・駅で探す



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Seta after
Minato after
S after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細